« PREV  | HOME |  NEXT »

イシズカケイ / さまーそるときっく2016 (内PEEE92)

土曜日に昼飯を食べに行きましたところ、座敷に上がるところにフランク・オーシャンが非戦Tシャツと共に着用していたナイキ エアマックスプラスが脱いでおいてあり(馬だくピンクポロ衿ブッ立ておじさんが履いてた)、私のフランク・オーシャン運をその料理屋で使い果たした感もあり今週リリースは諦めついた次第です。

そんな失意の中、ジャジー・ジェフ&ミックやクッキンソウルなど、毎年定番の夏ミックスは色々とある中で、私が夏のミックスの中でも特別楽しみにしているイシズカケイさんの例のやつが日曜夜にアップされるという情報をキャッチしまして心躍らせておりましたが、こちらは出し惜しみなく無事リリースに。

最初の案内で何をトチ狂ったのか、昨年の甘酸っぱい路線からツッパリ方面(ヤンキー、走り屋、ギャングスタ)への路線変更を知らされていきなり度肝を抜かれ、公開前からの情報戦でハートを掴まれるといった状況に。(俺だけ?) 

まさか私の地元のヤンキーのカラオケ定番「恋をとめないで」とか入ってるんじゃないかと(入ってませんよ)恐る恐る聴いてみましたらば、いきなり自分が一ヶ月前頃によく聴いていた@poivre0529さんのsunsetというミニアルバムに入っていた曲から始まり、日本語ラップ(新旧悪めから弱腰まで)から、私の世代の青春の一曲、レイドバックした新しいソウル・ミュージックまでと、上手いことはさみながら緩急を付けて構成していっております。

もちろん今年も、意味は分からないが毎年何となく雰囲気を盛り上げてくれる冒頭の会話も入っており、峠がどうのとか若者が困惑するワードが散りばめられていて最高であります。

とりあえず本当はトラックリスト無しで聴いたほうが良いと思うのであまり説明しませんが、引っかかったところを上げるならば、誰にでもそこ突かれると弱いんだよねぇという曲があると思うんですが、Rawkus時代のKool G Rapの泣きクラシックのアレが入って来た時は、10年以上ぶりというのもあり少し取り乱しました。それを良い展開で聴くという用途だけでも充分機能します。

まずはダウンロードリンクより入手してmp3プレイヤーに放り込んでいただけますとよろしいかと。



イシズカケイ / さまーそるときっく2016 (内PEEE92)

ishizukakei_ssk2016.jpg





01. poivre / ASH dub
02. Dr. Dre / Lolo (Intro) feat. Tray-Dee & Xzibit
03. Jazz Dommunisters / DRIVE feat. OMSB, AI ICHIKAWA
04. R61BOYS / fit
05. DJ Quik / Dollaz + Sense
06. K-YO / 京浜ライダー feat. Kayzabro (DS455)
07. Alex P. Body / Can You Dig It
08. IO / Here I Am
09. Kool G Rap / My Life
10. Dr Dre / Next Episode (Kamil Remix)
11. PSYCLU / TOMMY DIGITAL - SNSHNE
12. イシズカケイ / Summer Bucket List feat. Pinkey
13. S.L.A.C.K. / 夢と現実の間
14. リトルトーキョー / サマーキラー
15. Mayer Hawthorne / Lingerie & Candlewax
16. C.O.S.A. / 6号公園
17. SMITH-CN / Kids' Return
18. Beenzino / Time Travel
19. パブリック娘。 / Summer City
20. PETZ, MonyHorse & JNKMN / mirage
21. KOITAMA / は思う。ずっときみのそばにいる。
22. Dragon Ash / Let yourself go, Let myself go

RELEASE: 2016
ARTWORK: イシズカケイ

SPECIAL THANKS: Barber Shop Boi


[追記]

3年分のリンクを貼っておきます。全てこちらのミックス祭りに掲載したものですので、そこの中のリンクから飛んで下さい。
2015
2014
2013



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)















« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