« PREV  | HOME |  NEXT »

Lil Yachty / Teenage Emotions

昨年ミックステープ「Lil Boat」が出た時、その極度に多幸感大盛りドリーミーサウンドと赤を基調とした強烈なルックスに一瞬でヤラれてしまいましたが、それは私の個人的な感覚なだけというわけでなく、アトランタの新世代で凄いのが出てきたなという空気感がSNSを支配し、皆で特別なものの誕生を見た同時体験のような感覚がありました。

あれから一年間、その注目度の高さやニュージェネレーション故の感性から、自由に発言した結果騒動に巻き込まれたり(絡まれたり)しながら、いつの間にかすっかりキーパーソンの一人となりました。そして世界中の期待を受け発表したデビューアルバムがこちら。

ジャケを見れば多様な人種が、そして男性同士のキスが写り、常にマッチョが支配してきたヒップホップに新しい時代がやって来たという感じですが、この決意を持ってみたいな感覚が皆無に見えるサラッとやってるところが良い所ですよね。

音楽性に関しては、前作までの主力だったドリーミーなトラックもちろんありますが、少しシリアス、メローなタイプから、モロにMigosそしてレゲエに寄ったものまでと、大分バラエティーが豊かな感じがします。私としましては終始ドリーミーで駆け抜けても良かったんですが。まあ、でもコレで良いとも思います。

ゲストについてもアメリカ国内のギャングスタラッパーや若手から、UKやオーストラリアまでと多岐に渡っており、サウスの有名どころでガチガチに固めていない所(Migosはいますが。笑)が良かったなと。

ちなみに自分が気になったこととしまして、一曲目や11曲目聴いていてなんかSADEみたいな感じがするなということです。多分裏声のボーカルにリバーブがかかり、サウスのトラックが80年代のトラックと重なる音色などがあるからそう聴こえただけだと思うのですが。

しばらく飽きずに聴けそうなアルバムになっているかと。



Lil Yachty / Teenage Emotions

lilyachty_teenageemotions.jpg










tofubeats / FANTASY CLUB

今現在、KOHH以降の世界みたいな感覚で過ごしており、どうしてもその影響下にあるものを見つけるとその手前にあるものが頭に浮かんでしまいオリジナルの方と比べがちな私ですが、このアルバムに収録されている「SHOPPINGMALL」が先行で公開された際、あまりに出来が良いのとその歌詞&歌唱スタイルがKOHHの影響下にあるのでは?という事が頭の中で対決し、結果としてKOHHという存在はカルピスの原液と考える方が良いだろうということで片付けました。(カルピスの原液(基本となるもの)という概念なら、ソーダ入れても牛乳入れても良いだろう、という公共性の高いものになったという感覚)

とは言え、その表現方法(オマージュ)を取り入れてはいるものの、良い車よりクラシックが作りたいという、KOHHが言いそうな表現(で、実際は良い車にも乗りそう)に対し、本当に良い車に興味なさそうな人が言ってるのかなという面白さや、その他の歌詞においても箇条書きのような表現で印象に残るらしさのある言葉選びがされており、それらが曲全体に散りばめられフックとなっているかと。何を言いたいのかよく伝わらないラップも世の中に多々ある中、ラッパー外からコレが出てきた事に痺れました。

そして、その次の公開された「LONELY NIGHTS」の良さにより、アルバムは恐らくとても素晴らしいものになるんじゃないだろうか?という気持ちが高まってきまして、ものすごく期待していたわけです。

派手目な人選&イメージだった前作は、好きな曲はありましたが正直言いましてジメジメと聴いている私なんかは目が開けられない程の眩しさがあり、思わず目をつぶってしまったという感じですが、今回はサウンドのトレンドを汲んでなのか?、キラキラしたポップなところも残しながらスカスカ&湿ったところもあり、尚且つ人選がかなりタイトで好きな所に落としてありました。少しUSシーンの流れとリンクする部分を感じますがどうでしょう。

日本人が他国発祥の音楽を自国に取り込んでいく時に、どうすることが自分達のオリジナルな表現なのだろうか?というのをよく考えたりしますが(グライムが盛り上がって以降より考えるようになった)、このアルバムもまた今現在のベストな答えの一つのように思います。

とりあえず2周聴いてとても良かったので、しばらく繰り返して聴いて楽しみたいと。
ちなみにジャケは絵見た瞬間、ドラマ「愛という名のもとに」思い出したんですが違いますかね。



tofubeats / FANTASY CLUB

tofubeats_fantasyclub_.jpg







BEAT JUNKIE INSTITUTE OF SOUND

ISPと共に(メンバー被り有)、現在のターンテーブリズムの基礎を作ったDJ集団The World Famous Beat Junkiesが、スクラッチ学校(塾?教室?)みたいな施設をオープンした模様。

一ヶ月近く前に発見し随分大きい施設だなと思うも、何となく情報が少なくてよく分からず、ジワーっと情報が出て来るもんですからしばらく様子を見ておりましたが、最近情報が増えてきたのでポストしたいと。まあ、ホームページやFacebookに掲載されている動画や画像を見れば一目瞭然なので、細かいこと含めそちらを御覧いただければと。

