| HOME | 

KYOSOKU1 ~和モノメガミックス~ / collaged by Magictouch(DUPER GINGER)

私どもの世代付近から上は、マスターミックスが大好物の人が多く、その影響からなのかやたらとクイックでDJしたがる人もまあまあ多い印象であります。(キッドカプリの影響やダンサー好みにやっているのもあるか)

オールドスクール期からの先輩方はもちろんメガミックスの元祖でありますDouble Dee & SteinskiのスーパークラシックLessonや(藤原ヒロシさんのブログに当時の空気感と共に紹介されております。)、Danny KrivitのFeelin' James、Norman CookのPayback Mixなどに衝撃を受けているでしょうし、私の世代付近になりますとそれらのクラシックはもちろん、後の世代DJ Shadow、Cut Chemistがそれぞれ作っていたLesson4(5)、そしてLesson6と、大変影響を受けましたし大好きだったシリーズ(と言ってい良いのか)でしたが、そのメガミックスのマナーに日本の音楽に落とし込んだ作品を最近知りましたのでポストしたいと思います。

最初コンセプトを読んだ時、アメリカ的なブレイクの感性でやるのか、はたまた日本的な感性なのか大変気になるところでしたが、日本的な方で作られておりましてそこにも大変グッときまして、どちらかと言うとメローな素材を上手いこと流れを作り調理した感じであります。

私はそんなに和物の音源を知っている訳ではないので、聴いたことあるものもありますがもちろん知らないのもありまして、知っている人が聴いたらキラーブレイクのオンパレードなんでしょうかね。
尚、ミックス&マスタリングを依頼(8ronixさん)するなど、無料に配るにしてはちゃんとしておりバランスもバッチリ。無料ダウンロードもありますので是非。



KYOSOKU1 ~和モノメガミックス~ / collaged by Magictouch(DUPER GINGER)

kyosoku1_magictouch.jpg



mix&mastering 8ronix

*70's&80's Japanese Groove Only

THE NO1 BAND
SHOODY
MIO TAKAGI
YUJI TORIYAMA
YOSHIHIRO NARUSE
HALF MOON
RYOJIRO FURUSAWA
KAORU SUDO
KEI OGURA
BUZZ
SOUTHERN ALL STARS
BE-BOY CLUB
ONE TWO DON
YASUHIRO ABE
PAL
MAKIO INOUE
TONDA COUPLE
HIROMI IWASAKI
MIKIO MASUDA
RYOICHI KUNIYOSHI
TAKESHI INOMATA
BINGO MIKI
AMI OZAKI
HIDE & ROSSANNA
TAKESHI ONODERA
DUKE ACES
FREEDOM UNITY
CHIEKO BAISHO




シャドウ+カッケミ+Steinski







Lessonシリーズのコンピ。


Nikeのシューズボックス型金庫

現金、宝石、金塊、高級時計などの金目のものを、そもそも持っていない私なんで用心する必要もありませんが、世の中には銀行以外にお金を自宅に置く人達も居ると聞きますので、そういった方でスニーカーを集めるのが好きな人達なんかどうでしょうかね。この金目のもの+ナイキのスニーカーって組合せで思いつくのはヒップホップの成功者じゃないかと。ならば、ジョーダンの箱、カニエのアディダスの箱も需要がありますね。(現段階ではプロトタイプっぽいです。)

ナイキの箱の中に金庫を仕込んだもので、英語あまりちゃんと読めないんで合っているか分かりませんが、どうも家や家具に固定できるよう底面に穴が空いておりビス止めができるようになっているようです。

自分が泥棒だったら、スニーカーの箱に隠してあるんじゃないのか?と思いそうですが、死ぬほど積んであったらうんざりして見る意欲をそがれますので、大量に持っている人には良いかもですよね。
ちなみに、泥棒に入って何も無い場合、めちゃくちゃ腹が立ってグシャグシャのボコボコにして帰っていくだとか、家のリビングの真ん中にうんこして帰るとかあるみたいですから、生活の知恵で10,000円くらい入れた封筒を分かり易いところに置いとけっていうのがあるみたいですね。

今時うんこから色々発覚して(DNAとか)、前科者とかだとバレたりしないのかとか思いますが。



Nikeのシューズボックス型金庫

nikeshoebox1.jpg
nikeshoebox2.jpg



これくらい有れば諦めそう。

nikeshoebox3.jpg


参照サイトはこちら




本棚用金庫。お値打ち。



Blake W. Smith / Rio de Janeiro 1978

オリンピック目前で様々な話題で盛上がっておりますブラジルはリオですが、1978年にカナダ人写真家のBlake W. Smithさんが撮った写真が上がっており、大変良い感じでしたので私同様にどこにも行く予定が無い皆様是非どうぞ。

もちろん行ったことのないブラジルですが、こうしてみると都市部と山と海が近距離にある、神戸の街ような感じに見えてとても理想的な都会の在り方だなと。今はもっと開発されているのでしょうか。

画質は40年前の写真なのでノスタルジーな雰囲気があると言えばありますが、今の写真と言われるとそうかなともうものもありまして、これってインスタグラム以降の感覚なのかとか、水着の小ささのせいかなとか色々考えてしまいますがどうなんでしょうか。ブラジルだと言われてどことなく写真から、サウダージを感じてしまいますが多分プラシーボだと思います。

