| HOME | 

G1 CLIMAX XX 3D MOVIE

3Dがプロレス業界にまで飛び火。果たして館内で声援や拍手、味わい深い野次、カウント2.999…の重低音ストンピング攻撃などは起こるのでしょうか?飛び出すレスラー達と館内の雰囲気も含め、是非見てみたいのですがたった二日間とは…。

史上初の3Dプロレス! 「ワールドプロレスリング G1クライマックス3D」上映決定!!

ちなみに新日本プロレスはデジタル業界を攻めていて、3D以外にもiPhone、iPad対応図鑑アプリ『1/1図鑑×ワールドプロレスリング ver.棚橋弘至』とこちらも衝撃でした。

icon_Ltana.jpg

正直どうやって楽しめばいいのか僕は分かりません、非常にプロレス脳が試されるアプリです。

“True to Rap” Da Enna C & Natives From Da Unda Ground / Prod by J Dilla & DJ Dez

UR傘下のアブストラクト・ヒップホップ・レーベル“HIPNOTECH”からJ Dillaの初期のプロデュースモノをカップリングした12インチがリリースされる模様。僕は恥ずかしながら全く知らなかったですがDa Enna C と Natives From Da Unda Groundというアーティストの作品のようです。インストも収録。J Dillaの数えきれないぐらいの楽曲から、こうしてアナログ再発されるのは嬉しいですね。DiskUnionで予約が始まっております。

Jani Leinonen ポルノ雑誌を塗りたしたアート

FRESH NEWS DELIVERYを見ていたらとんでもないものを発見。ポルノ雑誌の上から塗り絵をした作品を数多く手がけるJani Leinonen氏。

Jani Leinonen

janileinonen001.jpg
janileinonen003.jpg


アヘ顔、挑発顔などは顔以外が隠れていようと、隠し切れず匂ってきてしまうものなんですね。
とにかくそういったことにやけに誘われる女子などは、自然にこの感じが出てしまっているということでしょうね。
(私としては板野友美が直接的なそれに見える)ご注意を。

私は知りませんでしたが、Paloma Blancoという人も有名みたいすね。また、こちら映像はそのPaloma Blancoさんに影響を受けて作られたものとの事。こりゃ凄いね。とりあえず隠れてるだけだ。

Dream16 観戦

9月25日の『DREAM16 名古屋』行ってきましたので簡単な観戦記を。
Dream 観戦は2度目なのですが日本ガイシホールへいくと、開始1時間前にもかかわらず、会場前には多くの人だかりが。
一緒に行ったSLブログのメンバーと観客のファッションチェックをしながら試合開始を待ちます。
フェロモンをこれでもかってくらい出しまくりなギラギラした人、今風なストリート系、格闘技やってそうな体つきの人、僕と同じような白くてヒョロッとしていて理屈っぽそうな感じと大まかに四つくらいのタイプに分かれてきますね。

今回は、対戦カードの良さで関東、関西の密航組も多いような感じです。
中にはいると蒸し暑くて加齢臭が心配に。会場の雰囲気は前回よりも入りがよく、派手なオープニングの煽り演出で期待感でパンパンに。

dream16.jpg

» 続きはこちら

The Miguel Atwood-Ferguon Ensemble x Aloe Blacc's Tribute to Guru + Deliver the Word (Video)

待望のセカンド・ソロ・アルバム“Good Things”をStones Throwからリリース予定のAloe BlaccのLIVE映像がアップされておりました。The Miguel Atwood-Ferguon EnsembleのイベントでAloe BlaccがGang Starrの“Betrayal”をカバーしております。演奏が素晴らしいのはもちろんの事ですが、Aloe BlaccのRapもいいですね。(B)



参考サイト→Moovmnt.com

» 続きはこちら

荷物の気分になれる動画

一昔前よりネットの普及のおかげで海外通販もしやすくなり、遠くの国から荷物が自分の家に送られてくると思うと届いた時の高揚感はなんともいえないですよね。こちらの動画はレコーダーを録音しながらロンドンからヘルシンキまで送り、届くまでの音を使った動画。自分が荷物になった気分に浸れます。(B)

Dictaphone Parcel from Lauri Warsta on Vimeo.

