| HOME | 

足場に鳥130羽と現場デザインな巣

殺伐とした足場がパッと明るくなるような作品です。130羽の鳥が現場的デザインの巣と共に飾られており、中々の素敵な工事現場。場所はマドリードとの事。生で見ることは無さそうです。お近くに寄った際は是非どうぞ。

IMG_1512.jpg
IMG_1516.jpg
IMG_1525.jpg
IMG_1539.jpg
IMG_1561.jpg
IMG_1536.jpg
IMG_1577.jpg


参照サイト

KING3LDK presents 1999 feet high&rising

クーラーの当たりすぎで持病の首ヘルニアという爆弾が今にも破裂しそうなのですが、それを忘れる為に昨日一日聴いていたMIXをご紹介。
脱線3としての活動をはじめ様々なアーティストのプロデュースを手掛ける、KING3LDK氏の1999年にリリースしたMIXTAPE“1999 feet high&rising”。内容はスクラッチを絡めて展開されるコラージュ/ブレイクビーツ作品で練られた構成が全く飽きないあっという間の60分となっております。KING3LDK氏のBlog“The Not Found season2”でダウンロード出来ます。

king3ldkmix.jpg

ちなみにKING3LDK氏が手がけるキノコの日記Tumblrも面白いので是非皆さんもチェックしてみてください。

KID KOALA'S RARE SOLID STEEL MIX

当ブログを書く時にいつも参考にさせていただいている松竹剛さん。(松竹剛さんのTwitterのつぶやきもBlogも非常に面白いので皆さんもぜひ、チェックしてみてください。)
そんな松竹剛さんのつぶやきで知ったKID KOALAのMIX。絵を描くときの為の音楽らしく、まさしく集中力が増しそうな、ゆったりしたMIX。これは、気が散りやすい性格の僕なんかでもこれをBGMにすればなんだか集中できそうな気がします。下記のLINKのページでDL出来ますので、作業用に楽しんでください。(B)

KID KOALA'S RARE SOLID STEEL MIX
KidKoala.jpg

» 続きはこちら

Hashim B./「Fu-Ka-Kai(フ・カ・カイ) Mix Vol. 1」 和モノDJミックス

Wax Poetics Japanでの翻訳やその他多方面でも活躍する、Hashim B.氏のDJミックス「Fu-Ka-Kai(フ・カ・カイ) Mix Vol. 1」をご紹介。元々音楽活動については説明不要かと思いますが、今作もやはり最高の内容となっております。この姿勢こそヒップホッパー。男の中の男ですね。必聴!
こちらのサイトで知りました。こちらはダウンロードしやすくなっております。一番下の方にある、Download MP3を右クリック→対象をファイルに保存)

Hashim B

hashim.jpg

本人ブログより
dublab.comとmusic.vtechphones.comのサイトに、ハシムBの新しいDJミックスがアップされているので、是非ダウンロードしてください!日本のサイケ、アニソン、ヒップホップ、映画音楽、ニューウェイブ、ディスコをミックスしてます!ワモノ!!!


1. Takehisa Kosugi / Mano Dharma ‘74 / Catch Wave
小杉武久 / Mano Dharma ‘74 / Catch Wave

2. Kefia P Feat. Hatsune Miku / intro ~memories~ / Hatsune Miku Best ‘07-’09 MEMORIES
ケフィアP Feat. 初音ミク / intro ~memories~ / 初音ミク ベスト ‘07-’09 MEMORIES

3. Speed, Glue & Shinki / Red Doll / Speed, Glue & Shinki

4. Sachiko Kanenobu / Aoi Sakana / Misora
金延幸子 / 青い魚 / み空

5. Speed, Glue & Shinki / Don’t Say No / Speed, Glue & Shinki

6. The Helpful Soul / Aldin’s Theme / A Thousand & One Nights OST (45)
ザ・ヘルプフル・ソウル / アルディンのテーマ/ 千夜一夜物語

7. Excerpt from “Funeral Parade of Roses” (film)
「薔薇の葬列」

8. Les Rallizes D醇Pnud醇Ps / Kioku Wa Tooi / Le 12 Mars 1977 醇A Tachikawa
裸のラリーズ / 記憶は遠い / Le 12 Mars 1977 醇A Tachikawa

9. Haruomi Hosono / Funiculi Funicura / Philharmony
細野晴臣 / フニクリ、フニクラ / フィルハーモニー

10. Flower Travellin’ Band / Hiroshima / Make Up
フラワー・トラヴェリン・バンド / 広島 / メイク・アップ

11. Kenjiro Hirose / Onna Bancho Taiman Shoubu M-5 / Sugimoto Miki vs Ike Reiko Onna Bancho Nagaremono Futengurashi
広瀬健次郎 / 女番長 タイマン勝負 M-5 / 杉本美樹 Vs 池玲子 女番長流れ者/ふうてんぐらし