他にも昔の香港やインドネシア、オーストラリアなど、色々な場所の写真があって面白いです。



Blake W. Smith / Rio de Janeiro 1978

blakewsmith1978rio01.jpg
blakewsmith1978rio02.jpg
blakewsmith1978rio03.jpg
blakewsmith1978rio04.jpg
blakewsmith1978rio05.jpg
blakewsmith1978rio06.jpg
blakewsmith1978rio07.jpg
blakewsmith1978rio08.jpg
blakewsmith1978rio09.jpg
blakewsmith1978rio10.jpg
blakewsmith1978rio11.jpg
blakewsmith1978rio12.jpg
blakewsmith1978rio13.jpg
blakewsmith1978rio14.jpg
blakewsmith1978rio15.jpg
blakewsmith1978rio16.jpg
blakewsmith1978rio17.jpg
blakewsmith1978rio18.jpg
blakewsmith1978rio19.jpg
blakewsmith1978rio20.jpg

参照サイトはこちら






実際のところはこんな感じか。



killdisco / street aircheck 6

ポケモンGOが全国を席巻し、うちの近所の某宝石店の前のポケストップに、老若男女色々な人々がフラフラとやってきて、誰と交流するわけでもなく画面を左右してカプセルをぶつけてるという異様な光景もだいぶ見慣れて来ましたが、私は早くも課金という壁を越えられず、もはやポケモンをやっている人をウォッチする方に切り替えて行っておりますがいかがお過ごしでしょうか。(ちなみに今朝会社の女性に教えてもらいポケストップでクルクル回すと何かもらえる事を知った。)

それにしても、もしこれがラッパー(AV女優でも同様)を捕獲するゲームだったら本当に危なかったなと思いますが、ポケモン自体全く通ってなかったことでピカチュウ見ても何も思わないので本当に良かったなと。

本題ですが、killdiscoさんが最近出しているstreet aircheckのシリーズは本当よく聴かせていただいておりますが、Vol.6となる今作は問答無用の最高の夏ミックスとなっておりました。

一曲目がビールCMでも仕様されている曲でありまして、ビールが持つそもそもの属性「夕方」というのがそのまま頭の中で適用され、夕方に聴いた時の気持ちよさが半端ないことになっております。その他、カリブ海周辺やスウィングジャズのテイストを中心に、ラップ、80'sアイドル、Jポップなど和洋の年代様々なホーン使いが印象的な音源をチョイスし、どこを切り取っても選曲が抜群でして、このタイプのものがなかなか無いのでそんなところも良いですし、何しろDJも普通に上手いですのでそれもありとても良く聴こえるのだと思います。中盤過ぎて出てくるおニャン子クラブの自然な展開に撃ち抜かれました。

これキッカケでこれまで気にもしてこなかった(誰かにもらって持っているが)K7の市場価値は今どうなっているのか気になり調べましたところ、クボタタケシ氏にプレイされ人気の曲になっている事を知り、世の中何が起こるか分からんものだなと。

フリーダウンロードも付けておいてくれてます。この夏マストであります。



killdisco / street aircheck 6

klldisco_sac6.jpg









stillichimiya直売店「BIG FLAT」

東京でのみ営業可能のようなお店がたまにできて、驚いたということをポストしたりしてますが、Stillichimiyaの方々がこの夏オープンしようとしているお店も、今までのヒップホップ商材を扱う店としては異例中の異例の雰囲気で、大変興味深いお店になりそうでして軽い衝撃を受けた次第です。

詳細についてはホームページ上にも何も無いため、Young-Gさんの2つのツイートしか情報源がありませんが、店長はメンバーのBIG BENさんでCD、レコード、雑貨、野菜等を販売をするとのこと。
八百屋としての機能とヒップホップCDや雑貨を売るショップとしての機能が、どうやって共存していくのか見ものですね。とても楽しみでありますし、是非長く続けて欲しいです。

フライヤーも手描きを採用しており、自分が夜遊び始めた頃は手描きも普通だったのでDIY感と懐かしさはありますが、今の時代だと前衛的な感じもしますし、色々な感情が入り混じり期待を煽ります。未だ足を踏み入れたことの無い山梨県に行った際は是非訪ねてみたいなと。







stillichimiya直売店「BIG FLAT」

bigflat_open.jpg







Summer Songs 2 / Lil Yachty

3月頃出た「Lil Boat」で一気に浮上し、XXLのフレッシュマンにも選ばれるなど順風満帆のLil Yachtyが新しいミックステープ「Summer Song 2」をApple Musicにて公開。

私&皆様が虜になったLil Boatのドリーミンな作風でしたが、今作もそういったのが入っております。まずは試聴でざっと聴いていただけたらと。このヤル気の削がれるラップを聴きながら、なんとか今日も一日仕事を頑張りたいと思います。



Summer Songs 2 / Lil Yachty

lilyachty_ss2.jpg
lilyachty_ss2_u.jpg






DJ Prestige / Reggae Explosion

今年の夏はできるだけミックスをポストしていきたいと思っておりますが、現在、例年以上に時間がないため若干困っておりますが出来る限りがんばっていこうと思っております。

こちらはいつも巡回リストに入れており楽しみにしております、EXTRA CLASSICさんのブログにて知った、ニューヨークのDJ・レコードディガーのDJ Prestigeによる、70〜80'sのファンキーなレゲエ・チューンを45'sのみ使用して作ったミックス。

毎年夏が来るとレゲエが聴きたくなるようなステレオタイプかつ門外漢な私ではありますが、古いレゲエを集中的に聴いている時期が10年くらい前にありまして、このミックスにはそこで聴いていた曲も結構はいっておりまして、レゲエの事をあまりよく知らない(まあそれ以外もよく分かっていませんが)私でもとても楽しめる内容になっておりました。

色々な音楽を収集しているDJのミックスなんで、もちろんそもそもレゲエというジャンルを聴いたことがない人も、サラッと聴ける内容となっておりますので良いんじゃないでしょうか。

