| HOME | 

Silvan Audio Workshop 木の輪切りのターンテーブル

Silvan Audio Workshopという、シアトル在住の親子営む小規模な手作りの音楽機材制作工房が、木の輪切りを土台に使ったターンテーブルをKickstarterにて発表し支援者を募っております。

お値段は意外と安くておよそ750ドルで、スペックはハイエンドオーディオブランドRega製のコンポーネントをインストールし、ベースの木材はアメリカンブラックウォルナット(くるみ)を使用するとのこと。

テクニクスとミキサーのセットはDJブース用としてありますが、いちいち立ち上がってレコード変えるのが面倒というのがあり、ソファの傍らに座ったままでレコード交換出来るターンテーブルがあったら良いのになとレコードが主軸の時は常々思っておりました。

今はMP3が中心なのであれですが、会話をダラダラしながらこういうので音楽をダラダラ聴く贅沢なライフスタイルも良いですよね。ものとして可愛らしいのでとても欲しいです。


Silvan Audio Workshop 木の輪切りのターンテーブル (Kickstarter)

silvanaudioworkshop01.jpg






silvanaudioworkshop02.jpg

silvanaudioworkshop03.jpg

silvanaudioworkshop04.jpg

silvanaudioworkshop05.jpg



Silvan Audio WorkshopのFacebookページ

参照サイトはこちら





憧れの切り株ターンテーブル。




注目アルバム フルストリーミング3本立て Fashawn、BBNG & Ghostface Killah、Tuxedo

いつも先行曲2、3曲の時点でアルバム購入を決めているのですが、2月は家族のお祝い事があり財布が寂しいのでフルストリーミングは大変助かります。

Exileがメインプロデュースで仕上げたFashawn、以前から話題でしたBADBADNOTGOODとGhostface Killahのコラボレーションアルバム、EPから2年待望のCD&LPリリースのTuxedoに関しては石橋を300万回叩いて渡るような人、もしくは早く新譜を聴きたいという人だけにオススメする感じで、発売に向けて気分を盛り上げたい方は先日まとめたこの音源をどうぞ。
となんだかんだいって、春の丁度良い具合の上着を諦めて、結局3枚買ってしまいそうです。

Fashawn - The Ecology (via:@keybo080)

artworks-000107293666-0o5wcp-t500.jpg





BADBADNOTGOOD & Ghostface Killah - Sour Soul (via:@downlow)

artworks-000107408727-cel5q8-t500.jpg





Full Stream Of Mayer Hawthorne & Jake One’s ‘Tuxedo’ LP

tuxedo-500.jpg


Real Booty Music Project

ケツを振りまくるという行為が世界中で流行しはじめてしばらく経ちますが、世界中の注目レーベルやファッションブランドとコラボレーションをするデンマーク発の憧れのヘッドフォンブランド「AIAIAI」の企画で面白いものが。

Tweakのダンサーの尻にAIAIAIのロゴ入りのセンサーみたいなものを付けて、ケツの振りによって出た音とポルトガルのミュージシャンBrankoがコラボレーションするといった内容。
無機質な空間でのケツ振りは、既にエロさとかを超越したものがあり、私どもの世代を直撃した飯島愛もしくはTバックスのケツ出し後期頃の、出して当たり前感と似たような気分になるとともに、このセンサー取り付けての演奏の感じは、スター新春かくし芸大会の山瀬まみのエレクトリカルパレードのやつに通じるものがあり、久々に見たくなってYoutubeで「山瀬まみ かくし芸」と検索をしてしまいましたが残念ながらありませんでした。
(追記:山瀬まみのかくし芸大会の記録を見る限り、93年のボディコンサートと95年のエレクトリックパレード使いを合体させて、20年間ずっと間違って覚えてる事が分かりました。)

右のケツと左のケツを交互に動かして音を出してくれるところを見ておりますと、これもまたスクラッチや2枚使いなどと同じく、訓練して出来るようになった動きなんだなと感心します。あとParental Advisoryのスパッツは思ったより脳に焼き付きますね。

サンバカーニバルなどとも共通することですが、やはりこういう腰のムーブが印象的なダンスは細い身体だと妙にエロくなってしまいますので、パンチがある感じだと安心して見ていられます。


Real Booty Music Project

realbootymusic.jpg




音源もダウンロード出来ますよ。





そういえばハイファナ+ナイキのこんなのもありましたね。





シンプルでかっこいいですね。DJ用ヘッドフォンの中で一番好きです。持ってないけど。



イチ推しビートメイカーOshiさん

昨年あたりから私が尊敬&信頼しておりますサウンドクラウドやバンドキャンプの猛者の方々に絶賛、推され中の16歳のビートメイカーOshiさん。ここ最近で聴いて良かったコンピやアーティストの音源に結構な確率で名前を連ねており、気になりましたのでメモ代わりにまとめておこうと思った次第です。