Live Do-Over Mix (9/12/10) - Mixed by Prince Paul

憧れのLAのパーティー“Do-Over”での御大Prince PaulによるLIVE MIXがアップされておりました。Prince PaulのDJはあまり聴いた記憶がないのですが内容は、MJメドレーでの幕開けからホーンのSEやスクラッチ、2枚使いを交えながらクイックMIXで上げまくる展開と、いい意味で予想通りのこれぞ“横綱相撲”。(via:M.U.D.O.ICee)

PrincePaul.jpg

コチラのサイトでDL出来ますので皆さんも是非。(B)

「MF DOOM」のマスク (海外通販) とマスクの謎

なんとなくインターネットを見ておりましたら、このようなものが販売されておりましたので皆様にご報告。
鉄仮面に心奪われたのは、2代目スケバン刑事(南野よう子)以来になりますので、だいぶブランクありますが、スケバン刑事のおかげで、鉄仮面に抵抗を感じることなくライトに受け入れたのも事実。今更ながら南野よう子に感謝です。

「MF DOOM」のマスク (海外通販)

mfdoommask002.jpg
mfdoommask001.jpg


なんと40ドル(送料別)とのこと。円高なので今が買い時かもしれません。
友達にも購入を募って、送料割り勘で買いましょう!
材質は硬質のプラスチック。使えば使うほど味は出ませんが軽いし持ち運びも便利です。

話変わりますが、、何でMF DOOMを名乗り鉄仮面なの?という疑問を持っているが、特に調べるつもりもなく、数年が経過した人おりませんか? わたしはまさにその口。元々KMDということも知っておりましたが、今日の今日まで鉄仮面の理由など調べることは皆無。
そのような訳で一応MF DOOMって何なのかついでになんとなく調べてみました。ものぐさな皆様の奥歯にはさがったものが取れれば幸いと思います。

mfdoommask003.jpg

以下調べた結果(適当すぎてすみません)
マーベル・コミック(アメリカの人気コミックレーベル、集英社みたいなもの?)のファンタスティック・フォーの悪役=villain (← マッドリブとのはここからなんですね。)、ドクター・ドゥームが元ネタ。
これはクール・キースのネタとかぶっていますね。悪役とは言え大人気のヒールでありまして、日本で言えばガンダムのシャアみたいなモンでしょうか。作者も大のお気に入りのキャラクターとの事です。
詳しくはウィキペディアに載ってますので、「ドクター・ドゥーム」で検索してください。
とまあ、かなりざっくりで恐縮ですが、こういったところです。アムロ物まね芸人若井おさむみたいなモンすね。

Video : FATIMA - Warm Eyes (Produced by Dam Funk)


(B)

Consequence - Got Me Trippin (The Amerie Joint) (Produced by Q-Tip)

Kanye WestのレーベルG.O.O.D Music所属でQ-Tipの従兄弟としてこれまでもATCQにも出演したことでも知られるConsequenceが新曲を公開。Amerieの1 Thingをネタにした従兄弟愛炸裂のQ-Tipプロデュース“Got Me Trippin”。ニューアルバム“Cons TV”に収録だと思われるもので“Cons TV”では、その他にもQ-Tipプロデュースのものが数曲ある模様。非常に楽しみです。(B)

Consequence.jpg


DJブースのPCスタンド 堅牢な作りの「The CRANE STAND」

音楽とは直接関係ない部分ではありますが、こういったオプションアイテムのことを一生懸命考えている時は、大変幸せだったりします。あんな時困っちゃうんじゃないのとか、マグニチュード6以上の地震が来たときはどうするの?などまず起こらない不測の事態に備えるわけです。(病気)

