| HOME | 

任天堂オールドゲームの壁用シール

いまどきのキレイすぎる女性が登場する、CGと現実の区別がつかなくなるようなゲームはやっておりません僕ですが、なんだかんだこの手のは嫌いになれません。
サンプリングされまくりガンダム並にもうええわ感ありますが、その今更感が良いな。

Think Geek

nintendo_wall_graphics004.jpg
nintendo_wall_graphics001.jpg

下記のようなシールの仕様になっておりますので、自分好みの配置で楽しめるわけです。なんならゴリラの頭をマリオの頭と入れ替える、足場とはしごで字を書いてみるなど使い方は自由です。
ところでオフィシャルかどうかですが、どうでしょうか?そんな胡散臭いのがまた気になるわけです。

nintendo_wall_graphics002.jpg
nintendo_wall_graphics003.jpg

iPhone4用 竹製ケース

iPhoneに無縁なSLスタッフのもう一人の方がダメ押しでお届けする、只今話題沸騰中iPhone4の周辺アイテム情報。
皆様の好きな自然素材、竹製ケースが出ておりました。

grove

iphone4case001.jpg

登場間もなく、すでにアクセサリーが出てくるなんてやはりiPhoneの人気は凄いですね。
値段を見る限りは安そうですが、どこか輸入してないんでしょうか?

落としたら衝撃がダイレクトで本体に行きそうです。無難にゴムにするのも良いですが、やはりここは男らしく行っとくべきでしょう。

iphone4case003.jpg
iphone4case004.jpg
iphone4case002.jpg

iPhone 4 Bumper

iPhoneを持ってから2年近くになるわけですが、いつも携帯しているので心配なのが落下です。
前の3Gでは月に一回ペースで裸なら壊れてしまうだろうと思われるレベルの落下をしていましたが、ケースに助けられていたので今回も早速Apple純正ケースの“iPhone 4 Bumper”を購入。
ip4bu.jpg

» 続きはこちら

STRONG ARM STEADY feat SICK JACKEN - PRESSURE (Prod. by MADLIB)



男臭さ満点です。(B)

Francois Robert

少し前に色々なところで紹介された人骨を並べた写真を撮っているフォトグラファー、Francois Robertのウェブサイトで見かけた別のアプローチ。

francoisrobert001.jpg

持ち物を美しく配置し上から撮影しているだけですが、人の持ち物を見るのはなんだか楽しいですね。とにかく人のカバンを漁ってみたい衝動を抑えている方たちにとって、これさえあればもうその衝動(病気)が起きることも無くなるかもしれません。

私はと言いますと、言い訳ではございませんが、衝動にかられるだけで覗いたり漁ったりはもちろんしませんよ!本当に。

iPhone 4 購入

3Gの僕は横目でチラチラ見ながらも、なるべく3GS関連の記事を見ないようにし我慢していた一年が経ち、待ちに待ったiPhone 4の発売日でした。今回のiPhone4はWEB観覧のスピードアップ、カメラ機能向上、料金設定あたりで購入を決定。

iphoneblo.jpg

» 続きはこちら

Lo-Fi Piggy Bank ヘッドホン型の貯金箱

Fresh News Deliveryさんのサイトで知ったカナダのImm Livingというメーカーからのヘッドホン型の貯金箱。質感や白カラーがどんな部屋にも合いそうなデザイン。新しい音楽機材の貯金用に欲しいです。(B)
Lo-Fi+Headphone+Piggy+Bank.jpg

サンプリングラブ サポートTシャツ 発売決定 Jazzy Sport別注もあります!