クーラーを止めて窓全開で現地の暑さを夢想しながら楽しんでいただければと。無料ダウンロードもあります。



DJ Prestige / Reggae Explosion
ダウンロードはこちら: 右クリックで名前をつけてリンク先を保存)

djprestige_reggaeexplosion.jpg



Honey Boy Martin & The Voices – Dreader Than Dread
Derrick Morgan – The Blazing Fire
Bobby Kalphat – Bobby’s Theme
Augustsus Pablo – 566 Crown Street
Eric Donaldson – A Weh We A Go Do
Junior Murvin – Police And Thieves
Bobby Vaughan – Mohammad Ali
Delroy Wilson – Cool Operator
Toots & The Maytals – 54 – 46
Macka B – Neva Played A 45
Josey Wales – Undercover Lover
Big Youth – Tell It Black
Althea And Donna – Uptown Top Ranking
Collie Weed & Dr. Nuts – Sugar Granny
Jackie Mittoo – Dancing Groove










Snoop Dogg / Coolaid

昨年リリースしたアルバムはエレガントでスムースな曲中心の大きい市場を意識したような印象を受けましたが、今年発売されたこの「Coolaid」は、世界狙いな豪華プロデューサーも多く起用して、地場の粘度高めテイストで仕上げた一番聴きたかった感じの作品であります。

似たような時期に出たYGもまた、自身のルーツを強く押し出すような西海岸Gラップの伝統的なトラックが中心というコンセプトで、少し比較対象として見ておりましたが、私個人的にはスヌープのが好みで(マスタードが不参加で物足りなかったというのもあるか)、季節柄もあり発売から毎日必ず一回は聴くようにしております。

1曲目(Kohhにも似たような曲あるけど何が最初なのでしょうか?)だけが少し浮いて見えますが、2曲目の涼Gチューン、3曲目の遅いプラネットロック(最高)で取り返して、その後も、Swizz Beatz、Cardo、Just Braze、Daz、Soopafly、Fingaz、Jazze Pha、Timbaland、Bongo、そしてJ Dillaと絶妙かつユニークな人選のプロデューサー(ファレルはいない)のまとまらなさそうな楽曲が、ビシっとまとまったとても良いアルバムになっております。

お馴染みのタッグとなるウィズやJeremih、そして古参のSuga Free、Too $hort、E-40などがゲスト参加で、後半までとにかく印象に残る様な曲が多かったのがそう思う原因だと。どれも良い曲で途中のどこから再開してもずっと聴いていられます。3と8と17をポイントに聴いていますが、どれも甲乙付けがたいというのが本音であります。

ちなみにカバーアートは伝統のJoe Cool。



Snoop Dogg / Coolaid

snoopdogg_coolaid.jpg



パブリック娘。 / 初恋とはなんぞや

今現在、日本語ラップが空前のブームで(特にフリースタイル方面が)、様々なアーティストが活躍の場を広げて行っていることは、ここで一々書く必要がない程当たり前のこととなっておりまして、親への感謝を強調する文化という誤解が解け、血の気の多い人同士が(もしくは一見弱腰な人と)口喧嘩したり、嘘が無い出自をリプレゼントすることがようやくお茶の間の人たちにもだんだん浸透してきているのかなと。

日本のラップをあまり聴かなり私も、フリースタイルダンジョンのAWAのCMで流れる、「中卒の言葉にやられちまいな」という中卒の言葉にやられちまっておりますし、皆その言葉選びの真っ直ぐさに掴まれちゃっているのかなとも思いますが。

ですが、やはり中卒でもなく、団地に住んだこともなく、ましてや少年院にも入ったことがないので100%理解・共感が出来、私の気持ちを代弁しているかというと、当たり前ですがそうでもないため、やはり他人の人生を見て楽しむという視点でしかありません。

まあ、そんなこんなも有り、なかなか自分の人生とフィットしたものを見つけるということも難しいものがありますが、数週間前から聴いているこのPUBLIC ENEMYとモーニング娘。を繋ぐコンセプトのグループは、PEのビジュアルイメージを使ってはいますが、強いアティチュードといいますかテーマみたいなものが特に無いように見え(有ったらすいません)、表現方法も青春ぽいオーセンティックな掛け合いなど少しおじさんの年齢にもなると気恥ずかしくなる部分もややありますが、今のトレンドをガッチリ汲んだ丁度良い塩梅のトラックに、ハイセンスな言葉選び、日常の風景の描写力、あるあるが合わさった歌詞は、とても心地良く何も考えずに楽しめる、この夏予想していなかった思わぬ伏兵となっております。まさかこんなに聴くことになるとはという感じで、何故か会社帰りの夕方とかによく聴いてます。

ひたすら描写される、そうイケてない、悪くも優等生にもなれない自分たちの人生を歌詞にされている様な世界観がクセになります。アルバム通しての流れがとても良いですし、なにより夏の楽曲に求めているキャッチーさもタップリ有り、好きな人も多いんじゃないですかね。どこが気に入ったの文字化するのは難しいですが、なんとなく気の合う友達みたいな感じです。

しかし、最初にPUBLIC ENEMYのロゴを見ると、世間にもの凄い言いたいことがあると思い込んでしまうのなんとかしたいです。



パブリック娘。 / 初恋とはなんぞや

publicmusume_hknzy.jpg




内容紹介
ゆとり世代の最終兵器にして、パブリック・エネミーとモーニング娘。の橋渡しを掲げる
無謀で無軌道、無計略な男子3 人組ラップ・ユニット、パブリック娘。がようやくファースト・フルとなるアルバム『初恋とはなんぞや』をリリース!
tofubeats、夢眠ねむ、田中宗一郎らが現場で早くからとりあげ、いつしか好事家たちも待ちくたびれてしまった彼らのデビュー作が、ようやく全国流通を果たす。
初恋とはなんぞや?教えてくれよ、パブリック娘。!

