| HOME | 

年末年始用ミックス

いよいよ今年も終わりますが、皆様悔いは残っておりませんでしょうか。今年も色々とありましたが、来年も楽しくやれると良いなと思っております。

冬休みを迎えるすべての皆様に、ここ最近しばらく繰り返し聴いておりましたミックスを掲載したいと思います。
31日のホームパーティーで、帰省・初詣の車の中で、正月のテレビにうんざりした時などなど、友達とワイワイやっている人から、たった一人で部屋で過ごしている人、田舎に帰省したが誰とも喋りたくない人まで様々な人に送る、ナイスな冬にピッタリなミックスでございます。

どれもこれも、ダラダラと繰り返し再生するのにかなり最適ですし、もちろんすべてのミックスはフリーダウンロード出来ますので是非どうぞ。

それでは皆様良いお年を。



ConarCrack(@XL_029) /
CNCRMTHFCK #1
CNCRMTHFCK #2
CNCRMTHFCK #3

2014wintermix01.jpg

ダウンビートから四つ打ちまで、センスの良い旬のフューチャービート系楽曲を、流れる様なビシッとした構成で聴かせてくれるミックス。数日前#3が出たばかりですが、相変わらずとても良い感じです。我が家でも、音楽については特に込み入った趣味の無い父親65歳の横で流しても、嫌な感じがありませんでしたので、是非親戚の集まりの際にこちらを流していただき、ビート系の布教活動をしていただければと。



iamETnk / Fuyu No Hi No Groove @hinxnxeiji

2014wintermix02.jpg

夏のミックス祭りの際にもお世話になりました、iamETnkさんの冬場のミックスなんですが、大体入っていると聴かなくなってしまう、あまり好きではなかったあのJ-POPアーティストの曲も流れでうまいこと聴かせてくれる、大変スムースな内容となっております。夏のミックスによく入る曲もいくつか入ってますが、冬聴くと冬っぽい感じがするのが面白いですね。一見親戚の人たちといる時も大丈夫な内容に思いますが、腕にコンパスの針でのアレが入っているので若干危ないかもです。



M.U.D.O. / Nighttime Respect (@M_U_D_O)

2014wintermix04.jpg

都会的で知的でエロい、そんな現行の趣味の良いR&Bを中心としたM.U.D.O.さんのミックス。私の話で大変恐縮なんですが、最近のR&Bはアルバムで聴いているとだんだん頭がボーっとしてきて、途中からなんだか良くわからなくなってくる場合が多いのですが、こういった良い曲を抽出してもらって、そもそもアルバムでボーっと聴いていたのが出てきて、あ!となり答え合わせが出来る楽しさがあります。そんな選曲もかなり好みなナイスミックスでございます。



Kuma The Sureshot / Japanese Sampling Sports[SDP Suite Edit Pt.3]@kumathesureshot

2014wintermix05.jpg

日本語ラップと元ネタの組み合わせのミックスと言えばの、クマザシュアショットさんが送るSDPミックスの第3弾。品質はもはや説明は必要としないくらい高いので細かいことは書きませんが、ここ最近はやや気の利いた(若干はまだイナたい)ジャケが増え、今回もまたサンプリングスポーツしたジャケで、一瞬おっ!となりましたが、インテリアまでに気が回らないのか、やたらと90年代臭のするオーディオに、ホームセンターで購入した網網ラック×DVDを収納した100均プラボックスのコンビネーションに私の知っているクマザシュアショットさんの存在感を見つけホッとしている次第であります。



HAYATO DELAROSSA / saury season@hayatodelarossa

2014wintermix03.jpg

日本のポップスやラップのみで作ってあり、人気曲も結構入っているのですが、あまり好きではなかったものもさらっと聴かせるDJの上手さがあり、あっという間に聴き終わります。最後の方に出てくるUA~加藤登紀子~ラストまでの流れがやたらと年末っぽくて沁みますね。これ聴いて大掃除やってると気分が出ます。親戚のおじさんに聴かせても、前半ラップが出てきてたじろぐでしょうが、後半で挽回出来るはず。



Falcons – LOOSIES [FREE DOWNLOAD]

HW&W Recordingsでお馴染みLAを拠点に活動するビートメーカーFalconsがクリスマスを祝してオリジナル曲やブートレッグ・リミックスを含む楽曲集“LOOSIES”をフリーダウンロードで公開。(via:@sugakey)

HoodboiやSango、Promniteなどのフューチャービートシーンのお友達も参加で、相変わらずメロディックでエモーショナル、重量級ベースが効いたビートのバランスが堪らない楽曲ばかりで必ずバウンスしたくなる全13トラック。
下記のリンク先のサウンドクラウドページのPlaylist infoに記されているurlからフリーダウンロード出来ます。

大晦日までのお供にどうぞ。

Falcons – LOOSIES [FREE DOWNLOAD]

falcons_loosies.jpg




去年リリースされたものですがこちらもオススメです


Amit shimoni / Hipstory

イスラエル生まれのアーティストAmit shimoniの、歴史的に有名な政治家(指導者)に現在の若者のファッションをさせたイラストシリーズ「Hipstory」。

作者がイスラエル生まれということもあり、イスラエルの政治家がたくさん入っておりますね。さすがは歴史に名を残す政治家達だけあって顔面のインパクトはピカイチですし、現在の洋服・髪型を当てはめても充分乗りこなせるだけのキャラ立ちがあります。

やたらと怖そうな見た目の人もちらほらいますが、実際は怖い人だったのか調べて見たら意外と普通だったりと、そうやって昔の政治家に興味を持つキッカケとしても最良の入り口かもしれませんね。皆様は何人くらい分かりましたかね。


Amit shimoni / Hipstory (Facebook)


amitshimoni_hipstory00.jpg
amitshimoni_hipstory01.jpg
amitshimoni_hipstory02.jpg
amitshimoni_hipstory03.jpg
amitshimoni_hipstory04.jpg
amitshimoni_hipstory05.jpg
amitshimoni_hipstory06.jpg
amitshimoni_hipstory07.jpg
amitshimoni_hipstory08.jpg
amitshimoni_hipstory09.jpg
amitshimoni_hipstory10.jpg
amitshimoni_hipstory11.jpg
amitshimoni_hipstory12.jpg
amitshimoni_hipstory13.jpg
amitshimoni_hipstory14.jpg
amitshimoni_hipstory15.jpg
amitshimoni_hipstory16.jpg
amitshimoni_hipstory17.jpg
amitshimoni_hipstory18.jpg
amitshimoni_hipstory19.jpg
amitshimoni_hipstory20.jpg



どうもグッズもあるようですね。どれも良い感じです。欲しい。

amitshimoni_hipstory21.jpg
amitshimoni_hipstory22.jpg
amitshimoni_hipstory24.jpg
amitshimoni_hipstory25.jpg
amitshimoni_hipstory26.jpg