かなり時間がかかってしまいましたが、ようやく
メドが立ちましてTシャツの件が進みそうです。
あれこれと考えましたが、SL内会議の結果このカラー
リングでいこうと思っております。

リリースにあたりまして、駆け出し中の駆け出しの、こ
んな我々に声をかけてくださいましたJAZZY SPORTさんに感謝。
くだらない事を本気でやれる環境があり、我々サンプリングラブ一同
は、本当に幸せだなーと日々思う次第であります。Tシャツのこ
れからの展開は随時また、発表させて頂きますのでよろしくお願いします。

yf_tshirt005.jpg

yf_tshirt001.jpg
yf_tshirt003.jpg


Novation Dicer

Novation社がSerato社と共同開発したキューポイントとループコントローラーの“Dicer”。

novationDICER.jpg

サイコロをイメージしたデザインでターンテーブルにある、7インチセンターアダプターの場所に設置できます。この手があったかという目からウロコな発想。手元なら操作もしやすそうですね。小型化していくデジタル機材は考えれば、まだまだ面白いものが出来そう。ペアで7月上旬発売予定で実勢価格は¥10500。(via:mtandtk)(B)



Bilal “Free” (prod. by Nottz)

9年ぶりのアルバム”Airtight's Revenge”がPlug Reserchより9月リリース予定のBilalの新曲“Free”がokayplayerにアップされておりました、プロデュースはNottz。ソウルフルなんだけど、どこかノスタルジックな感じですね、アルバムに期待が膨らみます。(B)

b_free.jpg


関連LINK→New Bilal Album

Idjut Boys Japan Tour 2010

idjutboys.jpg
ディスコ・サンプリング/リコンストラクションでその名を馳せたディスコダブのパイオニア的存在Idjut Boysが今年も来日!!

6.25(FRI) Osaka @sunsui
DJ: IDJUT BOYS, DJ Ageishi(AHB pro.), Akihiro(NIAGARA)

- Beyond the sexy lounge -
Special Guest: DJ Sneak-E Pete(samurai.fm/bluntedfunk)
DJ: Altz(F*O*L/Altzmusica), Mongoose(Newtone records)
Lounge Deco: G-light

OPEN 22:00
DOOR 3500yen with 1Drink
WITH FLYER 3000yen with 1Drink
ADVANCED TICKET INFO 3000yen with 1Drink
SUNSUIMART http://www.sunsuimart.net
INFO SUNSUI 06-6243-3641 http://www.sunsui.net
idjut_oosaka2.jpg

6.26(SAT) Tokyo @eleven
- Saturday Nite Live!!! -
DJ: IDJUT BOYS

OPEN 22:00
DOOR 3500yen with 1Drink
WITH FLYER 3000yen with 1Drink
INFO eleven 03-5775-6206 http://www.go-to-eleven.com
idjut_4c_out.jpg
TOTAL TOUR INFO AHB Production 06-6212-2587 http://www.ahbproduction.com

IDJUT BOYS (Dan Tyler&Conrad McDonnell from London)

映画会社で働いていたDanと、アメリカアリゾナ州のサボテン農場で働いていたConradが出会い、Idjut Boysを結成!そして、2人はパブ・レストランでPhreekというパーティーを始める。のちにそのパーティーはU-Star Dance Partyと名をかえ、1994年にはそのパーティー名と同じ名のレーベル U-STARを立ち上げる。Glasgow UndergroundからQuakermanとの共作アルバム『The Shoeing Your Deserve』のリリースと時を同じくして、Discfunction、NOIDという2つの別レーベルも始動させ、それらのレーベルを通じてAkwaaba、Rhythm Doctor、Cassio Ware、Maurice Fulton、Erot、Quakerman、Lajといった素晴らしい才能を送り出した。ダンスミュージックへの強い愛情をライブ感覚溢れたダブ処理とユーモア感覚によって昇華した彼らの作品は、単なるリコンストラクトに留まらないオリジナリティーに満ちており、そのdisco-dubなスタイルを確立する。
2003年、レーベルcottageをスタートさせ(ディストリビューターの倒産により現在休止中)、2008年、
cottageに続き新レーベルDroidもスタートさせた。最近ではロンドンのクラブMinistry Of Soundが配信するRadio Showで月一回のレギュラー番組を開始している。
MIX CD『Saturday Nite Live』、『Saturday Nite Live part 2』、『Press Play』からもうかがえるように、彼らのDJとは、巧みなミックスと創造性溢れる選曲で構成されるmadでグルーヴィーなダンスパーティーである。




(C)

