| HOME |  NEXT »

Earl Sweatshirt / Some Rap Songs

タイラー、ジャスパー、TACOと来日した際のライブでは仲の良い様子でしたし、ファレルのHAPPYのMVでも皆でふざけていたりしておりましたが、あっという間に作風に距離が出来て、まるで陰と陽が分かれるようになってしまったのも寂しく思ってはいたんですが、それにも慣れてあまり何も思わなくなって随分経ちます。

ポップ化するタイラーとは対象的に、ひたすらアンダーグランドな路線で進んでおりますが、向こうがこう来たらこっちはどんな感じでやって来るんだろう?と、やっぱりいまだにセットで考えがちなんですよね。タイラーの立ち位置がより一層ポップアイコン化してきている昨今ですので、今作も余計に気になっているんですが相変わらずな感じであります。

とりあえず何も見ずにまず1周聴いてみたのですが、前半の途中今回Madlibが参加してるのかな?というのが頭をよぎりました。全体的に2分無い曲がほとんどなんですぐ終わってしまったので、もう1周してみたんですが、やっぱりMadlibいないか?と思い、とすればあれもこれもMadlibなんじゃないのか?と疑念が広がっていたんですが、クレジットを見て答え合わせしたところ、一曲にも参加しておらず、震源となった曲(3曲目)はアール本人作だったという感じ。Sage Elsesserという人が作った8曲目、10曲目もJ Dillaのドーナツに影響受けてそうなサンプルの使い方で、あのJaylib時代のオマージュだろうか?と

他にもサンプリングベースのオーセンティックな作りのトラックが中心で、メロー、キャッチーなものから、ノイジーなもの、インスト作品までと大変バランスが良くバラエティーに富んだ構成で聴きやすく、サンプリングソースが気になるものもいくつかあります。前述した通り一曲あたりが短いので、どんなメッセージを喋っているのかとても気になりGenius見たんですが、全く分からなかったためすぐに諦めた次第であります。

すでに5周目を聴きながらこれを書いてますが、どんどん覚えてきて良くなってきたのでしばらく聴いてみようと思います。最後のRiot!ってギターとラッパのインスト曲凄く良いなと。あと、Some Rap Songsというタイトルも良いなと。





Earl Sweatshirt / Some Rap Songs


earlsweatshirt_somerapsongs.jpg











イシズカケイ / ホームレコーデイング

夏のDJミックスシリーズ「さまーそるときっく」シリーズに毎年多大な期待をしてしまうイシヅカケイさんが、セカンドアルバムを発表しました。

前作(ファースト)は和モノのサンプリングオンリーで作られたコンセプチャルなもので、イシヅカさんのサンプリングの当て感の良さみたいなのが分かる、ヒップホップがセンス一発で成立するということを実証する様なアルバムでしたが、今回の印象をズラッと並べていくと、ブーンバップを通ってきたけど今のトラップも聴く様な人が、これまでの音楽体験を全部盛りした様な感じといいましょうか。

キックの量や雰囲気がブーンバップなのに、後ろではハイハットが暴れまわるという、ブーンバップ的ともトラップ的とも言い難い、アブストラクトな仕上がりの曲が多く見受けられ、上ネタに爽やかな要素はあるものの、ドラムに関して言えばカンパニーフロウのような雰囲気すら感じます。

これについては狙ったのか、それと意図せずか大変興味深いところがありますが、ドラムマシンの前に何気なく座って自由に触った際、その人の基本にあるドラムの打ち込みが出てくるでしょうから、やはりそこでブーンバップになってしまう初期設定の人(自分もそうなりそう)の、新世代への憧れや理解を経て取り込んだ結末なんだろうか?と思うと面白いですよね。
ハットを連打するのがデフォルトの世代から、ブーンバップを作る人が現れるというのもありますし。

客演には数ヶ月前に出たEP「moonlight - EP」が良かったyouheyhey、同じく1ヶ月くらい前に出た「曖昧」(DL)を時折聴いておりますItaq、VOLOJZA、KAICHOO、NASSO、KBM、KOITAMA、きだはしや、Taku-t、Eskimo、猫まみれ太郎、molphobia、そして最初のYoutube公開で参加に驚かせた元SIMI LABのQNという布陣。

私としましては、ザーッと聴いていってラストに出てくる、「Quasimoto - MHB's」をアップデートしたようなMake Musicが染みました。こちらはMVもあってコレのアイデアもまた面白くて良かったなと。2010年代の兼業ヒップホッパー感を感じていただけたらと。