無軌道な男子3 人によるラップ・ユニット=パブリック娘。がついにファーストアルバムをリリース!
2011 年、Tofubeats が“初恋とはなんぞや"を率先してリミックスしたことから熱心なヒップホップファンに注目されはじめ、
2012 年にはシンガー森心言(Alaska Jam/DULLJAB STEP CLUB)をゲストにむかえ多数のリミックスを生んだ“そんなことより早く、このパーティーから抜け出さない?"をリリースし、
全国のクラブでDJ がかける事態となり、クラブアンセム化。
女子3 人組バンド=あまえんをフューチャーしたカップリング曲“そんなことより早く、このパーティーから連れ出して"をでんぱ組inc. の夢眠ねむ(DJ ねむきゅん)や音楽評論家の田中宗一郎がDJ プレイするなど、
音楽ファンのあいだにじわじわと名が知れ渡っていったパブリック娘。。
以降、精力的にライヴ活動をしつつ、2013 年には〈DUM-DUM〉レーベルからトリプルファイアーとの同時配信リリース、ネット発の人気レーベル〈マルチネ〉や〈アノトラクス〉のコンピへの参加などを経て、
2014 年にはYkiki Beat などとファッションZINE『Weary』への曲提供、2015 年には旬のインディーズバンドが集ったコンピレーション『New Action! ~ CompilationVol.2 ~』に参加し初の全国流通を果たし、
そして2016 年、ヒップホップの名門〈P-VINE〉からついに待望のファーストアルバムをリリース!
今後、EMC をはじめ、JABBA DA HUT FOOTBALL CLUB やCBS、そしてchelmico たちとともに、ポップの土俵でヒップホップを盛り上げる若きラップユニットからのファーストクエスチョン。
それが『初恋とはなんぞや』!

LEGEND OF JAPANESE HIPHOP FLYER 2nd Edition [ART BOOK] / Sir.Y.O.K.O.

数日前、サタデーナイトラボ「日本語ラップ史上最も過小評価された男 日本語フリースタイルの元祖!K.I.Nという男特集」を聴いて、92~93年頃の東京のヒップホップシーンの事を話しているのがすごく面白かったんですが、そんな昔の東京ヒップホップシーンに関するトピックを。

2014年に発行されて一部の人達の間でとても話題になりました、東京のヒップホップシーン(90年代)の、イベント及び音源リリースの際に作られたフライヤーやステッカーをひたすら集めていたSir.Y.O.K.O.さん(点が多いので打ちにくいため以下:横尾君)が本にした「LEGEND OF JAPANESE HIPHOP FLYER」ですが、この度増量し2nd Editionとして再発売されることに。

懐かしのチラシを見てワイワイ盛り上がる用途の他に、以前ここにポストしたYour Song Is GoodのサイトウジュンさんによるJxJx TV『特集:POLOパラレルワールド』に出演した時に気付かれた方も多いかと思いますが、人生すべてをヒップホップに捧げてきた横尾君の、執拗な性質を存分に感じることが出来ると思いますでそういった部分でも最高かと。

KODPあり、ファンキーグラマーあり、雷あり、リトルバードありと当時皆の憧れだったクルーのフライヤーですので、さんぴんおじさん達は間違いなく興奮しますし、今のプロレスみたいなチラシとはまた違う感じなので若者も楽しんでいただけるかと。今のように誰もがフライヤーを自宅で起こせる時代ではなかったので、そういった事も踏まえて見るとまた面白いです。僕はユーザロック氏のジェットコースターの前で写したやつ(追記:アレはみなとみらいにあるモニュメント、モクモクワクワクヨコハマヨーヨーらしいです。@miztarnieさんから教えてもらいました。)すごい好きだったんですがそれも載ってました。

数に限りがありますので、是非死ぬ気で手に入れていただければと。イベントもやるようでそこで先行して販売するそうです。
FRANKの記事はさらに本人にフォーカスしており読んでいただきたいです。

私は前回発売の方を入手しましたが、とても面白くて懐かしくて良かったです。



LEGEND OF JAPANESE HIPHOP FLYER 2nd Edition [ART BOOK]
※ウェブショップでの販売はイベント後に開始とのこと
価格 2,160円

payme_flyerbook01.jpg


payme_flyerbook02.jpg
payme_flyerbook03.jpg
payme_flyerbook04.jpg
payme_flyerbook05.jpg
payme_flyerbook06.jpg




膨大な個人アーカイブを様々なモノに変換するブランド
「PAY ME」が贈る アートブックシリーズ第一弾
「LEGEND OF JAPANESE HIPHOP FLYER」の2nd Edition、
増量版が発売となります。

さんピン世代の脳をブァーっと直撃する貴重な当時のパーティー/リリースインフォメーション・フライヤー、ステッカー、プレスシートを60頁、約120点をパッケージングし、アートブック化しました。もちろん全てオリジナル。個人アーカイヴから起こしたモノ。90年代の日本のHIPHOPシーンで何が重要で何が最高な出来事だったかを改めて振り返る事の出来る貴重な作品集となっております。
伝説的なSLITS、さんピン関連、スチャダラパー等の超レアフライヤーを是非あなたのお手元に。

