« PREV  | HOME |  NEXT »

"We Love Japan" Message from Stones Throw

stonesthrow_logo.jpg


震災の影響で様々なクラブ/ライブ・イベント中止のアナウンスが続く中、「
日本の為に何か行動をしたい」という強い気持ちを胸にStones Throwを代表して
レーベル・オーナーPeanut Butter WolfをはじめJ.ROCC、Mayer Hawthorneの3人が来日、
そして間もなく「Stones Throw Japan Tour 2011」が開催されます!!

まずはStones Throwのスタッフから預かった日本の皆様へのメッセージと、今回の「Stones Throw Japan Tour 2011」開催についてのお知らせからご紹介。

「この度の東北太平洋沖地震によりによりお亡くなりになった方々のご冥福と被災地の方々ならびにそのご家族に対して、心からお見舞いを申し上げます。

Stones Throwが音楽レーベルとして設立された1996年からこれまで素晴らしいと信じた音楽作品をリリースし続ける事ができたのも日本のファンからの力強いサポートがあってこそ。アーティスト、スタッフ一同はこれまでもこれからも常に感謝の気持ちで一杯です。現在被災地皆様が直面されている困難に対して世界中からのサポートにより一日も早い復興が行われるよう心よりお祈り申し上げます。

約半年前よりパートナーであるSTUSSYと企画と準備が着々と進行しておりました今回のStones Throw Japan Tour 2011 (4月8日東京公演at UNIT、4月9日大阪公演atSTUDIO PARTITA)の開催については、震災後より安全面と社会情勢を考慮し、日々継続的な協議と慎重な判断を行っておりましたが、ファンのお客様を始め、会場スタッフ、アーティスト、ツアー関係スタッフの安全確保と設備点検が万全な会場に関しては、引き続き安全確保と節電を徹底しつつ開催を行う事を決定致しました。そして今回の興行によるStones Throwへの利益は全てを日本赤十字社を通じて被災された方々への義援金とさせて頂きます事をあわせてお知らせ致します。

各開催地のファンの方々のリクエストとアーティスト達自身の「日本の為に何か行動をしたい」という強い気持ちによる決断。日本の方々には困難を乗り越えられる前向きで強い意思を持って頂く為、STONES THROWとSTUSSYは全力でサポートさせて頂きますので皆様のご協力を宜しくお願い致します。」

STONES THROWアーティスト、スタッフ一同
http://www.stonesthrow.com/news/2011/03/we-love-japan

↓ツアー詳細に続く
japan-flyer-update.jpg

2011 4.8 (FRI) TOKYO at UNIT
More Info
http://www.unit-tokyo.com/schedule/2011/04/08/110408_stones_throw.php

2011.4.9 (SAT) OSAKA at 名村造船所跡地 STUDIO PARTITA & Red Frame
(会場が変更となりました。)
More Info
http://www.namura.cc/partita.html
iFlyer
http://iflyer.tv/studiopartita/event/80321-STONES-THROW-LOVES-JAPAN-TOUR-201
1-in-OSAKA/


untitled_20110408034731.jpg

Peanut Butter Wolf-Exclusive Live Video-DJ set-
J.ROCC (Beat Junkies)-”Some Cold Rock Stuf”Album Release Special DJ set-
Mayer Hawthorne-An Exclusive DJ set-

大阪公演に関しては、会場も急遽変更となりましたがより大きな規模へ、よりよい公演へと向かってますので期待してお待ちください。送迎シャトルバスも心斎橋-会場間で運行されます。皆様の来場を心よりお待ちしてます。

※外的要因で安全確保に影響が生じた場合はやむなく中止とさせて頂く場合もございますので予めご了承下さい。

Peanut Butter Wolf
96年にStones Throwレーベルを立ち上げ、そのマルチな感性を武器にMadlib, J Dilla, Mayer Hawthorne, Dam-Funk, etc.を発掘し、世界中のミュージック・フリークを狂喜させてきたアメリカ西海岸を代表するクリエーター/アーティスト。ヒップホップ創世記80年代からいち早くDJ/プロデューサーとして活動し、今なお一線でワールドワイドに活躍。近年はミュージックビデオを中心に音楽と映像を取り入れたライブセット”Video DJ”のパイオニアとしての活動、そしてレーベルのディレクター/A&Rとしては、Dam-Funk, Mayer Hawthorne, James Pantsといったフレッシュな才能を近年輩出しStones Throwレーベルの新時代を見事に築き上げた。今年レーベル生誕15周年となる11年にも、幅広い音楽観のデビューアーティストとリリースが多数控えている。今回のジャパンツアーでも披露される、貴重な映像と音源が見事にシンクロする神技的ミックスで熱狂的人気を誇るビデオ・ミックスは超必見!!
http://www.stonesthrow.com/pbwolf