12. Excerpt from “Shinjuku Mad” (film)
「新宿マッド」

13. Food Brain / M-8 / Shinjuku Mad OST
フード・ブレイン / M-8 / 新宿マッド

14. J.A. Caesar / Haha Koishiya Sangosho / Kokkyo Junreika
J.A. シーザー / 母恋しやサンゴ礁 / 国境巡礼歌

15. Phew / Signal / Phew

16. Audio Sports / Voo Voo / Era of Glittering Gas

17. Akira Ishikawa & His Count Buffalos / Heated Point / Get Up!
石川晶とカウント・バッファローズ / Heated Point / Get Up!

18. Hiromi Iwasaki / Good Night / Fantasy
岩崎宏美 / グッド・ナイト / ファンタジー

19. Yumi Arai / Anata Dake No Mono / Misslim
荒井由美 / あなただけのもの / Misslim

20. Taeko Onuki / Kusuri Wo Takusan / Sunshower
大貫妙子 / くすりをたくさん / Sunshower

21. S.L.A.C.K. / I’m Home / WHALABOUT

22. Ichiro Araki / Onna Bancho Kankain Dassou M-7 / Hotwax Trax 04 Teppoudama No Bigaku: Nakajima Sadao No Sekai
荒木一郎 / 「女番長 感化院脱走」: M-7 / Hotwax Trax 04 鉄砲玉の美学: 中島貞夫の世界

23. Buddha Brand / Ningen Hatsudensho (Classic Mix) / Yameru Mugen No Insto No Sekai
ブッダ・ブランド / 人間発電所 (Classic Mix) / 病める無限のインストの世界

24. Haruomi Hosono / CHATTANOOGA CHOO CHOO / TROPICAL DANDY
細野晴臣 / CHATTANOOGA CHOO CHOO / TROPICAL DANDY

25. Yellow Magic Orchestra / Seoul Music / Technodelic

26. riow arai+anna yamada / Ie / R+NAAAA

riow arai+anna yamada / 家 / R+NAAAA

27. Excerpt from “Tenshi No Koukotsu(Ecstasy Of Angels)” (film)
「天使の恍惚」

28. Yasuo Higuchi / Photograph / Hotwax Trax Maruhi Shikijyo Mesu Shijyo ? Nikkatsu Roman Porno No Sekai
樋口康雄 / Photograph(秘 色情めす市場) / Hotwax Trax 秘 色情めす市場~日活ロマン・ポルノの世界

29. Akira Ishikawa & His Count Buffalos / Pigmy / Uganda
石川晶&カウント・バッファロー / ピグミー / ウガンダ

30. P-MODEL / KAMEARI POP / IN A MODEL ROOM

31. Haruomi Hosono / Platonic / Philharmony
細野晴臣 / プラトニック / フィルハーモニー

32. Yellow Magic Orchestra / Neue Tanz / Technodelic

33. Zuno Keisatsu / Hyena / Kamengeki No Hero Wo Kokuso Shiro
頭脳警察 / ハイエナ / 仮面劇のヒーローを告訴しろ

34. Audio Sports / Eat & Buy & Eat / Era of Glittering Gas

35. Ryuichi Sakamoto / E-3A / B-2 Unit
坂本龍一 / E-3A / B-2 Unit

36. OOIOO / HONKI PONKI / ARMONICO HEWA

37. Senba Kiyohiko To Haniwa All Stars / Cha Nomi Tomodachi Suresure / Haniwa
仙波清彦とはにわオールスターズ / ちゃーのみ友達スレスレ / はにわ

38. Excerpt from “Tetsuo” (film)
「鉄男」

39. Ishiwatari Junji & Sunahara Yoshinori + Yakushimaru Etsuko / Kamisama No Iu Tori (Version Z80) / Kamisama No Iu Tori
いしわたり淳治 & 砂原良徳 + やくしまるえつこ / 神様のいうとおり (Version Z80) / 神様のいうとおり

40. Yellow Magic Orchestra / Computer Games/ Yellow Magic Orchestra

41. Doseijin Mikael (≒ARM) / Mika No Kuni No Genso Wakusei ? Dot No Kanata E / Toho Tsuki Tourou Safe!
土星人ミカエル(≒ARM) / 御伽の国の幻想惑星~ドットの彼方へ / 東方月燈籠セーフ!