2nd Editionは部数限定180冊のみの生産となります。

シリアルナンバー、
イラストレーターなかおみちお氏(http://nakaomichio.com/)デザインのPAYMEKUN ステッカー付



7/16(SAT) PAY ME presents『DJ’sスタイル・ブック page1』
at KATA + Time Out Cafe & Diner[LIQUIDROOM 2F]

にて先行発売致します。
*当日は2000円で販売
*当サイトからの販売は後日となります

payme_flyerbook07.jpg


Guest DJ:DJ KEN-BO, TSUTCHIE (SHAKKAZOMBIE)
Resident DJ:Sir Y.O.K.O.PoloGod. (Threepee Boys), Kuma the Sureshot
Talk Host:MIZ TARNIE (Wassup! NYC)

2016.7.16 saturday night
KATA + Time Out Cafe & Diner[LIQUIDROOM 2F]
open/start 23:00-5:00
adv.(7.6(wed) on Sale!!!)* 2,000yen / door 2,500yen
*COCONUTS DISK YOYOGI, DISK UNIOIN CLUB MUSIC SHOP(SHIBUYA/SHINJUKU/SHIMOKITAZAWA), JET SET TOKYO, LIQUIDROOM





この本の著者がトークホストします。



DJありがとう / Summer of Muddy

独特な雰囲気の選曲と展開を作る上手さで、毎回私も大変楽しみにしているDJありがとうさんの夏のミックスが今年も出ていたのですが、いつもと様子が違いこれはこれでとても面白かったです。

どちらかと言うと、ガンガンクイックで繋いでたまに長めに使うといった感じなんですが、いつものどことなく陰鬱な雰囲気が大分抑えられ、フロア仕様な選曲となっておりまして、lとんでもない順番でかけられる選曲が所々散りばめられており、普段は全く聴く気も起こらない様なあれやこれやが猛烈な勢いで耳に飛び込んで来ます。たぶんこの先一生聴くことのないハズだった音楽を爆笑と共に最高に楽しめると思います。僕は何曲か好きになりました。

私はDJありがとうさんの現場でのDJをまだ聴いたことがないため、ミックス以外はこういう感じなんでしょうかね?それにしても年代がバラバラの曲を本当に上手くかけてます。

個人的な感想が2、3あるとすれば、恋愛関係だった縛りなど色々コーナーがありますが、星野源 - SUNと次のアレを繋げたいばっかりにめちゃくちゃ早くしすぎて気持ち悪いというのと、「エイヨーそこのカス野郎」の曲の前はKJと一緒にやったヤツで良かったんじゃないのかとか、接吻のカバーがなんか気持ちわるいというのもありますが、夏のミックスなんでそういう強引だったり、唐突だったりするところもまた良しとなります。

私達の世代にはコレ入れてくるか!というのも入っていますので、まずはトラックリストを見ずに闇鍋のように楽しんでいただければと。気の合う(ここ大事)友達同士でカーステでかけながらドライブしたら、最高に楽しい夏になること間違いなしであります。無料ダウンロードも付けてくれております。



DJありがとう / Summer of Muddy

djarigato_summerofmuddy.jpg




トラックリストは歌詞データに入っているようです。




で、上記ミックス以外にもここ数週間2件ミックスを出している、家にいる間ずっとミックス作ってんじゃないかというありがとうさんですが、こちらは生ぬるい雰囲気の遅いダンスミュージック中心で、これも長く聴ける良い内容です。




これが最初に出た。これもこれで良いです。







突然来て驚いた。



2016年夏 豹の時計 [蛇の時計の追記有り]

今年は勝手に既成品にプリントしたり、勝手に応援するためのTシャツ作ったりと、空前のアンオフィシャルブームが到来中の私どもですが、(もちろんオフィシャルでの依頼なんて一ミリもありませんが)、少し前に出した勝手にカシオの時計にプリントした蛇の時計が売り切れてしまった後も、いまだにその件で問い合わせがしばしばやってきますので、せっかくなのでもう一度だそうということになったんですが、でも同じものを出してもというのもあり、新たにデザインを替えて販売することになりました。

そして今回の絵も、蛇の時計&Tシャツでお世話になりましたイラストレーター、中山信一さんに依頼しましてデザインを作っていただきました。今回は豹です。


panther_wtc02.jpg


初めて見かける人の為にもう一度書いておきますと、チープカシオとしておじさんからティーン女子までに愛されるCASIO MQ-24を店頭でザッと普通に買いまして(仕入れ)、そのまま透明な樹脂部分(中の文字盤ではなく外)に印刷をしている(一応業者さんに依頼しております)、野蛮な改造品でございます。勝手に改造しているため一切保証などございませんのでご了承下さい。

第一回目は原価を無視してやっておりましたが、この度300円だけ値上げさせていただき、まあまあ採算が合わないところを、やや採算が合わないくらいにしていこうということになりました。すいません。(3,800円です。)

時計始めてから女性からの注文がなんだか増え若干ソワソワしておりますが、気を引き締めてエコ贔屓などしないよう、極めて硬派かつ男女中立に対応いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

尚、すでに製造される数は決まっておりますが、この間いきなり「勝手に応援するTシャツ」を出した際、一気にオーダーが来て対応がやたらと大変でしたので、発売時の混乱を避けるため一応予約を受付ける事にしたいと思います。
無くなり次第終了ですので、もし万が一欲しいという方いらっしゃいましたら是非予約をしていただければと。7月後半頃の発送になりますので是非ご検討下さい。