今夏着る予定のTシャツ 第2弾

先日、RLPのアルバム発売があったばかりで、興奮冷めやらぬ"COSMOPOLYPHONIC"周辺ですが、なんとTシャツも出ております。私の2010年初夏の思い出にガッチリ食い込むコスモポリフォニック軍団はTシャツを作ってもいけてます。

cosmo_tee.jpg
cosmo_tee2.jpg

こちら私が入手した黒×水色のコンパに着ていっても恥ずかしくない漢らしさと、オサレ感が同居したナイスデザインのTシャツであります。

紋章モチーフで、超一流自転車メーカー「チネリ」を彷彿とさせる鎧に、先日お亡くなりになりましたメタル界の北島三郎ことディオさんでおなじみのハンドサイン(アフリカバンバータでも良いですね)、そして弱そうなちょっと溶け気味の百獣の王ライオン?グリフォン?の豪華組み合わせ。

鎧で騎士としての男らしさをアピールしつつも、弱々しい動物のような内向さと陰のある感じも同時にアピール。そして極めつけはロックのハンドサインで陽気なパーティー野郎だということも認識させます。
まさに男の憧れ、ピッチャーで、4番で、キャプテン。更に顔が良いみたいな感じと言えます。この夏の勝負服として是非ドーゾ。

Nikki Toole / Skater

Nikki Toole / Skater

nikkitooleskater.jpg

好きだった女の子を、バスケ部のキャプテンに持っていかれて以来、スポーツマン(古い)に逆恨みしたまま大人になってしまいましたが、唯一取り組んだスポーツはスケートボート。

大会以外勝ち負けが極めて曖昧。そして適度なモテ。そんな若き日の私の心を慰めたスケートボードですが、こちらは上記のようなスケーターたちを写した写真が載ったサイト。

スケートの写真の多くは、トリックをキメたりしているものですが、真正面からの突っ立った写真がなんとも新鮮。こういっちゃ何ですが、スケートが上手そうな人が載ってないような気がするのは俺だけ?

Eric Orr - DJ Robot Control Vinyl

Seratoから有名デザイナー達のアートワークをSerato Control Tone Vinylにして発売されていく企画“Artist Series”がスタートしました。
その第一弾としてEric Orrが登場。70年代後期よりHIP HOPコミュニティーに身を置きStrong City、Jazzy Jay、Busy Bee、SHOWBIZ&AG、LORD FINESSE、ZULU NATIONなどその他多くのロゴ&アートワークを製作したストリートアートの先駆者、最近では人気ブランドBBPとのコラボレーションも記憶に新しいですね。

Eric Orr - DJ Robot Control Vinyl
serato_EricOrr.jpg

PCDJユーザーには嬉しいマーキング用ステッカーとのセットで完全限定生産。国内ではSTOKYOで予約が始まっております。

ヒップホップのPVにも3Dの波が!?

こちらに載っておりました。

Rhymefest feat.Phonte



映画業界、家電業界は3D、3Dと昨年あたりから言われておりますが、ここに来てヒップホップのPVでも登場した模様。
ヒップホップのPVを3Dで見たいか?という疑問は置いといて、初の試みになりますので、これまた歴史に名が残るわけです。

私の家には例のメガネはありませんので、確認は出来ておりません。どうなんでしょう?
とくに飛び出さなくても、なんとなくこのPVが好きだな。絵の感じが。

Guilty Simpson - Ghettodes(Oh No Remix LP)

細かくチェックされている方は、もうご存知かと思いますがGuilty SimpsonのGhettodes (Oh No Remix LP)がStonesThrowのHPにてアルバム丸ごとFreeDLでアップされておりました。

GUILTY SIMPSON - GHETTODES
GUILTYSIMPSON-GHETTODES.jpg

このようなハーコーなアルバムは聴くだけで普段モヤシな僕でも男性ホルモンが1.5倍増量するらしく、自分がワルで強くなった気分になれる。そんなわけで夜道を歩く際に聴くため、iPodに同期完了した次第です。(B)

自転車組み立て ZUNOW編 完成しました!