まずとにかく若さにビックリ、凡人の中の凡人の私と比べてもしょうがないですが、16歳の時といえば週刊プロレスや格闘技通信の試合結果をまるまる自分のノートに書き写すのと弱小空手部のヘッポコ練習が日課という今思えば死ぬ程無駄に時間を費やしていたもので、Oshiさんいくらロンドンとはいえ正直マセすぎだろうと。家庭環境とかの影響もあるんでしょうか、音楽の才能がある人ってのはやはり違うもんですね。これでハンサムだったら私は正気を保つのが難しくなりそう。(なにかと詳細不明なので誰かインタビューを!)
エモーショナルなシンセ使いと暴力的に鳴るドラムのフューチャービートシーンの中でも音の各所のバランスの良さが素晴らしく、 ソウルフル&ファンク&メロウさらにHIPHOP感もあるビートばかりで最高。尋常じゃないリリースの量の多さと早さもやはり若さゆえでしょうか、才能がほとばしり出ております。

早耳の方々に話題といってもまだまだ新作リリースの把握がしずらいと思いますのでSoundCloudやTwitterのフォローをオススメします。
インターネット以降の音楽シーンではこのようなアーティストが、いきなりメジャーアーティストのプロデュースやリミックスをする可能性も高いと思われますので皆さんも是非チェックしてみてください。


SoundCloud : oshi Bandcamp: oshi
Twitter : go rambo (@oshimakesmusic) Facebook : Oshi.

oshi_j_500.jpg

まずこちらはOshiソロ名義の初シングル音源。ドラムの展開も面白く、シンセが独特なファンクネスをはなって、完璧で格好良過ぎです。



そしてこちらがOshiとBNJMN、krs.の注目コレクティブ“Film Noir”




ここからフリー&name your priceで落とせるOshi関連音源。

bamuletさん(@bamulet)のツイートで知ったGreymatterというアーティストのEP。5曲目に参加。Oshiさんの曲以外もナイスですよ。



Y U И G V R V Bさん(@i_d_d_y)のツイートで知ったweird inside - just askのRemixesにもOshiさん参加。オリジナルや他のリミックス含め全12トラック。4番バッターでOshi。甲乙つけがたいリミックス集で用途に合わせ楽しんでください。



先日ブログでも紹介したSoulEtiquetteのコンピ。全体的にかなり良い内容ですので聴き逃している方は是非。13曲目でCiaraをリミックス。R&Bも絶品。



オリジナルからガラッと印象の変わるJustin Timberlake - Suit & TieリミックスやHW&WのGravezとの共作、さらには先日リリースされたばかりの良盤、SoulectionのSam Gellaitry新作を早速リミックスとホント仕事ができる16歳であります。






この他にもストリーミングのみで様々な音源が公開されていますので、是非OshiさんのSoundCloudアカウントをチェック!

1/12スケール可動フィギュア対応 音楽機材シリーズ (地獄工場)

会社にいる自称DJの青年が、自分の音楽ジャンルであるアニソン由来のテクノを誇らしげに話してきた時(最近スクリレックスの話をしてくるらしい)、DJ文化はすでに自分たちが始めた頃とは比べ物にならない程に、多方向へ広がっていっていることを実感し驚いた記憶があります。

そういった方面の方々が作られたと思わしきこちらのフィギュアを見ておりますと、このジャンルの人もまた特定の機材に美意識を持っている様や、ディティールの細かさなど、定番機材の確立もされているし憧れているローランドの機材は一緒なのかなとも見受けられ、面白いもんだなと思います。(もしかしたら、昔からのDJ文化を知っているおっさんが企画して作っている可能性もありますよね。)

フィギュアが大好きな人が家でDJごっこするための用途だけでは勿体無いため、家庭の都合でもうDJ機材を処分してDJコントローラーすらも置くスペースを許されない方々なんかは、ミニ仏壇やミニ神棚の感じでミニDJブースを祀っていただき、時折自身のルーツを思い出していただけたらと。

その際訳の分からないターンテーブルよりは、これのようにSL-1200みたいなののほうが気分出ますよね。ミキサーは今時はやはりパイオニア主流なんですかね。私はベスタクス党ですから私が全ての機材を捨てた際はベスタクスが増えてると良いなと思います。


1/12スケール可動フィギュア対応 音楽機材シリーズ (地獄工場)

jigokukojyo01.jpg
jigokukojyo02.jpg
jigokukojyo03.jpg
jigokukojyo04.jpg
jigokukojyo05.jpg
jigokukojyo06.jpg
jigokukojyo07.jpg






