| HOME | 

SEX山口 / SEXY MUSIC ~FANTASY~

DJ界の冷凍マンモスセク山さんが、6月3日に新旧のJポップから日本のラップまで国産音源でまとめたミックスを発売しました。

いつもは諸事情でモヤがかかったような販売形態でしたが(それも闇鍋みたいで面白かったんですが)、今回はガチっとトラックリストがありこれはオフィシャル感強いなと印象を持ちまして(というかオフィシャル)、また今までのミックスの中で時折見かけるアバンギャルドな展開などは控えめなのですが、こういったグルーヴキープに終始するオーセンティックなスタイルをやらせても上手いし、この人とにかく音楽をしっかり聴いてポイント押さえてるんだなとあらためて良いところを見せつけられて感心しました。

ミックスの内容こそ国産音源が多い印象ですが、たまに垣間見せる海外の音楽への理解度の高さや、古くからやってる世代ならではの技術的な部分を大事にしている点など、今と昔を繋げられる大変貴重な中年男性ですので、いままで未聴だった皆様も一度聴いてみたらいかがですかね?ダメだったらヤフオクかブックオフに売れば良いし。

という冗談は置いときましても、本当にとても面白くて良かったので是非。



SEX山口 / SEXY MUSIC ~FANTASY~

sexyamaguchi_fantasy1.jpg


TRACK LIST :
01. 愛のCoda / キリンジ
02. TIME SURFER / CHAN-MIKA
03. タイガー&ドラゴン / クレイジーケンバンド
04. Check 1.2 / 韻シスト
05. CITY LIGHTS / やけのはら
06. CITYGIRL / TOKYO HEALTH CLUB
07. No.1 feat. G.RINA / tofubeats
08. フラッシュバック / 鈴木雅之
09. I Wanna Know You / KREVA
10. Under The Skin / RIP SLYME
11. 必ず同じところで / Only Love Hurts
12. 雨降りの月曜 / LIBRO
13. スプリング・レイン / 流線形
14. 沖縄 / サイプレス上野とロベルト吉野
15. 土偶サンバ / stillichimiya
16. 汚染水 / 曽我部恵一
17. まともがわからない / 坂本慎太郎
18. Up and Down / 東北新幹線
19. Memory Lane / 川口大輔
20. Liar -Royal Mirrorball Mix- / 東京女子流
21. 赤いくつ / MIO
22. Spectacular / Fantastic Plastic Machine
23. LBG -GROOVE WITH YOU- / LUVRAW & BTB
24. きみは New Age / (((さらうんど)))
25. トーキョー・ドライブ / 土岐麻子




ようこそ!SEXY MUSICリゾートへ!
セク山ことSEX山口が贈る、夢と希望のイッツ・ア・セク山ワールド!


決して短くはない、しかも右往左往のキャリアを持つ「セク山」ことSEX山口による、自他共に待ち焦がれたオフィシャルMIX CDが遂にリリースされる。独自の審美耳で選りすぐられた、所謂J-POP~国産ヒップホップ/R&B、そして幅広い交友関係が生んだ、一見結び つかなそうな楽曲たちががSEXYマジックで1つのストーリーを生み出す。手法はヒップホップながら、その枠では語りきれないセク山節全開のミックスは、 昔あなたがお気に入りの曲を詰めてあのコやそのコに渡したカセットテープのよう。そして、聴き終わった後にみなこう吐息を漏らすはずだ、「もう一度プレイして」と。


sexyamaguchi_fantasy2.jpg




PROFILE : SEX山口 (セックスヤマグチ)
1976年生まれ、神奈川県出身のメガネをかけた牡羊座。幼少時に観たM.J.のパフォーマンスに多大なる影響を受け、小2で"ムーンウォー ク"を習得。と当時に、たけし軍団や志村けん、とんねるずといった"ハードかつタイトな東京のお笑い"への尊敬と憧れを現在までKeep Onし続ける。最近はやたらしゃべるディスクジョッキーとして日本各所でメイクサムノイズしつつ、音楽専門誌やweb等で小粋な執筆もちょろちょろ。自身 のトレンディーアパレルブランド「S.E.X.Y. by NAOKI YAMAGUCHI」のアイテムやあんなトコロやこんなトコロでラップも披露してみたりとあれこれ諸々随時デリバリーしております。あと、宇多田ヒカルが 大好き。

Floating Record™ Vertical Turntable

音楽を聴き続けてはいるのですが、レコード離れは確実に起こしている私なんかは、細かく空いた時間(例えば通勤、会社での昼休み、トイレ、子供が寝てから自分が寝るまでの間、車で出かけた際の妻の買い物を待つ車中などなど)に何としても聴きたい新しいものを優先して聴き、古くから持っているものは後回しになる傾向が有ります。

また、レコードプレイヤー、ミキサー、スピーカーなどは、親が触っていると男の子供なんかは異常に興味を持ち、破壊の対象になる場合がございますので(私の場合ですとスピーカー、レコードの針は全て破壊されました。)、なかなか無傷で維持していくのも大変な状況ではあります。それ以外にも、結婚後の住宅事情でターンテーブルの台をもう置けない人達もいると思います。

そのような自分の近辺で起こる様々なレコードを聴けなくなった(所有できなくなった)事情を考えてみますと、レコードをじっくり聴く時間と収納できる場所が有ることは贅沢だなと思うわけで、いつか時間が出来た時にはまたレコードも聴きたいとも思います。
(今度は限定とか、レア盤への執着などに振り回されない、ゲーム性が低い方が気楽で良いなとも思う。)

そんな来るべき日のためとは言いませんが、縦にレコードをセットするため場所を取らず、アンプとスピーカーも内蔵で、スピーカーも増やせ、お値打ち価格で、ロゴが表に書かれてなくデザインも良いこちらのターンテーブルは良い感じだと思います。現在キックスターターで募集してますが既にクリアしてるっぽいですね。

日本の住宅事情にこちらを入れてバシッとハマる所は少ないかもしれませんので、特にION AUDIOのコレで問題無いとも思いますが、店舗なんかにはやはりコチラが置いてあれば、客で来た私なんかはカッコ良過ぎて先制パンチ食らってソワソワし始めると思いますし、レコードが難解な音楽なら更にこれ分かってるのかな?と余計に緊張を強いられる可能性も