42. Haruki Matsuo / Ivy(Last Mix)-08 / Haruki Matsuo_12″

43. Nihon Henshu Ongaku Kyokai / Tonkaka Nadeko / Dame Mikusu
日本編集音楽協会 / トンカカ☆なでこ / だめみくす [16]+[22]

44. Junko Yagami / Imagination / Communication
八神純子 / イマジネーション / コミュニケーション

45. Haruomi Hosono / Body Snatchers / S-F-X
細野晴臣 / ボディー・スナッチャーズ / S-F-X

46. imoutoid / PART3 / ADEPRESSIVE CANNOT GOTO THE CEREMONY

47. miko / Kanbu De Tomatte Sugu Tokeru ? Kyoki No Udongein / Toho Tsuki Tourou Safe!
miko / 患部で止まってすぐ溶ける~狂気の優曇華院 / 東方月燈籠セーフ!

48. Hiromi Iwasaki / Papillon / Fantasy
岩崎宏美 / パピヨン / ファンタジー

49. Hatsumi Shibata / Singer Lady / My Luxury Night
しばたはつみ / シンガー・レディ / マイ・ラグジュアリー・ナイト

50. Spectrum / First Wave / Spectrum

51. Yuming / Youkoso Kagayaku Jikan E / Pearl Pierce
松任谷由実 / ようこそ輝く時間へ / パール・ピアス

52. Excerpt from “Downtown 81″ (film)
「Downtown 81」

53. Plastics / Delicious/ Welcome Back Plastics
プラスチックス / デリシャス / ウェルカム・バック・プラスチックス

54. Totsuzen Danball / Sentaku To Hairetsu / Can I?
突然段ボール / 選択と配列 / 成り立つかな?

55. Phew / Closed / Phew

56. Excerpt From “Face Of Another”
「他人の顔」引用

57. Maher Shalal Hash Baz / Remember My Labour Of Love / Blues du Jour

58. Rie Yokohama / Umitsubame / Tenshi No Koukotsu OST
横山リエ / ウミツバメ / 天使の恍惚

» 続きはこちら

Urban Tribe Japan Tour 2010

ut_20100827192149.jpg
Urban Tribe Japan Tour 2010

9.22(WED/祝日前) Osaka @club Rockets
Live: Urban Tribe
DJ: DJ Stingray(aka Sherard Ingram/URBAN TRIBE), Sonic Weapon (from Audi. Nagoya), Ackin, Shimazu

open 24:00
Door 3500yen w/1D
Advanced 3000yen w/1D
Info 06-6649-3919(Rockets)
http://www.namba-rockets.com/


9.24(FRI) Tokyo @club eleven
Live: Urban Tribe
DJ: DJ Stingray(aka Sherard Ingram/URBAN TRIBE), DJ KIYO(Royalty Production), DJ SAGARAXX(Coffee & Cigarettes Band)

open 22:00
Door 4000yen w/1D
With Flyer 3500yen w/1D
Info 03-5775-6206(eleven)
http://www.go-to-eleven.com
*You must be over 20 and with photo ID.

Total Tour Info AHB Production 06-6212-2587 http://www.ahbproduction.com


Urban Tribe

Sherard Ingramを中心とするcollectiveプロジェクトであるUrban Tribe。
1998年にMo Waxからリリースされたファーストアルバム『The Collapse Of Modern Culture』は、Anthony Shake Shakir、Carl Craig、Kenny Dixon Jr(Moodymann)が参加し、デトロイトのルーツミュージックであるJazz、Soulをエレクトロニックミュージックとして見事に昇華した世紀の大傑作となった。
今年春にはシングル『Loyal Opposition』をPlanet Eから、再びShake、Carl、Kennyとタッグを組んで制作された最新アルバム『Program 1-12』をMahogani Musicからリリース。またその素敵なアルバムアートワークはWax PoeticsのアートディレクターJoshua Dunnによるもの。初来日となるUrban Tribe、今回のliveメンバーは誰が来るのかはお楽しみに!

http://www.myspace.com/djstingray313
http://planet-e.net
http://www.mahoganimusic.com
http://www.myspace.com/mahoganimusic313


DJ Stingray (aka Sherard Ingram/Urban Tribe)

デトロイトのシーンに25年もの間関わり続けており、またデトロイトテクノ/エレクトロのカルト的存在であるDrexciyaのDJ、DJ Stingrayとしての活動歴をもつ。
Anthony Shake Shakir、Carl Craig、Kenny Dixon Jr(Moodymann)とのコラボレーション、Urban Tribeとして知られ、またMo Waxからリリースされた『Eastward』、アルバム『The Collapse Of Modern Culture』、またRetroactiveからりリースされた『Covert Action』はUrban Tribeの代表作である。Aphex TwinのレーベルRephexからは、よりエレクトロな作風で2枚のアルバム『Authorized Clinical Trials』と『Acceptable Side Effects』をリリースしている。
2008年、自主レーベルMicron Audio Detroit を始動。
2010年、再びShake、Carl、Kennyとタッグを組み、Urban Tribeとしての最新アルバム『Program 1-12』をMoodymannのレーベルMahogani Musicからリリースする。さらに今年秋にはHeinrich Mueller (aka Gerald Donald/Dopplereffekt)、Nina Kraviz (Underground Quality/Rekids)らが参加するUrban Tribeのアルバムをリリース予定とのこと。

