« PREV  | HOME |  NEXT »

Patrick Paige II / Letters of Irrelevance

本体はもちろんですが、シド、マット、スティーブ・レイシーとソロ作も調子が良いThe Internetから、ベースのPatrick Paige IIのソロ作が発表されたんですが、とても良かったです。

以前発表されたEP(フリーDL作品)はインディーロックとヒップホップをかけ合わせた様なミッドテンポで荒削りなところが良かったですが、今回はその感じを更に完成させた様な内容に。

5月というこの時期に、いきなり47歳の女性が歌うクリスマス曲が1曲目という謎が多い始まり方をし(話しているのを聴いているとスーザン・ボイルがどうのとか、ヴァージンがどうのとか言っているが)、そのまま数曲はネオソウルのような曲が続き前作からのクオリティーの向上を感じさせます。

そしてそれを抜けると5曲目の2分半以上あるインタールードが来るんですが、分離した音像とヌルっとした質感で大変気持ち良くて本当に格好良くてヤラれてしまい、この流れを再度体験したくなりもう1回頭まで戻って聴き直すということに。

その極上の前半戦が終わると6曲目は、滑らかなトラックの上で、留守電に入った女性からの罵倒みたいなのが延々流れるというもので、1曲目と言い一体なんなんだという感じなんですが、それが過ぎればジインターネット節なのからトラップ的なスネアを配した未来的な曲まで、ヒップホップ要素も有りながら、これまた捨て曲無しで一気に過ぎていく感じです。

アルバム自体11曲と曲数が少ないのもありますが、やっぱこれくらいの量で全曲最高というのが1番集中力が続くんで良いです。
ちなみに御本人のYoutubeに行くと全曲試聴出来るみたいです。



Patrick Paige II / Letters of Irrelevance

09hgd6nx.jpg






こちら前作




Playboi Carti / Die Lit

前作はメジャーレーベルのクレジットもあるし、売っているし、充分完成されているなと思っていたPlayboi Cartiのミックステープですが、あれじゃなくて今回のこれがファーストアルバムになるわけで、今更こんな話をするのもアレですが、それにしたってミックステープとアルバムの境目は一体なんなのか、本当にいまだによく分からない私であります。

基本的には前作と同一路線ではありますが、中でも多めに参加していた話題のプロデューサー(&ラッパー)、Pi'erre Bourne(浮遊感のあるクリアーでメローなシンセサウンド)の支配率がさらに上がり、自分の好きだった部分の濃度が上がった感じで嬉しいです。そう言えばこの間ポストしたFamous Dexのアルバムの一曲目もPi'erre Bourneだったな。

もちろんでデビュー戦ということもあり、Skepta、Travis Schott、Lil Uzi Vert、Nicki Minaj、Chief Keef、Gunna、Young Thug、Young Nudy、Pi'erre Bourneなどゲストが大分豪華。

一点気になっている点として、今回もA$AP MOB関連のレーベル(Interscope系)なんですが、前作はロッキーが参加しておりましたが今回は周辺の人脈は見当たらず、本当に別の地区の人を仲間感の強い所から出しているように見えて不思議な感じしますね。今後は開けた色々なものを扱うレーベルみたいな感じの運営をしていくのでしょうか。

自分の好きな感じを見失い一年途方に暮れるなど、いまだに突然路頭に迷う感覚がありますが、最近はこのアルバムの様な自分にバチっとハマるものがありとても嬉しいです。ただまた少しすると見失なったりするのかと思うと、いつものことではありますがややうんざりします。まあ探しているのも楽しいですが。




Playboi Carti / Die Lit

playboicarti_dielit.jpg




この88risingの映像に出てくるPlayboi Carti、ベティちゃんのTシャツ着て、一言も喋らず謎めいております。この映像が出た時今のラッパー達は腕を動かしてこうやって踊るのかと軽い衝撃を受け、通算30回以上は見ております。




「Famous Dex / Dex Meets Dexter」 & 「Rich The Kid / The World Is Yours」

Rich The Kid(アトランタ)の新アルバムが自身が主催するレーベルRich Foeverから発売され結構良いなと思っていたら(ジャケもどチンピラ感で良いよね)、そのわずか一週間後に同レーベルから発売されたFamou Dex(シカゴ出身)の新アルバムは更に自分好みで、出てからというものいまだに一日一回位は聴いております。