買ってはないですが、頻繁に欲しいなと思うんですよ。



A. Mulli / 8bit風味で描くヒップホップアーティスト

マンチェスターのイラストレーターA. Mulliさん(@A_Mulli)による、8bit風味で描いたラップアーティストの絵。この人は、アノ大名作MIX TAPE「The Underachievers - Indigoism」のジャケを描いた人のようです。あの時と全く作風が違いまるで別人の作風ですが、ここまで変わる理由が何かあったんでしょうかね。

ちなみに、ドット絵テイストなので一粒が大きくて顔の判別は付かないものが多く、服装の特徴で判別することに。やはり売れている人たちは、ここまでざっくりした表現だったとしてもすぐ分かりますし、写真見ても?が出そうな人は誰だか分からない場合もありますね。というか、有名な人でも全く分からない人もいたなと。笑
分からないのがあった皆様は下記リンクより本人のインスタグラムへ行っていただき答え合わせしていただければと。

ファミコンの世代なんで無条件でこういうのは好きなんですが、でもベンツのCMにスーパーマリオが出てきて欲しいとかは全く思わないタイプなんですよね。複雑なおじさん心なんですよ。


A. Mulli (Instagram)

amulliart01.jpg
amulliart02.jpg
amulliart03.jpg
amulliart04.jpg
amulliart05.jpg
amulliart06.jpg
amulliart07.jpg
amulliart08.jpg
amulliart09.jpg
amulliart10.jpg

» 続きはこちら

最近聴いて良かった有料&無料音源アレコレ5枚 Open Mike Eagle、Preston Harris、starRoなど

LAのラッパーでプロデューサーのMarvel alexanderのアルバム“Don’t Die Ye”。
プロシュースには Sango、Kaytranada、BADBADNOTGOODに加え今をときめくGravez、そしてラップのゲストにはHodgy BeatsやCrystal Caines、Louie Pなど。大好物ばかりで脇を固められており悪くなるわけありません。

Don't Die Yet - Marvel Alexander ( bandcamp )

artworks-000104347973-esbdwj-t500.jpg



シカゴのMC、Open Mike Eagleの新作EP“A Special Episode Of - EP”。
Exileプロデュースの一曲目を聴くとわかるように昨年リリースされた名盤“Dark Comedy”の番外編みたいなものでしょうか。ピコピコ、ビヨビヨと電子音使いがいい意味で気持ち悪く癖になる。
アルバム“a toothpaste suburb”も良かったmiloやGold Pandaなどゲストの人選も含め面白い内容となっております。

A Special Episode Of - EP - Open Mike Eagle ( bandcamp , iTunes )

A_Special_Episode_OfEP


ヒット・ボーイのHS87所属シンガー、Preston HarrisのデビューEP“Love Crazy”。(via:@hititlan)
ヴォーカルの素晴らしさとトラックの格好良さ、プレイヤーに入れてからというもの仕事中はこればかり聴いておりました。
これは皆さんも落としのがしないように。下記のサウンドクラウドプレイヤーからフリーダウンロード出来ます。

Love Crazy EP - Preston Harris

artworks-000106108129-y1f0l5-t500.jpg


ボルチモアのラッパーRakeem Milesの新作アルバム“Adderall”。(via:@sugakey)
“Just Ask”で話題でしたビートメイカーweird insideもプロデュースで参加。
今っぽいトラックを生音サウンドで表現しており面白い。各所で聴かれるエモーショナルなシンセも堪りませんな。

Rakeem Miles - Adderall ( iTunes )

Rakeem_Miles_500.jpg



Soulection所属の日本人アーティストstarRoさんがデビューEP“EMOTION”をリリース!
ジャネットのリミックスワークSoulectionからリリースされたフリーEPを経て、そして先日サウンドクラウドでアップされたFrank Ocean – At Your Best (starRo Remix)なんかは海外サイトで大変話題でありましたstarRoさん、満を持してのデビュー盤。
ツイッターでそろそろ出るかも的な情報がありCDまで待つつもりだったのですが、BandCampからも出ていましたので我慢できず購入。夢の中のようなフューチャーR&Bが気持ち良すぎ、この季節にもピッタリ合いますね。
ちなみにBandCampでEP購入後に限定だったFrank OceanのAt Your Best (starRo Remix)の音源が送られてきました!