ドンキホーテの素材すら不明なちゃぶ台や、お母ちゃんこだわりの出窓(レースのカーテン付き)なんかに置くとオーラが半減する可能性がございますので、導入の際は慎重に行きたいところです。




Floating Record™ Vertical Turntable (KICKSTARTER)

floatingrec_vtt01.jpg
floatingrec_vtt02.jpg




floatingrec_vtt03.jpg
floatingrec_vtt04.jpg
floatingrec_vtt05.jpg





floatingrec_vtt06.jpg
floatingrec_vtt07.jpg
floatingrec_vtt08.jpg
floatingrec_vtt09.jpg
floatingrec_vtt10.jpg
floatingrec_vtt11.jpg
floatingrec_vtt12.jpg
floatingrec_vtt13.jpg
floatingrec_vtt14.jpg


参照サイトはこちら





ロゴとメッキパーツがなければ...。




77 Karat Gold / WANNAFUNKWITU

先行して発売された7inchからようやくアルバムリリースになった、昨年発売のアルバムが大変素晴らしかったSauce 81と、JazzySport周辺の最重要人物Grooveman Spotの2人によるユニット「77Karat Gold - WANNAFUNKWITU(お前とファンクしたい)」をこの一週間聴いておりました。(良いタイトルですね。)

2人とも作風はクロスオーバー気味で幅の広さがそもそもありますので、どの辺りでまとめて来るのか非常に楽しみにしておりましたが、エレクトロからハウスまで様々なタイプのダンスミュージックに、ソウルや現代のエレクトロ音楽、レゲエなどを掛け合わせ、時にモダンに、時にドープに仕上げたバラエティ豊かな作品ととなっております。

4曲目のsunshineや7inchでカットされていたLOVEなどの遅めの曲が、フロアライクな楽曲の間に挟まって、アルバムを聴かせるためのツマとして上手く機能しており、最後まで退屈すること無く聴けました。ちなみに私の場合は1、5、9、11曲目をポイントに聴いてます。

もちろん全体的にレベルが高いのはあらかじめ予想していたことでしたが、それにしてもドス黒過ぎてビックリします。是非クラブの大きいスピーカーでも聴いてみたいです。



77 Karat Gold / WANNAFUNKWITU

77karatgold_wannafunkwitu.jpg



-Artist Profile-
 2014 年に6th アルバム『Supernatural』をリリースしたgrooveman Spot。同じく2014 年にN'gaho Ta'quia 名義でのフルアルバムをリリースし、【Wonderful Noise】【Eglo】 等からもリリースを重ねてきたSauce81。ヒップホップ・バックグラウンドを軸に、その黒さ溢れるビート/グルーヴ/サウンド・サイエンスを進化/深化させ続ける二つの才能によるコラボレーション・プロジェクト77 KARAT GOLD。シーンを問わず国内外より注目を集め、かねてよりお互い意識し、認め合ってきた2人のプロジェクト=77 KARAT GOLD が、シーンを席巻する事は間違いない。

DJ PATIENCE / STRICTLY ROCKERS (Jamaican Roots Reggae, Funk, Soul, Ska & Dub Vinyl Mix)

いつも国内外の突っ込んだ良質な情報をポストしてくれる、EXTRA CLASSICさんより知った、UKのDJ&レコードコレクター「DJ Patience」によるファンキーなレゲエ/スカ/ダブ、そしてジャマイカ産ソウル/ファンクをセレクトしたヴァイナル・ミックス。

ご本人はソウル/ファンク(恐らくヒップホップも)が専門の守備範囲のようですが、時に軽くスクラッチや2枚使いを交えてプレイするスタイルは、よその畑に行ってもヒップホップの技術が転用可能なことを示してくれております。
収録曲についても、一曲目からロウカス全盛期のクラシックでありますReflection Eternal - Fortified-Liveで使用されたU Roy- Tom Drunkでヒップホップファンへ的確なジャブを入れてきてスッカリ掴まれますし、最後まで良質でファンキーな選曲が良い感じであります。

そもそも「STRICTLY ROCKERS」(レゲエセレクター/DJではない人によるレゲエMIXシリーズ)というものが、どこ発祥でどういう形で存在しているのかは、レゲエ弱者(というか、レゲエも弱者か)の私なりに軽~く調べてはみましたが、なんだかよく分からないということで探すのやめました。ですので本作のタイトルも同一ではありますが、そのシリーズと関係あるのか無いのか?、はたまた誰でも使って良い名前なのか?それすら分からない状態ではありますが、グッドグルーヴを纏った良ミックスであることは間違いありません。

ヒップホップが好きでレゲエを聴きたい人も、レゲエが好きで違うアプローチが聴きたい人もどちらも聴いたら良いかと。夏ですしね。フリーダウンロード有り。



DJ PATIENCE / STRICTLY ROCKERS (Jamaican Roots Reggae, Funk, Soul, Ska & Dub Vinyl Mix)


artworks-000119482950-vpqrvd-t500x500.jpg




ジャケ画像の変なところで切り落とされてる感じや画質の低さが、ジャマイカ盤のようなバイブスを放っております。多分ワザとではないと思いますが。


Tracklist :

1. Tom Drunk – U Roy
2. Armageddon Time – Willie Williams
3. Someone of My Own – Horace Andy
4. Here I am Baby – Marcia Griffiths
5. Ain’t no Sunshine – Jimmy Lindsay
6. We All Need Love – Johnny Osbourne
7. Give Rasta Glory – Cedric IM Brooks
8. Pony Express – The Pioneers
9. Wet Dream – Max Romeo
10. I’m So Daggone Mixed Up – The Chosen Few
11. Rockin’ Reggae Groove – Ali Stephens
12. 35 Years from Alpha – Deadly Headly
13. Too Late to Turn Back Now – Jackie Mittoo
14. Jah Music – Inner Circle
15. Making Tracks – The Night Train
16. Jungle Lion – The Upsetters
17. Man in the Street – Don Drummond
18. Star Trek – The Vulcans
19. Crabbit Version – The Aggravators (10″ Dub)
20. A Quiet Place – Horace Andy & John Holt (10″ Dub)
21. Mission Impossible – The Roots Radics Band
22. It’s a Shame – Anton Ellis








Noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入 Vo..1~10

古くから交通の要衝であり、アメリカ南部の商業・経済の中心地として栄えているジョージア州アトランタは、アウトキャストやグッディモブなどのダンジョンファミリーやT.I.、人気プロデューサーだったジャーメイン・デュプリを輩出したヒップホップの名産地としても有名であり、ここ最近はヤング・ジージー やグッチ・メインなどの活動拠点として注目を集めた後、そこに影響を受けて出てきたアーティスト&プロデューサーの大豊作状態となって、全世界が注目する今最も熱い地区となっております。

そんな全世界が注目するアトランタの悪そうな奴らのところへ、見た目も弱そうだし実際かなりの弱腰の(というか自分を投影しやすい)白人レポーターが潜入して、インタビューしたり、一緒にクラブいったり、ビリヤードやったり、草吸わされたりするウルルン滞在記のようなVICE発の面白企画、Noisey ATLANTAが全10話で完結いたしましたのでせっかくなんでポスト。

1話目からいきなり飛び出すドラッグディーラーがドラッグをキッチンでかき混ぜたりしてるのとか、その後もよく出てくる銃を普通に持っている若者の様子とかあまりに強烈な映像過ぎて、真偽の程が分かりませんが川口浩探検隊のようなものかと思って見たら良いかと。



noisey ATLANTA アトランタ トラップ最前線に潜入
 (Vol.1~10)

noisey_atrlanta0.jpg



この数ヶ月、もう出たんかな?もう出たんかな?と毎日のようにチェックする日々が続き、冷静に考えると妻子持ちのオッサンが、ドラッグやったり、銃をズボンに突っ込んだりという若者達見て喜ぶ(夢中になる)といった状況は、子供たちに全く見せたく無い光景になっておりますがもう仕方ありません。

ちなみに誤解の無いよう正直に申し上げますと、今のところその最近のアトランタ産の音源をまあまあの時間を割き聴いてはいるはずなのですが、何度聴いても全て同じような曲に聴こえてしまうという悩みが現在も尚継続中でして(さすがにOG MACOとかマコーネンは違うく聴こえる)、私の耳は一体いつになったら本場のトラップミュージックを聴き分けられるようになるのか心配になることもしばしばあります。

このアトランタの今を伝える映像を見て、今あらゆるところで名前の上がる注目アーティスト達が続々と出てきて、そのキャラの立ち方の凄さはまさにキン肉マン状態(via @mustaphaaa)だなと同じく感じると共に、ビジュアルの方から好きになっていこうと考えて気が楽になったところもあります。






当時90年代半ば頃聴いておりましたNYのヒップホップも、アンダーグランド化が進み過ぎたあたりで、少し前からの流れから聴いてないと全部同じ音に聴こえ取っ付き難いという話しを耳にした事もありましたが、似たような事なのかなと思って頑張ってトライします。笑
というか、この歳になってまだトライする機会があり幸せです。笑

COMPLEXにてThe 50 Best Atlanta Rap Songsなんていう企画もやっておりましたので、そちらでアトランタクラシックスを復習 or 知っていただくとより楽しめるかと。


noisey_atlanta1.jpg

noisey_atlanta2.jpg




ジングルで使われていたのはこれ。この曲は(部分的に)たくさん聴いたので覚えれました。








まずはこの辺からどうすかね。




気軽に携帯できるドラムマシン CASIO TRACKFORMER 「XW-PD1」

先週ポストしました、VESTAXの遺伝子を受け継ぐCASIO製DJコントローラー「XW-DJ1」に続き、今週はシンセ、シーケンサー、サンプラー、パッド、スピーカーの機能を備えた軽々と持ち運びできるドラムマシンTRACKFORMER XW-PD1の使用感を。

間違いのないようあらかじめ言っておきますと、既にMPC2000XLは手放し、PCにも波形編集ソフト及びカット&ペーストが出来る程度の多重録音ソフトを入れている程度に、音楽制作とは無縁状態の私が触った感想になりますのでご容赦下さい。




DJコントローラー CASIO TRACKFORMER 「XW-PD1」」

アマゾン

casioxwpd1.jpg




まず、そんな私がトライしてもすぐに理解できる程の簡単さが魅力。名機と言われた一体型サンプラーを扱うより遥かに簡単で、尚且つ既に気の利いたプリセット音がたくさん入っており、やろうと決心してからある程度形になるまでさほど時間がかからないため、入門用として最初にトライするにはかなり良いと思いました。

自分で外部音を取り込んでる機能も有りますが、既に内蔵曲が100種類用意されているのでそれを使ってまずは触ってみました。その際音源を一曲ずつザっと聴いたのですが、最近ぽいヒップホップ、トラップ、ダブステップなどからテクノや日本のダンスミュージックまで、小さい内蔵スピーカーで聴いてた限りですがよく出来た音源だと思いました。(大きいスピーカーで鳴らしていないのでそれ以上の環境で鳴らしたら?という事は分からないですが。)

その内部音源については、どうやらUKのビートメイカーやSlipknotのSid Wilsonなど、メイカー側ではない外部のクリエイター達が参加しているようで、そういったところも面白いです。

ちなみに、18番目にはカシオと言えばのスレンテンビートが収録されており、私はそれをピッチをやや落として再生して1時間くらいループさせて食事を作り食べましたが、なかなか良かったです。


pd1_inone.jpg


自分ならどうやって使用していくのが良いのかなと色々考えてみましたが、少しパッドは小さいものの一応自由にパッドに音をアサインできるし、スピーカーも付いているし電池駆動もするので、憧れの指ドラムの練習がどこでも可能だし良いかなと。(以前ポストした指ドラムの教本なんかで1から勉強するのも良いかなと。)

また、子供の英才教育用にもサイズは丁度よいし、DJコントローラーのXW-DJ1と合わせてやらせるのも手ですが、子供にはプロ野球選手になって私を楽させて欲しいという切なる希望もありますので、あまりこういった楽しい誘惑を与え過ぎないようにしていかないとなとも思います。