参照サイトはこちら

レーベル・アーティストごとの月額聴き放題サービス「TERMINAL FM」

昨夜は、テラスハウスが放送終了しポッカリ穴の空いた心を埋めるべく見始めたファーストクラスの、シーズン2最終回をヨーグルト食べながら、恥ずかしいわ見たいわで悶えながら鑑賞しておりましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

クリスマスが終わればあっという間に年末まで駆け抜けていく感じですが、今年も続々と今年のベストを発表するブログなど出てきて、それを見ながら色々と聴きいたのをチェックしております。CDやMP3の音源を聴く以外に、ストリーミングのみだがアクセスして聴いていたものも結構あり、だんだん所有する欲も削がれていっているのかなと考えることも多かった年でした。

そんな中知ったのが、こちらの月額聴き放題サービス「TERMINAL FM」。
レーベル・アーティストごとにチャンネルがあり数百円で一ヶ月聴き放題になります。有線をペイ・パー・ビューにしたようなサービスですが、こちらはレーベルやアーティストが込み入った内容のものが多く、よく知っているものの一例だと、Jazzy Sport、origami PRODUCTIONSなどの音源がそれぞれ200曲以上用意されており、垂れ流し出来るというもの。

ラジオを頑張ってチェックしてもプレイされない音源を知る方法は、ブログに長時間張り付いて探す(そこからミックスをDLしてそれを聴いて知るとか)くらいしか思いつきませんので、こういった自分の信頼しているレーベルをひたすらBGMとして流しっぱなしにしてくれるサービスは良いんじゃないでしょうか。

お試しなどもあるみたいなので、一日中仕事に没頭するひたすら流しっぱなしが嬉しい人は一度試してみても良いかもしれませんね。


TERMINAL FM

terminal_fm01.jpg

terminal_fm02.jpg


説明:
現時点でのチャンネルは「Jazzy Sport」「Oshite by origami PRODUCTIONS」
「American Clavé produced by East Works Entertaiment」「WDsounds」「PROGRESSIVE FOrM」「shiosai zizo」「Black Mix Juice」「Dr.Production」「REIMEI MUSIC」「MILK BOSSA ~ Cafe Radio」「BLU-SWING」「大神:OHGA」「Mr.T LABEL」他、16チャンネルとなり、HIPHOP/SOUL/FUNK/JAZZ等のブラックミュージックファンから、RAGGAE/ROCK/ELECRONICA系まで、コアなミュージックリスナーの耳を楽しませるチャンネルが名を連ねています。





ジャジスポ音源ミックス。




最近聴いて良かった3枚 Fashawn x Alchemist、Little Simz、Thestand4rd

朝からクリスマスで大はしゃぎの息子の「ナイス・ドライブ!」で起こされ、なかなかエンジンがかからないところですが、今は一年で一番好きなシーズン“年末から正月”。この時期はタイムラインの皆さんの2014年ベストをみて、聴いてない音源や知らなかった映画をチェックしなおしたりできるので本当楽しいです。自分でも2014ベストを考えようとPCの前で考え出したものの、一時間も経たないうちに、いつものごとく整理がつかなくなって断念することに。

まぁ、そんな中でもザクザク新しい作品も見つかりっておりますので、気を取り直して最近聴いて良かった3枚をまとめておきます。

1.FashawnとAlchemistによるコラボレーションEP“FASH-ionably Late”。
いつものAlchemistらしいソウルフルで重量感あるトラックとFashawnの組み合わせがバッチリなEPとなっております。今年の頭にリリースされたEvidenceとのStep Brothersも良かったですがやっぱり安定感ありますね、迷ったらアルケミスト!

下記のリンク先でフリーダウンロード出来ます。

Fashawn x Alchemist - FASH-ionably Late

Fashawn_x_Alchemist_500.jpg

2.ロンドンの女性ラッパーLittle Simzの新作EP“AGE 101: DROP 3|000”。
ビートはSoulectionなどでお馴染みのIAMNOBODIやMeLo-Xなどの凄腕プロデューサーなどが参加。EPはシリーズみたいなもので3作目となる今回が一番の格好良さかなと。メロウで浮遊感あるトラックに高速系なLittle Simzのフロウが映えております。
下記のリンク先のBandCampにてname your priceでダウンロード可能。

ちなみに9月に公開されたBoiler Room LondonでのLive Setも格好良かったので下に貼り付けておきますので、合わせてどうぞ。

AGE 101: DROP 3​|​000 - Little Simz


Little_Simz_500.jpg




3.FADER MIX経由で知ったBobby Raps、Spooky Black、Psymun、Allan Kingdomの4人からなるグループ“The Stand4rd”のデビューアルバム“Thestand4rd”。
アンビエントやエレクトロニカ、HIPHOP、R&Bなどを混ぜたような前衛的なサウンドがこれからの年末シーズンにピッタリ合いそうな空気感。James Blake辺りが好きな人にはハマれるかと思いますので、是非お試しあれ。

下記のリンク先サウンドクラウドページのPlaylist infoからフリーダウンロード出来ます。

thestand4rd Album | Free Download

The_Stand4rd_500.jpg

DJ FYS aka BINGO / Bingo's 2014 Christmas Mix

先日、HABANERO POSSE名義初となるリミックス&プロデュース・ワークス集MIX CD「Wickedpedia」をリリースし話題沸騰中ですが、今年のクリスマス用にDJ FYS aka BINGOさんが作ったミックスが数日前から上がってます。

ベタ過ぎるが良い曲過ぎて熱唱したくなるヤツと、最近の注目アーティストの洒落たヤツ、そして90'sのスロージャムまで、雑食も雑食ですがグルーヴは散らからず上手くまとまった大変面白い選曲でございまして、ドスケベクリスマスを演出したい気合の入った輩にはピッタンコな2010年代のクリスマスに相応しい内容となっております。

後半にある、Jodeci - Freek'N Youから始まるドス黒エロ定番ブラコン群からの、比較的新しめのFrank Ocean - Thinking About Youを一発入れ、またコッテリブラコン(Joe)へ戻っていく所なんかは、本当に今と昔を上手く共存させている印象で、クリスマスとかはやはりこういった分かり易いのが最高であり、なによりも優先して聴きたいのはこういうのだとあらためて思いました。

直接的にエロい気分になるものを聴いていただき、若者の皆様一丸となって少子化対策に取り組んでいただければと思います。私含む子持ちの本日トイザらスに並ぶ系おじさん達も、負けずにこれ聴いて回春していきましょう。無料DL有り!