イシズカケイ / ホームレコーデイング

keiishizuka_homerec.jpg







Tracklist:
01. 制作開始
02. Music Energy!!! feat.youheyhey
03. Oh Yeah feat.QN
04. kenkomania feat.VOLOJZA
05. Moon Child feat.KAICHOO
06. Rap Spirits feat.NASSO
07. Neither feat.Itaq
08. Lost Forest feat.KBM
09. Melancholia
10. Dystopia feat.KOITAMA & きだはしや
11. Creative No pain, no gain feat.Taku-t
12. 雪の日 feat.Eskimo & 猫まみれ太郎
13. S市 feat.molphobia
14. Make Music feat.KOITAMA



Curren$y,Freddie Gibbs,The Alchemist / Fetti

リリースがドバッとあり、あまり頭の中に入ってきませんが、これは以前にもあったCurren$yとThe Alchemistという最良の組み合わせというのもあり、またそこにFreddie Gibbsを足したコラボレーションアルバムという事で、結構たくさん聴いております。

アルケミストのリバーブが掛かった煙たく中毒性の高いソウルネタのループで、カレンシーがラップしているだけで既に大分満足なんですが、ここにFreddie Gibbsが入ってくる事により、嬉しいと言うよりは言語が分からない自分に対して残念と言いましょうか、これこそどんな事言っているのか大変興味のあるところですが、Genius見てもさっぱり分からないため仕方ないなと。

とは言え、モヤモヤしたカレンシーと太くてカチッとしたFGのラップのコントラストは組み合わせとして良いので、言語わからない人でもそれなりに楽しく聴くことが出来る内容になっているかと思います。9曲入りという短さも良いです。ちなみにジャケはFENDIネタでしょうか。

それにしても、アルケミストはブーンバップみたいなスタイルをやり続けておりますが、ちゃんと空気感みたいなのをその時の感じにするセンス高いですよね。ちゃんと新しさを感じさせてくれると言いましょうか。
なんとなく久しぶりに見たこれも当時の空気感にあった音の出し方になってますし。あとこのビデオ見てこのメスのカブトムシみたいな体型のラッパー最近あんまり居ないなと。




Curren$y,Freddie Gibbs,The Alchemist / Fetti

fetti_crnsy_fg_alcmst.jpg








Vince Staples / FM!

キャリア初期にOdd Futureの周辺と繋がりがあったため、その周辺のイメージもややあった感じでしたが、今や誰とも群れない感じの独特な立ち位置と音楽性、そして全くオブラートに包まないトキントキンに尖った発言で目が離せないラッパーになり、私も好きなラップアーティストの上位に入っているVince Stapleが新アルバムを公開しました。ここに来て再びEarl Sweatshirtが少し参加しているのを見てちょっと嬉しくなりました。

一周聴いた後に今回のプロデューサーのクレジットを見たのですが、驚くことにこの数年で発表したアルバムで起用したプロデューサーはおらず、大々的にKenny Beatsというプロデューサーを起用しているところでしょうか。(なんか見たことある名前だなと薄っすらした記憶があったんですが、調べたら今年一番のナイスジャケアルバム、Freddie Gibbs - Freddieにも数曲参加しておりました。)

不思議なことにこれだけプロデューサーを入れ替えても、前作から地続きできているような感じで、前作結構幅を広めにやった印象だったのをハイファイなのは変わらず元の方向に戻した感じがします。

今回は西海岸ぽさのあるトラックは特にあるわけではないのですが、トラップを彼らしく荒々しい仕上げにしたものや、自分の中ではVinceと言えばとなってい安直に言うとデジタルなアフリカ感を感じるトラックは残してあり、いつも通りどこからどう聴いても本人作と分かるワンアンドオンリーな内容になっております。

そしてゲストには先述したアール以外に、Jay Rock、Kamaiyah、Tyga、Buddy、KehlaniそしてE-40、今年どこにでも居るTy Dolla $ignという、なんだかいい塩梅になっております。

併せて、ほんの少し前に公開されたMVも、Googleのストリートビューをアイデアのベースに使った面白い内容に。ジャケやミュージックフェス等のライブもそうですが見た目のほうの格好良さも毎回注目しております。今回のアルバムのジャケについてはFNMNLさんのサイトで記事になっておりますのでそちら読んだら良いかと。




Vince Staples / FM!