ちなみに私どもはスタントンのやつを使用しておりますが、コンパクト具合、価格ともに文句の付けようは今のところありません。ただ、人によってボタン操作を考慮して少し下に向けたいなんていう要望もあったりします。

そんな要望をパーフェクトに応えることが出来るPCスタンドがSTOKYOさんのショップにありました。もちろん価格もそれなり。

The CRANE STAND 

cranestand003.jpg
 



こちらのPCスタンドはそういったパソコンの角度までこだわった、ちょっとお高いスタンドでございます。もちろん持ち運びも可能な仕様ですし、組み立ても恐ろしく簡単。もちろん欲しいに決まってますが、後はこの価格が出せるか出せないか。

cranestand001.jpg
cranestand002.jpg


こういったさりげないもので男(漢)らしさをアピールするのが、MONOマガジンなどでも長らく語られてきた男の素敵な生き様なのです。この呪縛から逃れられないのかと思い様々なものを捨ててきたつもりではありますが、ここに宣言。やっぱりモノが好きだよーーーー!

中国・台湾の美人を大量に紹介するサイト

以前紹介しました、世界の美人が大量に載ったサイトですが、我々日本人にとっては少々味が濃すぎた感もあります。やはり同じアジア系、特に中国・台湾なんかは同じような顔立ちですし、より気持ちを入れていけるのではないでしょうか。

そのような訳で、中国人、台湾人の美女を大量に掲載したサイトをご紹介させていただきます。
(via aka1007   

中国美人・台湾美人

china_taiwan_bijin.jpg

さすがは3000年以上の歴史がある約13億人を擁する国ですな。層の厚みが日本の約13倍ってこと
ですからね。最近日本にも大量に流れ込んできている中国系タレントですが、女忍者の双子のアイドルはちょっと違和感を感じるのは私だけでしょうか。なぜ忍者で水の宣伝なのか...。

THE RUB / HISTORY OF HIP HOP 00-09 10年分のヒップホップMIX

もうこれでニワカなんて呼ばせません。一瞬で30年分の遅れを取り戻せる便利なDJミックス。

以前紹介させていただきました、ヒップホップ21年分の名曲を1年ごとにDJミックスしたやつの2009年までの分が完成した模様。(via 松竹剛 ← 色々秀逸な解説等ありますので是非ここから)

THE RUB / HISTORY OF HIP HOP 2000-2009

historyofhiphop00_09.jpg


ただ、作品の展開が素晴らしいかどうかは個人の趣味によるところが大きいため、聴いて
確認してください。この後是非、ヒップホップの名作ミックステープを聴いていって欲しいもんです。
ヒップホップは特にDJの質によって、ガラッと曲の聴こえ方が違うからまた面白い。これだからヒップホップはやっぱり面白いんだなぁーーー。

Download Mix: Peanut Butter Wolf at Discotheque

ATrak率いるFool's Goldのイベント“Discotheque in Chicago”でのPeanut ButterwolfのLive Set音源がアップされておりました。 Disco-Boogie、Houseなどを心地よくMIXしておりテンションが上がります。下記のLINKでDLページに飛びます、是非皆さんも。(B)

PEANUT BUTTER WOLF AT DISCOTHEQUE CHICAGO (MP3)
PeanutButterWolfatDiscotheque.jpg

Stones Throw x Fool's Gold Discotheque from Mr Goldbar on Vimeo.

DJ Shadow – I’ve Been Trying x Def Surrounds Us

DJ Shadowのニューアルバムから新曲が2曲公開されておりました。アルバムは2011年リリース予定らしく、待ち遠しくなるような期待を裏切らない濃厚なビート。"Def Surrounds Us"は約7分と長めの曲ですが、聞いてくうちにボーっとしていた頭がだんだんハッキリしてきましたよ!!コチラでemailと郵便番号を入力しダウンロード出来ます。