まだやっていたの?という声が聞こえてきそうですがこれが最後。

既に出来ていてたまに乗り回しておりましたが、全てのパーツが揃い一応の完成を向かえることが出来ました。
まずしばらくの間工具を貸してくれた彼に感謝!ありがとう!

とりあえずこちらが完成した自転車

zunow2_001_20100609112157.jpg

やはりタイヤサイズがかなり小さめで、不思議な見た目になっております。
クランクやディレイラーなどは、優しいPOSSECUTS氏にもらいましたので安く済みました。ありがとうございました。

最後の仕上げとしてペダルはMKSのデッドストック。

zunowpedal_001.jpg

ハンドルは自作の革編み上げ

zunowgrip_001.jpgzunowgrip_002.jpgzunowgrip_003.jpg
zunowgrip_004.jpg

» 続きはこちら

Micheal Jackson Night 2010

今年のMichael Jackson追悼パーティーはこの2つで決まり!!

2010.6.25 FRI
"Keistar Productions presents Forever Michael"
@ Eleven Tokyo

schedule_image_83.jpg

Open: 21:00
Talk Show: 22:00

DJ:
DJ SPINNA

VJ:
VJ HAJIME

Special Guest Talk Event:
「マイケル・ジャクソン〜フォーエヴァー・キング」 吉岡正晴・西寺郷太・トーク・イヴェント

2009年6月25日、新たなソウル・サーチンへと旅だった"キング・オブ・ポップ" マイケル・ジャクソン。彼の功績を讃え、DJ Spinnaが来日、トリビュート・イベントを開催!マイケルが携わった数々の名曲、マイケルにインスパイアされたヒップ・ホップ/R&Bソングをロングセットでプレイ!! さらには吉岡正晴氏×西寺郷太氏によるスペシャル・トーク・イベントも!マイケル・ファン(マイケルを嫌いな人なんていないはず!!) にとっては見逃せない一夜になりそうです。
http://go-to-eleven.com/schedule/detail/65/2010/6


2010.6.24 SAT
"Michael Jackson Memorial Special Party"
@ Air Tokyo


Live: Peanut Butter Wolf ”Exclusive Live MICHEL JACKSON Video DJ Set”
peanutbutterwolf-1.jpg

DJS: VERBAL(m-flo/TERIYAKI BOYZ) and more

出演者の全員が MICAHEL JACKSON DJ SETを披露のスペシャルイベントの開催が実現!!!全米随一の激レアなビデオ・コレクションを駆使、誰よりも早くヴィデオ・ミックスに着目し今やVJ のパイオニアとしても世界中から注目されるPeanut Butter Wolfが。LAで行われたMICHEL JACKSON オフィシャル追悼イベントで2万人を前に披露した、マイケルジャクソンンのヴィデオ・ミックス セットを日本初披露する!!!そしてマイケルを誰よりも愛する日本のKING OF POP ことm-flo/TERIYAKI BOYZのVERBALの出演も電撃決定!!!
http://www.air-tokyo.com/schedule/20106/25.html
(c)

2010年6月9日発売! RLP /「WORKS」

今年のゴールデンウィークに"COSMOPOLYPHONIC"軍団として名古屋にライブをしに来ていた、RLPさんが新アルバムをリリースしました!

すでに一ヶ月前に音源を聴かせてもらっていたのですが(ノブ君ありがとう)、凄すぎる!本当にかっこいい。それ以外言うことはありません。皆様アップルストアでの先行販売となりますので是非どうぞ。COSMOPOLYPHONICの人たちは本当に素晴らしいな。いつもはふざけたことばかり書いている僕らですが今日は本気!
ちなみに昨日紹介しましたOil Worksからのリリースとなっております。

rlp001.jpg

[Track List]
01. bits n .dots. 1
02. Yesterday
03. feeel on
04. Color Of The Space
05. bits n .dots. 2
06. Longerx2
07. Skyscrap
08. 49T
09. Cromoly
10. Galuxyyy Railroad
11. Unplugged You feat. Invisible Corners
12. 003
13. Suitcase73
14. Shine feat. mfp
15. S kyscrap -CALLED UNDERSTANDABLE SOULS re:mix-