vincestaples_fm.jpg








1. Feels Like Summer (Ft. Ty Dolla $ign)
2. Outside!
3. Don't Get Chipped (Ft. Jay Rock)
4. Relay
5. New earlsweatshirt (Interlude) (Ft. Earl Sweatshirt)
6. Run the Bands
7. FUN! (Ft. E-40)
8. No Bleedin (Ft. Kamaiyah)
9. Brand New Tyga (Interlude) (Ft. Tyga)
10. (562) 453-9382 (Skit) Lyrics
11. Tweakin' (Ft. Buddy, Kehlani & Vonnie)







KM / Fortune Grand

9月の中頃からカルロスひろしさんのミックス「ヨルガオ」を聴き続け、その中にシングルカットで先行して出ていた3曲が入っておりまして、それにより下地が作られていた状況があったんですが、その後先輩からアルバムを聴いたかの連絡があってそれがきっかけでおよそ一ヶ月くらい聴き続けて、今ようやくポストする運びにといった感じに。

現在国内の主要なラッパー、そしてネットのテレビ番組などへの楽曲提供、海外人気曲の改造など、今までの実績から揺るぎない信頼を得ているKMさんですが、今作もトラックだけ聴いても十分ダンスミュージックとして成立する強さを持ちながらも、全体的にメローなボーカルが組み合わされ調和した、隙のないアルバムになった印象であります。

ミックスの助走もありましたしそういうのも作用しているかもしれませんが、アルバム中ではその「Superstar」、「Distance」、「夜のパパ」の3曲が特別な存在感を放っているような気がします。(特にSuperstarが好き) 他の曲ももちろんそれらに迫る内容だと思いますし、収録曲には統一感もあります。あと、今回は本人がミックス、マスタリングを手がけているというのにも驚きました。

その他の特記事項としてはKLOOZがボーカルのディレクションを担当しているとのインタビューを読んだんですが、そういうブリッジみたいな役割の人がこういうトラック作る人の曲の場合は入ったりするんだなと知りまして勉強になりました。インタビューも面白かったので是非。

ゲストには他にもRENE MARS、ACE COOL、Weny Dacillo、Taeyoung Boy、Lui Hua、kiLLa、YDIZZY、田我流とベテランからピチピチの人までですが、若い人多くて良いですね。

また、なんだか別の意味で90年代を思い出す、スピッツのアルバム「インディゴ地平線」を連想させるジャケットも、大分爽やかでヒップホップアルバムとしてユニークな落とし所だななんて思いました。うまくは言えませんが、どことなく日本らしさが有りすごく良かったですので皆様も是非。




KM / Fortune Grand








Tracklist
1. Movin’ Forward to 6 feat.KLOOZ , Lui Hua
2. Superstar feat. RENE MARS, ACE COOL
3. 24/7 feat. ACE COOL
4. Green Tea feat.Weny Dacillo
5. Distance feat.Weny Dacillo,Taeyoung Boy,Lui Hua
6. Mama feat.Kvi Baba
7. Don’t Know Why feat.Taeyoung Boy
8. Angel for the Devil feat.Lil Blue Steel, KLOOZ
9. Romance feat.Weny Dacillo,Hideyoshi
10. Night Owl feat.KLOOZ
11. Caddy Girl feat.KLOOZ,MABU
12. Sureta Angel feat.YDIZZY
13. Sorry feat.Lui Hua, ID
14, Ground Zero feat. Lui Hua, TOKYOTRILL, FUSER, LUNV LOYAL
15. Ego Trip feat.JIROW WONDA
16.夜のパパ feat.田我流



ジャケット
Dir / Shintaro Kurokawa
Artwork / Takashi Yamada






こちらがアルバムを聴くきっかけになったミックスであります。ついでになってしまい大変申し訳ないのですがアルバムに収録されている曲を強く印象付けられる内容だと。フリーDL有りです。こちらもぜひ。



カルロスひろし / ヨルガオ






Track List
KOJOE / 24
BIM feat.PUNPEE / Buddy
YOUHEHEY / Vibes
田我流 / Vaporwave
IRI / Stroll
ゆるふわギャング / Hybrid
KM feat.RENE MARS ACE COOL
ゆるふわギャング / We're not gonna die young
YDIZZY feat.SALU / D.W.a...
KM feat.WENY DACILLO TAEYOUNGBOY LUI HUA / Distance
KOJOE feat.5lack / 6秒ルール
BIM / D.u.d.e
SWEET WILLIAM / Colorful City
ISAGEN / Girl





検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
祝オフィシャル











 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