« PREV  | HOME |  NEXT »

ドキュメント映画 「G-Funk」

Dr. Dreの一体何がどう凄いのか?について言及した何かの文章で(確か2000年代中盤くらいだったと)、これまでヒップホップのプロデューサーで2回の大きなトレンドを作ったのはドレだけというのが、ほんのり記憶の片隅にあるのですが、その一つ目にあたる、90年代初頭に西海岸のヒップホップ文化を世界的なトレンドとなり席巻した、G-Funkというサブジャンルに関するドキュメンタリー映画が、SXSWで公開されたようです。(VIA @asaakim

監督はロサンゼルス出身の22歳(やたら若い)のKaram Gill(@karamgill_)、そしてプロデューサーには当時Def Jamに所属し、G-Funkクラシック「Regulate」や「This D.J.」をヒットさせた、Dr. Dreの実弟Warren Gが参加しており、新しい視点とムーブメントの当事者がタッグを組んだ大変興味深い制作陣に。

インタビューにはそのWarren Gの他にも、Snoop Dogg、The D.O.C.、Ice Cube、Kurupt、Daz Dillinger、Ice-T、Too $hortというドレファミリーやギャングスタラップのレジェンド達、元ネタGeorge Clintonから、アメフト&ベースボールプレイヤーのDeion Sanders、西海岸の新世代Wiz Khalifa、当時ライバル関係にある東海岸を象徴するプロデューサーDJ Premier、そしていまだヒップホップ界最大のレーベルとして君臨するDef Jamの社長だったRussel Simonsという豪華さ。

まだ日本での公開などはアナウンスされておりませんが、もし公開されたあかつきには是非観てみたいです。やってくれないでしょうかね。

車とかバイクが好きな人と話すと、斜め前とか斜め後ろからのショットがカッコ良いんだというのをよく聞きますが、真正面に青空のこの構図のジャケがインパクトあって凄い好きです。

リンク先には、英語読めたら面白そうな映画に関する記事と、Warren Gと監督などのトークなども載っているようですが、なんせ読めないので残念です。



ドキュメント映画 「G-Funk」 (billbord)
SXSW

gfunk_2017movie1.jpg



gfunk_2017movie2.jpg















検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