DJShadow.jpg

DJ Shadow – I’ve Been Trying


DJ Shadow – Def Surrounds Us


参考サイト→HYPETRAK

レコードをたっぷりと使用した波

日本アートのマスターピース、葛飾北斎の浮世絵「富獄三十六景神奈川沖浪裏」を彷彿とさせる
レコードの波。それにしてもレコードがもったいないね!でも好きだなぁー。
この中に高いレコードが間違えて入ってしまっているのではないかと心配になってしまったあなたは
ちょっと病気かもしれません。

JEAN SHIN

soundwave001.jpg
soundwave002.jpg
soundwave003.jpg


巨大なチューブはサーファーの憧れですが、こちらも見事なビッグウェーブ。レコードとは思えない迫力のうねり!我が家には邪魔なのでいりませんが、友達の家などにあるといいなと思う作品です。

参照サイトはこちら

MECCA & THE SOUL BROTHER (Deluxe Edition Box)

Pete Rock & CL Smoothが1992年に発表したデビュー作にしてクラシック“Mecca And The Soul Brothers”がデラックス・エディションとして数々の名盤をデラックス仕様で再発してきたTrafficからリリース。今回のリイシューでは、オリジナルのアルバムを収録したDisc1+シングル収録ヴァージョンやアカペラやインスト収録したDisc2のCD2枚組仕様。さらにはハードケースで20ページを越える英文解説を記載したライナー・ノーツ、480mm x 680mmのロゴ・ポスター付き。国内盤仕様には歌詞日本語対訳付きで初心者の方から、もう所持している玄人の方でも楽しめます。

PETEROCKCL.jpg



Sampling-LoveでPete Rock & CL Smoothを検索

ヒップホップ、ハウス等の細分化されたジャンルをチェックするサイト

音楽のクロスオーバー化やアーティストが増えますと、それぞれが勝手にジャンル化されていき、途中でよく分かんなくなることってよくあります。トリップホップって結局ヒップホップだよねと後になって言い始めたり...。しかしそのままジャンルとして定着した場合は何の発展から出たものか、正直よく分からないものも多数あります。

そんなちょっとした悩みを解決してくれるサイト。音楽を枝にして年代も付けてくれて、さらにクリックすると他ジャンルにワープしたり、そのジャンルの代表曲が数曲聴けたりと、かなり便利で勉強になります。

Electronic Music Guide

こちらヒップホップの発展の歴史
electronic_music_guide002.jpg

こちらハウスの発展の歴史
electronic_music_guide001.jpg

その他にもジャングル、テクノ、トランスなどあります。男なら、この中のジャンルの一つを自分が作ったなんて言える様な、立派な男になりたいもんですな。

それにしても30年程度の歴史があるヒップホップもですが、すでに祖先としてこんなにもたくさんの音楽が出てきているのですね。凄い影響力。

参照サイトはこちら

SLUM VILLAGE JAPAN TOUR 2010

SV10_M30TH_tour_ff.jpg
SLUM VILLAGE JAPAN TOUR 2010

ヒップホップ史上最も偉大なプロデューサーのひとりである"Jay Dee aka J Dilla"が、T3、Baatinと共に結成したデトロイトのレジェンダリー・グループ "SLUM VILLAGE"

ニューアルバム『Villa Manifesto』のリリースとマンハッタンレコード30周年を記念して、
待望の来日ツアー (9/19@東京UNIT、9/22@横浜BAYSIDE、9/24@大阪TRIANGLE) が決定!!

■アーティスト
SLUM VILLAGE feat. T3 & Illa J (from Detroit)
www.myspace.com/slumvillage
*Performing S.V Classics & songs from their New Album "Villa Manifesto"

■スケジュール
9/19 (SUN)*Before Holiday @ UNIT, TOKYO
http://www.unit-tokyo.com
9/22 (WED)*Before Holiday @ BAY SIDE YOKOHAMA
http://www.bayside-yokohama.jp
9/24 (FRI) @ TRIANGLE, OSAKA
http://www.triangle-osaka.jp