A$AP Rockyとのシングル「Pick It Up」が出た際、ジャケ画像の古い携帯電話?の一周回った新鮮さと、ソウルぽい始まりからの淡々としたトラックの組み合わせに一発でハマったので楽しみのしておりましたが、アルバムはそのイメージとはまた違った、メローでキラキラでドリーミーな曲が前半の部分(6曲目のCELINEまで)に集中しており、アルバムのイメージを決めている印象であります。そして中盤にあるWiz Khalifa参加のMike Will Made It絡みの曲をキッカケに渋いものが増え始め、時折メローなのも混ざりながらという感じの全14曲。

過剰にならないゲスト、そして多くのプロデューサーが参加したものの一定の雰囲気をキープ出来た事で、カラーが強く出てとても良かったと思います。

一方、レーベルオーナーのRich The Kidのアルバムの方はというと、コレでもかってくらい旬系ゲストのが参加して、それぞれのゲストのカラーが出まくった内容で、Migosのアルバムのような、現行の世界市場で勝負出来るDexとはまた違った意味で完成度の高いアルバムとなっており、こちらも結構頻繁に聴いております。

自分のとしてはFamous Dexの方がより好みではありますが、アルバムの構成なんかを冷静に見ますと、やはり選挙の応援に有名人に来てもらえる実力者みたいなもんで、そういったものを強く感じるRich The Kidの方はフィジカルも出ている訳で、生命力の強さをより感じております。

出身地以外のレーベルに所属なんてことも今では珍しく無い事になってきましたし、スタイルも均一化してきてアメリカの若者の音楽という感じの分け方になってきましたが、この人達もまさにそんな感じでありますね。2つとも本当によく出来ているので是非。



Famous Dex / Dex Meets Dexter

famousdex_dexmeetsdexter.jpg














Rich The Kid / The World Is Yours

richthekid_theworldisyours.jpg










Tracklib

そこら中の海外ブログで見かけましたが、一体全体なんのことだかよく分からなかったので、適当に読み流しておりましたが、小林雅明さん(@asaakim)のツイートでようやく何のことか分かったTracklibというサービス。

6万を超える量のサンプリング・クリアランス可能な楽曲を1曲$1.99で販売しており、トラックメーカー側はその中の曲を実際にサンプリングした楽曲を発表する際、別途個別に費用を支払えば迅速に法的手続きを一括完全肩代わりしてもらえる合理的なシステムとの事。

早い話、クリアランスの手続きが楽だし、wavでの提供になるので音質もまあ良いよねという事だと思うのですが。既に有名なヒップホップミュージシャン(エリック・サーモン、プリンス・ポールなど)を起用し、インタビューみたいなのやオススメのブレイクを発表するなど企画もやっていますし今後どうなっていくのか大分気になります。

ちなみに動画を見て分かったのですが、使用の量によって支払いのパーセンテージが変わったりするようで、かなり便利そうではあります。法的な手続きの際の人件費などコストをかけられない一般の人の場合も、効率的な検索から手続き、そしてリリースまでの道のりを大幅に簡略化出来る可能性もあります。

Youtubeから引っこ抜いてきて使う人から、伝統を重んじてレコードやCDから引っ張ってくる人まで、多様化しているサンプリング業界ですが、台風の目になるんでしょうかね。

ところで、日本でも著作権の所とかの部分は有効なんでしょうかね。




Tracklib

tracklib.jpg













Saba / Care For Me

2014年の「ComfortZone」(現在もフリーでダウンロード出来るようです)から気にして追っていたのですが、チャンスの「ACID RAP」に参加していた人という程度でぼんやりした状態で聴いておりましが、その後シカゴ人脈との絡みを頻繁に見かけるようになり、ようやくその存在がクッキリしたような。

SOXやNoname作品に参加するなどアーティストとしてもちろん、プロデューサーとしてもメキメキ頭角を表わしてきた訳ですが、今作もプロデュースには全曲自身とDaedaePIVOTとDaoudの3人のクレジットがあり、前作とは打って変わってシカゴの現在人気プロデューサー達を一切起用せずという思い切った内容に。

とはいえ基本的には、全体的に自分好みなメローな楽曲が中心なのは変わらず、そこにさらにジャジー風味なものが増えた印象で、前作までの要素でありますオーセンティックな雰囲気とやや未来的な雰囲気、そして現代的なドラムなど、この人の良いところをすべて継承したアルバムになっていると思います。

ゲストにはKAINAという人、シカゴ関連の音源で見かけるtheMIND、そしてチャンスという極々絞った人選になっており、プロデュース同様に削ぎ落としている感じで濃厚なSABA感を堪能できる内容だと思います。派手さはありませんが、ひたすらずっと聴いていられそうな内容となっておりますので、今月は繰り返し聴こうかと思います。



Saba / Care For Me

saba_careforme.jpg





検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる












« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