DJ FYS aka BINGO / Bingo's 2014 Christmas Mix

fysakabingo141223.jpg


Bingo's 2014 Christmas Mix by Dj Fys Aka Bingo on Mixcloud




そして、DLのリンクは残念ながら切れてましたが、3年前のクリスマス時期に投下したミックスもまだミックスクラウドに残っており、2014年版はこちらと選曲被る部分もありますが、そういった所(毎年変わらず聴きたい曲はある)が大変面白いしアプローチの仕方の違いを聴き比べるのも良いかなと思います。というか、選曲が大変良かったので聴いてない皆様も是非。

Urban Xmas Mix by Dj Fys Aka Bingo on Mixcloud




ちなみに夏のミックス祭りの時に掲載したミックスも面白いので是非どうぞ。




好評発売中。




Cookin Soul / Cookin' Soul Xmas Mix

いよいよあと2日後に迫ったクリスマス(クリスマスイブ)ですが、これが終わると一気に年末まで駆け抜けて終わりますので、この数日間を大事にしたいところでございます。

家庭持ちのおっさんですし不倫相手もいないため、クリスマスに気持ちが高揚するといった事は特に無いのであれですが、私とは違い青春真っ只中の若くて活きの良い皆様に聴いていただきたい、ここ数年の活躍が目覚ましいスペインの制作チームCookin' Soulの、ソウル~ラップ~レゲエまでクリスマス関連音源を使用したミックス。

本人たちの90's的な作風から想像し易い選曲で、青春時代に時が止まってしまった周回遅れ気味のおじさんから、昨今の90年代リバイバルにビンビン来ている皆様にもジャストミートするハートウォーミングな内容かと。
フリーダウンロードですので愛車の金エンブレムの軽四でのデート時も大丈夫ですし、味気ない殺伐としたラブホテルにてiPhoneから再生していただいても、きっと暖かい雰囲気になることと思います。

ちなみに思い始めて既に10年以上のことで今年もまた思ってしましたが、RUN-DMCのクリスマスソングに全くグッと来ていない俺であります。そして今年はマライアキャリーのアレ(原曲の方)によりグッと来はじめ、さらにOL的体質に変わってきたのかと心配になっております。


Cookin Soul / Cookin' Soul Xmas Mix

cookinsoul_xmasmix.jpg



お子様向けWu-Tangカヴァー集

HIPHOP HYPE !さん(@hiphop_hype)のツイートで知ったお子様向けにカバーした“Wu Tang Is For The Children”。

Wu-Tangの暴力的なサウンドをタンバリンやキーボード、マラカス、ウクレレ、カズーなどでソフト仕上げにしたインスト・カヴァー集。ソフト仕上げといってもしっかりドープさが残るんだから流石Wu-Tangといったところですね。
クリスマスから年末年始は子供や親戚の子たちと遊ぶ機会が増えると思いますのでBGMにかけて、脳に沁み込ませてHIPHOP英才教育をしてみてはいかがでしょうか。

下記のリンク先のbandcampページにてname your priceでダウンロード出来ます。


Wu Tang Is For The Children


Wu-Tang-Buddy-Peace-Kids-Instruments_500.jpg



1. Raekwon: 'Ice Cream'
2. Wu Tang Clan: 'Wu Tang Clan Ain't Nuthin Ta F' With'
3. Raekwon: 'Guillotine (Swordz)'
4. Ol' Dirty Bastard: 'Shimmy Shimmy Ya'
5. Method Man: 'Release Yo Delf'
6. Wu Tang Clan: 'C.R.E.A.M.'
7. Gravediggaz: '1-800 Suicide'
8. Wu Tang Clan: 'Protect Ya Neck'
9. GZA: 'Liquid Swords'
10. Wu Tang Clan: 'City'
11. Wu Tang Clan: 'Uzi'
12. Wu Tang Clan: 'Da Mystery Of Chessboxin'
13. Ghostface Killah: 'Daytona 500'


ウータン・クランのデビュー20周年記念アルバム

@yunglenox

海外の子供服・グッズのサイトをダラダラと見ていたら、自分で描いたキャムロンの絵のTシャツを着ている少年が載っており、我が子に欲しい+何なのか気になり少し掘り下げましたら、@younglenoxというアカウントでinstagramをやっている有名な少年ということが分かりました。こちらにざっと画像は貼りましたが、他にも大量にありますので、暇つぶしにいかがでしょうか?

見ていくと、レイクォンやE-40と写った写真もあり、すでに結構有名な坊やなんだなと。
よく考えてみれば、我が子もしくはこちらをご覧の皆様のお子様は、皆この子供のようになる可能性があるわけですが、たまに見かける本格的なターンテーブリスト系子供、アウトレットや近所のイオンの特設ステージでセクシーなダンスホールレゲエのダンスを披露するコーンロウの子供、はたまた親のレコードコレクションからジャズやソウルを学び、週末は教会でゴスペルを体感する都市伝説のような若手ミュージシャンなど、親の悲願を背負うお子様を見かける度にうちはこうならないでおこうと思うのですが、気が緩みキャムロンのTシャツ着せようとすると言った感じでございます。

というか、このキャムロンのTシャツ買えないんでしょうかね?大人でも躊躇する金額とかでなければ欲しいのですがね。


@yunglenox (instagram)

younglenox01.jpg
younglenox02.jpg


どうやら、キックスターターで少年のドキュメント映像を作る資金を集めている模様



younglenox03.jpg
younglenox04.jpg
younglenox05.jpg
younglenox06.jpg
younglenox07.jpg
younglenox08.jpg
younglenox09.jpg
younglenox10.jpg





タンクトップの全面プリントは相当なインパクト。




Pusha T x アディダスオリジナルス EQT ランニング ガイダンス '93 & “Lunch Money”のミュージック・ビデオ

アディダスとG.O.O.D. Musicのコラボレーション企画からKanye West、Big Seanに続いてPusha Tのスニーカー“Pusha T x アディダスオリジナルス EQT ランニング ガイダンス '93”が登場。

1990年代前半の人気モデル『EQT Running Guide 93』をベースにしたものでオフホワイト×ガムソールの配色が存在感あってよい感じですね。年間6割はデニムという私にも季節を問わず履けそうなので、年末の過ごし方次第でへそくりをやりくりして欲しいものです。
国内でのリリースは未定のようですが、12月23日発売予定とのこと。

adidas-pusha-t-fall-winter-2014-500_1.jpg

adidas-pusha-t-fall-winter-2014-500_3.jpg

adidas-pusha-t-fall-winter-2014-500_2.jpg

adidas-pusha-t-fall-winter-2014-500_4.jpg

さらにリークされた時に朝一に聴いてぶっ飛ばされたカニエプロデュースのPusha T新曲“Lunch Money”のミュージック・ビデオが公開!
Jean-Jacques Perrey "E.V.A."使いでGang Starrより面白いものはでないだろうと思っていたので、ホント度肝を抜かれました。
曲だけでなくビデオの映像も監視カメラな感じも格好良いですし、整形外科の先生を驚かせたくらい体は硬い私からすると真逆の世界すぎるクネクネFlexingがヤバい!必見です。
シングルはiTunesにて配信開始されています。→ Pusha T “Lunch Money”(iTunes)




Lunch MoneyはNumbers On The Boardsくらい流行るかな?