All Track Produce by RLP
Masterd by Green House


全国、全世界へと OILWORKSの世界観を発信する、新たな次世代ビートサイエンティスト登場!!!
サンプリングとエレクトロニクスが有機的に融合したコズミックかつソウルフルなサウンドを生み出すRLPによる待望のデビューアルバム!!!!
Olive Oilを筆頭に、ICHIRO_ , mfp等、国内外に常に一石を投じ続けているOILWORKS Recから大注目アーティストRLPによるデビュー作がリリース。

東京を拠点に活動を重ね、世界中に2万人以上のフォロワーを持つ日本発クオリティー・ポッドキャスト"Cosmopolyphonic Radio"をKez YM、sauce81らとともに主催。また、Amp Soul Generation、Vibes & stuff等の海外ラジオ、ポッドキャストでも度々デモ楽曲がプレイされ、[RUSH HOUR]発の大人気コンピ"Beat Dimentions"主宰でもあるJay Scarlettからのフックアップ、そしてOnra、Dorian Concept、Fulgeance等との共演を重ね、国内外から高い注目を集めている。独自のサウンドスケープを世界に向けて発信する注目のビートメーカー。

本作は自身が織りなすソウルフルで、耳に残る優しいメロディが響くサウンドに加え、J Dilla、FLYING LOTUSに通ずる、ハメとタメのあるビート。ブリッと効いたベースラインに飛びのあるシンセ音など、日本人には無い新たな感覚で唸らすエレクトロニクス・サウンドが詰込まれた全15曲。
ポッドキャスト"Cosmopolyphonic Radio"のメンバーによるユニットInvisible Cornersの楽曲を始め、ボーナストラックには、OILWORKS Recからリリースをした盟友・mfpとの合作や、スウェーデンのビートメイカーデュオである、called understandable soulsのリミックスを収録。
様々な角度で体感できる鋭利的なサウンドは、OILWORKSがを自信を持って世界に発信できる逸作。
マスタリングをGREEN HOUSE、そしてアートワークをMollweideGrafixが担当した、初回限定デジパック仕様!!!

6月9日iTunens先行配信!!!

[CDの発売日]
2010.06.18発売!
price : 2500yen (tax in)release : type : CD / デジパック仕様
Jan Code : 4997184910743


[News]
MYSPACE x DAXによる企画"MyX"に6月のアーティストとして特集が組まれています。
★MyX★
PVも見れます!!!!! 6/1より解禁!!!!

» 続きはこちら

KB x OLV "TRIPLE SIXXX PROJECT" プロモ用指輪

こちらのサイトで見たこの指輪が頭から離れません。今までのそんなに長くない人生の中で、指輪はほとんど付けたことありませんので(レコードに傷が付くから)、興味を持ったことが無かった訳です。しかしこちらの喧嘩が弱そうなドクロについてはなんだか気になっています。なんだか俺が守ってやらないと!ってな雰囲気が。

デザインはOIL WORKSPOPY OIL氏。

666xxxskull2.jpg
666xxxskull1.jpg
666xxxskull3.jpg


KB x OLV "TRIPLE SIXXX PROJECT" のプロモーションツールとして制作され、関係者が装着しているとのことが書かれておりましたが、6月下旬には一般人の我々にも買うチャンスがあるようです。

sixxxproject.jpg

気になるなー。

Low End Theory Podcast Episode 15: Gaslamp Killer and Lorn

ep15cover.jpg
LAの名物パーティーLow End TheoryのPodcast最新作Episode 15がアップロードされておりました。
今回はマッドビーターGaslamp Killerが登場!!
ダブステップ/ドラムンベースからドリーミー/ジャジーなダウンビートまで縦横無尽に駆け巡る、Gaslamp Killer節炸裂のMix!!湿気の多いジメジメとした日にズッドーンとイッちゃってください!!