まずは上記動画を見ていただき、どの程度までやれるかなどチェックしていただくのが良いかと。
勘違いだろうが使い方が無茶だろうが、それがスレンテンのように後世に残るクラシックになる可能性がありますので、20年後くらいにこの機械しか使えないという変な人とか出てきたり、この機材でしかできない何かがあったりして、度肝を抜かされるのかもなとか考えると楽しくなってきますね。人の手垢の付いていないこういうのを大いに勘違いして使い倒して欲しい限りであります。


casioxwpd1_2.jpg

onnen - 底 (COCO REMIX) :粗悪飯MV

第2子誕生がありまして、いよいよ昨日よりおよそ1ヶ月の独り身の生活がはじまりました。

早速食事に支障が出ておりまして、昨日のメニューを申し上げますと、前の日妻の実家にてもらった食パン2切れを朝食に。(飲み物は水) そして昼は食べなくても良いかと思っておりましたが、用事も無くウロウロしておりましたら腹が減ったので吉野家へ。夜は映画の前に時間が空いたためスガキヤに行くといったように、すでに貧乏大学生男子に金渡した感じの食生活に陥っていることは問題ですが、一体自分がどうなっていくのか不安でしょうがありません。(ちなみに2日前、父の態度が悪い事を指摘したところ、父親と殴り合いの喧嘩になりそうになったため、実家での食事は当面不可能に。)

まあ、そのうち無駄遣いをやめて自炊に移っていくとは思うのですが。
で、料理が趣味ではない私なんかは、この流れで自炊すれば自分の食生活もこうなっていくだろうなと、今になれば人ごとではない粗悪ビーツ(@soakubeats)さんのインスタグラムに掲載された通称:粗悪飯ですが、(たぶん)@LilPri_さんの提案によりそのままミュージックビデオとして登場の衝撃。



インスタグラムの方はたまに楽しみに拝見していたのですが、お洒落なアップルコンピューターと鍋ごと出てくる料理のコントラストや、食べたいものを自由に買った結果の妙な組み合わせ、粗野かつ豪快さに随分とファンクを感じておりましたが、それをスライドショーのようにひたすら見せてくれる、過去に見たことのないミュージックビデオであります。



onnen - 底 (COCO REMIX)



soakumeshi001.jpg








DJコントローラー CASIO 「XW-DJ1」

少し前、どこかで情報を見かけその形状から気になっておりました、ターンテーブル形の機材DJコントローラー「XW-DJ1」と、MPCのパッドのような機材「XW-PD1」を運良く触れる機会がありました。まずは、XW-DJ1の方からその使用した際の感じなんかをレポートをしてみたいと思います。

そもそも発売元のCASIOで思い出すのは、ダンスホールレゲエのスーパークラシックリディム「Sleng Teng」の元になったプリセットが入ったキーボードカシオトーンMT-40、未来的なデザインがカッコ良いシンセギター「DG-10」、そして強烈に印象に残っているのが、当時確か宝島で見かけて、中坊の私には憧れの的だったおもちゃ「RAPMAN」(大人になってから入手)でして、そんなターンテーブル形のおもちゃを現代版に本格的にして作り直したような(メーカー側にそういう意図は無いと思いますが)、そんな少し熱くなる機材のXW-DJ1でございます。


DJコントローラー CASIO 「XW-DJ1」」
アマゾン

casioxwdj1.jpg


クロスフェーダーとターンテーブルの機能を合わせ持ったこの機材を初めて見た段階でまず、ターンテーブリスト人気全盛の時代に発売され、皆の憧れの的だったベスタクスの名機「QFO」に似ているなと思い、それの現代版(PCコントローラー)といった感じの印象を受けました。

そのQFOのように現代的なスクラッチの練習が出来る、大きめのホイール部分とシャープに切れるようにカーブの変更が可能なフェーダー部を持ち、尚且つ右左どちらでも切り替えて使うことができるのが下記動画を見ると分かると思いますし、実際触ってみると確かに使い慣れていけば、その他多くのスクラッチ可能なPCコントローラー同様に問題なく使えるレベルだと感じました。

難しい設定も無く、iPhoneにソフトdjay2をインストールして立ち上げ、繋ぐだけで認識してくれるため楽に導入でき、重量もプラスティック製であるため楽に持ち運びが可能で、電池に対応しているので、かばんに入れて持ち歩けば、孤独に過ごす会社の昼休みから、一人になれるトイレ、はたまた彼女の家に泊まりに行った際や車の中で待っていなければならない時、もっと言うとバンドのライブでのちょっとアクセントまで、ありとあらゆる場所で本格的なスクラッチ訓練・演奏が可能となります。




一方普通にDJプレイするために使えるか?ということについては、ミックス無しでお尻までかけてフェードインしてくるようなBGM的な内容なら問題無しです。ただし、機械側でそれぞれのチャンネルごとに音量がいじれる訳では無いため、本気でやるなら大きい画面のiPadを使用するのが良いかもしれません。同じくBPMもiPhoneの小さい画面よりは大きいほうがやり易いだろうなと思いました。

あと、自分の場合はWindowsユーザーのため、Traktor2のデモ版でやってみましたがこちらも問題なく動作しました。こちらも慣れ次第で何とかなりそうな感じがありました。やはり直感的に触れるiPadのほうがやり易そうではありますが。

決してめちゃくちゃ安い訳ではありませんが、どこでも時間の有効利用が可能だと思えば、大変意義のある買い物になるかと思います。おっさんになると色々忙しく時間を捻出することが難しくなるので、燃え上がるスクラッチ欲を鎮めるためにいかがでしょうかね。



IMG_5550.jpg

追記:
このXW-DJ1ですが、ベスタクスの開発チーム(もしくはだった人達?)が関わっている(監修)との情報を小耳に挟みました。QFOの再来というのも言い過ぎでは無い感じですね。ベスタクスの遺伝子がこうして残っていくことに少しグッと来ます。

あと、デザインは今年新作の公開が話題のスターウォーズの、ミレニアムファルコン号がモチーフみたいです。
どうりで既視感あるはずです。



旧ソビエト時代のスペースシャトル製造工場(廃墟)

作りかけのスペースシャトルが放置された、 カザフスタンにある旧ソビエト時代のスペースシャトル製造工場跡地。モビルスーツを立たせて置けそうな超巨大サイズの工場で、写真で見ただけでもとにかく凄いスケールの現代の秘境。(VIA Thief of Time) 

参照先のブログの人も書いてますが、世界遺産登録しても良いような気がする内容だと思います。
廃墟趣味の特に無い私もこのレベルなら3000円くらい(安い?)払っても良いなと。できれば壊さず観光資源として活用する道を探して欲しいもんです。実際生で上から見下ろしたら凄そうですね。その前にカザフスタンへの旅行とか高そうだな。


旧ソビエト時代のスペースシャトル製造工場(廃墟)
(ここより大きいサイズの写真でもっとたくさんあります)

spaceshuttl_fctr01.jpg
spaceshuttl_fctr02.jpg
spaceshuttl_fctr03.jpg
spaceshuttl_fctr04.jpg
spaceshuttl_fctr05.jpg
spaceshuttl_fctr06.jpg