http://www.myspace.com/djstingray313
http://www.myspace.com/micronaudio

Madlib Medicine Show #8: Advance Jazz

8月の「Medicine Show」シリーズはMadlib作品のバックボーンの一つであるJAZZをテーマにしたMIXCD“Madlib Medicine Show #8-Advanced Jazz”がリリース。ジャケットアートワークも凝っており、New York City of jazz greatsというテーマでMiles Davis, Herbie, John Coltrane, Sun Ra, Pharoah Sanders, Steve Kuhnなどが舟で荒波を乗り越えております。リリース記念でこのジャケットがPC壁紙用サイズでStones ThrowのHPでアップされております。下記のLINKからDLできますので、この機会に気分転換でPC壁紙を変えれば仕事も捗るかもしれません。

Jazzcats Wallpaper

jazzcats.jpg



ちなみにMadlib Medicine Show #9は、Frank Nitt(Frank-N-Dank)をゲストに迎えてのHIPHOPアルバムになるみたいなのでこちらも楽しみすぎです。(B)

Jneiro Jarel - Fauna

JNEIRO JAREL名義でKindred Spiritsより、5年ぶりのリリース。先日発売された、限定7inch“AMAZONICA”を含むクロスオーバーしたビート満載の全12曲。Kindred Spiritsのサイトにて視聴できます。9月上旬のリリース予定なので皆さんも一足早くチェックしてみては。(B)

Jneiro_Jarel.jpg

この夏一番しつこく再生したのはこれ DirkDiggler DJミックス

今年の夏もそろそろ終盤に入ってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
この夏私が一番聴いたDJミックスをご紹介させていただきます。

DirkDiggler / REGION_FUSION_1005011

avatars-000001503506-rxr6aj-crop.jpg



本人説明:
TRAKTORというソフトでミックスを作ってみました。ジャズ・フュージョンを中心に色々と。ほとんどインストなので作業のBGMなどに是非どうぞ。


私の場合、会社で音楽を聴いてよい環境にありますので本人の説明どおり作業中頻繁に聴いております。(少なくとも15回以上)
適度な音量でザーッと聴いておりますと、後半の油断したところに現れる突然のダウンビートがガツンとやられます。この展開聴きたさにしつこく何度も何度も聴いてしまうのです。

他にも色々とDJミックスを作っておられるようですので是非聴いてみたいですね。なんせこればかり聴いてしまいます。もちろん、他のやつも興味深い内容(アイドルRemix~ブラックミュージックまでと広守備範囲)で、まだ聴いておりませんので試してみたいと思います。


1. Judo Mambo / Jimmy Smith

2. St.Felix Street / Gary Bartz

3. The Call / Dave Liebman

4. Psychicemotus / Yusef Lateef

5. Turned Around / Joe Henderson

6. A Wilder Alias / Jackie Cain & Roy Kral

7. Suzy Pulled a Pistol on Henry / Company Flow

8. Tell Me About It Now / Grover Washington,Jr.

9. Nux Vomica / Squarepusher

10. River People / Weather Report

11. Napalm Brain-Scatter Brain / DJ Shadow

12. First Gymnopedie / Yusef Lateef

DirkDigglerさんのtwitter

RAS G, NOBODY, J. ROCC – SECONDHAND SURESHOTS DVD RELEASE PARTY MIX

昨年末リリースされたDVD+12"+SLIPMATの企画盤“Secondhand Sureshots”のリリースパーティでのRas G、Nobody、J. RoccのMIXがdublabのPODCASTでアップされておりました。下記のリンクからDL出来ますので、このメンツならではのドープ過ぎる約50分間をお楽しみください。(B)

RAS G, NOBODY, J. ROCC – SECONDHAND SURESHOTS DVD RELEASE PARTY MIX (04.03.10)

DaedelusNobodyJRoccRasG.jpg

Video : John Legend & The Roots (Feat. Common & Melanie Fiona) - Wake Up Everybody


(B)

野球部のオシャレについて

夏の風物詩、甲子園球場での全国高校野球選手権大会ですが、見ていてふと気付いた点がいくつか。
それは野球部員のオシャレに対しての意識の高さ。反面こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、色々気を使っている割に垢抜けないように見えてしまう。(かなり失礼)

koushien.jpg

しかし、そう見えるのは僕ら(僕だけ?)が彼らのオシャレポイントを理解しておらず、勝手に決め込んでいるだけかもしれません。なんなら僕らがどちらかと言うとダサい可能性もありますね。