Emotion - starRo ( bandcamp , iTunes )

artworks-000106254020-5ghopd-t500x500.jpg


3月リリースのCDは収録曲も多く、アマゾンで予約開始されています。



J Dilla ,9th Wonder ,Kanye Westの曲の打ち込みがキーボードで楽しめるサイト 

J Dilla , 9th Wonder , Kanye Westの名曲トラックの打ち込みをキーボードで楽しめるサイト“Try Re-constructing the Samples of Popular Producers' Beats”(via:@Suzuki_Koya) 

J DillaのDon’t Cry、KanyeさんとJay-ZのOtisは個人的にも好きな楽曲なので少々ポチポチしてみましたが、自分の才能の無さを思い知りました。トラックメイクに慣れた方ならリミックスくらいできるのはないでしょうか。2月はDilla Monthですし、皆さんも是非お試しください。

Try Re-constructing the Samples of Popular Producers' Beats

sam_Matt_Daniels500.jpg









お気に入りに入れたツイート蔵出し Vol.9

前回8回目から随分経っており、私自身もその存在を半分忘れておりましたが、ツイッタータイムライン上で開催を望む声(一人のみ確認)がございましたので、その人のために第9回を開催したいと思います。

私どもが半年間に渡りなんとなくクリックした味わい深いツイートを、いつもどおりただ日付順に並べてただけでございます。私のTL上にいる皆様もこの企画を始めた2012年以上にスレにスレて、より笑いが削ぎ落とされミニマルな方向に向かっているので、初めて見た方はぎょっとするかもしれませんが、その際はそっと閉じていただければ幸いでございます。

また、前回開催時に4回目くらいから既視感があるという鋭いご指摘もございましたが、今回も半年間で選出する人間の性格が大幅に変わることはなかったため、これまた既視感の連続になっておりますがいつも通りかよ!なんて冷たいことは言わず、昼休みにこちらの世の中の多くの人々が面白いと思っている方と見比べながら、滋味に富んだ我々チョイスの方を温かい心で楽しんでいただければ幸いでございます。


ちなみに過去のもよろしければどうぞ
Vol.1Vol.2Vol.3Vol.4Vol.5 Vol.6Vol.7Vol.8














































































































StupidKozo - G I R L S Vol.5 (Valentine's mix)

明日はいよいよバレンタインデー、今朝は幼稚園に通う息子がソワソワしすぎて6時起きしておりました。そんな彼を見て思い出すのは小学生くらいの頃、異様にドキドキしたにも関わらず何も持たずに帰る敗北感。誰がこんな残酷な日を作ったんだとだんだん暗い気持ちになりますが、そんな気分も吹き飛ばし、逆にこんなイベントも悪くないなと思わせてくれるのはやはり音楽であります。

昨日のTuxedoのミックスに続いて本日はStupidKozo(@Stupid_Kozo)さんによるフューチャー・バレンタイン・ミックス。
ボコボコ乱れ打たれるドラムと陶酔感あるウワネタ、気持ち良いヴォーカルと私の好物ばかり詰まったサウンドをスムースにミックスされており嬉しい限りであります。このR&Bミックスなら今日明日に限らずとも長く楽しめそうですね。
スロウで暖かい気持ちになれるので、これを聴いて精神を落ち着かせ息子の帰りを待ちたいと思います。

下のサウンドクラウドプレイヤーからフリーダウンロード出来ますので皆さんも是非。

StupidKozo - G I R L S Vol.5


artworks-000106526171-2q6unc-t500.jpg


Track List

01. Primetime (feat. Miguel) [Chloe Martini Remix] - Janelle Monáe
02. For You (&HerToo) - Esta
03. My Love (NΞHZVIL Remix) - Justin Timberlake
04. LuvThruHer - Fortune.
05. Nice & Slow (Usher + IAMNOBODI) - Duncan Gerow
06. In Those Jeans (aywy. Rework) - Ginuwine
07. The Booty (feat. Chris McClenney) - Fortune.
08. Alright (TAILS REDO) - Janet Jackson
09. You Gurl (Instrumental) - Full Crate
10. Send Me Out (Obey City Remix) - Kelela
11. Until the End of Time - Justin Timberlake
12. Closer To You (feat. Vib) - starRo

Tuxedo / Step In The Name Of Love [80's Boogie Slow Jam's DJ MIX]

よく考えて見れば2月14日のバレンタインデーは土曜日ということで、唯一若い女性との接点を持てる一年の中でも最も大事な日にしているおじさん達にとっては大変残念ではありますが、青春真っ只中の非モテの皆様につきましては、好きな子が自分以外の男に一生懸命作ったチョコレートを渡すのを見ずに済むという嬉しさもあります。

そんなバレンタインを寂しく送る人達のためにでは無いとは思いますがこの直前のタイミングで、アルバムの発売が待たれるメイヤー・ホーソーンとジェイク・ワンによるファンク・ユニットTuxedoが、踊れるわロマンチックな気分になれるわの、キラキラ&ムーディーな80年代のブギースロージャムのミックスをフリーダウンロード有で公開してくれております。