■TOTAL INFO
HITOMI Productions
http://www.myspace.com/hitomipro

MANHATTAN RECORDS
http://manhattanrecords.jp/

■プロフィール
SLUM VILLAGE
www.myspace.com/slumvillage
www.myspace.com/t3
www.myspace.com/illajmusic

”Hip Hopの歴史を変えた”稀代の天才プロデューサー"Jay Dee a.k.a J Dilla"が、T3、Baatinと共に米デトロイトで結成したレジェンダリー・グループ「SLUM VILLAGE」。

Jay DeeがQ-Tipを介してThe Pharcydeの"Runnin'"を手掛けたことでその名を一気にシーンに知らしめ、1stアルバム『Fantastic vol.2』は、Q-Tip、D'angelo、Pete Rockらゲストも参加してビッグセールスを記録する。その後、Jay Deeはプロダクションを担う一人という立ち位置にシフトするも、DweleやTimbaland、Kanye West達との作品も大ヒットして、Slum Villageは世界的なHip Hopアーティストとして確固たる地位を築く。しかし、グループとして充実した時期を迎えている中、06年にJay Deeは患っていた病気が悪化し急逝。09年にはBaatinの訃報も伝えられる。

その深い悲しみを乗り越え、彼らは不朽のHip Hop金字塔アルバム『Fantastic vol.2』の発売10年を記念した『Fantastic vol.2.10』を今年2010年にリリース。そして、以前より噂されていたニューアルバム『Villa Manifesto』を今夏遂に発表!De La Soul、Phife (ATCQ)、?uest Love (The Roots)、Dwele、Little Brotherら豪華ゲストが参加するほか、J Dillaプロデュース&参加曲も収録されている。今回のツアーでは、唯一のオリジナルメンバーである"T3"と共に、兄J Dillaの遺志を継承する実弟"Illa J"が「Slum Village」として来日出演することが決定!待望のニューアルバム『Villa Manifesto』のほか、往年のS.Vクラシック曲もパフォーマンスする!

Just Blaze’s Fat Beats Tribute DJ Set

ヒップホップの良質音源を提供してきた老舗レコードショップFat Beatsが、NYCとLAにある2店舗を9月に閉店。そのNYC実店舗閉店の際に様々なアーティストによるイベントが行われたのですが、その中でJust BlazeのDjプレイの様子がアップされておりました。



レコード・レーベル、オンライン・ストア、卸売りとしてのFat Beatsは存続するようなのでこれからの活躍、そしていつか復活も期待したいです。 (B)

John Legend & The Roots - Hard Times & Shine

9月21日リリース予定の大注目のJohn Legend & the Rootsによる60's-70's Soulのカヴァーアルバム“Wake Up!”から2曲公開されておりました。まずは、Black Thoughtをゲストに迎えたサンプリング・ソースとして有名なBaby Huey“Hard Times”のカバー。(Sampling-LoveでHard Timesを検索)

John-Legend-The-Roots-Black-Thought-Hard-Times.jpg

John Legend & The Roots featuring Black Thought - Hard Times by Hypetrak

唯一のオリジナル曲としてジョン・レジェンドが新たに書き下ろした“Shine”。
John Legend & The Roots - Shine by Hypetrak

ちなみに9月10日発売のbmr(10月号)ではJohn Legend & The Rootsの特集。John Legend & Questloveによる解説と共に楽しんでみてはいかがでしょうか?(B)

Cee Lo Green - F*ck You (Official Video)


(B)

遅ればせながらMASH LA ROCKをご紹介

すでに発売から日にちが経ってしまっておりますが、遅ればせながら紹介させていただきます。

現在のトレンドセッター、ストーンズスロウのDAM-FUNK氏、PEANUT BUTTER WOLF氏のお墨付きの、ZEN LA ROCK氏の1st、2ndアルバムの収録曲をINDUSTRIAL KOALA(TRAKS BOYSのK404の別名義)、MATSUMOTO HISATAAKAALATIN QUARTER(PPP)SKY FISHLARK CHILLOUT等々11人のアーティストがMASH UP。