SPACE。




Dj Dmtech / Livin' Proof [Sampling Breaks Edition]

DJ Demtechさんの今まで出したミックスのクオリティーは全て高く、こちらの「50Minutes Breaks!!」は今でも時々聴いたりするほどのクラシックミックスだと思っておりますが、今回の新しいのも現代のトレンドを抑えつつ、激戦区神奈川県にて活動してきた長いキャリアで培った技術や知識、ハズしのさじ加減の上手さが安心して聴いていられる内容です。

ここ2週間くらいで出た新譜も混ぜつつ、元ネタと最近のヒップホップを行き来するサンプリングスポーツな内容で、シンセっぽいサウンドだなと思っていたものが、実は元ネタとか有って結構驚くのもあります。(Man Of The Yearとか)

先輩と一緒に人のDJとか聴いていて、ヒット曲ばかりをプレイしているわけでは無いのに、「このDJは上手い」とか「流れが作れる」とかいう話をされて、実際なんのこっちゃ分からない時がある若者なんかは、このデムテックさんのミックスもドラマチックですし、曲の流れでグっとこさせる事ができる部類のミックスに入ると思いますので、是非聴いてこれがそうだと体に叩き込んでいただければと。

また、新譜のヒップホップに馴染めずいる年配の方々も、案外自分たちの美意識と通じるものがあるかもしれませんので、是非トライしていだければと。短め(濃密ですが)なので、集中も切れずに聴けると思います。

フリーダウンロードもありますので是非。


Dj Dmtech / Livin' Proof [Sampling Breaks Edition]
(ダウンロードリンクもリンク先に貼ってあります)

djdemtech_lp_sbe.jpg

Livin' Proof - Sampling Breaks Edition - by Dj Dmtech on Mixcloud



1, Still On feat. Fat Trel - Smoke DZA
2, Cha Cha - D.R.A.M
3, Save The Children - Joey Bada$$
4, My Time feat. Black Dave, CJ Fly, Nyck Caution & Josh Xantus - Statik Selektah
5, The Chopper feat. Jon Connor & Ransom - Statik Selektah
6, Underground Kings feat. Schoolboy Q, Killer Mike - PRhyme
7, Fire Squad - J.Cole
8, January 28th - J.Cole
9, Nate feat. James Fauntleroy - Vince Staples
10, Everyday feat. Rod Stewart, Miguel, Mark Ronson - A$AP Rocky
11, 0 to 100 - Drake
12, Carry On feat. Joey Bada$$ & Freddie Gibbs - Statik Selektah
13, To Be Young feat Bj the Chicago Kid - Fashawn
14, All Your Fault feat. Kanye West - Big Sean
15, The Girls On Drugs - Wale
16, Man Of The Year - Schoolboy Q
17, Wavybone feat. Juicy J & UGK - A$AP Rocky
18, Hol' Up - Kendrick Lamar
19, Juice - Chance The Rapper




少し前に公開したブーンバップ中心のこちらのミックスもやはり上手かったです。

Livin' Proof by Dj Dmtech on Mixcloud








Wavybone feat. Juicy J & UGK、良いですよね。




CITY MUSEUM

アメリカはミズーリ州セントルイスにあります、10階建ての古い靴工場の廃墟を利用して作られた遊び場施設(子供用?)「CITY MUSEUM」。1997年頃から始まった彫刻家のBob Cassillyによるプロジェクトで、2011年に他界してしまってからは仲間達が施設やプロジェクトの保持をしているそうです。

廃墟の再利用という点も気になりますが、古い様式の建物と飛行機と鉄で作った通路なんかの組み合わせが、なんとも言えないフランケン感があり、大人の私としましても大変興味深い施設となっておりますし、子供なんてこんな不思議な空間連れて行かれたら嬉しすぎて狂ったように遊ぶんじゃないかと。

ミズーリ州セントルイスと聞き真っ先に思い出したのは人気ラッパーNELLYですが、私の家の付近にもございます、ヤンキー的「楽しい」が全て詰まった夢の施設ROUND1とのほうが、このCITY MUSEUMとより相性が良いなと思ってしまい(あくまで個人比ではありますが)、必ずしもその土地で産まれたまれたもの同士が合うとは限らないもんだなと不思議な気持ちになった次第であります。



CITY MUSEUM

citymuseum01.jpg





citymuseum02.jpg
citymuseum03.jpg
citymuseum04.jpg
citymuseum05.jpg
citymuseum06.jpg
citymuseum07.jpg
citymuseum08.jpg
citymuseum09.jpg
citymuseum10.jpg

参照サイトはこちら




ダッシュボードに敷くふわふわなヤツ、白ハンドル、バックミラーのマリワナの飾り(もしくは)でドレスアップした、特別仕様カラーミステリックバイオレットパールのデフォルトシャコタン軽四で、しっかりコロン叩いてセカンドストリートで購入の(ガラスケースに入れてあった)フニャフニャのルイビトンの長財布をケツポケにブッ込んで、こちらのBGMで気分をあげてラウンド1に行っていただければ。あのセツナ系名作も入ったベスト盤。




FLATT THE LAIDBACK / フラッと夏。(SAZANAMI BEATS♯2)

夏も近いので好んで聴く曲も随分そんな感じになって来た今日この頃ですが、2週間くらい前からちょくちょく聴いている、とても良い曲しか入っていない、短くてヌルめの80'sR&B、DISCO、シティポップのミックス。

和物はミックスで聴くのが中心の私にとっては、収録曲がレアかレアじゃないか、値段が高いか安いか、という要素はまあまあどうでも良いことですので、聴いたこと有る or 無い曲がどういう割合で入っているか、グルーヴがキープされていて気持よく聴けるか、自分でポイント(山場)を見つけれてそこに向かって聴けるかが最大のポイントになってきます。

その昔Diggin' Iceをひたすら繰り返して聴いていた時刷り込まれたTamaraの名曲をカバーした、Grooveman Spot - Affection(大好き)が最後の方に入っているだけで、私的には既に聴く価値がありますが、そこまで来る間も素晴らしい曲&展開で(More Than A Womanのカバーも良かった!Nakamuraって誰だろうか)、ドラムが軽くズレ気味に繋がっていくところなんかも生々しさがあって、PC内で切った貼ったで作ったんじゃないのが分かり大変素敵であります。