バレンタインよりもなによりも、昨日はたまの水曜日祝日で、まだここから今日含め5日間仕事があるのでは?という錯覚を朝から起こしておりクヨクヨしておりましたが、よく考えれば明日会社行けば休みですのでこれ聴いて頑張って仕事したいと思います。



Tuxedo / Step In The Name Of Love
 [80's Boogie Slow Jam's DJ MIX]

tuxedo_StepIn TheNameOfLove






尚、以下2つのミックスもTuxedo発売前の準備運動として是非。


こちらはTuxedoのSoundcloudに数ヶ月前に上がっております、メイヤーホーソン(元DJヘアカット)が2005年に作ったディスのミックス。




そして同じくTuxedoのSoundcloudに載っていますジェイク・ワンの2004年作のディスコミックス。





もうじきですね。



RieMellowjunk / Sunspring

先週たくさんのアクセスがありました、Jimmie Soulさん(@Junichi__Okada)のとても素晴らしいソウルのDJミックスをしばらく聴いている間、同じOMOIDE LABELから公開された、こちらのミックスも同じようにひたすら聴いておりました。(毎日大体2回くらい聴いてます。今日も2回聴きました。)

内容は本場LAからヨーロッパ、日本までの良質なビートミュージックを中心にBeyonceやToe ft.Toki Asako(Remix)までを大変スムースかつ抜群の展開に仕上げており、男がよくやるアゲアゲでベースブリブリの血管ちぎれそうな、マッチョアッパーベースミュージックミックスとはちがい、ディープハウスやR&Bのミックスを聴いているかのような女性らしさが出た、優しく美しい流れの大変素晴らしい内容だと思います。以前も別のミックスを聴かせていただいておりましたが、このミックスは中でも特に選曲や流れの強弱がビシッと決まっている気がして、良い意味で分かり易いフックみたいな曲もあり(2曲めでいきなり掴まれます)かなり好きです。

常々思っていることで、何度となくこの場に書いてきましたが、女性にバイクの排気量とタバコの重さ、そして身長とDJの技量だけは絶対負けたくないと私も人並みに思ってきましたが、完敗でございますので大人しく何十回と聴いて楽しむしかございません。もう女の人の運転する大型バイクの後ろに乗せてもらって必死にしがみついているような様相でございます。

とにかく張り切ったベースミュージックのミックスがどうしても受け付けない心底ナイーブな野郎から、全くビート系音楽に関わってこなかった人々まで、様々なミュージックラバーに喜んでいただける確率の高いミックスだと思いますので、皆様だまされたと思って是非48分お時間いただければ幸いでございます。もちろんフリーダウンロード有りですので、デートで良いとこ見せる用としても最適でございますよ。大推薦。


RieMellowjunk / Sunspring
@rie2wze

riemellowjunk_sunspring.jpg

まだ見ぬRieMellowJunkさんをこの画像のタンクトップ、短パン、脱力系無造作ゆるふわウェーブの女の人に投影しつつ聴いております。

【OMOIDE- 64】Sunspring MIXED BY RieMellowjunk by Omoide Label on Mixcloud




1.KidGhost / Love Me Now
2.AbJo / Infinite, Y'all (Souls Of Mischief)
3.Zuper / Instant Transmission
4.Fujimoto Tetsuro / In the Soil
5.Jarreau Vandal / Don't Think About It
6.Kuma / elizabeth
7.R.O.M / GetItRight
8.Giraffage / Be With You
9.Lido / Lost featuring Muri (813 Remix)
10.Kuma / Rich Boy
11.BenZel / Four (feat. Juicy J & Cashmere Cat)
12.Beyonce / drunk in love (hunt for the breeze flip)
13.Mura Masa / Cloud Claps
14.Cid Rim / Draw (Dorian Concept Remix)
15.Never Slept / Player 2
16.Nehzuil / Sunshine
17.StarRo / Kendrick Lamar
18.Les Sins / Why (feat. Nate Salman) [Seiho Remix]
19.ZHU / Paradise Awaits (FKJ Remix)
20.Toe / Goodbye ft. Toki Asako (starRo Remix)



Fujimoto Tetsuroさんのこれも入ってますね。



Winter In Jakarta - Jakarta Records (Free Download)

bamuletさん(@bamulet)のツイートで知った、ドイツのHipHopレーベルJakarta Recordsから季節コンピレーションの冬バージョン“Winter In Jakarta”がリリース!