もしよろしければ、Tシャツの在庫もまだ少しありますので、合わせて購入を検討していただけますと幸いです。


■ 2016年 豹の時計


panther_wtc01.jpg



時計(改造CASIO) 価格: 3,800円(税込)
カラー: 
文字盤白×黒プリント
文字盤黒×金プリント

素材: CASIO MQ-24-7E(白文字盤)、CASIO MQ-24-1E(黒文字盤)
サイズ: Free Size
ストラップ=ブラック
サイズ:37.5 x 35.0 x 7.5mm / 19g
素材:樹脂
防水性能: 生活防水
ムーブメント:クォーツ

※並行輸入品を勝手にカスタムしているため保証などはありませんことをご了承下さい。









■ 2016年 ヘビ時計 & Tシャツ

詳細はこちらで確認してからご購入下さい。


時計(改造CASIO) 価格: 3,800円(税込)
カラー: 白文字盤 、黒文字盤

素材: CASIO MQ-24-7E(白文字盤)、CASIO MQ-24-1E(黒文字盤)
サイズ: Free Size
ストラップ=ブラック
サイズ:37.5 x 35.0 x 7.5mm / 19g
素材:樹脂
防水性能: 生活防水
ムーブメント:クォーツ

※並行輸入品を勝手にカスタムしているため保証などはありませんことをご了承下さい。

2016_sneakwtc03.jpg



Tシャツ 価格: 1,500円(税込)
・ キッズ (ホワイト×ブラック) サイズ: 100





ご注文(予約)方法

下記の情報をメールにてお送り下さい。折り返しメールでご連絡いたします。
※尚、行き違いによりすでに売り切れている場合等ございますので、その際はご了承ください。基本的にキャンセルは受け付けておりませんので、よくご検討の上お願い致します。

メールアドレス: order@sampling-love.com

お支払い方法
三菱東京UFJ銀行への振込のみとさせていただきます。

----------------------------------------------
以下の必須記入項目をコピーして入力して下さい。

【お名前】
【郵便番号】〒
【住所】
【電話番号】
【オーダーしたい商品の色、サイズ、数】
【備考】
【発送方法】
下記のいずれかをお選び下さい。

  ・ ヤマト宅配便(保証有り) ・・・ 下記料金表を参照下さい。

  保証無しでお安く送りたい場合は
  ヤマトDM便(追跡有り補償無しポスト投函)

  Tシャツと組み合わせる場合は1枚ならヤマトDM便で送れますが、
  Tシャツが2枚以上になる場合などは追ってこちらからご提案致します。


----------------------------------------------


ヤマト宅配便の送料:
※60サイズの場合は下記の金額になります。他のサイズの場合は
後ほどご連絡させていただきます。

540円エリア
茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・山梨・神奈川・長野・新潟・富山・石川
福井・静岡・岐阜・愛知・三重・京都・滋賀・奈良・大阪・和歌山・兵庫

756円エリア
宮城・山形・福島・岡山・広島・山口・鳥取・島根

864円エリア
青森・秋田・岩手・香川・徳島・高知・愛媛
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

1080円エリア
北海道

1296円エリア
沖縄

Schoolboy Q / Blank Face LP

数年前から再びUSのヒップホップアルバムを聴くようになってからというもの、数あるアルバムリリースの中で一番楽しみにしているのがTDEレーベルの作品でありまして、その中でも特に気になるのが現行ラップシーンの王様感もあるケンドリック・ラマーはもちろんなのですが、それよりもう少し多めに気になっているのがスクールボーイQでして、今回のアルバムも結構楽しみにしていたわけです。

前作のアルバムの何が好きだったかと考えた場合、真っ先に出てくるのはジャケでして、あの白い目出し帽にトレードマークのバケットハットが頭からこびりついて離れない衝撃で、聴く前から格好良いものを聴くんだという気にさせてくれましたが、今回も今回でなんか不気味で黒い半円が上下に配してありよく分かりませんが、幼児に見せたらトラウマになりそうであります。

前作よりドープメロー風味の曲が多くて、私が好きな方向に進んでいっている感じであります。一曲目からQ氏にガチガチにハマったドープサイケ曲(ギュイーーーンて感じ)でこのアルバムの方向性を見せてくれ、2曲目も1曲目と違和感なく繋がっていく曲でそこまでで虜になってしまいましたが、後でクレジット見て2曲目がスウィズということを知り驚きました。それを知った後に聴くと途中で入るフォーーーも、さっきまでドープだったのに急にアホっぽく聴こえてくる不思議さ。

またその他にも、アルケミスト参加の5曲目は途中から曲の雰囲気がガラッと変わったりしますし、VinceのはまあVince風味だし、E-40とMetro Boomin & Southsideのもなんか良いし、タイラーの曲はなんか変だし、本当に聴きどころが多くて最後まで全くダレずに聴けました。2周目以降がやたらと楽しいのも良い所です。

一応やや細かく書いておくと、プロデューサーにはTyler the Creator、DJ Dahi、Digi+Phonics周辺、The Alchemist、Cardoなどの前作にも参加していた人達に、新たにSwizz Beatz、Adrian Younge、Metro Boomin、Southside、Dem Jointzなどが入り、もの凄い組合せになっておりますが、アルバムとして特に違和感無く混ざり合ってまとまっている感じです。

ここに、Kanye West、Jadakiss、Vince Staples、E-40、Tha Dogg Pound、SZA、Lance Skiiiwalker、Candice Pillay、Anderson .Paak、Miguel、Justine Skyeなど、字面だけでも上がる、新旧多様で素敵な人選のゲストが入り交じるとなっております。

いつも同じ様な話しばかりになり大変申し訳ありませんが、そもそも英語自体が全く分からないので、どうしても声質とフローと見た目(本人とジャケ)とどんなトラックかという点で好き嫌いを判断せざるおえないため、本質とは大分違うところにあるかもしれませんが、そんな私が聴いても楽しい一枚でした。