PCでDJやってるの見てて思うことですが、機能を駆使して失敗しない構造でやっていることや、レコードだったらこうは早くないだろという2枚使いポイントへの移動など、皆が皆失敗しない時代になったため、味気無いなと思うことも多々あり、失敗してからのリカバリーという醍醐味を欲するという逆転現象が起こっており変な感じではあります。(ちなみに私もPC派)
でも自分で作ると、男気が足りないばかりに失敗を隠したくてパソコンいっぱい触るんだろうなとも思いますが。

いつものことなんですが、私の鬼のように古いiPhoneではサウンドクラウドなどが表示されなく、ダウンロード出来るものしか聴けないという問題がありますが、こちらDLリンクもありますので大丈夫ですし、SC見れる人にとってもパケ代に優しくて良い感じであります。


FLATT THE LAIDBACK / フラッと夏。(SAZANAMI BEATS♯2)

flatt_sazanamibeats2.jpg






1. 鈴木茂 - Hawaiian
2. NORIKI - ユー・ニード・ミー
3. Ritchie Family - Walk With Me
4. Diane Tell / Mon Ami-E
5. Cathi Linn - NEVER GONNA SAY GOOD-BYE
6. Brown Sugar - Lay Some Lovin' On Me
7. 大滝裕子 - 恋のウォーミングアップ
8. nakamura? - More Than A Woman
9. 小島恵理 - Lonely Feelin'
10. Grooveman Sport - Affection
11. 今井美樹 - Boogie-Woogie Lonesome High-Heel







Affectionのカバー収録。最高。


ソウルにオープンした音楽図書館「MUSIC LIBRARY」

韓国のソウルにオープンした音楽図書館「MUSIC LIBRARY」。

クレジットカード会社(HyundaiCard)が運営しているこの3階建の公共施設には、10000枚のレコードとソレを試聴できるターンテーブル、3000冊の書籍、1967年以降に発売されたローリング・ストーン誌全てを備えており、コンサートスペースもあるとのこと。

是非行ってみたいところですが、観光で行ってもゆっくり利用することができないため家の近所に欲しい施設だなと。
レコード量も10000枚なら見るのにもちょうど良さそうですし、出会いもありそうで毎日会社帰りにココで溜まって遊びたいです。サンプリングして音楽を作っても良い自習室とかあると更に良い感じですが、さすがにそれは無理か。



MUSIC LIBRARY

vinyls_library_seoul01.jpg
vinyls_library_seoul02.jpg
vinyls_library_seoul03.jpg
vinyls_library_seoul04.jpg
vinyls_library_seoul06.jpg
vinyls_library_seoul07.jpg

musiclibraryseoul.jpg





参照サイトはこちら






世界の美しい図書館




オーケストラによるヒップホップクラシックメドレー by JIMEK

ドレ関連、ケンドリック・ラマー、ウィズ・カリファからウータンまで、ヒップホップクラシックの数々をポーランド国立放送交響楽団がマスターミックス風に演奏する動画。オーケストラということで荘厳な仕上がりになっていると思いきや、結構原曲を忠実に再現しているのが面白いです。

ヒップホップDJ経験者なのではないかと思ってしまう抜群の構成は、JIMEKさん(Radzimir Debski)という指揮者?ミュージシャン?によるもので、楽器の構成を見ておりますと、ドラムが2台仕切りを配置して置かれており、ヒップホップをヒップホップぽくやる肝はやはりドラムなんかなと思った次第であります。

ちなみに、私的に一番原曲と離れたように感じたのはANTE UPでした。野球の応援スタンドから聴こえてきそうな感じが多少有って良かったです。また、NAS IS LIKEのストリングスの裏に入る流れるようなキラキラした音を聴き、そう言えばそんな音してたなと思い、NAS IS LIKE聴き直しましたら、やはり入っておりましてこんだけ聴いたのに俺は一体何を聴いていたのかと自分にがっかりしました。

どの層が見に来てもビヨンセで沸くのはなんとなく分かりますが、ドレとミッシーの人気は一体何なんだという感じです。
あと気になった点は、In Da Clubでストリングスが入ってくるまでヨレっとなってるような気がするの(気のせいですかね)と、何年も何十年も訓練してきた人達を使ってこの厳かな会場でヒモパンの歌(Thong Song)を演奏する豪華さでしょうか。

予想していたよりかなり面白いのでお昼休み、帰りの電車のお供にどうぞ。



オーケストラによるヒップホップクラシックメドレー by JIMEK

hiphophistory_orchestrated_jimek.jpg



Track List
Kendrick Lamar - Swimming Pools
M.I.A. - Bad Girls
Wiz Khalifa - Black and Yellow
2Pac - Dear Mama
Cam’Ron - Hey Ma
Barry White - Basketball Jones /feat. Chris Rock
Jay-Z - Girls Girls Girls (Tom Brock)
Tribe Called Quest - Electric Relaxation
Wu-Tang Clan - C.R.E.A.M
Mobb Deep - Give Up The Goods
Kanye West - Flashing Lights
50 Cent - In Da Club
50 Cent - Outta Control /feat. Mobb Deep
Jay-Z - Lost One
Jay-Z - Roc Boys
Beastie Boys - Sure Shot
Nas - Nas is Like
Dr. Dre - Still D.R.E.
Xzibit - Alcoholic
Missy Elliott - Get Your Freak On
Dr. Dre - What’s the Difference feat. Eminem
M.O.P. - Cold As Ice
M.O.P. - Ante Up
Pharoahe Monch - Simon Says
Beyoncé - Crazy In Love
Snoop Dogg - Drop It Like Its Hot feat. Pharell
Sisqo - Thong Song
Nicky Minaj - Anaconda
Wu-Tang Clan - Gravel Pit
Baauer - Harlem Shake
JIMEK x Pezet - Nie Muszę Wracać



参照サイトはこちら









PIGEONDUST / MOON, WISDOM & SLACKNESS

初めてその名前を知ったのは、旧名のRokjomaで参加した若者ばかりが集まったコンピレーションアルバム[Yel-owe records / We got i]の時でしたが、若いとは言えすでに随分慣れた様子が印象的でした。(このV.Aは最近あらためて聴いてもカッコ良かったです。フリーダウンロードですので是非。)
そんな現PIGEONDUSTさんが、少し前にLAのレーベル「Cold busted」より2ndアルバムをリリース。