SEX山口 / Chill Japanese 4

D'angelo衝撃の奇襲リリースにより、私のタイムラインの50%がD'angelo情報に染まった発売翌日(発売当日は80%くらい)に発売された不運の一枚、セク山さんの人気ミックスシリーズChill Japaneaseの第4弾。

古くから我々の想像もつかない音楽業界の遥か上の方では、人気歌手同士のアルバムリリースがバッティングしないように取り決められているとの都市伝説を聞いたりしますが、D'angeloからの電話でセク山さんは一切リリース日を曲げなかったのか、それともセク山さんからの電話でD'angeloは一切リリースを曲げなかったのか、真相は闇の中であります。

もちろん今回も、人気の冬アンセムと良質日本語ラップを散りばめられた、闇鍋のような出来になっております。

クリスマスにまだ手を出していない彼女に家で料理作ってもらう幸せな野郎共は、是非こちらのミックスをご購入いただき、

男「今日のためにBGM用の音楽を買ってきたよ。」
女「えー、誰々ー!」
男「えっ!あああああの、セセセセセセセ、セックス山口さんのチルジャパニーズ4だよ。汗」
女「えっ!!!!!!!セセセセセセセ、セックスぅ????」

と、大変スムースな導入となるかもしれませんので、是非2人で仲良く聴いていただき時折椅子から転げ落ちそうになっていただければと。もちろん独り身の皆様も、これをBGMにお父さん、お母さんとポケモンシャンメリーでも飲みながら家族団らんしていただければと。


SEX山口 / Chill Japanese 4 (JET SET)

ChillJap4_jake.jpg


アーティスト名:SEX山口
タイトル:Chill Japanese 4
レーベル名:S.C.W.
品番:SXM-010
フォーマット:CD
販売価格:¥1,296(税込)




既に締切になってますが、とんちが効いたコーチジャケットも出てますよー。

coachjacket_secyama2014.jpg





FILEレコードのコンピレーションにコンパイラーとして参加。


D'Angelo & The Vanguard / Black Messiah

本日、長らく待たれておりました、天才D'angeloの14年ぶりとなるニューアルバム「Black Massiah」(iTunes)が緊急リリースされました。

なんせ14年もの間、逮捕されてみたり、出すだの出さないだのやってみたりと紆余曲折有り過ぎて、発売する事自体が都市伝説化しておりましたので、出るというアナウンスがあってから電光石火の間にリリースされるという奇襲攻撃を受け、我々長らく待ち続けたおじさん達は一瞬の内に術にハマり、今日一日仕事が手に付かない状況に。

出るまでの流れを、ずっとタイムラインで追っておりましたが、USが出たという情報から日本にアップされるまでリアルタイムで個人から個人に伝達されていく様は、2010年代を感じ随分興奮しましたし、この長かった14年にようやく区切りが付き待つものが後はDr. DREのデトックスのみになったかと寂しささえ感じました。

内容につきましては、もちろん今っぽさは取り込みつつ、それにしても一聴して分かる程度に、D'angelo感丸出し過ぎて本当に最高でした。前作、そして前々作同様じっくりと毎日垂れ流しで体に刷り込んでいきたいと思います。

しかしこのまま行くと、

iTunesで256kbpsのMP3が発売 - 買う (今ここ)
輸入盤のCD - 買う
限定アナログ盤 - 買う
対訳付き国内CD - 買う

という4連(3連)コンボをD様の思うがままに極められるファンが目に浮かび笑えてきます。全国のフィジカル野郎の皆様には大変辛い時期と思いますが、頑張って待って下さい。
またこの後、ビート系トラックメイカーの改造音源が沢山公開されるのかな?と楽しみにしているところでもあります。


D'Angelo & The Vanguard / Black Messiah


dangelo_blackmessiah.jpg





今から14~15年前、当時人気絶頂だったDJプレミアがプロデュースしたDevil's Pieのプロモ12インチが、私の住む田舎では手に入らずモヤモヤした日々を送っていたなと。他にもUntitledのムキムキMVにヤラれて無駄にプロテイン飲み始めたり、曲の終わり方に不良盤ではないかと不安になったり(先に買った12インチ聴いて)したことも思い出しました。

そこから今までの間に、2人の彼女に振られ、3回職が変わり、サンプリングラブをやり始め、結婚し、子供が出来てとD'angeloのように壮絶ではありませんが、私の人生も色々あったなと。というか、まだヒップホップやR&Bを聴いているなと。






Voodoo (2nd)




Brown Sugar (1st)




大掃除用ミックス3種盛り 2014

今年もあと半月となりまして、我が家では少しずつ妻が大掃除を始めており、そろそろ私の出番ということで、ネットで大掃除用にダウンロードしたミックス3種をまとめておきます。
私もBGMとして使うためどれも軽く一周しか聴いておりませんが、どれも良質でしたしフリーダウンロード出来ますので皆さんも是非。

Stones Throwの注目ビートメイカーMndsgnのミックス。
自分のビートやBluやレーベルメイトであるPyramid VritraなどのHIPHOPと昔のロック、ソウルやポップスなどがMndsgnらしいセンスで混ぜられ独特の雰囲気を醸し出した緩めのミックス。
下記のリンク先でダウンロード出来ます。(ダウンロードページがちょっとややこしいので注意を)
いい意味でゆるーく楽しめるミックスですので、棚の拭き掃除にいいかも。

City Guide: Mndsgn presents L.A.

Mndsgn_mix_500.jpg


Stupid Kozoさんのツイートで知ったKaytranadaの弟でラッパーのLouie PによるHYPETRAKでのミックス。
身内パワーで手に入れたであろう、Kaytranada、 Dumix、Waldoなどの未発表曲や自身のグループThe Celesticsの音源を駆使し、フューチャービートからJUKEまで様々なビートを行き来しており確実にヤラレます。
ちなみに今年リリースされたThe Celesticsのミックステープ“Supreme Laziness”も素晴らしかったので未聴の方は是非チェックを。
縦横無尽に飛び回るグルーヴが窓拭き掃除に合いそう。

HYPETRAK MIX: Louie P - YUNGSTANKYMAN

louie_500.jpg


佐藤研さんのツイートで知ったGXNXVSのミックス“Mutual Friends Mix #2”。
PomoやGravez、aywy、Mura Masaなどのベースミュージックやフューチャービートを軸に新旧の音源を織り交ぜた内容。
ここ最近わかりやすいくくりとして私もブログで多用するフューチャービートという言葉ですが、フューチャービートと呼ばれるもの自体がいろんなジャンルの要素をごちゃ混ぜにして出来上がっているので上のLouie Pのミックスとはまた全然違った仕上がりになっております。
R&B感が強くメロウなので風呂掃除に活躍しそう。

GXNXVS • Mutual Friends Mix #2

Mixed_By_GXNXVS1_500.jpg



関連LINK→大掃除用ミックス3種盛り 2013

Ricky Powell Calendar 2015 by Wax Poetics Japan

こんなカレンダーが欲しかった!ストリート・フォトグラファーのリッキーパウエルと音楽雑誌Wax Poetics Japanによる2015年カレンダーが登場!

