« PREV  | HOME |  NEXT »

KICKS

アメリカでは既に公開されており、在米の日本人のライターの方がレビューを書いていたりと気になっておりました映画「KICKS」が、国内でも12月1日から公開されるようです。とはいえまだ決定している映画館が少なく、私の地元なんかでは日本3大都市とは言え文化レベルの問題からか、Parcoが絡んでおりますがそこに入る映画館ですらも今の所上映する予定は無しであります。

というような状況なんで、いつ見れるかは分かりませんが、しばらく我慢して待ってみたいと思います。

この映画「KICKS」は、カリフォルニアのベイエリアを舞台としており、主人公の高校生が頑張って手に入れたエアジョーダンⅠを地元の不良にカツアゲされ、それを取り返すという話だそうですが、当然ゲトーでのサバイブみたいなものを描写したシーンの連続でしょうから、現在のアメリカのヒップホップを聴く層の風俗みたいなものを知るための重要な資料だと。劇中にはNas、Wu-Tang、E-40、Jay Z、2Pacなどの曲が使われているとのことで、ここからもターゲットみたいなのがなんとなく見えてきます。

最近見たドラマのATLANTAは、そういう格好良いものみたいな描写というよりは、なんだか間抜けな感じでがしてそもそもアレですが、昔から黒人の路上文化が出てくる映画を見て、こんな殺伐とした世界が...というよりも、そのヒップな文化の様子に驚いたり格好良いなという気持ちが先行してしまうため、真面目に社会問題を考えるというのが二の次みたいな感じになっておりましたが、完全におっさんになった今どう思うのか是非見ておきたいなと。

ちなみに黒人系映画と言えば今週末は、プロバスケットプレイヤーがお爺さんの格好して、ストリートバスケットのコートに現れ驚かすあのペプシのCMの世界観を映画化した「アンクルド・リュー」が公開ですね。これは子供と見に行こうかと。




KICKS

kicks_movie3.jpg













検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
祝オフィシャル











« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