« PREV  | HOME |  NEXT »

Ravyn Lenae / Crush EP

NonameやSminoの作品に参加していたシカゴの19歳が昨年3月に出した「Midnight Moonlight」は、Sminoやチャンスの兄Taylor BennettをプロデュースするMonte Bookerや、SZAのTVライブでギターを弾いたりしているCarter Langなどがバックアップした長く聴けるEPでしたが、今回はレイヴン・レネー嬢と同じく20歳くらいの年齢で現在旬中の旬であります、The InternetのSteve Lacyが全曲プロデュースという前作同様の注目作になっており、5曲中の2曲に歌でも参加しております。

シングルとして出た一曲目の「Sticky」の、一度聴いたら忘れられないキャッチーで独特な歌が、このEPの印象を聴いた瞬間から特別なものにするのに一役買っている気がします。そしてその後に続く4曲もこの低年齢の組み合わせで作ったのかと驚くようなタイトさで、Steve Lacyのダンサブルじゃない方のモードな印象を受けました。前作と違うプロデューサーであれほぼ同様のテンションで聴けます。

Odd Future周りがシーンの中の大きい一角を形成しているのは昨今の流れとして当たり前のように感じておりましたが、今回のコレやKali Uchis、Badbadnotgood、そして昨年のDaniel Caesarのアルバム「Freudian」なんかもそうですが、周辺人脈や外部仕事みたいなのさえも特別なものになっていくのを見ていると、あの子供の集まりみたいだった彼らは、本当に才能が結集した特異な集団だったんだなぁと今更ながらに思います。



Ravyn Lenae / Crush EP

ravynlenae_crushep.jpg







Sir / November

レーベル買い出来るレーベルとして、今のところケチの付かないポジションを確立している(と思っている)TDEですが、今年も幸先の良いスタートを切った感じがします。

この人、人数が少ない割にタレントが揃いすぎているレーベル内では、上位打線には入らない6、7、8番を打っている感覚があるんですが、それでこのレベルかと考えますとかなりの少数精鋭具合だなとあらためてTDEの凄さを確認した次第であります。

全体的に遅いBPMのトラックで構成されており、TDEぽいものから、ジャジーだったり、はたまた近代的なハイハットが印象的なものなど、ラップ乗せても良さそうなゆったりした極上のトラックばかりで、テンション的に自分の今の気分に合っているというのもありますが私自身ガッチリとハマっており、曲数が少なく聴きどころのポイントが丁度良い場所にしてあるお陰で、聴く度にあっという間に終わる印象となっております。

ちなみにその自分が考える要所は2箇所ありまして、一つは子供の歌声がトラックのフックになっている4曲目の「D'Evils」、2つ目はおそらく聴いたら殆どの人が忘れないであろう、Dr. DreのスーパークラシックXxplosiveの元ネタBumpy's Lamentをまんま引用した「Dreaming of Me」。

もちろんそれ以外の曲についても捨て曲無しでアルバム通して良かったですので、各曲を担当したプロデューサーを解説したページのリンクも貼っときますので(英語ですが翻訳すると何となく分かります)、併せて見ていただけましたらと。

途中途中ジングルみたいなところにSirと旅行用のアンドロイド?との会話が入っており、コレを聴く度に新ブレードランナーでライアンゴズリングが家で慰めてもらっていたあのヴァーチャルの感じを思い出しますが。合っているか分かりませんが。



Sir / November

sir_november.jpg



1. "Gone" (prod. by DJ Khalil)
2. "That's Alright" (prod. by J LBS)
3. "Something Foreign" Feat. ScHoolboy Q (prod. by Saxon)
4. "D'Evils" (prod. by D.K. The Punisher)
5. "Something New" Feat. Etta Bond (prod. by Rascal)
6. "I Know" (prod. by Saxon)
7. "Never Home" (prod. by Haiyib)
8. "War"
9. "Better" (prod. by DJ Khalil)
10. "Dreaming of Me" (prod. by Harmony "H-Money" Samuels)
11. "Summer in November" (prod. by Andre Harris)












争うなら王冠燃やせ - Replica of TodakTodak

今年夏のミックス祭りでポストしました、Freshmanさんのミックスに収録されていた韓国産音源をキッカケに、何となく気になっていた韓国の音源ですが、そのすぐ後にアップされたこの歌モノが沢山入ったミックスが丁度良いやということになり、今日までの期間ちょくちょく聴いておりました。

韓国は日本よりダイレクトにアメリカ文化(ヒップホップ、R&B)の影響を受けているとのことは周知の事とは思いますし、何となく数年前のKポップブームのアイドルの作品を聴いた時に分かってはおりましたが、そこから大分経ち聴いてみますとかなり現在のUSのトレンドを意識したものもあったりしますし、言語が分からないためUSのモノと近い感覚で聴けました。

ここに収録されているものしか聴いていない&これらの曲の発売年が分かっていない&ヒップホップ・R&B系の人なのか分かっていないため何も語れませんが、全く知らない私でも十分楽しめるメローで良い曲が沢山入っており、もちろん言語が分からないのもあり聴き流すことも可能ですので、仕事の時にも良いかと思います。

