« PREV  | HOME |  NEXT »

夏のミックス祭り2014 後編

そろそろお盆が始まっている皆様も多くなってきてはいるのでないかと思い、旅行やBBQへ行く方々、そしてどこへも行かずパソコンの前にしがみつく仲間達のために夏のミックス祭りの後半を開催したいと思います。(前半はこちらへ

まず前回も同じく(というかミックス載せている時はほぼそうなんですが)、ダウンロードが出来るというのを前提に選びました。その理由は単純で、外に持ち出せることを前提としているからです。ストリーミングでも良いじゃないかと思う節もありますが、安定しないのとパケ代がかかるからということがあり、やはりダウンロード出来たほうが良いなと。(稀に例外もあります。)


2014summermix_2.jpg


で全く話変わりますが、つい先日地元の中学生達にとって、彼女と一緒に行けるか、もしくはそこで彼女ができるかの年に一度の大イベントであります盆踊りに20年ぶりに行ってきました。

私と同級生のマイルド感など皆無のゴリゴリのヤンキーが地面に座って、こちらもマイルド感ゼロの金髪と黒が入り交じるソバージュの痩せすぎが心配な女性とイカ食べていたり、一つ上の一番ヤンキーだった先輩と付き合っていた、工藤静香系統のヤンキーになるために生まれてきたような顔立ちの、スカートは地面スレスレかつ袖まくりでシンナー吸って毎日ラリっていた女の先輩が、ヤンキー臭の無い普通の格好で息子と歩いていたりと、変わった人と変わらなかった人を色々見る機会があり大変良いものを見せていただきました。

もちろん荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」は現役で、調べてみれば2016年で30周年ということでしたので、今年のNASのイルマティック20周年祭りのように、荻野目ちゃんにも是非盆踊り全国ツアー及び、フジロック、サマソニへの招集(太鼓付きで)、なんならコーチェラ2016への参加(それを日本からストリーミングで見る!)をお願いしたいもんです。





DJ Airtime / Workout in Summer (@Airtime45

2014summermix2_01.jpg

まず全て聴いてみて思うことは、作者の耳が大変良いということであります。(私の趣味に合うということかもしれない。)
フューチャービート、ブーンバップからウエストコースト、新旧R&Bまでどうまとめるのか非常に興味深い広角型の選曲。選曲を見ずに再生しておりましたら久々のSHOW BIZ & AG/アンダープレッシャーとの再会に感激しつつ、その後パッと開けるように西海岸サウンドに展開していく様が見事でございます。トラックリスト上で見てみると、数手先に待ち構えるDJマスタード作品とショウビズ&AGが同居している様が2010年代ぽくてなんか良いなと。2枚使いもアクセントで良い感じですし、とにかくグラデーションのように曲同士を繋いでいく能力の高さに感服して10回位聴いてしまいました。
(VIA @keybo080



DJありがとう / SUMMER ACTIVATED (@dj_arigatou

2014summermix2_09.jpg

今年の私の夏はDJありがとうさん無しに終わるのかと思っておりました。テレビ(テラハウ)に悪態をつくありがとうさんをTLで見かけ、「はよ作れや!」と思うことしばしばありましたが、その思いの甲斐ありましてようやく夏(お盆前)をまだまだ残した状態で出してきた大変嬉しいミックスであります。今回はミスチルの派手なホーンが効いたアッパーなのから始まる、大変ポップで晴天にピッタリの内容でありまして、相変わらず曲と曲の接続&テンションを落とさないグルーヴ感は感心しますし、あまり好きでないアーティストの曲も、ハンバーグの中に見えないくらいに切り刻んで入れたピーマンみたいなもんで、全く気にならないのはさすがであります。サマーヌードのカバーが山Pのでなくて良かったとホッとすると共に、やはりDJありがとうさんは最高だなと。



Cookin’ Soul / Summer Waves vol.4 

2014summermix2_02.jpg

LE$との仕事でも絶好調の注目の90'sの良心を引き継ぐプロデューサー、Cookin' Soulの夏のミックスの第4弾でございます。いわゆる大定番のミッドなダンクラからスタートしますが、ド渋で遅めのソウル、ジャズファンク、南米系のセクションが長く続き、最後の方はLonnie Liston Smith - Expansionsなんかでやや上がるもののフィニッシュはやはりド渋で遅め。どこをとっても夏感はあり、一曲が短めなところが飽きずに聴けます。気になる部分としてやたらとディレイを多用してくるところで、とにかく繋ぎはディレイ頼み。しかしディレイは爽やかなので良しとします。もちろん4が出ているということは、1~3もありますし、同様に定番多めのとても分かりやすい内容でダラダラ聴けます。それらもまだリンクが残っておりますのでいっといたら良いかと思います。



