| HOME |  NEXT »

ASTROWORLD MASK

若いうちはハロウィンを全力で楽しんだら良いと思うし、その日は弾けた勢いでどんどん男女の交流が進み、少子化に歯止めをかけて欲しいしななんて思っておりますが、もうすぐやってきますね。

ヒップホップのパーティーでも仮装やるところは数多くあるとは思いますが、毎年苦労されているシャイな方々にも良さげな、今年的な要素が入ったマスクが出てました。

ヌルい仮装はその日のクラブ内ヒエラルキーに大きく影響してきますが、全身仮装というハードルの高さはなかなか大変ですし、なんとかお茶を濁せないものかと馬のマスク、大仏のマスクを被る方向性になっていってしまいがちですが、どうせならこのあたりにしてかわしていただけたらよろしいかと。

$50+海外からの送料と、たかが仮装用に使用するマスク一つにこれだけの予算をかけるか?(馬は1,000円~1,500円程度)という葛藤はある人もいると思いますが、これなら買って用済みになってもヒップホップギアとしての価値、またはメルカリ、ヤフオク行きという手もございますので、さほど気にならない価格かと。

尚、日本に送ってくれるのか?その日までに届くのか?という問題については、あまり細かく読んでおりませんので、欲しい人は調べていただけたらと。(日本と県は選択するところありました。)




ASTROWORLD MASK

trvs_msk01.jpg
trvs_msk02.jpg



ちなみにこういったCDも有るんすね。マスクと同じオフィシャルのショッピングサイトにあります。

trvs_cd.jpg




レコードも出てる





馬の方はこちらへ


BROCKHAMPTON / Iridescence

ミュージックフェスへ出たり、性的暴行の疑いで告発されていたメンバーを解雇したりと、2018年も話題を振りまいておりますBROCKHAMPTONの新アルバム聴きました。昨年なんかは冗談から発生した解散説なんてのもありちょっとヒヤッとしましたが、無事発売されて良かったです。とはいえ、待望だった割に出てからちょっと経ってから気付いて、一体この期間自分は何していたのかと。

これまで発表したアルバムの中では、セカンドが特に好きだったのですが(あとケヴィン・アブストラクトのソロ)、今回はそのセカンドと並ぶくらいの好きさ加減であります。持ち味でありますファンキー、ノイジー、エネルギッシュ、オルタナティブ、奇妙という要素はもちろん変わらずで、ワンアンドオンリーな作風は健在です。

おどろおどろしいのは比較的抑えめで、かといってあまりにもメローの方ばかりにも寄せたわけでもなく、本当にバランスの良い落とし所だと。

適度なハードさとポップさを併せ持ち、また音質的なところや、プロデューサーなどに左右されない一貫した独自のスタイルで曲作りをしている点なんかを見ますと、私の中ではRun The Jewelsと同じ箱に入っているのですが皆さんはどうでしょうかね。ちなみにいつもジャケやビデオなんかも良いですが、たまたま見かけた物販も良いですね。パーカとか良いなと。




BROCKHAMPTON / Iridescence

brockhampton_iridescence.jpg






brkhptn_merch18.jpg










クラーク内藤 / LINZINE 201809

Kohhのロックンロールなカバー、そしてその後「COVERS.」にて、パンクロック、日本産の音楽、それからアトランタのトラップ、そしてAV女優までをごちゃまぜにした衝動的な音楽を披露し度肝を抜かれたクラーク内藤さんが、聴くファンジン「LINZINE 201809」を1カ月限定でフリー配信にて公開しております。

『音源のZIPファイルですので、いわゆるEPとかミックステープ、またはコンピのような様相をしていますが、あくまでファンジン的な発想に基づいた音源であり、タイトルも「聴く(listen)」と「ファンジン(fanzine)」を組み合わせたものです。』 (ご本人のブログより)

と言うことですが、基本的には「COVERS.」で聴かせてくれた衝動的な音楽のスタイルに変わりはなく、今回も国産のヒップホップやSSWから、民謡そして俳人(!)の作品までを、ドゥーワップ、ロックンロール、パンクロックからトラップ(Future、Migos、Post Malone)まで様々なトラックに掛け合わせた内容となっており、ワンアンドオンリーの面白さは変わらぬままでございます。
Migos - Walk It Talk Itのトラックに俳人橋本夢道の「動けば寒い」という一言の繰り返しなんて、世界中見渡しても体験出来ない組み合わせでありますね。

クラーク内藤さんが選んでくる歌、そしてトラックのどちらも好きなものが多くて、それらを平気で合体させて、ちゃんと着地させて来るのが自分が想像&越境出来ないところだし面白いなと思っておりましたが、今回もまたちゃんとそうなっておりこれが才能なんだなと。何周か聴いたあとブログにて解説を読むとまた良いと思います。

あとこの中にはクラーク内藤さんではない人の、「DISCO SLOWRIDER - KILL CITY BOYS a.k.a. でっどえんど」というサニーデイサービスのカバー音源もが入っており、ブロンディー風味のディスコ曲の味付けになっておりましてそれがとても好きで気に入っているのですが、それもこのZINEに入っており、それをデータとして入手したい方は是非ある内にダウンロードを。




