« PREV  | HOME |  NEXT »

Kendrick Lamar / To Pimp a Butterfly

本日、iTunes Storeにて今年一番楽しみにしていたリリースの一つKendrick Lamarのアルバムがリリースされました。

英語が分からない私ごときが、ラップ内容がコンシャスとか言うのもおかしいので特に偉そうなことは何にも言えませんが(しっかり者には見えています)、とにかくメジャー、アングラと人それぞれ好みはあるにせよ、とりあえず皆が聴くとくべき今年の指標となる一枚であることは間違いありません。

ゲストとプロデューサー陣の間違いなさを見れば分かる通り、全曲申し分ない出来で次世代の西海岸(ポストGファンク感、ジャジー感)をこれでもかと堪能出来ます。私的には先行して出ていた「i」のMVの音源と若干違うのが心残りでしたが、それを差っ引いても最高だと言えます。

ちなみに「i」のMV初めて見た時にあまりにかっこよすぎて、吉田栄作に憧れていた時代ぶりに白いTシャツが猛烈に着たいと思わされましたが、白は清涼感ありすぎて自分自身の小汚さが浮き出て目立つ可能性もあるので慎重に行きたいと思います。


Kendrick Lamar / To Pimp a Butterfly

klamar_tpab.jpg

klbooklet.jpg


プロデューサー:
1.Flying Lotus & Ronald "Flippa" Colson
2.Terrace Martin
3.Sounwave
4.Rahki & Fredrik "Tommy Black" Halldin
5.Terrace Martin & Larrance Dopson Of 1500 Or Nothin'
6.Taz Arnold AKA Ti$a & Whoarei
7.Pharrell Williams & Sounwave
8.Sounwave & Terrace Martin
9.Knxwledge & Taz Arnold aka Ti$a
10.Tae Beast , Sounwave & Thundercat
11.Lovedragon
12.Thundercat & Sounwave
13.Boi-1da & Koz
14.Lovedragon
15.Rahki
16.Sounwave

主要参加者:
George Clinton , Thundercat , Bilal , Anna Wise , Snoop Dogg , James Fauntleroy , Ronald Isley , Rapsody , Dr.Dre , Robert Glasper , SZA , Pete Rock , 9th Wonder , Lalah Hathaway , etc

サンプリング:
Here’s every sample on Kendrick Lamar’s To Pimp A Butterfly





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)



最近聴いてる。












« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