好きなモノに囲まれたい欲が強めな私でもカレンダーは毎年保守的な内容のものを飾っていおり、いつもイイものがないかなと探すものの結局あともう一歩が踏み出せず見やすいものに逃げていましたが、これならイケル気がします!
一月のFlavor Flavをはじめ、どの写真もひと月どころか一年持ちそうなインパクト。サイズもH297 × W210mmと狭い我が家でも主張しすぎない感じで良さげ。
日にちの見づらさはあると思いますがその辺は、Fresh News Deliveryさんオススメの葛西薫 2015年 カレンダーを併用して解消したいと思います。

Ricky Powell Calendar 2015 by Wax Poetics Japan 1,944 yen (Tax Inc.)

wp_ca_2015_500.jpg
wp_ca_2015_500_2.jpg

January – Flavor Flav
February – KRS One
March – Herbie Hancock
April – Method Man & Bad Breath Mahoney
May – Eric B. & Rakim
June – Dondi White
July – Lenny Kravitz
August – DMC
September – Armet Artigan
October – Bo Diddley
November – Kool Keith
December – Jean-Michel Basquiat

killdisco / Our Table In The Field.

やたらとツイッターのタイムライン上に賞賛の声が上がっており、スルーできない状況でありましたので私も聴いてみたkilldiscoさん(@killdisco)の(思う)ベース系ミックス。今までもずっとそうなんですが、ベースミュージックと言われてもどんな音楽なのかピンと来ない、逆に言うとあれもこれもベースミュージックなんじゃないのかとも思っている線引の曖昧な私に、分かり易く手ほどきしてくれるミックスでございます。

今年~数年前にリリースされた音源を中心に、2000年代前半、そして90年代前半の、Twerk、ダンスホール、00年代のフロアヒットの改造曲、tofubeatsやキョン2など国産系、そしてJeff Millsまでをベースミュージックの見立てで大変上手くまとめた内容かと。(一周目はトラックリスト見ずに聴いてみるのが楽しいかもしれません。)

最近の曲や私がヒップホップ系クラブに頻繁に出入りしていた頃ヒットした曲(およびそれらを改造した曲)でガッチリと掴まれる前半から、大変印象深い欽ちゃんの仮装大賞のアノ音を使用した曲を経由し私には若干アッパー過ぎる展開になりますが、更にそこを抜けると大合唱したくなる曲が待つ後半の展開へ。

そもそも、曲単位での盛り上がる部分がたくさんありますが、さらに何周か聴いてダンスミュージック的な大きい流れで盛り上がるような構成になっているようにも思いました。


killdisco / Our Table In The Field.

killdisco-OurTable InTheField



歳を重ね、音楽の趣味がだんだん緩くメローになって来ている(激しいのを避ける傾向)ところに、こういった血管ブチ切れそうなシットが大盛りのミックスは無理かなと思っておりましたが、それを上回る大変面白い内容でしたので、今後もkilldiscoさんの最近出したミックスや過去のを聴いて勉強したいと思います。

フリーダウンロードも出来ますので是非車でブイブイやって下さい。



そういえば、「ショーン・ポールのGET BUSYはダンスフロアで痴漢まがいの行為をしても許される程、フロア(女性)が狂喜乱舞する(無礼講)から好きだ」と言っていた随分会っていないアイツは元気だろうかとこれ聴いて思い出しましたよね。





01.intro
02.Boom Shakalaka/J-Rock
03.Drop Real Low/MC Shakie
04.Biggie Bounce feat. Angger Dimas & Travis Porter (TWRK Remix)/Diplo
05.Coca Cola Shape (feat. Fatman Scoop)/Sasha
06.Drop It Down Low (Original Mix)/Mister Gray, Ruen
07.Informer (moombahton remix)/snow
08.Disco Inferno - DJ Bravo Twerk Remix (Dirty)/50 Cent
09.Booty Work (Original Mix)/DJ Godfather
10.Get Busy (Clap Your Hands Now Remix feat. Fatman Scoop & Crooklyn Clan)/Sean Paul
11.Calabria (Deville Twerk Remix)/Enur Vs. Deville
12.Hollaback Girl (Ian Munro's 100bpm Retwerk)/Gwen Stefani
13.Spread Out/BrainDeaD
14.TwerkYourEnthusiasm (Original Mix)/Jason Perez, Hot Damage
15.Mundian To Bach Ke (Punish Moombahton Bootleg) (G-Traq Re-Edit)/Panjabi MC
16.Blood On the Leaves/Emynd
17.Xちゃんの全日本XX大XファXXァーレ/madmaid
18.Slut Drop (Fight Clvb Remix)/Spenda C, Surecut Kids, Hello Geneva
19.So You Want Drums Feat. MC Vocab (Original Mix)/MC Vocab, Wiwek
20.Get A Life (Original Mix)/Salva
21.Killa Bass/JSTJR
22.世XはXに落XXXる/CXxXO with HxxxWxxxs
23.apache ohm remix/OHm
24.Anaconda/NICKI MINAJ
25.TRAPPIN RIDDIM/HyperJuice
26.Changes of Life/Jeff Mills
27.Brap! (VIP)/Zeier
28.Badman Flu (feat. Serocee & Mr V)/Toddla T
29.Don't Stop The Music (Loconyan's HOLIDAY Dub)/tofubeats
30.Don't Stop The Music dj taluya bootleg/tofubeats
31.東XデxスXナXト/小XXX子
32.Twerk 'n Shake it/LoudKidz

Clarks Originals x MF DOOM Wallabee Boot Holiday 2014

MF DOOMとClarks Originalsとのコラボレーション企画が再び!(via:@hiphop_hype)

前回に比べ色がネイビー×オレンジという少し明るくなった感じですが、まだこれならおっさん化が激しい私にも許容範囲かなと思われます。形もローカットでしたがミッドカットモデルになりこれまた新鮮な印象ですね。カカトやインナーの鉄仮面マークも健在。

12月12日にリリースらしく海外のショップではコチラコチラで販売される予定。前回のように日本でも買える可能性もありますので各自調査でお願いします。

MFDOOM_500.jpg
clarks-x-doom-wallabee-500.jpg
clarks-x-doom-wallabee-mid-03_500.jpg
clarks-x-doom-wallabee-mid-05-500.jpg

clarks-x-doom-wallabee-mid-06-500.jpg


ちなみにMF DoomとGhostface Killahとのコラボレーション・アルバムは来年リリースとの噂





Tuxedo - Wonderful Christmastime

今年たくさん聴きましたし、先日公開された「Do it」のMVも最高だった、Mayer Hawthorne & Jake OneのコンビTuxedoから一足早いクリスマスプレゼント。