Schoolboy Q / Blank Face Lp

schoolboy-q-blank-face-LP.jpg





発売の少し前にSoundcloudにアップされたTHat Part (Black Hippy REMIX)









Blood Orange / Freetown Sound

前作「Cupid Deluxe」は本当によく聴いて一年以上iPhoneの中に入れっぱなしにしておりましたBlood Orangeが待望の新アルバムをリリースしました。しばらく聴いていたんですがやっぱり良いなと思いポストに。

まず、前作同様に性や人種のマイノリティをテーマにしたというジャケットがただならぬ雰囲気を放っており、聴く前からもうこれはヤバいんじゃないかという気にさせてくれます。たいへん乱暴な言い方で恐縮ですが、前アルバムを聴いた印象は、R&B、ダンスミュージック、ソウルなどの具材にチルウェーブの素を入れて今風に味付けしたような作風だなと思っていたのですが、その独特のバランスは今回も健在で前作同様にブレておらず、股間がスッとするような抜けの良い作品中心ですので地続きで聴けると思います。

世の中的にはオルタナティブなR&Bなどが人気だったりしますが、この人も従来ソウルやR&Bが持つ熱みたいなものを抜いた様なスタイルのやたらとサラッとした質感をしておりますので、私のように取っ掛かりを探せない勘の悪さですと、本質を理解するまでに少々時間がかかってしまうのですが、しばらく聴いて間を空けて聴いてなんてことを繰り返しておりますと、良いもんだなぁと理解できますので是非。

あと、つい先日ポストしたDJ Shadowの新アルバムにもRock In The Pocketのドラムがありましたが、ここにも使われておりなんだか流行っているのかな?なんて思いましたが、

もうじきフィジカルリリース(アナログも)もあります。



Blood Orange / Freetown Sound

bloodorange_freetownsound.jpg







最高だしずっと聴いていられる。




DJ Jazzy Jeff & MICK / Summertime Mixtape Vol. 7

今年はなんか遅いんじゃないのか...なんて勝手な事を思って、昨年の状況を見てみましたら、普通に7月上旬に出ており、例年通りじゃないかとズッコケました。

で、今年も我々Bボーイの夏のお楽しみでありますJazzy Jeff & Mick BoogieのSummertime Mixの7弾が無事公開に。

Vol.7にもなれば、既に夏のネタを使い尽くしたんじゃないかと心配になりますが、今年20周年を迎えるJAY-Zのファーストアルバムを意識した選曲(ナスが被せてあって涙)やその他ヒップホップクラシック(Mad Lionもあるよ)から、80's-90'sのR&Bクラシック(Spread My Wingsもあるよ)、Prince、David Bowie、ATCQなどの今年亡くなったあの人この人の曲も入っており、今回も全くネタ切れ感の無い大変素晴らしいミックスになっております。

もちろんオープングのサマータイムも健在でこれ聴くと本当に夏本番が始まったんだなぁという気分になります。今日はちょっと涼しく天気も曇ってますが、スイッチは入りました。ダウンロードも用意されておりますので、是非今年の夏のBGMとしMP3プレイヤーに入れておいていただければと。もちろん過去分も全てダウンロード出来るので是非。

今年のはいつも以上に好きかもしれないな。凄く良い。



DJ Jazzy Jeff & MICK / Summertime Mixtape Vol. 7

jjmb_summertime7.jpg




01. De La Soul f/ Ebony Joi: Time For The Summer (produced by Jazzy Jeff & Eric Lau)
02. Norah Jones: Sunrise
03. Bill Withers: Ain’t No Sunshine
04. Tony Toni Toné: It Never Rains In Southern California
05. SOS Band: Tell Me If You Still Care
06. Jill Scott: Watching Me (Roy Ayers Edit)
07. Total: Kissing You
08. Jay Z f/ Nas: Dead Presidents (Garden Of Peace Mix)
09. Jay Z: Allure (Pete Rock Remix)
10. Jay Z: Seven Straight Summers (MICK + Chi Duly Interlude)
11. Salt N Pepa: What A Man
12. Big L: Put It On
13. Chubb Rock: Just The Two Of Us
14. EPMD: Strictly Business
15. Eric Clapton: I Shot The Sheriff
16. Pete Rock & CL Smooth: Mecca And The Soul Brother
17. Mary J Blige: Love No Limit
18. Mad Lion: Shoot To Kill
19. Capleton: Tour (Lil Jon Mix)
20. Foxy Brown: Foxy’s Bells
21. Puff Daddy & Mase: Bad Boy Freestyle
22. Talib Kweli: Get By (Jazzy Jeff’s Nina Edit)
23. Birdman f/ The Clipse: What Happened To That Boy
24. 50 Cent: 21 Questions About My Magic Stick
25. Chaka Khan: Hollywood
26. Slum Village: Tainted Love
27. TLC: No Scrubs
28. 50 Cent: Do You Think About Me?
29. Mystikal: Bouncin’ Back
30. Outkast: Ms. Jackson
31. A Tribe Called Quest: Check The Rhyme
32. A Tribe Called Quest: Award Tour
33. Ralph Tresvant: Sensitivity
34. Troop: Spread My Wings
35. Lisa Lisa & Cult Jam: Let The Beat Hit ‘Em
36. Vanilla Ice: Ice Ice Baby (MICK + Chi Duly’s Thin White Duke Blend)
37. David Bowie & Queen: Under Pressure
38. Hall & Oates: I Can’t Go For That
39. Prince: Starfish And Coffee
40. Nice & Smooth: No Delayin’
41. Chi Ali: Funky Lemonade
42. Gangstarr: Words I Manifest
43. Notorious BIG: Big Poppa (Da Soul Remix)
44. MC Lyte: Cha Cha Cha
45. TLC: Creep
46. Aaliyah & Prince: Rain In A Million (DVSN Remix)