まだ月の前半戦にもかかわらず寒く寂しいお財布事情でしたので、フリーダウンロードは大変助かりました。ドイツの方角に一礼して、ありがたく聴かせて頂きました。

この季節コンピレーションは前回の“SUMMER IN JAKARTA”も最高でしたので、少々期待してハードルが上がった状態で聴いてしまいましたが、軽く超えるJakarta Records安定の良質ヒップホップがパンパンに詰まっており堪りませんでした。
HipHopを軸にした様々な楽曲が楽しめるコンピで、通して気持ち良い展開になっており、中盤のMura MasaからCrazesのフューチャーバウンスビートの流れから終盤の怪しげでロウなトラックと聴きどころ満載であります。

下記のリンク先のバンドキャンプページよりフリーダウンロード出来ますので、是非!

Winter In Jakarta - Jakarta Records (Free Download)

w_i_j_r_500.jpg



昨年リリースされたMura Masaのアルバム。良盤だったのでアナログも欲しい



N.W.A.の伝記映画“Straight Outta Compton”のトレーラー

ちょいちょい情報が出ていたN.W.A.の伝記映画“Straight Outta Compton”の予告編が公開!(via:@SHiGGY_No8)

NWA-Movie-Trailer-500.jpg

最初にゲームとケンドリック・ラマーも出ており気分が盛り上がり、その後のトレーラーだけでもご飯2杯くらいいけます。
8月14日に全米での公開予定とのことで、年内は難しいかもしれませんが、トライブやNasであれだけ盛り上がったのだから、これも日本でやってくれることでしょう。
この映画に関連したグッズやミックスなどにも期待!







ラップアーティスなどのバレンタインカード

カナダのトロントに住むDiamond Donatelloさんが、数日後に訪れるバレンタイン用のカードをハンドメイドのマーケットプレイスEtsyにて販売しており、他にもバースデーカードやクリスマスカードもあります。

クラシックな人から新世代のカリスマたちまで、どこか気の抜けた力みの無いラッパー達が、恋人達、ファミリー、その他色々なラップ好きな人々の重要行事を盛り上げてくれることでしょう。紙一枚にしてはなかなか高額でございますね。ここに送料入れたら更になかなかのもんになりますね。バレンタイン用ですと今から買っていたらおそらくは間に合いませんので、この際自分で頑張って書いてみるというのも手であります。模写する材料さえあれば頑張って自分なりのカードが出来そうです。


Diamond Donatello (Etsy)

diamonddonatello_v01.jpg
diamonddonatello_v02.jpg
diamonddonatello_v03.jpg
diamonddonatello_v04.jpg
diamonddonatello_v05.jpg
diamonddonatello_v06.jpg


以下、バースデーカードやX'maxカードでございます。

diamonddonatello_hbmx01.jpg
diamonddonatello_hbmx02.jpg
diamonddonatello_hbmx03.jpg
diamonddonatello_hbmx04.jpg
diamonddonatello_hbmx05.jpg
diamonddonatello_hbmx06.jpg
diamonddonatello_hbmx07.jpg
diamonddonatello_hbmx08.jpg
diamonddonatello_hbmx09.jpg
diamonddonatello_hbmx10.jpg
diamonddonatello_hbmx11.jpg
diamonddonatello_hbmx12.jpg




My Funny Valentine。




息子の絵を刺青しているお父さん

少し前にポストした少し似たもので、子供の書いた絵をぬいぐるみにしてくれるサービスなんてのもありましたが、こちらはカナダのオンタリオでTatooショップを営むKeith Andersonさんが、7年間にも渡り息子の書いた絵を自分の体に彫った刺青の写真。

もちろん4歳頃から11歳頃までの絵なので様々なクオリティーでして、どれもこれも大変エネルギッシュですね。こうして刺青にしてみますとかなりぶっ飛んだ内容ではありますが案外見た目は怖くないため、刺青に非常に厳しい日本の社会でもなんだかイケそうな気もしますが、まあ多分いけないでしょう。

なんにせよ大変良い感じだと思います。


息子の絵を刺青しているお父さんのKeith Andersonさん

keithanderson01.jpg
keithanderson02.jpg
keithanderson03.jpg
keithanderson04.jpg
keithanderson05.jpg
keithanderson06.jpg
keithanderson07.jpg
keithanderson08.jpg
keithanderson09.jpg
keithanderson10.jpg
keithanderson11.jpg
keithanderson12.jpg
keithanderson13.jpg
keithanderson14.jpg
keithanderson15.jpg
keithanderson16.jpg
keithanderson17.jpg