タイトルどおり、ポール・マッカートニーのクリスマス定番曲Wonderful Christmas timeのカバーで、BPM105あたりの軽快かつダンサブルな、まさにTuxedo印と言った仕上がり。もちろんフリーダウンロードもありますので、DJプレイ用としても是非PCに入れるなりCDに焼くなりして持って行って、クリスマスの新定番としてガンガン流して欲しいです。


Tuxedo - Wonderful Christmastime

tuxedo_wonderfulxmastime.jpg






本家




ED PISKOR / Hip Hop Family Treeの日本語版「ヒップホップ家系図 vol.2(1981~1983)」

Vol.1はハードカバーで購入しましたので、やはり今回もハードカバーで買わなければならないのかな...と検討しておりますヒップホップ家系図Vol.2が予約開始しました。今回は、完全予約制の受注生産のようでして、一般流通は一切無いとのことです。

高額なため、ジャンプコミックのようにホイホイと購入できませんが、もしここでハードカバーを買えばVol.3もハードカバーでないと気が済まないわけであり(ハードカバーが出なかったらどうしようとかも)、Vol1ハードカバーを売り飛ばし安い方を買い揃えるか?という。仕事がやたらと忙しいのにこの件が頭を支配して困っております。

とにかく、ザッとオールドスクールを知るには最適な資料ですので、一家に一冊是非どうぞ。
初めて見た方はVol.1の時のポストを読んでいただければどのようなものか分かるかと。


ED PISKOR / Hip Hop Family Treeの日本語版「ヒップホップ家系図 vol.2(1981~1983)」
(予約出来るところもあります) 

hiphop_kkzv2_01.jpg

タイトル:ヒップホップ家系図 vol.2(1981~1983)
ハードカバー/完全受注印刷バージョン
著者:エド・ピスコー
翻訳:綾井亜希子
コミック・グラフィックノベル/翻訳
言語:日本語
サイズ:335mm ×235mm
オールカラー
ハードカバー
112ページ
発売:2015年春までに発売予定
予価:2,600円(税別)


ヒップホップ家系図 vol.2(1981~1983)


今回描かれるのは1981〜1983年の期間。当時、ヒップホップはその活躍の場を近所の公園や個人の娯楽部屋からダウンタウンのクラブやレコードへと広げていた。パフォーマー達は観客を魅了し、差別化を図るためにどんどん派手な格好でステージに上がるようになっていた。そんな中、RUN-DMCという若いグループがシーンに登場し、ストリートでのパフォーマンスへと回帰するスタイルを打ち出した!

第2巻が描くのはヒップホップにおける様々な歴史的ヒット作の舞台裏:アフリカ・バンバータの“プラネット・ロック“、グランドマスター・フラッシュ・アンド・ザ・フュリアス・ファイブの”ザ・メッセージ”、そして映画『ワイルド・スタイル』等。また、NWA、ザ・ビースティ・ボーイズ、ダグ・E・フレッシュ、KRS One、ICE T、初期のパブリック・エネミー等のスーパースター達も登場する。Dolemite、LL クールJ、ノトリアス BIG、そしてニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック等のカメオ出演もあり。『ワイルド・スタイル』の監督、チャーリー・エーハーンによる序章も見逃せない。

hiphop_kkzv2_02.jpg





Vol.1、なんか凄い価格で売ってるな...。



AIAIAI+ Ghostly Limited Edition Headphones

以前ポストしたストーンズスローモデルなんかは大本命といった感じでしたが、レーベルGhostly(当時Dabrye買ってたな)とのコラボレーションモデルも登場した模様です。(VIA COOL HANTING

レコードのスリーブなどにも描かれている、あの可愛いオバケのアイコンがドカンとフィーチャーされており、大変良い感じでございます。コレボレーションモデルが出る度に欲しい欲しいと騒いでおりますが、いまだに買えて無いどころかDJブースに興味を示す息子により、モニタスピーカーの破壊、針の破壊などの被害が多発しておりそこまで辿りつけない現状でございます。


AIAIAI TMA-1 Ghostly Editionレーベルの方



aiaiai_ghostly01.jpg


aiaiai_ghostly02.jpg
aiaiai_ghostly04.jpg
aiaiai_ghostly03.jpg
aiaiai_ghostly05.jpg
aiaiai_ghostly06.jpg
aiaiai_ghostly07.jpg
aiaiai_ghostly08.jpg



そして、Ghostlyのショッピングサイトをついでに物色してみましたところ、見た目はビジネスバッグぽいのですが、明らかに不自然な正方形をしたかばんもございました。

全国の営業中(仕事中)にレコード屋もしくはハードオフででディグする、不届きな輩達が事務所に帰り易いために作ったということなのでしょうか?もちろんこれだけの厚みがあればパソコンとコントロールビニールも入りますので、片手を耳に当て、もう一方の手でスクラッチしながら「DJってコレか」と言ってくる面倒な上司をかわして(可愛い女性社員には少し気付いて欲しい)、仕事終わりでの現場へ直行も可能でございます。

ghostly_bag01.jpg
ghostly_bag02.jpg
ghostly_bag03.jpg
ghostly_bag04.jpg
ghostly_bag05.jpg




いい加減SONYの900STでDJするのやめたい。




Lido – I Love You Too (The Remixtape)

私のタイムラインの方々にも人気で私も大好きでありますノルウェーのプロデューサーLidoが自身のEPのリミックス集“I Love You Too (The Remixtape)”をフリーで公開。(via:@SHiGGY_No8

つい先日リミックス集がでていたのでこれで一区切りかと思いきやさらに11曲追加でしかも今回はフリーという太っ腹。
LidoのI Love Youボーナストラック的な“I Love You pt 2.5”やすでに公開されていたR3llのMoneyリミックス、ベースミュージックで人気のAlizzz、Stwoなどのリミックスが詰め込まれております。私の知らないアーティストもいたので勉強になりましたし、内容も先日リリースされたものに負けない秀逸なリミックス・ワークス。
それにしてもリミックスとはいえ実質4曲くらいをこれだけ繰り返して聴いて飽きないのは元曲の良さでしょうな。

ダウンロードは下記のリンク先のオフィシャルサイトのピアノを楽譜の通り音を鳴らすとフリーダウンロードできます。(適当に押していけば音符が光るのでそれを順番どおりに弾いてください)

