| HOME |  NEXT »

Masaki Tanisawa (Youtube)

たまたまツイッターにてメッセージをもらい知りました、米国はニューヨークに3年くらい住んでいる谷沢正樹さん(@masaki4152)の現地レポートのようなYoutubeの投稿。

言ってしまえばユーチューバーみたいなものですが、こちらの谷沢直樹さんはラジオDJをやっていたりした人のようで、最初からこういうのを生業にしていた人なんで、なんの不自然さもなくこなしておりまして、俺たちNY童貞にも分かりやすい大変面白い内容となっております。もちろん小学生の市場を狙った超ハイテンション&オーバーリアクションなどはありませんので、安心して見ていられます。

これまでNY産のヒップホップをそれなりに聴いて参りましたが、金銭的な問題やNYがヒップホップの「中心地」から「中心地の一つ」になったということもあり、今後の人生で行けるか?はたまた行くか?というのが微妙な状況であり、自分の中でも重要度がそれほど高く無くなっている状況ではありますが、こういった向こうの多国籍文化を知ることが出来て、ヒップホップ文化とは別の次元で興味が出まして大変ありがたい映像でした。インスタントにではありますが見聞をに広げる良い機会になりました。

新しくアップした回はブロンクスのヒップホップが誕生したセジウィック・アベニューのあの娯楽室の建物まで行ったり、オープンマイクのイベントに行ったりしており、渡米せずとも向こうの空気に触れることが出来るなんて良い時代になったなと。他にも地下鉄に乗ったりする回や、NYの友人とルーツとなる国の料理を食べに行く回など様々な視点で現在のNYの様子が知れて面白いと思います。散歩番組みたいな感じでダラダラと続いて行くと良いなと。今後も楽しみにしております。

ちなみにブロンクスの状況を荒廃した映像でしか知らないので、それが頭のなかに固定されておりました私ですが、映像に映る街は綺麗で日本人が入って行ってカメラ回してても問題無いことにやや驚きましたが(素人なんですいません)、今も危険だと言われている場所とかはあって怖いんでしょうかね。



Masaki Tanisawa (Youtube)

masakitanisawa_nyc.jpg




この他にもアメリカをヒップホップ的な視点で楽しめる動画として、Lil KOHHがアメリカ(ジャマイカにも)に行くシリーズや、OYAさんがシカゴのチンピラの方々と交流する動画など、日本人がアメリカのヒップホップ的な場所を訪れる動画がいくつかありますので併せてどうでしょうか。ちなみにシカゴの方は何故か字幕じゃなくて吹き替えで、しかも何だか独特で癖になります。本当に彼らはこんな感じで喋ってるんだろうかと驚きますが、自分が英語を理解できてこれがそのまま聞こえていたら、もしかしたら全く違う人生だったかもなと思うほどの強烈なインパクトのヤンキー具合で面白かったです。

ヤンキーが嫌でヒップホップやDJの方に行ったが、聴いてたものは海外版のかなりヤンキーなものだったのかと、シカゴの映像見てあらためて思いました。いや、海外版のとか書きましたが、ヤンキーの本場はアメリカでしたね。







OST / Black Panther: The Album

昨年4月に新卒で入社し、会社の何かに気付いたのか僅か半年で辞めていった女の子が居たんですが、朝掃除している最中にひょんなキッカケで趣味を聴いたところ、マーベルの映画を追っているという回答が返ってきたのを思い出しまして、あの眼鏡で化粧っ気がなく中学生みたいに一本で髪を結んだおとなしい彼女は、3月1日のブラックパンサー公開は見に行くのかな?なんてふと考えたりしますが、私はというとマーベル、DCコミック共にほぼ興味を持って来なかった人生でしたので、今になってこの件について色々聞きたいことが出てきている状況であります。

映画も話題だと思うのですが、自分としましてはそれ以上にケンドリック・ラマーとTDEのCEOアンソニーが全面的に手掛けたというサントラへの興味が強く、随分楽しみにしておりました。歌詞の内容などは英語が分かっておりませんので、映画の内容に合わせてあったとしてもそこはいつものアルバムを聴く感覚と一緒ですので偉そうには言えませんが、単に映画に挿入される楽曲がどの位のクオリティーでくるのかというのは気になっておりました。

蓋を開けてみればプロデューサー陣の中で目立つのはSounwaveの支配率が高いことでしょうか。そしてよく見ればDJ Dahi、Mike Will Made It、BadBadNotGood、Cardoという「DAMN.」に参加した強力なメンバーが今回も名を連ね、さらに14曲中11曲でケンドリックがやっておりますので、コレはサントラを装った実質ケンドリックのアルバムだと思っても良さそうなものだなと。

ここにTDEの上位打線メンバーSchoolboy Q、SZA、Jay Rock、Ab-Soul、そしてAnderson PaakにJames Blake、昨年大活躍したKhalid、ケンドリックとのシングルが大ヒットしているWeekndからFuture、2chainz、Vince Staples、Travis Scott、Swae Leeという異常なまでに手堅いメンバーで固められている中に、ここ最近急激に注目を集め始めたJorja SmithやZacariといった人達から、現在(2018/2/20)ツイッターのフォロワーが3000人強というYugen Blakrokなどまで、幅広い起用と組み合わせが楽しめます。

アフターマスの意思を引き継いでいる印象があるTDEらしい、ハイファイで洗練された仕上がりのシンプルでリッチなトラックが中心で、特に映画の事を気にせず飽きずにひたすら聴けそうな印象です。