そのような訳で、仕事場で隣の席に座る小中高そして社会人になった今も野球をやり続ける男に、高校野球児たちの美感を聞いてみました。

眉毛について:
まず、皆様もお気づきの眉毛。年々スタートレックっぽい眉毛が増えており、数年前のドラフトの時見た寺原隼人(現横浜ベイスターズ)の眉毛などは既にトッキントッキン眉クラシック。
顔が芋くさいが眉毛だけがスーパーモデル級、に違和感も感じましたがもう慣れた。
じゃあなぜここにオシャレ感が集中するか?その答えは意外と簡単でして、顔から下の装備の規制がとても厳しく、首から下は伝統的な状態(野暮ったい)しか選択できないがゆえに、眉にオシャレの情熱が集中されていくわけです。

koushien003.jpg
みんな剃りまくり。顔の種類なぞ関係なし。

帽子のアレは?:
その他には帽子の件があります。なぜか皆頭頂部を凹ましている姿をよく見受けますが、実はアレは凹ましたいオシャレではないらしいのです。
じゃあなぜか?それは前部分(学校のマークが入っている面)をいかに地面に対して垂直にするかの過程で出来るものだそうで、よりマークを目立たせる事がオシャレということになるそうです...。
うううっよく分からんオシャレ感。野球部に入った時には既にあの先輩もこの先輩も垂直なわけで、オリジナリティーなぞいらぬとばかりに皆が垂直を目指す訳。そしてツバが曲がっていれば曲がっているほどカッコいいのは、使い古した感を重要視しており、それが形式化したとの事。(ホントかよ!?)

koushien001.jpg
この先の人生でこんなに凹ませることは2度とありません。今のうちに思う存分凹ませてください。砂もいっぱい持ち帰ってください。 ちなみにアンダーシャツピタピタもオシャレ

koushien002.jpg
好感度ナンバー1九州学院の素朴ボーイでも曲げてる。これらはやはり標準。

オシャレしまくりたい年頃なので、我々の若い頃同様に鏡見て似合うものをチョイスなど後回し。イマイチな野郎ほど、カラオケボックスはビジュアル系みたいなね。

上記のようなオシャレを実践するには一年のうちは我慢せねばなりません。最近暑くても水を飲むなとは言われませんが、オシャレだけはいけません。怖い先輩に睨まれぬ様、よろしくお願いします。
この話、本当か嘘か知りませんがこれらの情報を知ると、毎回甲子園を見るのが楽しくなってきますね。

Stones Throw Japan Tour 2010

omote.jpg
ura.jpg
Stussy presents
Stones Throw Japan Tour 2010 Vol.2
feat. Madlib & J Rocc

2010.8.27(Fri)Tokyo / 8.28(Sat)Osaka

ワールドワイドに熱狂的な盛り上がりを見せるStones Throw !
待望の2010ジャパン・ツアー第二弾がStussy 30th Anniversaryを記念に実現!!
Medicine Showシリーズで人気絶頂の:Madlib、そしてカリフォルニアが生んだレジェンドDJ:J Rocc(World Famous Beat Junkies)。Stones Throw最重要アーティストが揃って登場!

90 年代中期、LA を拠点にアンダーグラウンド・レーベルとしてスタートしたStones Throw。ヴァイナル・ジャンキーを狂喜させるべくユニークでフレッシュな才能を発掘し絶妙なマーケティングで常に最高のアーティストを最高のカタチで送り出してきた。Breakestra, Madlib, J Dilla, J Rocc, James Pants, Mayer Hawthorne, Dam-Funk、、、エクレクティックな現代のシーンに見事フィットした新しい才能はどのジャンルにも収まることなく強烈な個性で世界中の音楽ファンを虜にしてきた。そしてこれらの強烈な才能が日本にやってくる!
様々なジャンルをまたに駆け、今やその動き一つで全てのミュージック・ラヴァー達を敏感に反応させることが出来るStones Throwが誇る真のカリスマ・アーティスト:Madlib。今ツアーでは、新作の未発表曲やジャパンツアーに向けて作られた、現場でしか聞けないMadlibのワンアンドオンリーのビート群の嵐が体感できること間違いなし!そして、Stones Throwからのファーストソロアルバム『Some Cold Rock Stuff』のリリースを控える、World Famous Beat Junkies主宰、西海岸きってのダイナミックでファンキーなパフォーマンスで世界中に熱狂的なファンを持つワールド・ベストDJ:J Roccも参加決定!アンダーグラウンド・イベントとしては記録的な動員と盛り上がりをみせたVol.1に続き新たな歴史を刻む一夜となること必至!!