よく聴くと90's R&Bの名作を薄っすらと下敷きにしたのとかあったり、聴いていくと色々発見する事もありそうです。無料ダウンロードもあるので是非どうぞ。



争うなら王冠燃やせ - Replica of TodakTodak

aom_replicaoftodaktodak.jpg





01. Jay Park - YACHT (ft. Sik-K)
02. T-ARA - Real Love [Eun-jung solo]
03. Seohyun - Don’t Say No
04. KOHO - I’LL DIE 4 U
05. Babylon - Babo (ft. Nafla)
06. EXID - Boy
07. SOHEE - Spotlight
08. TWICE - 1 TO 10
09. MIXX - Love Is A Sudden
10. ovcoco - AMAZON
11. SEVENTEEN - MY I
12. GIIANA - Paradise (ft. Summer Soul)
13. Younha - Take Five
14. Red Velvet - Hear The Sea
15. VROMANCE - Thanks For Being Pretty
16. Primeboi - WYA (ft. Se.A, Verbal Jint)
17. Jay Park - All I Wanna Do (ft. Hoody, Loco)
18. Jay Park - All I Wanna Do (Hoodboi Remix)
19. Summer Soul - Barefoot (TOBYNOH Remix)
20. IU - Palette (ft. G-DRAGON)
21. GroovyRoom - Sunday (ft. Heize, Jay Park)
22. VAV - ABC (Middle of the Night)
23. Red Velvet - Zoo
24. 7.31 - Vans (ft. Summer Soul, Bluechangedme)
25. Summer Soul - Childlike
26. Heize - Shut Up & Groove (ft. DEAN)
27. f(x) - Shadow
28. MADDY - Shining
29. Cha Ji Yeon, LDN Noise - My Show
30. SHINee - Close The Door



FRANK OCEAN FYF 2017 FULL SET (Youtube)

今月22日(現地の日時で)に行われた、FYF Festでのフランク・オーシャンのライブは、見ている人から見れない人まで当日のツイッタータイムラインは大分ザワついておりましたが、そんな色々な人達(私も含む)の願いの甲斐もあってか、親切な誰かにより(アンオフィシャルだと思うのですが)Youtubeに映像がアップされておりました。(VIA @downlow

会場は終始歓声と大合唱で大盛り上がりしており、贅沢を言えば当日リアルタイムで見たかったなぁという気持ちはあるものの、それにしても十分満足出来る内容の映像となっております。

でかいヘッドフォンを付けているのが印象的でありまして、激しくラップのように歌うところや、床置(なぜ!?)のキーボードでシッポリ歌う所、楽器の人達と椅子に座って円になって歌う所など、シンプルな構成ですが見どころ満載でありまして大変良かったです。
1時間13分という長さのため、本日のお昼休みのお供にすれば最後の15分位見れず、午後からの業務に支障が出る可能性もありますのでお気を付けを。ちなみ最後はKOHHのバージョンのNIKEがかかります。



FRANK OCEAN FYF 2017 FULL SET (Youtube)

fyffest_frankocean.jpg






動画は削除されておりますが、こちらに行けば同じものが見れるみたいです。


0:00 Pretty Sweet
3:39 Solo
8:01 Chanel
12:27Lens
16:07 Biking
19:41 Hublots
20:29 Commes Des Garcons
21:53 Runnin Around / Good Guy (Take 1)
27:35 Runnin Around / Good Guy (Take 2)
33:08 Poolside Convo / Self Control
38:29 Wither
39:11 Close to You / Never Can Say Goodbye
42:18 Ivy
47:03 Only You
51:03 Thinkin Bout You
54:48 Night.s
1:00:07 Pink + White
1:02:57 Futura Free
1:07:26 Nikes














Young Thug / BEAUTIFUL THUGGER GIRLS

ラップとR&Bの境界線が曖昧になりすっかり歌えるラッパーが強さを発揮するようになった昨今の、代表的なアーティストでありますYoung Thugがその強みを活かしてR&Bアルバムをリリースしました。

この人は売れている割にリリース量が多い方ですので、前作をちゃんと処理できていないところにリリースが来たり、また言葉が分からなくヒット曲以外どれも同じに聴こえるということが自分的には結構あり、毎回まあまあ適当に処理しているところもあります。(2016年のアルバム「Jeffery」はやや多めに聴きまして好きな曲もありましたが、キル・ビルサイレンが時折来る度に切ろうかと思うことも多々。)

そんなどちらかと言えば、彼のファッションやその他曲以外の話題にばかりに目が行きがちな私ですが、最近ブログにも書いている通りUSのトラックのトレンドが自分のストライクゾーンに入ってきてる風潮もあるため、今回のアルバムは特に受け入れ易い内容でとても良いと思いました。

ジャケのアコースティックギターを持つ写真を見て、楽曲で聴こえて来るギターも自分で弾いているのだろうか...それともまさかジャケだけの演出なのか?という疑問が頭の中でグルグルして素直に受け取る邪魔をされながらも楽しんでおりますが、世代的なものでしょうか、ラップ上がり+アコースティックギターという組み合わせで、単純ですがワイクリフを思い出します。と言うかアルバム「Jeffery」の一曲目はタイトル名Wyclef Jeanでしたが(そういえば参加曲もあったか。)、好きなんでしょうかね。

ギターを使っていない曲ももちろんバランス良く入っており、全体的に夏向きの作りで垂れ流すのに最適なアルバムだと思います。私は特に淡々と聴いた後一番最後にくる、クラブでも映えそうな「Take Care」が凄く好きでした。出勤時到着直前に流れてくると、特にメチャクチャやる気が出たりはしませんがほんの少しだけ元気になります。



Young Thug / Beautiful Thugger Girls

youngthug_btg.jpg







これがアナログで出ているのなんか良いですよね。




検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる












« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