| HOME |  NEXT »

MPCやその他機材の修理&カスタム店 「GHOSTINMPC」

昨日、AkaiのMPCシリーズやその他ドラムマシンなどのリペアやカスタマイズをするお店「GHOSTINMPC」が、テレビ神奈川の記事で取り上げられていたことをツイートしたところ、自分が思っていたよりたくさんの人にリツイート&お気に入りされて驚きました。

手軽に始められるということでPCでの音楽制作が主流になっていると思いますが、その一方でやれることに制限があったり、機械の持つ個性が色濃く出て楽曲に影響を与えやすい、こうした古いドラムマシンなんかに再び光が当たっているのかなというのと、日本人の特性として直して使うのが好きだとか古い道具を大事に使っていくのを美しいと思う感性もあるでしょうし、和風総本家のような感覚で作業を見て楽しむ人が多いので、たくさんの人が見たのかなとも。

その動画

MPCの基盤のハンダを吸ったり付けたり、通電を確かめたりと作業の様子が見ていて普通に面白いですし、職人の川又啓さんもクラブミュージックを作る機材の人というより、伝統工芸を引き継いだ寡黙な職人みたいに見えますし、ATCQ柄のMPCとかニュース見た老人は何の機械でなんでこんなに派手なのか分からないでしょうし、地域のニュースにこうしたニッチなものを落とし込もうという心意気が色々見ていてバランス的に面白いので、皆様もお昼ご飯のお供に是非。

ちなみに使用者としてオープニングの部分では、無表情でパッドを叩く@KeitoZOLGELさんと、後半に使用者の意見みたいなのでSimi LabのOMSBさん(@WAH_NAH_MICHEAL)も登場します。



GHOSTINMPC

ghostinmpc01.jpg
ghostinmpc04.jpg


ghostinmpc02.jpg






[DJ Oni]使える808 & 909キックの販売 & [Gradis Nice]ドラムキット

トラック制作をしないとは言えドラムの話などはやはり興味深いですし、いざ自分がトラックを作ることになったらと想像したら、サンプリングCDやアルティメットブレイクス&ビーツ、実機は金銭的に難しいので808のその辺に落ちている音源を拾ってやるでしょうが、それがちゃんとしているかやそれらを使って太くて重い音が作れるかは分かりませんし、ドラムがヘボければ恐らくはダサいだろうなと想像しただけで震えが止まりません。

そんな人々の為に、DJでエンジニアのDJ Oniさんがドラム(キック)の作り方なんかを解説してくれていたりしますが、恐らくちゃんとできるまでに随分とかかると思いますので、ここはいっちょその解説しているご本人が作ったドラムキットはいかがでしょうか?



TR-808のドラムを加工した44.1khz/24bit 計 74個というダンスミュージック向けで

・ 他のキックと重ねやすいものを中心とした36個
(ディケイのショートやロングが5種、ピッチを下げたもの1種を1セットとし、6パターン)
基本、コンプは使ってないのでさらに加工しやすいかと思います。もちろん単体でも使えますし、重ねてキックの補強にも使えると思います。

・ 単体で使いやすい38個
ローファイキックを中心とした、重ねなくてもキャラクターがあるキックが38個

という、内容です。
お値段は1,500円。ちなみにブログには他にもトラック制作に役立つ話や、おばさんが出てくる安いソープの話など様々なためになるコラムがありますので、まだ見たことのない方は是非。



[DJ Oni]使える808キックの販売

djoni_drumkit.jpg




[追記]
追ってダンスミュージックの定番でありますTR-909のキックも販売開始になったようです。こちらも808同様マストな内容であります。素の909キックに程よく低音を注入したキックが48個、テクノ向きの909キックのループを55個 が収録。


使える909キック

909kick.jpg








そしてもう一つは、本日の上記ドラムキットのポストをしようとしていた時にたまたま見かけた件で、先日Issugiさんと一緒にアルバムを出したばかりのGradis Niceさんによるドラムキットがフリーダウンロードで公開。こちらはもうオーセンティックなヒップホップ感丸出しなザラッとローファイな仕上がりです。こちらは無料です。期間が限られておりますのでお早めに。

