« PREV  | HOME |  NEXT »

MIX TAPE TROOPERS / 素晴らしき「レコード袋」の世界

我々田舎のBボーイにとって、東京のレコ屋の袋のステータス感と言ったら、ルイ・ビトンのかばん持ってる感覚にも近いものがありましたが(特に渋谷感の強いもの)、こちらはそんなレコード屋の袋を解説付きで掲載した人気ブログMix Tape Troopersさんの記事。(VIA @downlow

色々通販はやっておりましたが、特にマンハッタンとシスコ、DMRの通販を長くやっており、季節の袋やアーティストタイアップのものは、今考えればどうって事もない感じですが、当時は勿体無さ過ぎて取っておいたり、そのタイアップのレコードに入れておいたりと可愛らしいところもあったなと。いまだったら子供のうんこ入りおむつ丸めて適当にその中に捨てそうですが。

もう今は亡くなってしまった友達と深夜バス使って原宿FAT BEATSに行ったことや、東京の友達に連れて行ってもらって驚いたスパイスや印象的だったミスターボンゴのことなど、袋の写真見たり記事を読んで色々思い出しました。東京のレコード屋って有名な人働いていたりするから、レジ持って行ってそういう人が出てくるとギョッとしますよね。田舎者は。

地方都市在住の私達と違い東京や関東方面の人達だと、今は無き小型店の袋とか見てグッときたりするんですかね。




MIX TAPE TROOPERS / 素晴らしき「レコード袋」の世界


mtt_recofukuro02.jpg
mtt_recofukuro03.jpg
mtt_recofukuro04.jpg
mtt_recofukuro01.jpg


今となっては、袋の後ろに映るレックスボックスすら懐かしい気持ちになる。





このレコ屋の映画のジャック・ブラックも最高だった。




トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)















« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