| HOME |  NEXT »

「Harvest」 スケートボードをリサイクル

使い古されたスケートボードをリサイクルして、アクセサリーやオブジェを作っています。
板って、間にきれいな色挟まってるよなーって、今更ながら思い出しました。

harvest1.jpg

何から何までかわいいです。僕は、とりあえずスウェット欲しいなと思いました。
もちろんキーホルダーもハンガーもオブジェも、全部欲しいんですが...。
僕の住んでる町には売ってないみたい。どうしよう?

どのアイテムも素敵すぎて死ぬほど可愛い。シャンデリアも欲しい。
Harvest

Recomposed by Carl Craig & Moritz von Oswald

41GAb5Dp6oL._SS500_[1]
デトロイトテクノ第2世代の最重要人物Carl Craigと、ミニマル・ダブの雄Moritz(Basic Channel)が、クラシックの名曲を再構築した驚きの企画アルバムをリリース!!
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮によるベルリン・フィルーモニー管弦楽団の音源から、ラヴェル「ボレロ」「スペイン狂詩曲」、ムソルグスキー「展覧会の絵」をセレクト。制作に一年近くかかったという気合の入った一枚となっております。



Carl Craigネタはコチラ
Paperclip Peopleネタはコチラ
Innerzone Ochestraネタはコチラ




David Byrne & Brian Eno "Everything That Happens Will Happen Today"

61hyLsDGd7L._SS500_[1]
約30年ぶりのコラボとなるDavid Byrne & Brian EnoのNewアルバムがリリース!!
CDは11月にリリースが決定!!

更には"songs of david byrne and brian eno"のツアー・タイトルでDavid Byrneが7年ぶりに来日公演することが決まったみたいです。
大阪・横浜・東京で計4公演が行われ、その名の通り、彼とBrian Enoの共同作業によって生まれた楽曲のみに焦点を当てた特別セットが披露される予定。
Talking Heads時代の名作"Remain In Light"から、最新コラボ・アルバム"Everything That Happens Will Happen Today"まで、2人の天才による先鋭的な楽曲の数々を生で体験できます!!
おっさん涙!!



↓Newアルバムの試聴&配信を行っている特設サイトはコチラ
http://www.everythingthathappens.com/ 




〈DAVID BYRNE ON TOUR songs of david byrne and brian eno〉
1月23日(金)大阪・なんばハッチ
開場 18:00 / 開演 19:00 チケット代:8,500円
問い合わせ:キョードーチケットセンター 06-7732-8888
 
1月25日(日)神奈川・横浜ベイホール
開場 17:00 / 開演 18:00 チケット代:8,500円
問い合わせ:クリエイティブマン 03-3462-6969
 
1月27日(火)、28日(水)東京・渋谷AX
開場 18:00 / 開演 19:00 チケット代:8,500円
問い合わせ:クリエイティブマン 03-3462-6969




Taking HeadsをSampling-Loveで検索
Brian EnoをSampling-Loveで検索



今秋オススメのブルーアイドソウル

41rqWvj5xYL._SS500_[1]
■ROBIN THICKE / SOMETHIN' ELSE
PharrellのレーベルStar TrakからデビューしたブルーアイドシンガーRobin Thickeの2ndアルバム!!
メローな曲多めで、大人なR&Bアルバムって感じなのでしょうか、
もちろんアップテンポチューンも収録していて幅広い内容で楽しめます!

You're My Baby

Sweetest Love





51GkoCwLEpL._SS500_[1]
■JAZZANOVA / OF ALL THE THING
ドイツのクロスオーバーグループJazzanovaが"In Between"以来約6年ぶりにアルバムをリリース!
こちらは曲を作っているのは白人(ブルーアイド)ですが、フィーチャーしているアーティストは黒人さんが目立ちます。
その豪華フィーチャーアーティストはLeon Ware、Dwele、Paul Randolph、Jose James、Joe Dukie、Azymuth、Ben Westbeech、Bembe Segue、Five Corners Quintet等。
今作は本当素晴らしいソウルアルバムになっていて、トラックのクオリティーも凄く高く、ストリングスの響きがこれからの季節にかなりシックリくるのではないでしょうか。
本当良い曲ばかりで大推薦です!!