ミックスを担当するのは自身のLIVE DJでもあるNK-SUNSHINEとorganbarでのレギュラーを共にするWAXXX RUBに加え、DJ KEN-SKEの3DJによるモノ。

ZEN-LA-ROCK

mashlarock.jpg

近年、ヒップホップの好きな若者の性格の傾向は、暗いか(内向的)、恐い(オラオラ)かが一番多いような気が。(私は暗い方ね)
そういった部類のバイブスを全く感じさせない、ヒップホップ好青年オーラをメディア等でお見かけした際も勝手に感じておりました。(歌謡ラップのそれとは違います。)私もこういった感じの人間に生まれたかった。(もう遅い)



そのような彼の作品を使って作られたものは、やはりシャレが聴いていて楽しいものです。こちらの動画など参考にすれば、我々地方都市の東京アンダーグランドの空気感が分からないリスナーにも感じることが出来るのではないでしょうか。普通に面白い。値段も普通よりお求め易い1,260円。昼食2日抜いて是非是非。

Stones Throw presents JAMES PANTS Japan Tour 2010

アメリカ西海岸の気鋭音楽レーベルStones Throwを主宰する ピーナッツ・バター・ウルフと出会い親交を深め、2009年同レーベルから、PBウルフの秘蔵っ子として衝撃のデビューアルバム『Welcome』のリリースに至ったジェイムス・パンツ。

ハービー・ハンコックからオー ルドスクール・ヒップホップ、80’s ガラージ、更にはニューウェーブ、パンクまで消化し、オリジナルのダンス・サウンドを作り上げたデビュー作品『Welcome』。さらに、続くセカンドアルバム『Seven Seals』では、サイケデリック・ロック色も独自の視点で取り入れる作品を作り上げるなど、マルチなミュージックエッセンスが含まれた彼のサウンドはまさにユニーク!ドラムやキーボード、ギター、更に自らマイクを持ち歌う彼こそ現代のマルチ・プレイヤーである。

James Pants Photo

デビュー以来、その フレッシュなビートは世界中のダンス・ミュージック・フリークを魅了し、様々なメディアで高い評価を得ることになった。ヨーロッパでは、フレンチエレクトロを代表する レーベルとのダブルネームでのショーも行うなど、ファンの層も実に幅広い。現場でのプレイも常に進化しており、今回の念願の初来日ツアーでも披露することになる、ドラムマシン + シンバル+マイクを駆使した、ワンマン・ライブ仕様のDJセットは、オリジナリティー溢れるプレイで衝撃を与えることは間違いない!

また、デビューアルバム『Welcome』のジャケッ ト・アートワークも手がけたことでも親交が深い、オランダ・アムステルダム発の人気デザイナーPARRA(パラ)のユニークなデザインスタイルによって、アートやアパレル方面からも注目されることとなる。今回のジャパンツアーでは、ジェイムス・パンツの初来日を記念して、PARRAデザインによるオリジナルツアーTシャツも会場で限定販売される予定である。

Japants Tee

Official Page: www.stonesthrow.com/jamespants
MySpace: www.myspace.com/jamespants
-Music Video-
“Thin Moon” www.youtube.com/watch?v=w-h3ExiuZv4
“We’re Through” www.youtube.com/watch?v=qvErrmMZNVY
“Cosmic Rapp” www.youtube.com/watch?v=4pPllLhQ7BU
“Do A Couple of Things” www.youtube.com/watch?v=d63FTZcImcU


Stones Throw presents JAMES PANTS Japan Tour 2010

9/18 (Sat) Osaka @Namura Partita (Music Festival "Bakuto")
-Live/DJ set-
http://www.bakuto-osaka.com/

9/19 (Sun/祝前日) Osaka at Sound Channel
-Exclusive DJ Long set-
http://www.sound-channel.jp/2010/09/9-19-sun-james-pants-japan-tour-osaka-2010/

9/22 (Wed/祝前日) Nagoya at Domina
-Live/DJ set-
http://cafe-domina.com/index.php#JamesPants