腕にコンパスの針でのヤツ収録。



最近聴いて良かったフリー&NYP作品を7つ SoulEtiquette、Hodgy Beats、Kali Uchisなど

年末から今年にかけて良盤のリリースが多すぎて、タイムラインの猛者の方々の動きも正直見えないくらい速すぎて困ってしまいます。今週なんかはダウンロードしすぎて落とし疲れで目元には痙攣が。時間も追いつかないので、耳と目が2,3個くらい増えないかなと思うほどの嬉しい悲鳴であります。
だんだんブログがメモ用みたいになっておりますが、特に年末年始の音源は書いておかないと忘れがちなので、フリーダウンロード物件(一部name your price)で聴いたもので良かったものをまとめておきます。
この7つはちゃんとブログとして書きたいくらいの良質な作品ばかりですので、皆さんもサウンドクラウドプレイヤーで試聴だけでもしてみてください。


SoulEtiquetteの新作コンピレーション。私達のタイムラインでも人気のビートメイカーDa-P、Oshi、DrewsThatDudeなどが参加。name your priceでダウンロード可。(via:@i_d_d_y)

Souletiquette Ingenious Pleasure compilation

artworks-000105616146-lnoier-t500.jpg



オッド・フューチャーのHodgy Beatsとフィラデルフィア出身のラッパー Don Cannonによるミックステープ。ゲストに Domo GenesisやHit-Boyが参加。フリーダウンロード可能。(via:@hititlan)

DENATAPE2 - Hodgy Beats & Don Cannon

artworks-000105525739-s6rk3f-t500.jpg



SoulectionのSángoのRTで知ったアトランタのラッパーElhaeのデビューEP。先日のEPも最高だったJay Princeも参加。

ELHAE - AURA EP

artworks-000105449902-8c1ehr-t500.jpg


» 続きはこちら

House of Vans London

ロンドンのウォータールー駅の下に作られた、老舗スケートブランドVANSが運営する複合文化施設House of Vans。ブルックリンにも既にある方は倉庫型で、こちらのロンドンは地下鉄跡地?形。より秘密の基地感があり古いレンガが大変良い感じでございます。
中にはアートギャラリー、スケートパーク、、850人収容のコンサートホール、カフェバー、映画館と私の家の近所のイオンとは明らかに一線を画した、洒落まくった施設となっております。

海外のバンズはこうした部分に投資をして、イメージ作りをしているのだなぁと感心しますが、私がABCマートで頻繁に買うオーセンティックの収益が、GTホーキンスの宣伝の篠田麻里子の高額なギャラ、もしくはティンバーランドにクリソツなバンズを宣伝する資金になっていっていると思うと大変残念ではありますが、日本ではティンバーランドクリソツな方のが売れていると思われますので仕方ありませんね。

最近はこうした欧米のロフトや倉庫に影響を受けたインテリアを度々見かけますが、やはりどれだけ頑張ってエージングしたとしても、やはり本当に年数の経った本物の雰囲気には勝てませんね。こういうの見ると無理にそういう雰囲気を作ろうとすることはやめたくなります。

あと内装繋がりで、スマートお部屋本に必ず一人は登場する、「これめくると畳が出てくるんじゃ...」なんて想像をさせるハリキリ床チェッカー野郎達も真っ青の、これでもかってくらいの床チェッカーの説得力。企業イメージがチェッカーの会社にこれくらいの規模でドカーンとやられます返す言葉もございません。さすがバンズ様。

私などが到底行けるとは思えないロンドン旅行ですが、万が一行った際には是非訪れたいなと。
(下記ストリートビューで行った気になります。)


House of Vans London

houseofvans1.jpg



ストリートビューで中に入っていけます。近所を散歩するも良し。便利な世の中になりましたね。



Tunnel 1
入り口とギャラリースペース

floor1.jpg

tunnel1_00.jpg
tunnel1_02.jpg
tunnel1_03.jpg
tunnel1_04.jpg



Tunnel 2
映画館スペース。毎日やってるみたいで基本フリーで見れるみたい。ドリンクや軽食を買えそうな売店もある。

floor2.jpg

tunnel2_00.jpg
tunnel2_01.jpg
tunnel2_02.jpg



Tunnel 3
850人収容のライブスペース。

floor3.jpg

tunnel3_00.jpg
tunnel3_01.jpg
tunnel3_02.jpg



Tunnel 4
コンクリートボウルとカフェスペース。

floor4.jpg

tunnel4_00.jpg
tunnel4_01.jpg
tunnel4_02.jpg
tunnel4_03.jpg
tunnel4_04.jpg
tunnel4_05.jpg
tunnel1_01.jpg



Tunnel 5
コンクリートのスケートパーク。

floor5.jpg

tunnel5_00.jpg
tunnel5_01.jpg
tunnel5_02.jpg
tunnel5_03.jpg

パークの様子が見れるウェブカム




私はオーセンティック党。




DJ Nu-Mark “Craft Services: Jurassic 5 vs. The Pharcyde” Mix

DJ Nu-MarkによるJurassic 5とThe Pharcyde音源で構成されたミックス“Craft Services: Jurassic 5 vs. The Pharcyde”がフリーで公開。(via:1an (ラン)@hititlan)