少し前に入手して聴き始めたのですが、どうも私の場合あまりに立派でド派手なプロフィールですと冷静に聴けないところがあり、さらに色々な媒体への掲載や企画から読み取れるガチガチの美意識の高さに、すっかり飲み込まれて見失ってしまいよく分からなくなっていましたので、そういったことを意識しない様になるまで曲を淡々と無意識で聴くようにしておりまして、ようやく体に染みこんできましたのでポストしてみました。

元々の持ち味であります「バランスの良さ」と「基本メローなネタ使い」を軸に、90年代に強く影響を受けた00年代のアンダーグランドヒップホップと近い質感のものが多く(音質が90'sより綺麗という意味でも)、それをさらに10年代にアップデートしたような仕上がりの印象を受けました。(90'sに活躍したプロデューサー達の影響をチラチラ感じるような曲も多い気がしましたがどうでしょうか...。)

また、一曲ずつが後でジワっと効いてくるタイプが多く、短めでサクッとミックス音源みたいに流れるような展開で聴ける内容(アルバムを通して聴く良さがある)というのもポイントだと思います。誰かが上手いこと映像のBGMやDJミックスの中に組み込むことができれば、新たなカッコ良さを見いだせそうな気配もあります。

ちなみに私としましては、その中でもいくつか好みの曲がありまして、特に2曲めのコズミック&時折ディスコテイストの「Loop」が好きで、是非長尺でクラブで聴いてみたいとも。

現在「EN TOKYO」の代表を務めるなど仲間との活動も積極的に行い、シーンの活性化に一役買っておりますが、そういった企画モノの活動も継続していただきつつ、多方面にガンガン攻めてどんどん自身の枠を破壊していくのも見てみたいという、(私個人的にも)期待を持ってしまう単体でも大変才能のある方ですので、今後も要注意して見て行きたいと思います。



PIGEONDUST / MOON, WISDOM & SLACKNESS

pigeondust_mwas.jpg



Sadat X らゲストを招いた1stとかわって今作では全曲インストのビートミュージックを前面に押し出したアルバムとなっている。90 年代から続くオーセンティックなサンプリングサウンドの流れを継承しつつも、見事に現代的に昇華させた最高のトラックのみが並ぶ。プレイボタンを押した瞬間から鳴るノイズ交じりのキック一つから感じ取れる別格感、ジャズやソウルといったオールドタイム・ミュージックを基調としながらも、長年に渡るジャンルレスなレコードDIG からしか生み出せない極上のループ。昨今の国内外ビートシーンと呼応しつつも流行とは関係なくタイムレスな輝きを放ち続ける1枚!

また活動は制作だけに留まらず、参加型ビート製作イベント「EN TOKYO」クルーのオーナーでもあり、日本国内のシーンの活性化に大きく貢献している。今作はMOS DEF/MARVIN GAYE、FELA KUTI/DE LA SOUL を素材にした作品をリリースし世界中で話題となったビートメイカー Amerigo Gazaway が所属するLAのレーベル「Cold busted」からのリリース。日本国内には逆輸入の形での発表となります!


TRACK LIST
01. 1995
02. Loop
03. Galacticos1994
04. Harps
05. Knowledge
06. Lives In The Clouds
07. Here Comes Midnight
08. Stars.Falling
09. Mindtrip
10. Straight Ahead
11. The Life
12. A Night Thought (feat. Sugarloaf)
13. With You
14. Family Affair
15. Knife In A Pocket
16. Railroad Jam
17. Coda (feat. Hakobune)



1st



購入した中古レコードの中に一緒に入っていたモノ

買ったレコードと一緒に入っていたブツ、と言えばの堂々の第一位は陰毛といった感じの私ですが、世の中にはもっとおかしなオーラを放っているものが入っている場合もございまして、それらを写した画像を集めているインスタグラム。(VIA @obrftokyo@t_arum

私のレコード購入歴の中で最も驚いた同封物は、目のいっぱい描かれたインナースリーブで(怖かった)、S級のブツはお目にかかったことはございません。もの凄いのとか入ってた人いるんでしょうね。

意図的に入れたメッセージから、秘密の隠し場所として入れておいて忘れてしまったものまで、様々なタイプのものが入っておりますが、SNS時代の今だからこそレコードを売りに行く際に、インパクト重視の写真やデザインに自身のアカウントを記入したものをスリーブ内に自然に忍ばせ(A4サイズだと目立って店員に取り除かれるので小さめに)、手紙入りの小瓶を流す如く中古レコード流通の大海に流してみてはどうでしょうかね。

で、行き着いた人とSNSで連絡取り合ってイベントでもやったらいいんじゃないですかね。あと、結婚相手探すのも良いんじゃないですかね。今なら7インチが激しく流通しているので7インチに無差別に放り込むのが良さそうです。


Things I Found In Records

thingsifoundinrecords01.jpg
thingsifoundinrecords02.jpg
thingsifoundinrecords03.jpg
thingsifoundinrecords04.jpg
thingsifoundinrecords05.jpg
thingsifoundinrecords06.jpg
thingsifoundinrecords07.jpg
thingsifoundinrecords08.jpg
thingsifoundinrecords09.jpg
thingsifoundinrecords10.jpg




100円エサ箱の守り神の映画の方。最高。



onionboy / Awesome Mix Vol.O

昨年公開されたマーベルの映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の中で、主人公のStarloadが聴いている母親の形見のカセットテープがあるそうなのですが(見てません)、そこからインスパイアされて作ったPUNPEEさんの俺なりのAwesome Mixが話題となり、色々な人がその感じで続けて出しているのを見かけました。(こちらに事情が載ってました

その頃私はと言いますと、気付いたらいきなり皆出している状況で、当時映画のことをよく分かってなかったので、「なんだか新しいフォーマットの何かが流行り始めたが出遅れているからもう追うのもやめよう」となり、すっかり半年くらい全く気にもしてませんでしたが、最近のある日(それを忘れた頃)、自身のソレをプッシュしているonionboyさん(@dj_onionboy)を見かけ、忘れたまま聴きましたら奇をてらっていない普通に素敵な1970年代の古い音楽ばかりを入れていて、その後何度も繰り返して聴いてしまった次第であります。(ちなみに他の人のはまだ聴いていない)