[Gradis Nice]ドラムキット


ちなみに先日リリースされた、そのIssugi & Gradis Niceのアルバムも最近ちょくちょく聴いております。最新のUSヒットなどで使われるサウス以降のトラックはそれはそれで上手く乗っている人も見かけますし旬なのも分かりますが、なんだかんだ言っても日本のラップにはこういうオーセンティックなトラックが合うのだよなぁとこれ聴いてまた思ってしまいました。


Issugi & Gradis Nice / DAY and NITE

isggdn_dayandnight.jpg



Lyric Speaker

既に半年近く前には公表されていたという、スピーカーの前面に流れている音楽の歌詞と、曲調に合わせたイメージ映像が表示されるスピーカーが、Isetan、三越にて発売されたとのこと。全く知りませんでした。

最近、リリックビデオもすっかり普通になったところで、今度はこういったハードとネットワークの技術を絡めての展開ですが、要る要らないはさて置くとして、こういうのをコンセプトモデルでなく実際出すのが偉いですね。
そして価格も324,000円(税込)と全く可愛らしく無い、お金持ちの人しか気軽には買えない内容ですが、一体どれくらい売れるのか気になるところであります。

仕組みは歌詞配信事業会社Sync Power社の、120万曲以上ある歌詞データベースから歌詞データを取得して表示させるということで、現在は邦楽が多く洋楽はやや弱めとのこと。イメージ映像なんかにはフライング・ロータスにケンドリック・ラマーが参加した「Never Catch Me」を使用していたりと、我々と音楽の趣味が近い人が関わっていたりするんだなと思ったりします。

まあとにかく、私の生活には価格的にも機能的にもオーバースペックではありますが、曲というより歌詞が大好きな人も沢山いらっしゃるという話も聞きますので、是非こういうので西野カナ、Aikoの歌詞を表示させてキュンキュンしまくっていただけたらと。それにしてもこういう貴族用の盛々機材は見てて面白いなと。



Lyric Speaker

lyricspeaker01.jpg







僕は贅沢言わず、こちらで良いです。



Wooden Boombox

現在、小さいサイズのBluetoothスピーカーが欲しくて、なんか無いかなと思って過ごしておりますので、そういうのによく目が留まるようになっております。

木製でラジカセの絵やアーティストの絵が描かれた(彫られた?)木製スピーカーなんですが、実際販売もしているようでして価格もまあ買えなくはない価格でありますのでプレゼントにも良いかもですね。

私は特に古いラジカセの絵のヤツが良いんですが、なんなら何も描いていないのもあると良いのになと思う次第であります。

バッテリーで駆動し、Bluetoothにも対応。もちろんLine入力も付いているそうです。これだけついていれば充分ですね。後は音質か。


Wooden Boombox

woodenboombox01.jpg
woodenboombox02.jpg
woodenboombox03.jpg
woodenboombox04.jpg
woodenboombox05.jpg
woodenboombox06.jpg
woodenboombox07.jpg
woodenboombox08.jpg
woodenboombox09.jpg







職人手作り。



Basslet

@bootyhouserさんのツイートで知った、 変な音楽機器「Basslet」ですが、鳴っている低音に合わせて振動するというもの。

今までもポータブルカセットプレイヤーShock Waveだったり、ゲームのコントローラーだったりが振動することでなんとなく低音の迫力や、臨場感なんかを擬似的に盛っていたと思うんですが、それが腕時計型になってコンサートやクラブ、ライブのリズム隊に使用可能となるってことなんでしょうかね。

Shock Waveの時も初めて買って装着して再生を押した時、あまりのムズがゆさに一旦外した記憶がありますが、慣れてくると他のがなんだか物足りなくなってくるので、これも付けて居ると癖になっていくんでしょうかね。

腹筋を鍛えるあのアブなんとかみたいな震えるやつと合体したらちょっと良いかなと思いましたが、ゾクゾクして気持ち悪くなりそうなんでやはり腕時計型で良いですかね。あと、AVでも使用する可能性ありますかね。いやないか。



Basslet(Kickstarter)

basslet01.jpg
basslet02.jpg
basslet03.jpg
basslet04.jpg
basslet05.jpg


より詳細は参照サイトへどうぞ



検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