我々世代はファイプロで時代を超えたカードを実現させましたが、こちらはミックスで夢のグループ対決を実現!しかもDJ Nu-Markですから、ただの音源をミックスするわけでなくアカペラや元ネタを駆使してまとめた濃密な34分間。

下記のリンク先でメールアドレス入力し、フリーダウンロード出来ます。

DJ Nu-Mark “Craft Services: Jurassic 5 vs. The Pharcyde” Mix

dj-nu-mark-jurassic-5-pharcyde-_500.jpg



Jimmie Soul - Introduction Of 地味~ソウル

初期衝動のままに行動し気になった文化に次々とトライしていく様は、まるで10代~20代前半の若者を見ているようですが、その取り組みと本来の持ち味、そしてSNSで築いた人間関係が今良い感じに混ざって成果が出ているような気がする、香川在住のソウルおじさん@Junichi__OkadaことJimmie Soulによる、ソウル音源で作られたDJミックスがOmoide Labelより公開されました。

およそ半年前頃から、地味だけど良い感じのソウルをひたすら紹介していく活動を見かけましたが、それらの曲にひょんなキッカケで30代中盤から始めたスクラッチ&2枚使いをほんのりとはさみつつ、どれもこれも最高じゃないかと思わせる最良の状態で聴かせてくれます。全くお世辞を抜きにして、知らない良い曲がまだまだこんなにたくさんあるんだなと打ちのめされました。

ここに出てくる曲は、ループすればヒップホップのトラックとして機能しそうなブレイクがいくつもあり、こういう人達はまだまだ世に出ていないキラーブレイクを持っているのかもしれないなと思いました。大変薄っぺらい言い方で申し訳ないのですが、私の持てるボキャブラリーの中で限りなく分かりやすい表現で言いますと、カニエ・ウエストの楽曲とかで使用されるネタとか好きな人にはかなり良いんじゃないかと思う次第です。

普段も、ネタになった曲までは聴くものの、大方ヒップホップのチェックだけで手一杯になりがちなヒップホップ脳な私にとってもかなり取っ付き易い内容になっておりますので、恐らく同じような境遇のこれを読んでいる方々にも相当フィットするかと思います。私も今後このミックスは100回とか200回というカタカナで歌えるようになるレベルで聴いていきたいと思っております。そこからソウルがもっと好きになれたら良いなと。

フリーダウンロードも出来ますので、是非皆様も半年とか一年の単位でじっくり聴いていってはどうでしょうか。とにかく猛烈に大推薦です。



Jimmie Soul - Introduction Of 地味~ソウル (OMOIDE LABEL)


intrdctnofjs_js.jpg




このミックスを解説した本人によるソウルおじさんラジオの第31回






田舎にいながらも、都会の人々に遠慮せず等身大でガンガン楽しくやっていける感じが、岡田さんの凄いところの一つだと思っておりまして、我々地方在住者の希望の星だったりします。

見聞の狭い私なんかは、SNSの中に居ますともう都会も田舎も関係無いのかもという錯覚にたまに陥りつつも、実際には我々の近所にはイオンしか無いわけで、青山に1時間以内にアクセスできる人々とは遥かに肌感覚が違い、文化レベルの違う会話を聴く度に田舎者を再認識します。

最近ではキャッシュ・マネーの昔のPVを見て、東京から見ると俺たちはこういう感じ(山賊感?)なんだろうか、と逆にSNSがある分、今までリアルタイムで差を比較することがなかった自分たちの田舎っぺ具合が可視化されているような気がしておりますが、あまり気にしてもしょうがないので諦めています。

絵文字で書いたラッパー似顔絵

Yung Jakeさんという方による作品で、絵文字を組み合わせて絵が描けるWEBサービス“emoji.ink”で制作されたラッパーのイラスト集。(via:Hypetrak)

Lil B、Wiz Khalifa、Cam'ronなどなど、どれも絵文字使いが絶妙で特徴をとらえており、そっくり。近くで見た時の気持ち悪さもいい意味で堪りませんね!
こうしてよく眺めてみると普段気が付かないような絵文字のバリエーションの豊かさに、2015年はメールだけでも若返りを意識しガンガン絵文字を使っていこうと決心しました。

下記のリンク先のInstagramアカウントでさらに他の作品もチェックできますので、興味がある方はチェックを。

emojiniggas

lilb.jpg
camron.jpg
asap_yams.jpg
young_thug.jpg
wiz_khalifa.jpg


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












 | HOME | 

このページのトップへ