どれも良い曲ばかりで、3曲目のダイアナ・ロス/One Love In My Lifetimeや、皆大好きなFreedom/Get Up And Dance、そしてJackson5などポイントポイントでの掴まれる選曲が単純に楽しい内容となっております。また、曲を繋ぐ際のSEがオールディーズな選曲とミスマッチしてまた良い感じです。ほとんどのジャンルの人と無理なく共有できる内容かと。

私の場合はDonnie Trumpet & Social Experiment / SURFが公開される前に聴いていて、このミックスから地続きでソコに行った感じでして、そんなところも良かったなと。

なにより推し続けることによって、半年後に全く事情を知らなかった私の所に到着した訳ですので、継続は力なりだなとあらためて思う次第であります。これキッカケで他の人のAwesome Mixも聴いてみたいと思うようになりました。フリーダウンロードもありますので是非。


onionboy / Awesome Mix Vol.O:
(A Personal Guardians Of The Galaxy Soundtrack)

(ダウンロードリンクはこちら)

onionboy_awesomemix_volo.jpg



Tracklist
01. Gospel Train - Sound Of Soul (1977)
02. All The Way Around - Marvin Gaye (1976)
03. One Love In My Lifetime - Diana Ross (1976)
04. Waiting On You - The Pointer Sisters (1977)
05. Early Morning Love - The Supremes (1975)
06. Come And Get Your Love - Redbone (1973)
07. Jamaica Song - Booker T. Jones (1974)
08. Yes It's You - Sweet Charles (1974)
09. Give Me Your Love - Sister Love (1973)
10. Get Up And Dance - Freedom (1979)
11. One Band Apple - The Osmonds (1970)
12. The Love You Save - The Jackson 5 (1970)
13. It's So Good - Dorothy Moore (1976)
14. You'll Never Rock Alone - Tata Vega (1977)




元ネタとなったテープのCD版も出てるんですね。



Ryan Hemsworth / ☺RYANPACKv.2☺

90年代生まれのトラックメイカーの活躍が目立つようになり、いよいよ70年代生まれの私も、本格的なオジサン世代に突入してきたのかな~なんて思う今日この頃ですが、そんな私も少し前にアルバムが出たRyan Hemsworthさんのトラック聴きながら目をつぶれば、若者がキラキラした生活をアップするハレーションを起こしたインスタグラムの写真のような、眩しすぎて目が潰れそうになる映像が頭にボヤーッと浮かび上がり、若いってい~な~という妄想で楽しむわけです。
で、さんざんうっとりした後、パッと目を開けて鏡を見ますとダイエットに失敗した薄汚いオッサンと目が合うなんて事もしばしば。

そんな私の回春のおかずとしてお世話になっておりますRyan Hemsworthさんの、Sicko Mobb、Blink 182、札幌在住Qrion、Sum 41からt.A.T.u.(!!!例の曲です)など、ジャンル色々な他人の曲や、自身の楽曲をイジったミックステープ(フリーアルバム)が公開されておりました。どれもこれもRH印のドリーミー仕上げとなっとります。

とりあえずの感想としてまして、アルバムに入っていたSnow In Newarkの別バージョンみたいなのが好きでした。

前回の☺RYANPACKv.1☺ は聴いてませんでしたがこのタイミングで聴いてみましたららば、2同様なかなかユニークで面白い内容でしたので、是非合わせてmp3プレイヤーにでも放り込んでいただければなんて思います。



Ryan Hemsworth / ☺RYANPACKv.2☺ (ダウンロードリンクもあります)
RYANPACKv2.jpg






まだmp3プレイヤーに入れたままにして聴いてます。




Mixfader

少し前に話題になっておりましたMIXFADERですが、その際にお気に入りに入れたまますっかり忘れており、本日たまたまチーム(NINE O'CLOCK)で触っている動画をポストしているブログを見かけて、思い出した次第であります。(VIA HYPETRAK

iPadなどにBluetoothで繋いで使うクロスフェーダーで、動画を見ていただければ分かるように、場所を選ばずスクラッチのお稽古が可能なターンテーブリスト(ヒップホップDJ)に最適なデバイスとなっております。

DJ機材の脱レコード化がどんどん進んでおりますが、それにしても古くからの様式(例えばターンテーブルの間にミキサーといった形状をDJコントローラーに見かけたりとか)は形を変えながらも残っていくもんだなと常々思いますし、この削ぎ落とされてシンプルになった形状を見て、右へ左へ曲を切り替える以上の存在なんだなとあらためて思いました。
最初に開発した人もこんなに激しくON/OFFする日が来るなんて思ってもみなかっただろうし、こんなに小さくなるとも思ってもみなかっただろうなと。

すでにフリスクフェーダーという存在があるため驚くことはありませんでしたが、本気練習用としてのフェーダー持ち歩きが基本だった、暇さえ有ればやりたい方々は欲しいところです。


Mixfader (メーカーサイト)

mixfader_01.jpg




mixfader_02.jpg
mixfader_04.jpg



mixfader_03.jpg





キックスターターではすでに目標金額が達成してますね。こういう場合商品として販売はされ普通に購入出来るようになるんですかね?

KICKSTARTER




mixfader_06.jpg
mixfader_07.jpg

DJ Premier — Boiler Room Moscow DJ Set (VIDEO)

先週末のSurfの衝撃により、起きている間ひたすらSurfばかり聴いてしまう状況に陥っておりましたので、月曜日はやめとこうと思ってそれから一度も聴いてないのですが、なかなかそれと張る刺激を得られず、とりあえず仕事から帰宅後、家で何かないかとおなじみのブログなんかをダラダラ巡回しておりましたら、濃厚なDJプレミアのボイラールーム動画がありまして、それがまた凄い事になっておりましたので、今日一の刺激的な動画としてせっかくなんでポストしたいと思います。

名古屋でのDJの時もパワフルで素晴らしかったですが、こちらロシアの様子はお客との距離があまりにも近すぎて凄いですし、更に途中盛り上がりすぎちゃって針も飛ぶしもうグチャグチャになってしまうのが最高です。ちなみに内容は名古屋の方が良かった気がしますが、これでも充分泣けますので(私は電車で泣きそうになった)、この間の来日時に行けなかった人も是非。



djprm_br_rs.jpg




参照サイトはこちら



この間の来日の時かからなかった気がするな。(覚えがないだけか…)





検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












 | HOME | 

このページのトップへ