goodfatworld / 2014SummerMix Uramichi Ver (@goodfatworld

2014summermix2_03.jpg

こちらのミックスは、自由が丘の裏道(無印良品の裏の通り)で働く人達用として作られたという代物。田舎者の私としましては、自由が丘というお洒落過ぎるキラーワードで眩しすぎて目が潰れそうだわ、ビビッて電柱の影に隠れたくなるわで、恐れ多いことは存じておりますが、せっかく公開していただきましたのでいち早く追いつくために聴いた次第でございます。爽やか且つ涼しげな、ブラジル、ヒップホップ名作のここ最近のリミックス、R&B、和モノなどが激烈スムースに繋がっており大変極上で気持よくさせてくれますが、なんといっても最後のオチとして胸キュン界の横綱が待ち構えており、胸キュンを回避することは非常に難しい状況でござます。私も不意打ちされて照れちゃいましたよ。ぜひとも最近遊びにいっていない35歳以上の皆様も、いかがわしいマッサージも良いですがこちらで回春していただければと。ちなみに私の数年の傾向から言いまして、このミックスの感じが数年iPhoneから外すに外せなくなり残り続けちゃう感じになるヤツであります。




Para One / 90' of 90's


2014summermix2_04.jpg

フランスはパリ出身のエレクトロニック・ミュージック・シーンきっての天才的クリエイターPARA ONE(映画監督もやるみたい)による、夢も希望もあった90年代(自分の話です)のダンスミュージックの大ヒット曲を振り返るミックス。すっかり夢が冷め2000年代中盤から地獄のような毎日反省の日々でしたが、2010年代こんなに穏やかな気持ちで90年代の音楽を聴けるとは思いませんでした。とにかく目に写っていたいた景気の良さと相まって耳に刷り込まれているもんですから、やたらとリッチな音に聴こえるのですが皆様どうでしょうか。人によっては、脳裏に焼きついた恥ずかしい青春がフラッシュバックし、頭を壁に思いっきりぶつけたくなったり、大声を出して恥ずかしさをごまかしたくなるかもしれません。40歳以上の人同士のドライブに是非どうぞ。若者はどう感じるのかな。
(VIA @SHiGGY_No8 @war_daa



iamETnk / jpnsmix@hinxnxeiji

2014summermix2_05.jpg

みんなでどこか行くときやBBQをする際に、小難しい音楽で物知り感をアピールし精神的優位に立とうとする音楽好きもおりますが禁物でございます。3度の飯より音楽好きの人以外は他人は誰も聴いてはおりませんので、すみやかに分かり易く受け入れられるこちらへどうぞ。日本の曲のみ歌からラップまでと緩めの選曲で、定番曲や人気アーティストの曲から、音楽を好きでないと辿り着けない良曲までを緩急つけて入れてあります。(あまりに多く見かけるアレやコレは上手く外してあるような...。)
帰り際にこのミックスをコピーして欲しいという、合法的に会うチャンスが到来する可能性もございますが、あくまで自分で作ったミックスではないのでiamETnkさんに感謝の気持ちを忘れないように、ですがまるで自分が作ったような作ってないようなギリギリの顔つきで利用するのが吉かと。



DJ Shred One / Sample Soul

2014summermix2_06.jpg

サンプルリングで作られたソウルというコンセプトで、60、70年代のソウルへのオマージュ的な要素を感じる、ソウルネタのヒップホップインストからラップ付までをミックスしております。ディラの影響下にあると思われるSEの使い方やネタ選びのセンスが良い感じ。それにしてもやはり夏はネタ感強いメローなのが合いますね。ソウルネタといえばのゴーストフェイスキラーをはじめ、J-DillaやMayer Hawthoneから、久しぶりにその名を聞いた(自分がチェックしてないだけですが)Dibiase、Jake OneそしてQ-TIP、Pete Rock & CL Smooth、Black moonの90年代黄金期勢、Mary J. BligeやAlicia KeysのR&Bシンガーまでラップ・歌入りもインストのみもあり、なかなか面白いセレクトだと思います。
一時どんなアルバムが出ても2枚組みのインストアルバムが出ている時がありましたが、このミックス聴くと、ヒップホップインスト好き野郎のためにデジタルのみでも良いですので、もっとインスト盤も出していって欲しいと思うのですが。