Lido – I Love You Too (The Remixtape) | Free Download

lido_remix_500.jpg

Tracklist:
Lido – I Love You pt 2.5
Lido – I Love You Too (Alizzz Remix)
Lido – I Love You pt 2 (Inodi Remix)
Lido – Money (Mister Tweeks Remix)
Lido – Lost featuring Muri (813 Remix)
Lido – Money (Lido x Crookers Remix)
Lido – I Love You (Tr!ck$ Remix)
Lido – Money (Douchka Remix)
Lido – I Love You pt 2 (Lazerdisk Remix)
Lido – Money (R3ll Remix)
Lido – Lost featuring Muri (Stwo Remix)


オリジナルももちろん最高


そして、こちらのリミックス集も素晴らしい


Stupid Kozo / BOUNCE UP

来る12月30日に、東京は恵比寿のBATICAにて開催されるイベント「BOUNCE UP」のために作られたと思わしき、今ものすごい勢いで活動している福岡県在住のDJ、おなじみSTUPID KOZOさんのミックスです。

およそ30分弱の短めなミックスなのですが、早めの展開で曲が切り替わり23曲も使っているという、かなりメリハリの効いた内容となっております。ビート系アーティストの作品の中でも、ヒップホップ的なゴツゴツしたもの(私も好きなカーマックも多めに入ってます)を中心に、時折A$AP Fergなどのラップ作品も適度に入り、今まで聴かせていただいたSTUPID KOZO作ミックスの中でもかなり秀逸な内容かと思っております。

ちなみに、私が一番の肝として聴いているポイントは、グイグイ男らしい曲で押しまくって、最後にRich Boyでちょっとメロディアスになる所でしょうか。その昔、自家製ミックステープ作成において、途中まで頑張って作って最後余っちゃったもんで、全くそれまで流していたものと雰囲気の違う俺的良い曲をブッ込んで、後日なんでこんなの入れたのか自分で恥ずかしくなって嫌になっちゃうタイプのとは訳が違いますのでよろしくお願いいたします。こちらは見事な締めであります。

もし、ヒップホップが好きでビート系にも興味はあるが、何となくどれも同じに聴こえるといった悩みをお持ちのビート系童貞の皆様も、こちらで理解していただける方も多いと思いますし、なにより無料ダウンロードですので難しい事考えずに落としてMP3プレイヤーに入れてもらえたらと。


Stupid Kozo / BOUNCE UP

stupidkozo_bouceup.jpg




Mixed by @stupidkozo
01. No Type (Gravez Remix) - Rae Sremmurd
02. YNGTHG - aywy. x EphRem
03. A1 Credit - Da-P dabeatX
04. Elevate (with Gravez) - Tek.lun
05. FDB (LAKIM Remix) - Young Dro
06. Futuristic Love (Pt. 1) - GEOTHEORY
07. ...bruh - Sam Gellaitry
08. FUCKWITNUNBUTGANGSTAS - Tek.lun
09. New Challenger - Da-P dabeatX
10. Hot...Sh** - Mikos Da Gawd
11. No Ongaku - High Klassified
12. Ugh - Sh?m
13. Business - Sam Gellaitry
14. Simpler - Mr. Carmack
15. Doe-Active - A$AP Ferg
16. Lotus Eater - Mura Masa
17. Resurgence - Sh?m
18. Spring Shit (feat. Jacuzzi) - Mr. Carmack
19. Drive - TroyBoi & Evil Needle
20. Drop - Losco
21. I1 (Kaytranada x Mr. Carmack) - Sango
22. ChillBot - DIVERSA
23. Throw Some D's (Gravez VIP) [feat. Drewsthatdude] - Rich Boy


ちなみに近郊の人は、是非遊びに行ったら良いかと。ゲストも良いし、DJも良いし、ラウンジもかなり見てみたい人多いし遊びに行ってください。

BOUNCEUP vol.6
2014.12.30 17:00- at Ebisu Batica

bounceup61230.gif




リチ夫



最近気になったミュージック・ビデオ アレコレ6つ 

今年も残すところあと一ヶ月きりましたが、皆さんはいかがでしょうか。私は持病の腰痛も良くなってきましたので、空いた時間にスローペースではありますが、音楽情報の監視をしていきたいなと思います。ということでここ最近見て良かったミュージック・ビデオを6つ。

mr-oizo-ham-video_500.jpg

メイヤー・ホーソーンとジェイク・ワンのユニットTUXEDOの“Do It”。
見ているだけで幸せなで楽しい気分になれるMV。フリーEPが最高で話題となり、ちょっと期間が空いてしまったものの、2015年3月にStones Throwから待望のLPリリースが決定とのことで嬉しい限りであります。



見事ドレイクのレーベルであるOVO Soundと契約したILOVEMAKONNENの“TUESDAY”。
最初の印象は強烈でキワモノ感あったILOVEMAKONNENでしたが、ちゃんとしたレーベルに収まれば、それなりに成立するんだと感心。洗練された映像とILOVEMAKONNEN&Drakeの野暮ったさとのギャップ、スゴイ。
まだ未聴の方は“I Love Makonnen EP”がまだフリーで落とせますので、是非。



Beyonceの新曲“7/11”。
いい意味での緩さがありながら、切って貼って早送りを駆使する、こういうの好きですわ。OG Macoが“U Guessed It”のMVコンセプトをパクっている、とコメントしたらしい。(via:@hiphop_hype)似てると言われるとそうかも。



1月の来日ライブも決定したFKA twigsの“Video Girl”。
ただでさえ浮世離れしたキャラなのに、シチュエーションが加わりさらに不気味に。ダンサーなので踊りも妖艶で最高。
ライブでは、ヴォーカルに加えこの踊りが生で見れると思うとお金と時間が許すなら行きたい!と思っていたらもはやSOLD OUT!



Diplo&DJ DahiプロデュースのTy Dolla $ignの新曲“Stand For”。
厳つくてイイ顔した人たちに風船という可愛いテイストが加わった素敵なMV。モノを食べさせたりする、ド根性カエル的な設定も好き。この前リリースされたミックステープ“Sign Language”も最高でしたのでデビューアルバム“Free TC”も楽しみですね。



パリ出身のプロデューサーMr. OizoがBrainfeederよりリリースしたニューアルバム“The Church”からのMV。
監督はEric Wareheimで主演はあのジョン・C・ライリー。気味の悪い太り方が欲望の塊感でてて良い感じ。




そういえばアルバムまだ聴いていないけど、気になる


トクマルシューゴ / LITA-RUTA ダンボール手回しレコードプレイヤー付き

本日発売のトクマルシューゴさんの10インチレコードですが、レコードパッケージを組み立てると、なんと手回しのレコードプレイヤーとして機能するという代物でございます。

レコード針付きの車をレコード盤の上で走らせるタイプのプレイヤーなんてのもありましたが、個人的にはこちらの方が好みでございます。

注意書きで、「【注】本商品でレコードを再生すると非常に早いスピードで盤が削れていきます。幾度も再生することはお気を付け下さい。」と書かれておりますので友達が家に来る度に、調子に乗って再生しておりますとすぐダメになりそうですので、保存用にもう一枚買ってください。