Let Me Show Ya Feat.Paul Randolph

Snippet


Jazzanovaネタはコチラ



ドラゴン、IGFに参戦!

藤波辰爾(54)が27日、都内でIGFアントニオ猪木社長(65)とともに会見し、IGF愛知大会(11月24日、愛知県体育館)参戦を表明した。藤波は「猪木さんを目標にプロレスを始めた10代のころの気持ちに戻って、もう1度猪木さんのもとでやりたいと思った」と原点回帰を強調。
今後のIGFに定期参戦する意向を示した。猪木社長も「活性化のための1つのスタートライン」と藤波参戦をプロレス界復興の起爆剤とするつもりだ。対戦カードは未定だが、藤波は「猪木戦が実現できるように仕掛けていきたい」と熱望した。

inohuzinami.jpg

宮戸、ビル・ロビンソン(U.W.F.スネークピットジャパン)との合体と今回の師弟関係復活。
カードは未定ですが11.24の愛知大会はかなり面白くなりそうな予感。
格闘技がプロレスよりも上に見られている風潮がありますが、ガチンコの格闘技の試合があっても、勝負論のない消化試合なら興味はでない、逆にシナリオのあるプロレスの試合の中でも、選手個人の感情やリアルな攻防を見ることができれば、それは格闘技よりも上の緊張感を出すと思います。
他の団体に比べ昔ながらのプロレス本来の武骨さや胡散臭さ、何か起きるんじゃないかと思わせるドキドキ感のあるIGFに期待しています。

APPROACH , LAVA DOME , MAGMA

1989年に誕生したNIKEが誇るアウトドアカテゴリー「A.C.G.」の名品がVINTAGEシリーズで復刻され注目をあびましたが「A.C.G.」3モデルのニューカラーが登場。AIR APPROACH MID、AIR LAVA DOME、AIR MAGMAを現代風にアレンジを加えアップデートされ11月に発売されるようです。
acgnike.jpg
acg2.jpg
90年代アウトドアテイストなカラーリングが最高です。
個人的にAIR APPROACH MIDが好みでシルエットは結構モッサリしてそうなんですがこれから寒くなるのでアウターとのバランスが良さそうです。

John Legend "Evolver"

41OQlL2YQCL._SS500_[1]
John LegendのNewアルバムチェックしました!!

全体的にポップスな仕上がりで、エレクトリックなトラックの曲が目立ち、
旬も取り入れつつ聴きやすい内容で今作もかなり良いです!
ってゆうかJohn Legendさん歌が良すぎてトラックが曇って聴こえちゃいますね、

めずらしくYoutubeにアルバムの音源があまりアップされていなかったので、
先行シングル"Green Light"のみの紹介です、そのうちアップされるのでしょうか、、
でもこのOut KastのAndre3000をフィーチャーした"Green Light"がまた最高なんですよね!
エレクトロなトラックに甘い歌声がたまりません!個人的にはベストトラックかも。


John Legendネタはコチラ


※右の日本盤はボートラ3曲と初回限定でDVDが付きます。

Menahan Street Band "Make The Road By Walking"

MakeRoadWalking_PRINT[1]
Jay-Zが"Roc Boys"でネタに使用した"Make The Road By Walking"で一躍有名になったNYはBrooklynのファンクバンドMenahan Street BandのNewアルバムがリリースされました!

数ある現行ファンクバンドの中でもメロディーセンスに長けていて、演奏も上手だし、更にはすっきりしたマスタリングでサウンドセンスも良いから、聴きやすくて凄く気に入っております!!

↓サウンドチェックはコチラ
http://www.myspace.com/dunhamrecords





頑張れファイフ!!

PHIFE.jpg
A Tribe Called Questのメンバーとして知られるラッパー、Phife Dawgが腎臓移植手術を受けた。

ファイフは1990年に糖尿病と診断されたものの、医師の勧めを聞かずに脂肪、糖分、アルコールを避けなかったことから92年には体調を崩したという。その後長期に渡り闘病生活を続けたものの、2000年から体内の血液内の老廃物を定期的に浄化する人工透析を受けることになり、その結果、劇的に体重が減少。病状は悪化を続け、2002年には救急車で運ばれ入院するなどしていた。

術後順調に回復しているみたいです。

「頑張れファイフさん!」とATCQファンの私は心の中で応援しています。


人工透析で思い出したのですが、
先日来日したときライブを見に行ったのですが(もの凄くカッコよかったです)、トランペットプレイヤーのRoy Hargroveも現在人工透析を受けているみたいですね、
roy_hargrove_06_lugo2006[1]
Roy HargroveはD'Angeloと仕事をしているってことだけで大ファンなんです(ミーハーもろだし。もちろんそんなこと関係なしに大ファンですが)。

頑張れロイさん!


