« PREV  | HOME |  NEXT »

Mayer Hawthorne / Man About Town

ストーンズスローのインターンをキッカケに予定していなかったソウルシンガーの道に入り、今や向井理からの絶大な信頼をも勝ち取ったメイヤー・ホーソーンのソロ4枚目となるアルバムが発売されました。

昨年のTuxedoの予想を上回るブレイクにより、再びストーンズスローに富をもたらしたその姿を見て、なんという孝行息子だろうとゴクツブシの私も背筋が伸びる思いでしたが、今作の内容を聴く限り今年もその勢いは止まることは無さそうです。

いつも通り、スウィート、モータウン、フィリー、そしてディスコ、ブギーなどの様々なバリエーションのソウルミュージックを基調とした楽曲というラインは変わらないですが(レゲエぽいのもあるか)、昨今発売されている現行ソウルに比べてやはりポップセンス、そしてヒップホップ以降を取り入れるセンスが群を抜いているなと。

とりあえず引っかかったところは、ポコポコした古いドラムマシン(808か?)ぽい音を効果的に配している楽曲が結構有り、その使い方が絶妙でやはり凄いもんだなと思った次第であります。
あと、5曲めはネイトドックかと思った。やっぱり好きなんだなと。笑

まさか、白人のヒップホップトラックを作っていた人が、こうして時代を代表するソウルシンガーになるという事を本人も予想していなかったでしょうが、こういうの見ていると自分もまだなんか今後浮いた話があるんじゃないかと思えて元気になって来ます。多分無いと思いますが。

曲数も少なめでサクッと飽きる前に終わりますし、自分的には既に今年の上位に来るアルバムとなっております。皆様も是非。



Mayer Hawthorne / Man About Town
輸入アナログ盤

mayerhawthorne_mat1.jpg



iTunesもボーナストラック付き

mayerhawthorne_mat2.jpg



1. Man About Town
2. Cosmic Love
3. Book of Broken Hearts
4. Breakfast In Bed
5. Lingeries & Candlewax
6. Fancy Clothes
7. The Valley
8. Love Like That
9. Get You Back
10. Out Of Pocket

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最近聴いてる











« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