友達へのクリスマスプレゼントにもいい感じです。(ジャケ的にも)


トクマルシューゴ / LITA-RUTA ダンボール手回しレコードプレイヤー付き

litaruta_ts02.jpg





litaruta_ts01.jpg


2014.12.3 ON SALE

トクマルシューゴ "Lita-Ruta"

Side A: Lita-Ruta
Side B: Avante

ALL AUDIO BY SHUGO TOKUMARU
except...
ドラム:グレッグ・ソーニア(DEERHOOF)
エレキギター:鳥居真道(トリプルファイヤー)
コントラバス:田中馨(ex-SAKEROCK、ショピン、YankaNoi)
ピアノ、ローズピアノ:谷口雄(森は生きている)
マリンバ:小林うてな(ex-鬼の右腕、うてなキャンプ)
トランペット:三浦千明(YankaNoi、蓮沼執太フィル)
テナーサックス:遠藤里美(片想い、biobiopatata)

商品内容:10inchアナログレコード(クリアヴァイナル)+段ボールプレイヤー付き
品番: TONO-003 発売: 2014/12/3 定価: 3,000円(+税)





3rd


Deejay Irie / Sample Chain Found 2

以前、同じシリーズのVol.1もポストしたバトル出身のオランダのDJであります、DeeJay Irieの新ミックス「Sample Chain Found 2」が少し前に出ておりまして、やや遅れ気味ではありますが、前作同様に大変完成度の高い内容となっておりますのでポストしたいと思います。

前作とコンセプトは同じですので、ヒップホップクラシックとその元ネタを上手いこと繋げていくといった感じですが、声ネタやスクラッチのネタからも繋げて行ったりするのも良いですし(プレミア作品とかね)、ネタとして使用されまくっているDoug E. Fresh & MC Ricky D – La-Di-Da-Diのところを念入りにやったり(さあ、行け!と力みましたが、コレにはいかなかった)、Dr. OctagonのQ-BertやDJプレミアのスクラッチ部分を自分のスクラッチにしたりと、どこを切っても聴きどころになっているのは変わらず凄いです。

少し前は編集して細かく作り込むタイプのミックスに食傷気味であまり聴いておりませんでしたが、最近その熱が徐々に復活してきておりまして、これもとても楽しませていただきました。
クラシックならなんでも好きというわけでは全く無いのですが、技術力が高いという特殊な能力により、すべて楽しく聴けてしまうという点は本当に凄いことであります。無料ダウンロードもできますので是非。


Deejay Irie / Sample Chain Found 2

djirie_scf2.jpg




Tracklist
1. Intro – Marley Marl invents sampling
2. David Axelrod/Snoop Dogg – The Edge/The Next Episode (blend)
3. Masta Ace – No Regrets
4. Otis Redding – So Hard To Handle
5. Juice Crew – The Symphony
6. James Brown – Blind Man Can See It
7. Lord Finesse – Funky Technician
8. Das Efx – They Want Efx
9. Lord Finesse – Baby, You Nasty (New Version)
10. Young-Holt Unlimited – Wah Wah Man
11. James Brown – Coldblooded
12. A Tribe Called Quest – Scenario (remix)
13. The Notorious B.I.G. - Gimme The Loot
14. Baby Huey – Hard Times
15. Sly & The Family Stone – Trip To Your Heart
16. James Brown – Funky Drummer
17. Sly & The Family Stone – Sing A Simple Song
18. LL Cool J – Mama Said Knock You Out (Deejay Irie remix)
19. LL Cool J – Rock The Bells
20. Trouble Funk – Live From Washington D.C. Part 2
21. Foxy Brown – Foxy’s Bells
22. Bob James – Take Me To The Mardi Gras
23. Run DMC – Peter Piper
24. Run DMC – Here We Go (Live From The Funhouse)
25. Billy Squier – Big Beat
26. DJ Knowhow – Commercial Break
27. Elephants Memory – Mongoose
28. The 9th Creation – Rule Of Mind
29. Main Source – Just A Friendly Game Of Baseball
30. Lou Donaldson – Pot Belly
31. Da Youngsta’s – Pass Da Mic (remix)
32. Vic Juris – Horizon Drive
33. Gang Starr – Mass Appeal
34. Mobb Deep – Survival Of The Fittest
35. William Bell – I Forget To Be Your Lover
36. Dilated Peoples – Worst Comes To Worst
37. Joe Cocker – Woman To Woman
38. Dr Dre feat 2Pac – California Love
39. Ultramagnetic Mc’s – Funky (remix)
40. Kool & The Gang – Breeze & Soul
41. Dr Octogan – Bear Witness (Deejay Irie remix)
42. James Brown – Hot Pants (part 1)
43. Marley Marl – The Rebel
44. Sugar Billy Garner – I Got Some
45. Gang Starr – B.Y.S. (Bust Our Shit)
46. Doug E. Fresh & MC Ricky D – La-Di-Da-Di
47. Snoop Dogg – Lo-Di-Do-Di
48. Herp Albert/The Notorious B.I.G. – Rise/Hypnotize (blend)
49. Doug E. Fresh & MC Ricky D – La-Di-Da-Di (Deejay Irie remix)
50. Sukiyaki – A Taste Of Honey
51. Lords Of The Underground – Tic Toc
52. Michael Jackson – Human Nature
53. Nas – It Ain’t Hard To Tell (Deejay Irie remix)
54. Stanley Clarke – Slow Dance
55. Harry Nilsson – Rainmaker
56. Public Enemy – Shut Em Down
57. The Notorious B.I.G. – Ten Crack Commandments
58. DJ Shadow – Building Steam With A Grain Of Salt (Deejay Irie remix)
59. Frankie Seay & The Soul Riders – Soul Food





Qバートカッコいいな。




Stones Throwの7インチ用ボックス“Stones Throw 45 Crates”

Stones Throwのレーベルグッズとして7インチ用クレイツがリリース。

レーベルグッズには定評のあるStones Throwだけに今回のクレイツも凝った作り。
我が家のような貧乏めな小汚い部屋にも素敵なインテリアに囲まれた部屋まで、幅広く合いそうなデザイン。さりげないロゴも主張しすぎてなくて◎。きっと強度もそれなりにあるでしょうから、これなら7インチ用だけでなく普通に収納箱としても良さげですね。SMALLサイズは約80枚、LARGEサイズは約160枚と結構入ります。

Stones Throw 45 Crates

StonesThrow_45Crates_m_500.jpg

StonesThrow_45Crates_l1.jpg

45-crate-short-side-500.jpg

45-crate-short-bottom-500.jpg


合わせてStones Throwのヘッドフォンも



検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)















 | HOME | 

このページのトップへ