PHIFEネタはコチラ
RH FACTORネタはコチラ

Parra x Incase Curated by Arkitip

Rush HourやStones Throwのアートワークでお馴染みのParraがデザイン、L.A.発のアートマガジンArkitipが企画の Iphone 3G case、Sleeve for the MacBookが登場。
parra.jpg
parraiphonescreenshot_13.jpg
ベースは米国のバッグメーカーIncase社。
Parra独特の色使いや手書き感が素晴らしい。
Arkitip

Illa J "Yancey Boys"

l_117440f4cff9498681fddb8deff7d53a.jpg
先行シングル"We Here" & "R U Listenin'?"も最高だったJ Dillaの実弟Illa Jのフルアルバムの発売が決まりました!!
全曲J Dillaがプロデュース!!!!!涙!!!!!


1. Timeless (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
2. We Here (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
3. R U Listenin'? feat. Guilty Simpson (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
4. Alien Family by Frank Nitty (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
5. Strugglin (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
6. Showtime (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
7. Swagger (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
8. Mr. Shakes (Skit) aka Affion Crockett (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
9. DFTF feat. Affion Crockett (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
10. All Good (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
11. Sounds Like Love feat. Debi Nova (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
12. Everytime (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
13. Illasoul (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))
14. Air Signs (Produced By: Jay Dee (aka J. Dilla))

AFRA&INCREDIBLE BEATBOX BAND / World Class

祝リリース!

WORLDCLASS.jpg

ヒューマンビートボックスバンド AFRA&INCREDIBLE BEATBOX BAND の
ニューアルバムがリリースされました。
Chara、RYO the SKYWALKER、コトリンゴ等をゲストに向かえております。

特典DVDの方を見たのですが、ヒューマンビートボックス講座が収録されており、内容がかなり面白いです。実際に地元の友達?風な素人男性?を被験者に使い、基礎的な部分を教えていくのですが、やりとりがテンポよく、さすがに関西人といった感じです。

今まで、ヒューマンビートボックスのHow Toって無かったように思うのですが(間違えていたらすみません)、興味のあった君はこのCD買って早速ビートボックスを始めてください

oddjob records

デヴィッド・クローネンバーグ監督 「Eastern Promises」 のDVDが発売

映画ストーカーの友人S君と一緒に見に行った映画、 「Eastern Promises」 が2008年11月14日にDVDで発売します。

監督:デヴィッド・クローネンバーグ
キャスト:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル 等

1280_1024_1.jpg

日本公開前からモノホンのロシアンマフィアも納得とか、裸の格闘シーンが話題だと、S君に聞いておりましたが、その通りすんごい迫力でした。
最後まで途切れない緊張感や、ヴィゴ・モーテンセンの演技のスキルもあり、あまりたくさん映画を見ていないですが、僕なりの今年ナンバーワンに映画です。

18837280.jpg


S君ありがとう!僕もヴィゴ・モーテンセンみたいに漢らしくがんばるよ!


大阪・神戸・京都旅行 京都編 最終回

神戸を出て万博公園に寄り道。想像していたよりでかい太陽の塔でした。

P1010162.jpg

京都到着。古い建物がたくさんあって良い町です。

P1010167.jpg
P1010171.jpg
P1010174.jpg

» 続きはこちら

R.I.P. Dolemite

1022830_356x237[1]
RRM.jpg
日本ではあまり馴染はないですが、アメリカではカルト的な人気を誇るX-Rated系コメディアン兼ミュージシャン、映画監督、俳優のRudy Ray Mooreが10月19日に亡くなりました。享年81歳。

レアグルーヴ・ファンにはお馴染みファンキーキラーチューン満載のサントラ"Dolemite"、
海外ではコレクターも多いRudy Ray Mooreの喋りがつまったエロ・ジャケ・レコード等、
日本人でも見れば色々な意味で上がるアイテムで楽しませてくれました。
ご冥福を祈ります。