9/25 (Sat) Tokyo at eleven
-Live/DJ set-
http://go-to-eleven.com/schedule/detail/122/2010/9

SONY モニターヘッドホンのフラッグシップMDR-Z1000とZXシリーズ

Sonyからスタジオモニターヘッドホンのフラッグシップが5機種発表され、気になるのはやはりモニターヘッドフォン最上位「MDR-Z1000」、低価格化した「MDR-ZX700」。スタジオは長く定番といえば「Sony MDR-CD900ST」だったわけですが、新定番となるのでしょうか。僕のお財布事情には到底無理っぽいが一度は試してみたい「MDR-Z1000」(49,800円)。値段を含め現実的なのは「MDR-ZX700」(9,980円)。
sonymdrzx1000.jpg

低反発ウレタンを利用した耳への密着度が高いイヤーパッド「ノイズアイソレーションイヤーパッド」が気になる。10月~11月にかけて発売されるそうなので発売されたら試しに行きたいです。(B)

解禁 ベルギーチョコソフト 歴史も軽く紹介

私の数少ない女性友達からの情報提供により、今年もベルギーチョコソフトのことを思い出しました!今年もやってきましたねー。この時期が。

5softcream.jpg

発売日に知らないなんて、本当にベルギーチョコソフトファンなのかと皆さんも疑うかもしれませんが、少年ジャンプを何曜日に読んでるかぐらいの小さなことでございます。
他愛のないどれくらい好きかの話は置いといて、発売を記念して今までのチョコソフトの歴史なぞをご紹介。


■初代(2002年)
ソフトミックスでは初めて!! ベルギーチョコレートを原料に練りこんだ本格派チョコレートソフトクリーム。
→ここまではオーソドックス。なんせ初登場なんでおとなしめです。

■二代目(2003年)
生乳仕立て!! チョコレートのおいしさをそのままに、ミルクのコクをプラス。
→チョコレートの見直しよりもまず口当たりってことか?まろやかになったのか?

■三代目(2004年)
チョコレート感UP!! でもあと味すっきりでおいしさ倍増。
→聞き慣れない言葉チョコレート感。これはカカオの分量とは関係ないのか?そして真逆にも思える後味スッキリ表現。一体どうなってんだ!?

■四代目(2005年)
カカオ100% ベルギーチョコレート使用!! 濃厚なベルギーチョコレートを生クリームで仕上げた絶品。
→このあたりから流行のパーセント表示をぶち込んできます。これも流行なので仕方ありません。じゃあ前の年までは一体何パーセント?

■五代目(2006年)
カカオマス100%のチョコレートに華やかな薫りをもつエクアドル産カカオ豆を使ったチョコレートをブレンドし、“カカオアロマが口の中でふわ~っと広がる”味わい。
→すでに100パーセントの表示は時代遅れ?いやいやまだまだです。ここで南米エクアドルが登場。すでにエクアドルがピンと来ないって!?じゃあエクアドルチョコソフトでも良いんじゃねーのって?アゲアシ取りはお止め下さい。ベルギー産という響きがチョコレートに深みを与えるのです。前年までは口の中でフワ~っと広がらなかったかは、タイムマシンがない限り分からぬ事実。

■六代目(2007年)
苦さと程よい甘さのバランス・芳醇なカカオの香りが特徴のベルギー産ダーククーベルチュールチョコレートを使った、ベルギー伝統の奥深い味わい。
→ベルギー産ダーククーベルチュールチョコレート使用とのこと。こちらはチョコレート博士ではないため、言葉の雰囲気のみを楽しむ方向性になってきますよ。ここで甘さまろやかさ一辺倒だった表現に苦さを加えていくことに。しかし我々は一年ぶりのため、苦いかどうかも気付かずなのは言わずもがな。