ちなみに、WeekndとのPray For Meをラジオで聴く度、ドラマ「もう誰も愛さない」の主題歌を、なんとなく思い出すのですが気のせいですかね。ちなみに自分の中でやっくん(薬丸)がいまだにヤバイ人に見えてるのは子供の頃見たこのドラマのせいかもな。



OST / Black Panther: The Album

blackpanther_ost.jpg









J.Rocc / J Dilla + Michael Jackson

@bamuletさんのツイートで知った、J.Roccが数年前から取りかかっていたというプロジェクト、「J Dilla + Michael Jackson」が8トラック完成してName Your Price(0円~)で公開されております。

早い話ディラのトラックにマイケル・ジャクソンのアカペラを乗せたブレンド(マッシュアップ)みたいなもので、もちろんそれぞれ別に作られたものを組み合わせておりますので多少強引な感じがしなくも無いですが、まあそういったところが大変ヒップホップ的でして、DJのアクセントとして使用すると面白いのではないかなと思う内容でした。

スカスカのトラックにBeat Itを被せ、野太いワ~、ワ~の声がアクセントになっている4曲目とか結構好きでした。最近は以前よりもJディラ作品を聴く機会が減ってきておりますが、この時期にはやはり聴こうかなという気持ちになります。皆様も是非。


J.Rocc / J Dilla + Michael Jackson

jrocc_dillmichael.jpg




1. utterflies 02:42
2. emember (Girl) 03:12
3. nother Part (Me) 06:36
4. (B) It / Danger (Interlude) 03:00
5. In The... 02:31
6. Money (Black or White) 02:22
7. Start Somethin' 03:08
8. Care 02:56











Chance The Rapper & Jeremih / Merry Christmas Lil' Mama Re-Wrapped

家でも子供の、クリスマス及び買ってほしい物を示唆するお絵描きがやたらと活発になり、壁への貼り付けが止まんないといった感じで随分高まってきておりますが、ヒップホップオジサン達用の早めのプレゼントもだんだん投下され始めている状況で、本日はなんとチャンスとジェレマイというシカゴ出身の大好きな二人による、19曲に及ぶミックステープがフリーダウンロード付きで公開されました。

とはいえ昨年のクリスマス時期に出ていた「Merry Christmas Lil' Mama」というミックステープに更に曲を追加したもので、昨年の9曲(ディスク1)+今年新たに追加の10曲(ディスク2)という感じの構成です。私は昨年タイミングが合わずあまり聴かなかった&すっかり忘れていたのもあり、今年改めて出してくれると古いほうも新しいほうも嬉しいです。

内容はクリスマス色&冬感強めの楽曲ばかりで、トラップやJuke、チャンス周りのバンドの感じ、そしてゴスペルやムーディーな感じなどバラエティ豊かな味付けがしてあり、子供の声のサンプリングみたいなのや、I Want You Backのカバー(替え歌?)みたいなのも出て来るなどキャッチーで老若男女、玄人素人とどの層も楽しめそうな内容です。

プロデューサーにはThe Social Experimentから、Francis and the Lights、Hit-Boy、Zaytovenなんていう有名どころもまあまあ参加で、チャンス関連のアルバムでは毎度ながらの「本当にこのクオリティでフリーなの?」と思ってしまうような極上の内容となっており、年末までこれだけでも行けちゃいそうな感じすらします。

とにかく一周聴いただけで最高だと言い切れる内容でしたので、皆様是非ダウンロードしてデート、パーティーなどの準備をしていただけたらと。



Chance The Rapper & Jeremih / Merry Christmas Lil' Mama Re-Wrapped

mclilmama_chance_jeremih.jpg














BROCKHAMPTON / Saturation III

大物からそうでないものまで、激化するUSヒップホップの年末商戦ですが、一番楽しみにしておりましたBROCKHAMPTONのシリーズ3作目「SATURATION 3」が、予想通りとても良かったです。

1作目は、曲調がハードなのも入っていたり青く塗った顔の載るジャケが若干怖いというのもあり、決して取っ付き易いものには感じませんでしたが、2作目でハードな曲が減りジャケも若干爽やかになったところで、3作目は何をしてくるのだろうかとかなり気になっておりました。(ちなみに顔はまた青に戻っておりますが、今回は前より優しい感じがします。)

全く予想が付かない状況の中再生した1曲目は、ビキビキのホーンとベースが1度聴いたら2度と忘れられないダンサブルなチューンになっており、この「Boogie」というタイトルの曲で一発で一気に持って行かれました。そして2曲目以降も、風変わりな音色を使った様々なタイプのファンキーな楽曲を収録し、前回もあった西G系の影響下にあると思わしき粘度高めのGファンク調などがあったりと、変わらずオルタナティブで自由な曲作りをしております。私の趣味にかなり当てはまっているというのもありますが、それにしても収録曲すべてが本当に良くて繰り返し聴ける内容だと思っております。

そして、一番最後にはモロに冬用みたいなのが入っておりまして、クリスマスシーズンにもバチバチにハマる締めとなっており、気も利いているなと。感覚的にはダンジョンファミリー(アウトキャスト、グッディモブ等)のような雰囲気に近づいて行っている気もして、今後どこまでやるのかとても興味あります。

どうも解散の噂なども出ていたようですが、発売日にそれを知り、知ったと同時に年明けの新作のリリースも知り、一瞬で情報が駆け抜けていきましたが、まあ解散しなくて良かったなと。来年予定されているのも3部作が終わり一体どうなるのか楽しみにです。




BROCKHAMPTON / Saturation III

brockhamptonsaturation3.jpg









検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