DSC06284.jpg
↑Pro.By Rudy Ray Mooreの喋りレコード。
ジャケはそのまま載せれないのでボカシを入れました。
所謂愛の48手の一部が周りに載っています、
Rudy Ray Mooreの顔をよく見ると別の体の写真に顔だけ合成してあります。
内容は喋っているだけ、残念ながら英語が解らないので何を言っているのか解りませんが、
SIDE Bでは女性が"Fu*k Me"、"M*tha Fu*k"を連呼しています。

R.I.P. Levi Stubbs

Four_Tops_singer_Levi_Stubbs_dead_at_72[1]

50年代に結成され、Motownの一時代を築いたR&Bヴォーカル・グループ、Four Topsのフロントマンだった、Levi Stubbsが10月17日、自宅にて亡くなった。享年72歳。
ご冥福を祈ります。

Reach Out I'll Be There


Ain't No Woman Like The One I Got


Four TopsでSampling-Love検索

DJ Dusk's Root Down Soundclash

2006年に他界したLAのカリスマDJ Duskを中心としたイベント"Root Down"の6大プロデューサーがサウンド・システムを持ち出し、どちらがより観客をロックするかを競うSoundclash伝説の3夜の模様を収録したDVDがMochillaから登場。

対戦カードは
CUT CHEMIST (JURASSIC 5) VS MADLIB
EXILE (EMANON) VS OH NO (STONES THROW)
THES ONE (P.U.T.S) VS WILL I.AM (B.E.P.)
Dj Dusks root down Soundclash (DVD)



MPCなどのサンプラー、ターンテーブル、キーボードなどの普段から出演者がトラックメイキングで使用している機材使ってのなんでもありなLIVE!!観衆の熱気がビシビシ伝わる完全ノーカット版!
プロモ動画だけでも十分、興奮しました!THES ONE の衣装が髭男爵みたいでGOOD!
2008年秋には、本作参加メンバーを招集した一大イヴェントも開催予定とのことです。


RIOW ARAI

ip
http://www.riowarai.com

日本屈指のビートクリエーターRIOW ARAIさんのBlogでSampling-Loveが紹介されていました!!

RIOW ARAIさんは、サンプリングを細かくカットアップしたりと、サンプラーを駆使して、日本人離れしたセンスで凄まじいビートを組み上げる、カリスマ・ビートクリエーターなのです。

私はRIOW ARAIさんのデビュー作からチェックしていたのですが、
初めて聴いたとき凄い衝撃を受けました。
本当その当時RIOW ARAIさんの出現に驚いた人は多いのではないでしょうか。
今でも一環したスタイルで、相変わらずカッコいいビートを作り続けていて、
新たなビートマニアを虜にしているのではないでしょうか。

そんな御方にSampling-Loveを紹介して頂き非常に嬉しく思います。
Blogも色々な話題が載っていて面白いですよ。


7thアルバム"SURVIVAL SEVEN"からの一曲。
Death Braeks

大阪・神戸・京都旅行 神戸編

いまさらですが、旅行レポートの続き。自分でも旅行へ行ったことをの忘れていました。

神戸到着後、まずはずっと行きたかったバイク屋、ナイスモーターサイクルへ行きました。
大量のビンテージハーレーがお出迎えです。ちなみにお店のブログも最高です。

ナイスモーターサイクル

P1010116.jpg

P1010101.jpg

» 続きはこちら

Q-Tip / Move (Video)

11月にセカンドソロアルバム"The Renaissance"がUniversal Motownより発売予定のQ-Tip

Qtip.jpg

"The Renaissance"のからの新作PVがアップされていたので紹介します。
手がけたのはJay-Z, Nas, Snoop Dogg, The RootsなどのPVも製作した売れっ子 映像ディレクターRik Cordero。

≪Q-Tip/Move Produced By J Dilla≫


このPVをokayplayerで見たのですが、どうやらMichael Jackson/Rock With YouのPVが元になっているようです。

Michael Jackson Rock With You PV

どちらも格好良いのですが尋常でない腰つきと衣装のラメの光っぷりでMichael Jacksonが勝っているように思います。

Q-Tipの元ネタはコチラ

Madlib / Beat Konducta Vol. 6: Dil Withers Suite

beat-konducta-vol-6-dil-withers-suite[1]
MadlibのBeat KonductaシリーズVol.6の発売が発表されました。
このシリーズはVol.1-2、Vol.3-4とセットで発売されたので、
今回も当然のごとくVol.5とVol.6のセットでリリース。