アジア系アメリカ人の多いターンテーブリストは同人種の子どもたちのヒーローだと聞いたことがありますので、こうして直に教えてもらえるのは相当嬉しいでしょうね。いまだ第一線のメンバーもおりますしかなり豪華です。

それにしても皆大分年を取りましたね。若い頃より年とって良い感じになってきた感じもありますが。あと、アジア顔に黒いTシャツで人数集まっての腕組みは、どうしたってラーメン屋に見えますね。

何クリックだとか擦る方の手も強弱をうんぬんかんぬんとか、色々教えることあると思いますが、結んだ長髪をブルンブルンさせるとかそういうどうでも良い事もかなり大事だと子どもたちに伝えていただけると良いなと。

こうしていかに今っぽい建物にしようとも、機材がおいてあるテーブルの真中にロゴ入れて色々な色に光らせちゃう感じを見て(ヤン車風味)、ラバーランプとか置いてやってた頃と美意識変わってないのかなとちょっと安心しました。




BEAT JUNKIE INSTITUTE OF SOUND / Facebook

beatjunkie_ios11.jpg
beatjunkie_ios01.jpg
beatjunkie_ios02.jpg
beatjunkie_ios03.jpg
beatjunkie_ios04.jpg
beatjunkie_ios05.jpg
beatjunkie_ios06.jpg
beatjunkie_ios07.jpg
beatjunkie_ios08.jpg
beatjunkie_ios09.jpg
beatjunkie_ios10.jpg
beatjunkie_ios12.jpg
beatjunkies_ios2_01.jpg
beatjunkies_ios2_02.jpg
beatjunkies_ios2_03.jpg
beatjunkies_ios2_04.jpg

Cvd / Elsewhere Nowhere (CASCADE RECORDS)

ブログ左横にあるアイコンから入るメールフォームにて、普段から結構有名なのからまあ無名のものまでありがたい事に様々な音源が送られて来ておりまして、結構真面目に聴いたりしてその中からピックアップすることもまあまああったりします。

送付してくれる人全般に言える事ですが、よくもこんなどこの誰がやってるのかも分からないブログのメールに、ダウンロード出来るようにしてくれて音楽を送って来るなんて怖くないのかと不思議に思いますが、そういった心意気に応えるべく送られてきた作品に気持ちが前向きになるということはあるよなと。感謝しております。

で、今回ポストするCvdさんというフランスのミュージシャンの作品を送ってくれたフランスのレーベルCASCADE RECORDSは、以前も日本(奈良)のビートメイカーYotaroさん(@youtaro164)のアルバム「Turning Point」を発売した際も送ってくれて、なんだか縁も感じながらとてもよく聴かせていただきました。(そう言えばこのレーベルはLinn Moriさんもアルバム出してましたね。)

一曲目はエレクトロニックに仕上げたクラブジャズ(ブロークンビーツと言えば良いのか)という印象を受けますが、2曲目以降なんだかヒップホップ要素が強まり、陰鬱なシンセがOFっぽいのかな~というのから、バウンス気味の野太いベースにハイファイなデジタル音が印象的なSA-RA的なやつ、そしてその後も取っ付き易いメローさを維持したまま再びフューチャージャズ的なのに行ったり、メチャクチャ癖になる9曲目のような遅いダンスミュージック調まで、リスニングはもちろんクラブプレイに至るまで活躍しそうな内容です。

トラップ以降のものは無いものの、その昔大好きだったあのDOMUを思い出すような、アメリカ以外の国のヒップホップやビートミュージックに求めるベストな形の作品となっているかと。とにかくかなり好きで毎日聴いてます。




Cvd / Elsewhere NowhereBandcamp

cvd_elsewherenowhere.jpg







Playboi Carti / Playboi Carti

世界的に大きい盛り上がりを見せ今年の最重要案件と思わしき、ケンドリック・ラマーの新アルバムリリースの裏側にて、ラップ有識者達の間で同様の重要案件だと噂になっております、アトランタ出身でなぜかA$AP MOBに所属し(一門内での名前はA$AP Spikeなんだと:参照先)、Lil Uzi Vertとも仲良しのPlayboi Cartiがミックステープ(アルバムとの違いがもう分からん)を発売に。

Lil Uzi Vert以外には、A$AP RockyとLeven Kaliというコンパクトなゲスト参加ではありますが、どのトラックも個性的で適度なポップさがあり驚くほど良く、ゲストが特に必要なさそうな内容で皆様が騒ぐ理由も大いに分かります。
ちなみに詳細が知りたくてウィキペディア見ていたんですが、見ている途中で突然表示されなくなってA$AP MOBのところにダイレクトで飛ばされてしまうようになってしまい、詳細がわからずじまい。

まあ、何も分からなくても本当にアルバム通してバッチリな内容なので、A5等級の和牛的な仕上がりのケンドリック・ラマーで満腹になりましたら、緩めで心地良いデザート的なこちらを是非どうぞと言ったところでしょうか。

ちなみに表紙で着ている服はセディショナリーズに見えますが卍無いですね。女の子が可愛いです。



Playboi Carti / Playboi Carti

playboicarti_album.jpg






検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)















« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