一家に一枚。



shakke-n-wardaa / YMW 2016 Promo Mix

毎年イベントの告知がある度に行きたい行きたいと言っておりますが、なんだか今年も行け無さそうな気がしている、東京の人気イベントYARIGASAKI MOST WANTEDが今年も開催されるとのこと。

イベントのメインスポンサーには今年もSTUSSYが付いており、地元の盆踊りの協賛店(30年ぐらい仕入れしてなさそうに見える靴屋とか)とは明らかに違う都会的な雰囲気に、田舎っぺの私などは行ったとしても雰囲気に飲まれて逃げ出したくなるだけかもしれせんので、家でツイッター見ているのが良さそうです。

で、毎年のことですがイベントに合わせて公開されるフリーのミックスもまた楽しみにしているわけですが、その今年のプロモミックスの内容はと言いますと、ハードな方(ズボンビリビリがホラーなトラックでシャウトしてフォーーーみたいなやつとか)にあまり行けなかった私&多くの人達の中でも恐らくは今の一番の旬として扱っているであろう、ふんわりドリーミーな曲が中心でございまして、さすがはこのお二人だなというカッチリとトレンドを押さえた内容でありまして、個人的にもかなり嬉しい内容となっております。

知らないが取っ付き易い曲もたくさん入っておりとても勉強になりますし、僕の場合ですと終盤に出てくるChance The Rapperの2 Chainz & Lil Wayne が参加したゴスペルテイストの「No Problems」と次のPost Maloneあたりを目標に聴いていっている感じで、そこに到達すると気分がブチ上がります。もちろん途中も良い感じですよ。

もちろん無料でダウロードできますので、あまりサウスなビートを聴かない人達もこれだったら最初の入り口に最良かもですよ。



shakke-n-wardaa / YMW 2016 Promo Mix

snw_ymwpromomix.jpg




FREE DL:
www.mediafire.com/download/r9babb8…kke-n-wardaa.mp3

TRACK LIST :
Ice Cream Truck Song
BIA - Gucci Comin Home (Prod. by Bunx)
Matti Baybee - She Like (Prod. by DJ Kenn)
Soulja Boy - Zan With That Lean
21 Savage - One Hoot (Prod. by Sonny Digital)
Jacquees & DJ Spinz - My Girl (Prod. by KE On The Track)
New Ara - Loud (Prod. by Trey Billz)
Birdman & Jacquees - Body Right
Larry League - Disco feat. Pollàri (Prod. by Fukk12)
Lil Uzi Vert - Grab The Wheel (Prod. By Cubeatz & Don Cannon)
Casey Veggies - Feelings feat. Kacey Khaliel (Prod. by Kacey Khaliel)
Pollàri - Dirty Diana (Prod. by D33J)
Kid Cudi - Day ’n’ Nite (Prod. by Dot da Genius & Kid Cudi)
Chance The Rapper - No Problems feat. 2 Chainz & Lil Wayne
(Prod. by BrassTracks)
Post Malone - Never Understand feat. Larry June
(Prod. by Charlie Handsome, Rex Kudo, Post Malone & FKi)
Main Attrakionz - Not Luv (Prod. by Konyagatanaka)







ymw201601.jpg


YARIGASAKI MOST WANTED in H.L.N.A SKYGARDEN
Supported by STÜSSY

7/17 (SUN) at H.L.N.A SKYGARDEN (お台場)

LIVE:
GOODMOODGOKU
5kate8oard8ridge (5lack / WATTER / MCKOMICKLINICK / & friends)
スチャダラパー
and more…
DJ:
DJ PMX
DJ STYLISH a.k.a. 鎮座DOPENESS
shakke-n-wardaa
Young-G from stillichimiya

info : YMW Official Site






Curren$y / Stoned On Ocean EP

ついこの間も公開したばかりで、凄いペースだなぁとCurren$yのディスコグラフィーのウィキペディアを見ておりましたら、今年に入って毎月出しているんだなということを今更ながら確認しました。来月もあるのかな。

3、4月は全く何もチェックできないレベルでしたので、その時期にミックステープが出ていた事についても、一ヶ月前ここに「The Legend Of Harvard Blue」をポストした際に知ったほど(ちなみに、Sledgrenがプロデュースした3月の「Revolver」、808MafiaのPurpsがプロデュースした4月の「Bourbon Street Secrets」共にとても良かった。)適当な私ですのでどうこう言えるアレでもないですが、今回でたフリーEP「Stoned On Ocean」もまあ、いつも通りと言えばいつも通りなんですが、それにしてもとても良いんじゃないかと思います。

大ネタ多めで気怠さ健在、夏のミックス(特に終わり頃の)要員としてはよろしいんじゃないかと。今作は1月のミックステープ「The Owners Manual」と同じくCool & Dreがプロデューサーで参加しており、そういった意味いつもと同じ感で貫かれており安心して聴けます。

もちろんフリーダウンロード有り。休みの日に聴いていると心地良過ぎて、ソファでアヘン戦争の絵みたいになってしまい、本当にヤル気がなくなっていくので程々にして子供と外で遊ぶよう心掛けたいです。



Curren$y / Stoned On Ocean EP

currensy_stonedonocean1.jpg
currensy_stonedonocean2.jpg










検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)



最近聴いてる。












 | HOME |