DL

http://www.myspace.com/thegaslampkiller

(c)

In Control Vol. 1: The Ultimate Collector's Edition (LIMITED EDITION PINK & BLUE VINYL + SLIPMATS)

偉大なるプロデューサーMarley Marlの1stアルバム“In Control Vol. 1”アナログ盤がコレクターズエディションとして、再発されます。しかも今回はCold Chillin'カラーでもあるピンクとブルーのカラーVINYL2LP仕様で、さらにはCold Chillin'ロゴ入りスリップマットもセットとなっております。

marleymarl-2lp_ands.jpg

2枚のカラーVINYLをターンテーブルに乗せれば目がチカチカすること間違いなし。
Stones Throw Storeで販売されておりました。(B)

Kenny Dope Sound Cloud

ブログのネタでは、お世話になりまくっている楽曲配信共有サービスSoundCloudですが今回はKenny Dope氏のアカウント。下記にあるSoulMix以外にも、これ頂いても本当にいいんですか?というような良質なMIXがいくつもありますので皆さんも是非チェックを。(via:bentheace.com on Twitter)(B)

Kenny Dope SoundCloud Account
Kenny_Dope_0605.jpg


Angel Echoes (Caribou remix)

Four Tetのニューアルバム“There Is Love in You”の一曲目に収録されている、“Angel Echoes”のRemixがSoundCloudにアップされておりました。カナダのエレクトロニカ・アーティスト、Dan Snaith aka CaribouによるRemixでフリーでDLできます。オリジナルとは印象の違うハードさがあり、地下っぽさがそそります。(B)

Fortet_remix.jpg

KING BRITT presents SOUL LITCHFIELD

今年の頭にブログで紹介したSoul Litchfield ですが、“Soul Litchfield – Headnod Acrobatics Volume 1”というアルバムがDigital Only Releaseされていました。視聴したのですが、ハードなエレクトロニカで重くてモタつく様なビートな内容です。全17トラックにExclusive Soul Litchfield Live Mix (37′22)のおまけ付きです。

“Soul Litchfield – Headnod Acrobatics Volume 1”
SNS003.jpg
アルバムの中の一曲“Dice Toss”がMoovmnt.comでアップされており視聴できます。アルバム全体の視聴、音源の購入は Saturn Never Sleeps label でどうぞ。(B)

実家でiPad

久々に実家に帰りましたら、発売したばかりのiPad Wifiがありました、新しいモノ好きの血は争えません。という事で小一時間触ったザックリな感想を。

ipad_1.jpg

見た目よりかは、程よい重量感、iPhoneを見慣れているので大きい画面の見やすさに少し感動しました。
実家はケーブルテレビの回線を無線で繋いでいるのですが、ストレスのないレスポンスでサクサク見回りが出来る。バッテリーの持ちもノートPCと比べるとかなり良いでしょう。

» 続きはこちら

芸能人による三流ホームページ

まるで芸能人本人が自ら、忙しい芸能生活の合間のちょっとした時間でこしらえたかのような、一昔前の懐かしい匂い漂う手作り感満点のホームページがまとめてあります。誰も止めなかったのが不思議です。

Web冷え汁

お馴染みのノンスタイル井上から、誕生日の記者会見はすでに伝説となりつつある西田ひかる、デンカこと大御所小野寺昭、そしてお金持ちだと思っていたつんくまで、お母さんが公民館で習って作ったような仕上がり。

nonstyle_inoue.jpg

これらの匂うホームページ紹介のトリには渡辺徹のサイト分析(秀逸)が載っており読み応え満点。
私としましてはこういう雰囲気が好きですので、5年後も10年後もずっとこのままであって欲しい。DIY万歳!
(自分で作ったかは不明)

ペーパークラフトで作るシンセサイザー

Dan McPharlin

danmcpharlin005.jpg

シンセサイザーをダンボールや紙で作ってます。
写真で見たとおりのシンセサイザーへの異常な執着で、かなりの細密な仕事であります。

danmcpharlin004.jpg
danmcpharlin003.jpg
danmcpharlin001.jpg

女子の憧れシルバニアファミリーの家の中に、これらをぶち込んでも自然な見た目であろう完成度に星三つ。

検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












 | HOME | 

このページのトップへ