« PREV  | HOME |  NEXT »

映画『キャビン』観に行ってきました

持病のヘルニア気味の首を庇いながら、もう少しで終ってしまいそうということで遅ればせながら話題の映画“キャビン”を見に行って参りました。

ネタばれないようフンワリ書きますが、もっというと下のあらすじ、予告動画、感想も事前情報をいれずに観たほうがより楽しめるかと。ちなみに、普段ホラーを観ない僕もいけましたので多少のグロ描写耐性があれば大丈夫かと思われます。

映画『キャビン』オフィシャルサイト
cabin_2.jpg

まず簡単なあらすじから。週末に2人の女子大生と3人の男友達が山奥の別荘にという死の臭いしかしないホラーのベタ設定。ここからが少し変わっており、謎の組織にすべて監視されており5人はその中で起こるほとんどをコントロールされ恐怖体験にあわされるというお話。

cabin_1.jpg

事前情報を入れないほうが楽しめると思った理由は、全体が“スクリーム”のように既存のホラー映画にありがちなお約束を逆手にとったような展開が満載でそここそがこの映画の面白いところだからなのです。ここまで読んでしまった方はどうお約束を裏切る展開をしていくか楽しんでみてください。
ただお約束という元ネタありきな映画というと敷居が高く感じてしまいがちですが、良質なヒップホップやDJミックスは元ネタを知らない人でもガッツリ楽しめるように、この映画も同様でホラー映画に疎い僕でも最後まで引っかかり気なってしまう事もなく観ることができ、かなり詳しい方ならもっと面白いんだろうなとも感じました。



印象に残ったのはシーンはたくさんありますがその中でも、エレベータを全体を写した映像とかは鳥肌ものだったり、あるキャラがあるモンスターにボコボコにされてる最中、謎の組織がパーティを楽しんでるシーンとかも唸らされましたね。大集合なてんやわんやで爆笑、ハラハラの末、爽快なラストも最高でした。
見終わってから、調べると、監督、脚本が海外TVシリーズ「LOST」の脚本家として知られるドリュー・ゴダード氏だったという事でなるほど納得いたしました。
コメディ要素もまあまあ多いのでおデートなんかにもよろしいのではないかと思います。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)



最近聴いてる。












« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