J.ROCC (Beat Junkies):
「Stones Throw Japan Tour 2011」に先駆け行われた来日ソロ・ツアーも大盛況に収めた南カリフォリニアが生んだレジェンドDJ: J.Rocc、またの名をFunky President。ダイナミックでファンキーなパフォーマンスで世界中に熱狂的なファンを持つワールド・ベストDJ。80年代にPSKというDJクルーからそのキャリアをスタートした彼は、92年にターンテーブリスト集団Beat Junkiesを立ち上げ、Beat Junkiesとして、97年、98年に渡ってITFワールドチャンピオンに輝く。その後、ラジオや数多くのミックス作品のリリースで高い評価を得ると共に、ドキュメンタリー・フィルム『Keepintime』、『Brazilintime』、最近では『Secondhand Sureshots』等、西海岸を代表する様々なプロジェクトにも参加し、地元ロサンゼルスの音楽シーンでは常にキーパーソンとなっている。00年からStones Throwのクルーに加入後、Madlibなどのレーベル所属アーティストのライブDJとしての活動なども行い、現在レーベルでも守護神的な役割を果たしている。また、Peanut Butter Wolf, Madlib, EgonなどといったStones Throwクルー屈指のディガーとの親交が深まった影響もあり、より幅広い音楽を吸収することとなり、近年では、ターンテーブリストとしてのスキルと、ヒップホップをバックボーンに持った幅広い音楽観のクロスオーバー・スタイルな選曲が組み合わされたことによって、まさにワン・アンド・オンリーなオリジナルDJスタイルを確立している。そして、この春遂に自身初となるオリジナル・アルバム『Some Cold Rock Stuf』のリリースを引っさげた来日ツアーが決定!
http://www.stonesthrow.com/jrocc

J.ROCC 1st Album『SOME COLD ROCK STUF』 (Stones Throw)
(2011年3月日本先行リリース)
80年代から一線で活躍、World Famous Beat Junkiesとしてシーンの頂点に君臨し数々の伝説を築いてきたカリフォルニアが誇るレジェンドDJ:J.Rocc aka Funky President。キャリア初となるオリジナル・アルバムが遂に完成!まさにJ.Roccの30年に及ぶ音楽ライフの集大成といえる壮大なスケールで迫る、今だかつて無いブレイクビーツ史上最高傑作アルバムの登場!!

Mayer Hawthorne:
Stones Throwきってのスウィートでポップなソウルを放つMayer Hawthorne。ソウル・ミュージックの都=デトロイト近郊に生まれ、幼少から様々な音楽と楽器に触れる。特にSmokey RobinsonやCurtis Mayfield、そしてHolland-Dozier-Hollandといったヴィンテージ・ソウルと、リアルタイムで聞いて育った90年代のサンプリング・ヒップホップに夢中になり育つことになる。10代からDJ Haircutという名義で幾つかのローカル・ヒップホップ・グループのDJ/トラックメイカーとしての活動を経てきた彼が、遊び心で制作したデモ曲がきっかけでPeanut Butter Wolfと出会い、Mayer HawthorneとしてStones Throwからデビューに至った。殆どの楽器を自身で弾き、ハートウォーミングなスウィート・ヴォイスで現代のソウル・ミュージックを奏でる彼のデビューアルバム『A Strange Arrangement』は、それまでのレトロ・ソウルの概念を見事に打ち砕る、まさにイマの音楽ファンの為のスウィート・ソウルである。そして、瞬く間にGilles PetersonやMark Ronson、Snoop Dogg、Questlove(of The Roots)といった世界中のキーマン達の耳に留まり、一躍トップスターへと躍り出たのだ。彼の作品の源でもある膨大なレコード・コレクションや、培ってきた独自の幅広い音楽観から繰り出される、まさにMayer Hawthorne印なオリジナルDJセットは超必見!そして当日は誰もが期待するスペシャルなサプライズが起こるかも、、、。
http://www.stonesthrow.com/mayerhawthorne

More Info at Stones Throw Website
http://www.stonesthrow.com/news/2011/03/stones-throw-japan-tour-2011

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)



最近聴いてる。












« PREV  | HOME |  NEXT »

このページのトップへ