Vol.5-6のテーマはTribute to J Dilla。

サブタイトルはVol.5の"Dil Cosby Suite"に続き"Dil Withers Suite"、
Bill CosbyとBill Withersのモジリなのかなとか勝手に考えちゃったりして、、

1. Dill Withers Theme
2. First Class (The Best Catalogue)
3. Lifetime (Lifeline)
4. The Electric Zone (Plugged In)
5. So Much (Music)
6. Smoked Out (Green Blaze Subliminal Sounds)
7. Another Bag of Bomb (No Seeds)
8. All Love (The Movement)
9. Detroit Playaz (Gator Walk)
10. Blast (Computer Rock)
11. J.B. and J.D. (Interlude)
12. Never Front (Ears Up)
13. Dillalade Ride (Contact High)
14. Suffer (Concentration)
15. Show Me The Good Life (Chip Stack)
16. Slapped Up (Snap N’ Clap)
17. Another Batch (Play It Again)
18. Full Figure Pockets (Pay Jay)
19. Smoke Interlude (Hawaiian Punch)
20. The Sky (Beyond Sight)

http://www.stonesthrow.com/store/album/madlib/beat-konducta-vol-6-dil-withers-suite

The Foreign Exchange "Leave It All Behind"

61r3OMgpFcL._SS500_[1]
Little BrotherのフロントラッパーPhonteが歌を担当し、トラック担当のNicolayの二人によるユニットThe Foreign Exchangeの待望のNewアルバム"Leave It All Behind"をチェックしました!!

1stアルバムに比べよりソウルフルかつクロスオーバーな上品な仕上り、
より幅広いリスナーにひたしまれそう、
相変わらずPhonteの歌、コーラスワークも最高!
現代のピュアなソウルミュージックが聴けます!

個人的なベストトラックは、
All or Nothing / Coming Home To You feat. Darien Brockington


他にも良い曲満載です!


DJ QuikがDr.Dreの近況を語る


Dj QuikがLoud.comのビデオインタビューでDr. Dreの新作"the Detox LP"について語った。

「あの男はBurt Bacharach(著名な大御所アレンジャー/作曲家/ピアニスト)からピアノレッスンを受けてたよ、ショパンとかそういう曲を弾きなおしてた。クレイジーだ、400曲ぐらい作ってた。オレは4時間くらいしか彼のスタジオにいなかったけど、多分60曲くらい聴いたかな。(中略)本当にクレイジーだ」とコメント。

"the Detox LP"はDr.Dreが数年に渡り制作を続けていると言われてきたアルバムで、ついにリリースが近づいていると言われている。

Dr.Dreの新作に期待が高まるばかりだ。

R.I.P. ALTON ELLIS

alton_ellis[1]
ロックステディーの父、レゲエ界の大御所シンガーAlton Ellisが10日に亡くなりました。享年70歳。
最近ではSean Paulが彼の名曲"I'm Still In Love"をカバーしていたので若いリスナーで耳にしたことをある人もいるでしょう。
自分は10代のころにロックステディーにハマっていてよくAlton Ellisを聴いていました、特に彼の代表曲である"Rock Steady"が大好きでした。
ご冥福を祈ります。

http://www.myspace.com/altonellisod

Rock Steady

崖の上からみちのくドライバー

プロレスファンの方はご存知かもしれませんが、まだ知らない人もいると思うのでBlogでも紹介したいと思います。
北米インディープロレス界を渡り歩くケニー・オメガ。最近では日本に来日してDDTに参戦している選手で得意技が『波動拳』。一部で話題騒然になったYouTube動画を紹介します。



家でスーパーマリオをプレイ中のマイティー・ジョーにケニー・オメガがいきなり挑戦し、プロレスが始まり、リビング→キッチン→庭→湖→崖と戦場を変えていくという最高な展開。
とにかくいろんな場所での戦いっぷりが半端ではなく、驚愕のフィニッシュが!!
プロレスの素晴らしさが再確認できる動画です。