各会場で Stussy 30th Anniversary × Stones Throw T−シャツの販売が決定!!!
(売り切れの可能性がございます、ご了承下さい)

8.27 (FRI) 東京@UNIT
Supported by Wax Poetics Japan
Open:23:00
ADV:¥3000 w/flyer:¥3500 Door:¥4000  

MADLIB:
J ROCC:

LIVE :
ZEN-LA-ROCK × LUVRAW & BTB × DJ NK-SUNSHINE × MR.MELODY × STRINGS BURN (PPP)
DJ :
breakthrough (DJ JIN×Ladi Dadi×Masaya Fantasista×FREEDOMCHICKEN)
DJ SARASA a.k.a. Silverboombox

SALOON (B3F) - Wax Poetics Japan Lounge -
DJ : Dazz、Killer Tunes Broadcast,C-Ken

Special Guest DJ:Egon (Stones Throw/Now Again)

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 Za-HouseビルB1F
TEL:03-3464-1012
www.unit-tokyo.com


8.28(Sat) 大阪@Triangle
OPEN 22:00
CHARGE ADV:3000 DOOR:3500(別途1ドリンク代金500円必要)

MADLIB:
J.ROCC:

DJ:
Taiji
QUESTA
mixnuts
FLIP
A-Killer
K-Katsu
Dancer:
sucreamgoodman

大阪市中央区西心斎橋2-18-5  RIBIAビル3F-5F
TEL : 06-6212-2264
www.triangle-osaka.jp

» 続きはこちら

Gregory Kaufman タッチパネル上で操作するDJツール

アナログがとかDCJがとかそういった話すら超越した、マルチタッチディスプレイを使った DJ タッチスクリーンインターフェイスの試作モデルとのこと。SFの世界がもうすぐそこまで来てますね。

Gregory Kaufman制作過程

gregorykaufman001.jpg

Multi Touch Light Table: GERGWERK from GERG WERK on Vimeo.


テクノロジーが進化しても、2台のターンテーブルっぽい様式は残しております。あの2台レコードプレイヤーが並んだ姿はやはり永遠のマスターピース。
が、このタッチパネルでのDJはスタイリッシュ過ぎて、あまりこれでDJやるのは嫌だな。スクラッチとか出来なさそうですし。もっと無骨な感じが良いなー。

どうしてもハリウッドセレブ(トム・クルーズ等)が頭に出てきてしまう。

参考サイトはこちら

Carhartt × UDG TROLLEY

ダック生地に代表されるアメリカ生まれの無骨なワークウエアブランド“Carhartt”と世界のプロDJに最も信頼と実績を持つ、DJ専用バッグの老舗ブランド“UDG”のレコードバックが登場。この2社の共同開発なら耐久性は間違いなさそうだし、運搬に便利なトロリータイプで長く使えそうです。お値段は¥26,250。(B)

carharttUDG2.jpg
carharttUDG1.jpg

参考サイト→Hayabusa.bz

BBE Presents: “Strange Games & Funky Things” Vol. 5 Mix by DJ Spinna

BBEよりリリース予定のSoul、Funk、Disco Boogieをコンパイルする人気シリーズの最新作'Strange Games & Funky Things"Vol.5 / DJ SpinnaのMIXがMoovmnt.comに視聴できるようアップされておりました。もう内容が素晴らしすぎで流石Spinnaといった感じ。僕はもう一通りチェックしてしまいましたが、発売を待ってオーディオプレイヤーから聴くのを楽しみにとっておいて、ここは一旦聴くのを我慢するのも手かと思います。

SVol5MixbyDJSpinna.jpg

CDとLPで9月リリース予定、ディスク2はアンミックスでの収録となっており、これは絶対買わしていただきますわ。(B)

関連LINK→http://www.djspinna.com/

CORVET/IRREGULATION MADNESS

インターネットが発達したお陰で、CDなど売れなくなったと言う話もありますが、一方でCDでDJやる人の数は増えており、また色々な人がインターネットを通じて最短で作品を発表できるチャンスも広がっているわけです。

そういった最短ルートでリスク無く音楽を発表できる環境にありながら、おじいさん、おばあさん、田舎の社長などがリスク覚悟で出す演歌のカセット、もしくは半生を綴った自伝の自費出版のごとく、香川出身の若者(現大阪在住)が果敢にもCDデビュー。

corvet_im001.jpg

家でスクラッチとビートメイキングをコツコツと続ける内向きな彼ですが、ターンテーブリズムに多大な影響を受けつつも、その他のジャンルの影響も感じさせるドープミュージックになっておりまして、まだ若い25歳だし今後の作品作りに期待してしまう内容となっております。日本全国のベットルームベッドルームにはまだまだこのような逸材がたくさんいるのだな。

なんかこういう他人の家のベットベッドの下をのぞくような作品、結構好きだな。へーこんなエロ本好きなんだな...。みたいなね。


IRREGULATION MADNESS
 1.BLACK LEATHER ANTHEM
 2.IRON MASK BABY
 3.CARIBBEAN SEA BATTLE OF RENAISSANCE
 4.COMPUTER ANGEL
 5.THE FIRST BLOOD
 6.TURBO ENGINE CAR CRASH
 7.CHINESE PLANET OHSHO
 8.OPA WHOLE FLOOR
 9.CHEER DANCE
 10.BONUS TRACK

