« PREV  | HOME |  NEXT »

野球部のオシャレについて

夏の風物詩、甲子園球場での全国高校野球選手権大会ですが、見ていてふと気付いた点がいくつか。
それは野球部員のオシャレに対しての意識の高さ。反面こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、色々気を使っている割に垢抜けないように見えてしまう。(かなり失礼)

koushien.jpg

しかし、そう見えるのは僕ら(僕だけ?)が彼らのオシャレポイントを理解しておらず、勝手に決め込んでいるだけかもしれません。なんなら僕らがどちらかと言うとダサい可能性もありますね。

そのような訳で、仕事場で隣の席に座る小中高そして社会人になった今も野球をやり続ける男に、高校野球児たちの美感を聞いてみました。

眉毛について:
まず、皆様もお気づきの眉毛。年々スタートレックっぽい眉毛が増えており、数年前のドラフトの時見た寺原隼人(現横浜ベイスターズ)の眉毛などは既にトッキントッキン眉クラシック。
顔が芋くさいが眉毛だけがスーパーモデル級、に違和感も感じましたがもう慣れた。
じゃあなぜここにオシャレ感が集中するか?その答えは意外と簡単でして、顔から下の装備の規制がとても厳しく、首から下は伝統的な状態(野暮ったい)しか選択できないがゆえに、眉にオシャレの情熱が集中されていくわけです。

koushien003.jpg
みんな剃りまくり。顔の種類なぞ関係なし。

帽子のアレは?:
その他には帽子の件があります。なぜか皆頭頂部を凹ましている姿をよく見受けますが、実はアレは凹ましたいオシャレではないらしいのです。
じゃあなぜか?それは前部分(学校のマークが入っている面)をいかに地面に対して垂直にするかの過程で出来るものだそうで、よりマークを目立たせる事がオシャレということになるそうです...。
うううっよく分からんオシャレ感。野球部に入った時には既にあの先輩もこの先輩も垂直なわけで、オリジナリティーなぞいらぬとばかりに皆が垂直を目指す訳。そしてツバが曲がっていれば曲がっているほどカッコいいのは、使い古した感を重要視しており、それが形式化したとの事。(ホントかよ!?)

koushien001.jpg
この先の人生でこんなに凹ませることは2度とありません。今のうちに思う存分凹ませてください。砂もいっぱい持ち帰ってください。 ちなみにアンダーシャツピタピタもオシャレ

koushien002.jpg
好感度ナンバー1九州学院の素朴ボーイでも曲げてる。これらはやはり標準。

オシャレしまくりたい年頃なので、我々の若い頃同様に鏡見て似合うものをチョイスなど後回し。イマイチな野郎ほど、カラオケボックスはビジュアル系みたいなね。

上記のようなオシャレを実践するには一年のうちは我慢せねばなりません。最近暑くても水を飲むなとは言われませんが、オシャレだけはいけません。怖い先輩に睨まれぬ様、よろしくお願いします。
この話、本当か嘘か知りませんがこれらの情報を知ると、毎回甲子園を見るのが楽しくなってきますね。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