Special Jurassic 5 Reissue Coming Soon

惜しまれつつも解散したヒップホップグループ、Jurassic 5の11周年記念「J5 Re-issue」と題されたCDとDVDの3枚組特別企画盤がDecon Recordsより、リリースされることが発表されていたので紹介します。
J5DRE.jpg
デビューEP"Jurassic 5 EP"に、「Jurassic Period」と題されたドキュメンタリーと、LIVE映像やミュージックビデオを含むDVD、さらにはLIVE、出演ラジオの音源など17曲にも上るレア曲、未発表曲を収録。

なぜに11周年!?という中途半端さが違和感を感じるものの初期の作品はどれも最高の内容ですし、LIVE映像は楽しみです。
数年前にLIVEを見に行ったのですが4MCのパフォーマンスだけでもパーティ感がありHIPHOPらしさを存分に味わわせてくれるし、CUT CHEMIST&DJ NU-MARKのスクラッチ合戦やおもちゃの楽器を使ってのブレイクビートなど、最高のHIPHOPエンターテイメントショウでした。


» 続きはこちら

J Dilla Unreleased Tracks



以前からネット上に出回っていたJ Dillaのアンリリースド・トラックが、
最近いくつかYou Tubeにもアップされていたので、軽くまとめてみました。
上の動画はJ Dillaのスタジオを撮影した貴重なものです。

なかには聴いたことのないトラックもいくつかあり、
一人で興奮していました。

これ本当J Dillaなのと疑ってしまうのもありますが、
全て素晴らしいです。

J Dillaのトラックはできれば全部アナログ盤でリリースしてもらいたいです。

» 続きはこちら

People Under The Stairs "Fun DMC"

00_People_Under_the_Stairs_-_Fun_DMC[1]

サンフランシスコのアンダーグラウンドヒップホップ・グループPeople Under The StairsのNewアルバム"Fun DMC"をチェックしました。

まずはタイトル"Fun DMC"、、、熱いです!
そして内容は相変わらずのサンプリングを中心とした、独特な乾いたサウンドのトラックで、
90'S好き、PUTSファンの期待を裏切りません!!
むしろ最高傑作かと思ってしまうくらいカッコいいかもです。

アルチメイトブレイク&ビーツのブレイクを盛り込んだ"The Ultimate 144"


PEの名曲使いの"Party Enemy No 1"


なんてのも収録してます。

Common & Kanye

CommonとKanyeの新作PVが良いですね!

12月9日発売予定のアルバム"Universal Mind Cotrol"からの先行カットでアルバムのタイトル曲。
かなり凝った未来的なPVが◎!!
アルバムはThe Neptunes、Kanye West、NoI.Dがプロデュースしてるみたいです。



11月25日発売予定となったKanye WestのNewアルバムから既に大人気の先行シングル"Love Lockdwon"のPV。Kanyeさんカッコよくキメすぎです、まるで別人ですね。
センスの光るPVで気に入っております。


この人達の新作は毎度のことながらかなり期待しています。

Commonネタはコチラ
Kanye Westネタはコチラ

Moodymann最近ワーク

デトロイトのブラック・ハウス・プロデューサーMoodymannの最近の仕事。

・Jose James / Desire & Love -Moodymann Remix-
Giles PetersonのレーベルBrownswoodからデビューした、ジャズシンガーJose JamesのRemix。
シンプルでムーディーなトラックで仕上げたエロさ満点の極上チューン!!
img55600238[1]

・Sascha Dive / Deepest America -Moodymann Remix-
デンマークのビートダウンハウス・クリエーターSascha DiveのRemix。
Leela James"Music"の声をサンプリングした骨太ダンストラック!!
後半のアシッドな展開も◎!!
CS328179-01A-BIG[1]

・Moodymann / Det.riot
そして近々リリース予定の5曲入りEP、KDJ37LP。
1967年のデトロイト暴動がタイトルみたいです。
3年くらい前にプロモが配られたらしい変態キラートラック"Freeki Mutha F*cker"収録!!
リリースが待ち遠しい!!
9790[1]
Freeki Mutha F*cker (Live)


ここ数年にみられるサンプリング少なめのスタイルですが、
なにをやらせてもMoodymanは最高ですね、間違いないです!!

検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)















 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