■七代目(2008年)
発売7年目のベルギーチョコソフトは、隠し味にヘーゼルナッツペースト、アーモンドペーストを微量加えることでベルギーチョコの存在感を引き立て、ベルギーで日常のちょっとした贅沢として楽しまれている、一粒チョコ(プラリン)をイメージしました。
→このように様々なものを微量加えていることで、来年もまた食べようという気にさせていた驚きの事実。ベルギーの日常のちょっとした贅沢を、ヤンキーが散らかしたコンビニ前の駐車場で感じることになるなんて。恐れ入りました。

■八代目(2009年)
カカオ55%、カカオ100%の2種類のベルギーチョコレートをバランスよく使用。今年はホワイトチョコレート(ベルギー産)を隠し味で加えることで、コクを増しています。
2009年のベルギーチョコソフトは、これまで発売してきた中で最もカカオ成分の多い、リッチな配合となりました。
→すでにファイナルファンタジー、ドラクエ並みの定番と化したチョコソフト。8年間かたくなに入れずにおいたホワイトチョコレートをようやく投入。来年のハードルを強烈に上げるリッチな内容となったようです。毎年変わらずおいしーなーなんて言っていた自分ですが毎年変わっていました...。

今年はこれ
■九代目(2010年)
2009年を抜き、過去最高のカカオ量を配合。これまで以上に贅沢なベルギーチョコソフトの完成です。多くの人に馴染みのある「カカオ55%」と少しビターな「カカオ72%」をミックスしており、カカオの豊かな香りとほろ苦さを、控えめな甘さとともに堪能できます。


これを見て驚かれた方もいるかもしれませんが、昨年はチョコレートを3種使用しており、内1種はホワイトチョコ。この緩やかな進化を毎年食べ続けていくと、私が60歳になった頃、コーヒー味になっていても気付かないかもしれませんね。今年はホワイトチョコが無くなってますが、恐らく気付かないことでしょう。


ministop100902.jpg

今年についてもまだ食べておりませんのでなんとも言えませんが、この間までの深入りコーヒーソフトのあの深すぎて深すぎてもうたまらんくらい深すぎる、コーヒー飲んでるかのような味付けのソフトクリームにならなければよいですが...。チョコレートの深さばかりを追求してないことを願い、今日の帰りにでもミニストップだな。

New iPod Touch & iPod Nano

9月の風物詩になった感のある新型iPod発表。iPhoneを持っている方でもMP3プレイヤーは別に持っている人は多いと思います。(僕もiPhone4とiPod classicという装備。)
iPod touchはiPhone4のスペックに上がっていますね。iPhoneを訳あって持てない、iPadではでかすぎるなんて人には良さそうです。個人的にはiPod、iPhoneの中ではデザインが一番好みです。

iPod touch
ipod_tou.jpg

iPod nanoは完全にモデルチェンジ。とうとうクイックホイールがなくなり、1.54型マルチタッチ画面に。いかにも使いにくそうですが実機を触ってみたいところです。サイズが約半分なので行方不明になる確立は高くなっていますので注意。ものぐさ・ぐうたら・ずぼら・無精な僕には向いてないサイズ。

iPod nano
ipodnano_1.jpg

あと気になったのが、得体が知れないAppleのSNS機能「iTunes Ping」。Twitterとの連携がどれだけできるかがポイントになるかと思われます。新しいのが発表される事で前の機種が安くなると思われますので新しくしようと思っていた方は家電量販店に行ってみるのもいいかもしれません。(B)

珍奇!西アフリカの衣装のアーカイブ

西アフリカの奇妙な衣装を集めたアーカイブ。先日亡くなったラメルジーを思い出してしまいました。彼らの美観が分からないため、どうしてこうなったのかは不明ですがとにかく凄いパワーですね。

僕は草を効果的に使ったやつが好み。なんか頭の上に何か乗せるのが結構定番みたいですね。適当なんだか一生懸命なのか良く分からなくておもしろいです。

west_africa_costume.jpg

西アフリカの衣装
(さらにたくさん掲載)

検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)



最近聴いてる。












 | HOME | 

このページのトップへ