詳細: http://www.myspace.com/chriscocaine#ixzz0wQY7ML15(試聴できます)

 お取り扱い店:
 Jar-BeatRecord 0422-42-4877 http://www.jar-beat.com/
 WENOD 03-5458-6232 http://www.wenod.com/
 decibel 052-243-7525 http://decibel8.com/
 WATER COLOR 0532-54-0810 http://web.me.com/unagin/PWC/WATERCOLOR.html
 KING KONG 06-6211-2630 http://www.kingkong-music.com/
 403g 087−813−2366 http://403g.blogspot.com/
 hungryear music store 087-863-6791 http://blog.hungryear.net/
 PICK UP 0877-63-1472 http://pickupnetshop.shop-pro.jp/
 TAIL GATE 088-622-6716 http://tailgate.co.jp/


corvet_im002.jpg
corvet_im003.jpg
corvet_im004.jpg

Rane SL3 Serato Scratch Live - Special Blue Edition

アンケートやプロフィールなんかで自分の好きな色を答える場面で毎回『青』と答えてきたような、とにかく『青』に拘って生きてきた人には朗報!!
RANE Serato Scratch Live SL 3の限定BLUEヴァージョンが登場しておりました!(via: daishizen on Twitter)インターフェースのデザインの一部が『青』となっております。dmr_shopさんのつぶやきによると付属するコントロールヴァイナルはマーブル・ブルーらしいです。正義の色は青って事で皆さんいかがでしょうか?(B)

SL3blue.jpg

国内ではDMRさんで販売されております。

Invincible & Waajeed “Detroit Summer”


Price:$5.00| BUY

Dr. Martens Limited Edition 50th Anniversary USB Boot Drive

Dr. Martensの50周年記念限定USB drive。PCに刺さった時の間の抜けた感じがなんとも愛らしい感じになりそうな一品です。お値段は$25でDr. MartensのOfficial USA Online Storeで購入できます。 プレゼントなどにいかがでしょうか。(B)

Dr-Martens-LimitedEdition-50th-Anniversary-USB-Boot.jpg

陶器製ターンテーブル

最近DJしにいくと見かける若者のターンテーブル離れ。
若者達はCDJを頻繁に使っている印象がありますが、こればかりは時代の流れなのでしょうがないとは言え少し寂しい。

デジタルに敵意のない私が憂うことでもありませんが、アナログでDJをする方々を応援していかなあかんなと思う今日この頃。そんなターンテーブル愛(DJセット)を陶器で表現して作った(かどうかは知りませんが)アート作品。
こちらの作品ですが、実際ターンテーブルとしての機能があるのか?それともイミテーションか?外国語が読めないため分かりません。

FABIEN CLERC

fabienclerc_tt001.jpg
fabienclerc_tt002.jpg
fabienclerc_tt003.jpg
fabienclerc_tt004.jpg


高級食器かと思うようなDJセットと、極悪かつ汚らしいクラブのコントラストがよろしい感じでないですか!
恐ろしい崖の中ほどにある、美しい盆栽を採りに行くミヤギさんとダニエルさんを思い出してしまいました。

fabienclerc_tt005.jpg


そして、この人の作品は他にも色々あります。

» 続きはこちら

Aiaiai TMA-1 DJ Headphones

基本的にヘッドフォンのデザインを気にしたことのない僕でも面白いと思えるのを見つけたのでご紹介。Ghostly InternationalのOnline Storeで知った8月4日発売、デンマークのAIAIAIから新作ヘッドフォン“TMA-1 DJ Headphones”。

“TMA-1 DJ Headphones”
tma10.jpg

クラブ用から街聴きまでに使えるよう2種類の交換用クッションが付属するらしいです。デザイン的にもゴツ過ぎず、ユル過ぎない丁度いい感じですね、Boxがなんとも豪華です。

box2web-.jpg

音質が気になるところなんですが国内での販売はどこでされるのか、ハッキリわからなかったです。是非、手にとって見てみたいですね。(B)
さらに気になる方は詳細をこちらで→Hayabusa.bz

Disco is Dead (1973-1979) - Cut Chemist

dmr_shopさんのつぶやきで知ったCutChemistのディスコMix。TwitterでRetweetさせていただいたのですが非常に良かったので改めてBlogのほうでもご紹介。
Cinespiaでダウンロードできますのでまだ聴いてないという皆さんは是非チェックしてみてください。このサイトでは他にもDam-Funk & Peanut Butter WolfやDublab勢のMIXも聴くことができます。ちなみに動画はCinespiaがアップしたもの。BizとCutChemist絡みの作品も聴いてみたいですね。 (B)

Cinespia Presents: Cut Chemist at the Cemetery from cinespia on Vimeo.