クラーク内藤 / LINZINE 201809 (mediafireへのリンクがあります)
解説が載るブログ

clarknaito_linzine201809.jpg



・「境石投げ踊り」埼玉県民謡 cover (sampled:Post Malone [Psycho])
・「SCOOTER」Merry Delo cover (sampled:THE BOYS[SODA PRESSING])
・「くだらない」Hideyoshi cover (ゲストボーカル:ROCK-A-CHERRYあきちゃん)(sampled:The Undertones[Teenage Kicks])
・「これ以外」BAD HOP cover (sampled:The Five Discs[Zoom])
・「動けば寒い」橋本夢道 cover (sampled:Migos [Walk It Talk It])
・「最後のニュース」井上陽水 cover (sampled:Future[Use Me])
・「ホーハイ節」青森県民謡 cover (sampled:The Fabulous Wailers [Wailin'] )
・「広告」クラーク内藤&ブギー・アイドル (sampled:ブギー・アイドル [常識のある町])
・「鉄のナックルremix」TECHNIC RUNNER feat.クラーク内藤
・「DISCO SLOWRIDER」KILL CITY BOYS a.k.a. でっどえんど
・「編集後記201809」クラーク内藤 (sampled:Superorganism [Night Time])













6LACK / East Atlanta Love Letter

なんて読むか分からないままに、調べずそのまま放置することが年に数件ありますが、その中の一つ6LACKの新アルバム。友達と話す時は、「あの6なんとかって奴さ~」といった感じで一年乗り切って来ましたが。

前作「Free 6lack」は、巨大な熊と一緒に写ったジャケもインパクトが有り、またSNSでも話題に上がっていたので、実際に結構長いこと聴いておりましたが、全体的にかなり渋い内容と、色々立て込んでいたり他に聴くものがたくさんあったことで、聴いた割にさほど記憶に残っておらずといった感じでした。

今作はテンションは前作同様の感じですがそれを聴きやすくしたような内容になっており、一周目聴いてる途中で、結構好きだなと直感的に感じましたし、長く聴けそうな作品だと思いました。若いラッパーのエモーショナル化は行くところまで言っており、このアルバムも例に漏れず思いっきりメローではありますが、どことなくフランク・オーシャンを感じさせる質感を持っておりまして、多少のオルタナティブさがあるから気になるなのかなと。7曲目「Disconnect」のギターとピキピキ電子音が絡むイントロとかめちゃくちゃ格好良いと思いました。

ゲストはFuture、J.Cole、Offset、Khalidという無駄の無さ。プロデューサー陣には前作に引き続きの人から、ケンドリックのSwimming Poolを作ったT-Minusや、HW&W周辺のSTWO、Khalidの大ヒットYoung Dumb & Brokeを作った Joel Littleが似た質感のSwitchをやっていたり等、他多数参加しておりますのでお暇な方はGeniusでも見て調べていただければ。

ちなみに6LACKでブラックと読むそうです。6は小文字のbの代わりですかね。ジャケのキッチンで赤ちゃんおぶってボーカル録音している写真も良いですね。熊と一緒に写っているの見て華奢そうだなとずっと思っておりましたが、今回のジャケ見て案外腕も太いし、体の厚みもあるなと思ったんですよね。




6LACK / East Atlanta Love Letter

6lack_eastatlantaloveletter01.jpg

6lack_eastatlantaloveletter02.jpg









Noname / Room 25

2016年のフリーアルバムで鮮烈な印象を残し、昨年は来日も果たしたシカゴの女性ラッパー、詩人のNonameのデビューアルバム。前作で起用したプロデューサーのCam O'biやSabaは今回はおらず、Phoelixのみが残って全曲のプロデュースを担当しております。

穏やかなヒップホップトラックで全体が構成されていた前作を引き継いだような一曲目から始まり、2曲目でアフロのようなドラム、3曲目ジャズのようなドラムのをやっているのを聴きますと、今回は結構クロスオーバーした内容になるのかな?と後続のトラックを予想してしまったのですが、一通り聴いてみればそういうのはまばらに散らしてあり、ヒップホップ的なトラックがやはり多め。

前作は素朴さに魅力を感じていたのですが、そういうのも残しつつストリングスやよりジャズに寄ったドラムなども使用し、多少エレガントになった印象です。

SminoやSaba、Adam Ness、Benjamin Earl Turner、Yawなどの参加者の中で、一周目にして気になったのが7曲目「Montego Bae」でして、Nonameというよりはあっさりしたエリカ・バドゥといった感じのRavyn Lenaeの歌の方に、分かり易く引っかかったような感じでしょうか。気持ちが良いので。

ここ最近シカゴ関連を聴く機会がどんどんと増えてますが、ブランドに



Noname / Room 25

noname_room25.jpg












検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
祝オフィシャル











 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