Cbtek! / 焼き茄子 ビール 枝豆 冷奴 ナムル 焼酎水割り梅干し入り (@cbtek_goldfish

2014summermix2_07.jpg

レゲエやダンスクラシック、日本の曲まで夏の定番が山盛り。私の場合、こちらのミックスを一人で夜に車に乗って窓全開爆音で聴きましたが、近所のイオンの横の道(県道)と、コンピューターラブ~プロテクション~サマーマッドネスの流れの相性は格別であります。恐らくあと10年経っても変わらず最高なはずだと確信しております。これはフリーミックスが今ほど出ていない4年ほど前のミックスですが、今皆様が作るミックスにやたらと入っているアレやこれも普通に入ってまして、みんなが好きな曲は数年立ってもあまり変わらないもんだなと。(SDPにしてももう20年ですね。)ドライブ音楽奉行ならば、こういった分かり易く明らかにドライブに最適な定番多め選曲のブツをやはり1セット仕込んでおきたいですよね。(VIA @milo0420



El Nino Plata(THE SILVER CHILD) / Brisa Latina (@THESILVERCHILD

2014summermix2_08.jpg

以前このブログでもポストしました、現行ヒップホップの元ネタの極上なミックスを公開しているTHE SILVER CHILDさんが、夏用にラテンのミックス作っておりました。内容はサルサクラシックス~サルサトン/レゲトンクラシックス~2014年のレゲトンヒット~バチャータっていう感じで、前半はサンプリングネタもちょっと入っているとのこと。私は何周か聴いてみましたが雰囲気は最高。ラテンをほぼ知らない私が聴いても、流れやテクがガッチリしているのは分かりますので面白いです。知っているのが一発屋ロードタリク&ピーターガンズのイントロのネタのもの、そしてレゲトンの超絶クラシックであります、おなじみダディーヤンキーのガソリーナという2つという寂しさ。このミックスを機にこういう馴染みのないジャンルを聴くきっかけになっていけばと思う次第であります。当然SILVER CHILDさんの持ち味もしっかり出て、ラテンでも2枚使いをしていたりとヒップホップ精神を時折覗かせる部分もあり良い感じであります。なんにしても陽気な国の音楽は元気になるので良いなと。



yucchosan / Jpop de Motown

2014summermix2_10.jpg

死ぬほど胸キュンするチューン、及び死ぬほどエモーショナルなJ-POPなどを車で爆音でかけている時、今ここで知り合いに会ったらば恥ずかしくて死にそうになるだろうな...という瞬間がたまにありますが、こちらも35歳オーバーのおじさんには致死量のキュートなリズムの音楽が入っております。一曲目の離婚に向けて協議中の90年代の伝説(良い意味でも悪い意味でも)を皮切りに、色々なことを考えず運動神経的に好きなあれやこれやが続き、深く考えなくても最高な気分になれます。この古くから日本の歌謡曲、ロックに時折混ぜ込んであります、ハッピーで軽快なキラーリズムのモータウンビートを最初に持ち込んだ人にノーベル賞を渡したいですね。



miztarnie / MRTKCSTMIX2SUMMER (@miztarnie

2014summermix2_11.jpg

tofubeatsさん音源への参加により、一気に絶妙なポジションへの復帰を果たしたのは大変印象深かったですが、元々アイドル冬の時代をサバイブしてきた体幹の強さはさすがだなと。そんな森高千里の夏音源のミックスを、現行のR&Bの良いところをミックスして好評を博しているmiztarnieさんがもうひとつのライフワーク(大げさ)として制作したもの。キツめの美人でスタイルは最上級、ペッタリした歌唱法と深いのだかそうじゃないのか分からない歌詞の世界、と中毒になる人の気持ちも分かるような分からないような感じではありますが、私も例に漏れず森高千里を聴いた世代ですのでやはりポイントになる曲はグッと来るものがあります。
(VIA @ma2daman



アボかど & Freshman / #Natsumix2014@cplyosuke & @Y2FUNX

2014summermix2_12.jpg

一番気になっているところは、昨年もそうでしたが選曲した人とそれをミックスした人が分業で作っているということ。音楽を調べている時間が多ければ、DJを練習する時間は無く、DJをやっていると音楽を聴く時間はは無いという、無職でもない限りどうやって時間を賄うかの問題はいつもついてまわります。自分の選んだ曲を妻もしくは彼女とし、ミックス担当のDJの人に(スワッピング相手)にどうぞどうぞといった感じで委ねるという風に置き換えてみますと、なんだか面白いなと思えてきました。内容は、ここ最近から数年前のメローなギャングスタラップでございます。ギャングスタラップをあまり聴かない私でも楽しめる、ピーヒャラシンセやネイトドッグ、ベイエリアサウンドなど、アイコン化されたギャングスタラップのお約束を楽しめる内容でございます。普通にダラダラかけておくのに最適。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)















« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