写真家 Allan Tannenbaum NYの今昔 グラフティーから薬中まで

これが最後。しつこくしつこく同じギャグを繰り返す吉本新喜劇のように、こちらもしつこくAllan Tannenbaum氏の写真3回目。最後はNYのストリートカルチャーとハードコアな暮らしを写した写真。

Allan Tannenbaum (色々なところに写真が散らばってますのでがんばって見てください)

allantannenbaum003.jpg

フューチュラ、キースへリング、メッセンジャー、そして巨乳。バイク王でおなじみ優木まおみさんも着ていた憧れの峰不二子的ツナギがまぶしい。

allantannenbaum004.jpg

石原軍団でおなじみの炊き出し。(巨大鍋)
HL達の生き様と、ワルの写真。怖い。

allantannenbaum005.jpg

ニューヨークのパワフルさが伝わってきますねー。この写真家のおじさん有名なんでしょうか?よく分かりませんが、まだ色々もっていそうです。見たいナー。おじさんのツイッターはこちら

デトロイトのレコード工場の様子をWaajeed達が見学

デトロイトミュージックの伝道師Underground Galleryさんのツイッターで知った映像。
黒人音楽の本場、地元デトロイトのレコードプレス工場に訪れたWaajeedとInvincible。レコードを製造する現場を観察する真剣なまなざしの2人をご覧下さい。

archerrecord001.jpg
archerrecord002.jpg

映像がきれいなので、フルスクリーンでご覧いただけると思います。

Invincible + Waajeed: Manufacturing "Detroit Summer" 7" @ Archer Record Pressing from EMERGENCE Media on Vimeo.



ちなみに本日、NYの写真家第3弾を本日投下しようとしましたが、あまりにくどいのでこちらでお口直ししてください。明日はもちろん第3弾いきますよ!

NYの写真家が撮った有名アーティスト達

数日前に投下した、NYのナイトライフを写した、Allan Tannenbaum氏の写真サイトがやけに好評でしたので、セコく2匹目のドジョウを狙い再び同じフォトグラファーの写真を投下!
しかも小分け!明日以降にもう一発行きたいと思います!セコい?そうセコいんです!
明日もお付き合い下さいませ。

まずは

アーティストを撮った作品群

allantannenbaum002.jpg

この豪華なラインナップ見てください。
このおじさんツイッターやっているのですが、この写真の感じと比例してフォロー数の少なさが不思議ですねー。皆様ぜひぜひフォローしたって下さい。もちろん英語読めないのでどうしようもないのですが。
Allan Tannenbaum氏のツイッター

allantannenbaum001.jpg

スターはどう撮られてもやはり絵になる。シド・ビシャス男前ですね。明日もしつこくやります!では!

J Dilla - Donut Shop (FreEP)

J Dilla x Seratoの企画盤“Donut Shop”収録曲のデジタルバージョンが2dopeboyzでアップされております。アナログでも買いましたが、デジタルバージョンはPCDJやiPodで聴けるので嬉しいですね。

JDilla-DonutShop.jpg

コチラからダウンロードできます。
高音質(MP3 320kbps)の配信なのでPCDJで充分プレイ可能。未発表曲3曲も素晴らしいですし、 Mos Def、 Q-Tip、Busta RhymesのINSTもファンにはたまらないと思います。(B)

70年代のニューヨークナイトライフ

70年代の刺激的なナイトライフの写真を大量に掲載したサイト。
(下記は一部です)

最近は若者の性の乱れが...なんて話になることもよくあることですが、既に40年近く前から乱れております。もっと表現がおおっぴらにされていたのですかね。
ここに相撲取りが一人でも写っていれば、現代なら鼻水両穴から流して謝り倒さないといけません。家宅捜索もんです。

ALLAN TANNENBAUM

nynightlife005.jpg
nynightlife002.jpg

ブリちゃん似もいます。

nynightlife001.jpg
nynightlife004.jpg

黒マイケルとST氏も

nynightlife003.jpg


参考サイト → Groovin' High

DâM-FunK “The Future Sound of Modern Funk” Mix

Mary Ann HobbsのBBC Radio 1にて行われたDam-FunkのMIXがアップされておりました。
ドロドロビヨビヨな濃い口ファンク宇宙ビートを詰め込んだMIX。Grooveman Spot氏のAffectionもプレイされており、日本のファンとして嬉しいですね。熱帯夜に最適な雰囲気でオススメです。

damfunk-futureof-modernfunk.jpg

Moovmnt.comからダウンロードできますので今すぐMP3プレイヤーに入れましょう。(B)

» 続きはこちら


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












 | HOME | 

このページのトップへ