| HOME |  NEXT »

ROCKASEN / Two Sides of

2000年に結成された千葉・栄町出身のヒップホップ・ユニットROCKASENが、本日無料のフルアルバム「Two Sides of」をリリースしました。

私はこのグループの過去作については聴いたことは無かったのですが、新加入したBUSHMINDさんの2015年のアルバム「SWEET TALKING」が好きで、出た当時結構聴いていたというのもあり、そのアルバムに参加していた人達のアルバムということでしたので、最初から少し期待した状態で聴きました。

明らかにブラック・ミュージックやヒップホップ外からのジャンルからも影響を受けているBUSHMINDさんの作風は知っておりましたが、元々のメンバーお二人もテクノ、ハウス、ハードコアという他ジャンルからの影響も受けたそうで(聴いた後に知った)、今作もヒップホップ以外のジャンルの要素(チル、アンビエント、エレクトロニカ、90’sハウスなど)がかなりの配分で入っており、終始TR-808の音を使っているのも印象的であります。

自分はヒップホップをトラック中心に聴くため、この段階でかなり満足しておりますが、ラップに関して自分が良かったことを上げてみますと、重心低めでザラッとしていてタイトな渋いラップと、声高めで恵まれた個性的な声質のラップが、うまく組合せた漫才コンビのようなバランスで(でぶとガリガリとか、キツネ顔とタヌキ顔とかみたいな)、家庭があってヒップホップに長く関わっている割りと自分と近い境遇の人達の言葉なのでスッと入ってきたというところでしょうか。

どうやらこのアルバムがより特別なものと感じてしまった理由としまして、音源のデータを消してしまったところから始まったという経緯があるということです。もう少しどういう状況だったのか知りたくなりました。




ROCKASEN/ Two Sides of

※ Ototoyでもダウンロード出来ます

rockasen_towsidesof1.jpg

rockasen_towsidesof2.jpg




Produced & mixed by BUSHMIND
*Produced by ISSAC & BUSHMIND
Mastered by NAOYA TOKUNOU
Artwork by WACKWACK







-- 『Two Sides of』 Liner Notes by Yu Onoda --

日本語詞では、明るく楽しい汽車の旅について歌われているアメリカ民謡「線路はつづくよどこまでも」。その原曲「I've Been Working on Railroad」は歌詞の内容が大きく異なり、鉄道施設工事に従事する人夫が歌う労働歌となっている。このねじれた構造が図らずして映し出す世界の二面性や表裏一体性。喜びと悲しみ、夢と現実……そうした要素こそが音楽に深みやリアリティをもたらし、聴く者の心を揺らす。では、約7年ぶりのアルバムに『Two Sides of』というタイトルを付けたROCKASENにとっての二面性とは何を指すものなのだろうか。

2000年に結成された千葉・栄町出身のヒップホップ・ユニット、ROCKASEN。ラッパーのTONANとビートも手掛けるISSACは、FUTURE TERRORやRAW LIFEといったパーティでの衝撃的な音楽体験に触発され、ヒップホップシーンから飛び出すと、テクノ、ハウス、ハードコアといった広義のストリートミュージックに開眼。2008年にEP『LONGTIME SHORTCUTS』、2010年の前作アルバム『WELCOME HOME』で脚光を浴びるも、その後、数々の目覚ましい客演曲を残しながら、長らく自身の作品を完成できずにいた。

その間、家庭を持ち、日々働きながら、限られた時間のなかで音楽に大切な何かを見出し、言葉を紡ぎ、グルーヴを生み出そうと試行錯誤を重ねてきた彼らだが、2015年に彼らを長らくサポートし続けてきたビートメイカーのBUSHMINDがグループに正式加入。個性やアプローチの異なるTONANとISSACが、ラッパーとして解き放たれたことで、先鋭的なトラック上でヒップホップとダンスミュージックを自由に行き来し、希望と葛藤、喜びと悲しみをエモーショナルに、そして、圧倒的なスキルによって歌い綴ることで、ヒップホップを用いた新たな音楽表現を鮮やかに切り開いてみせたのが、待望の最新作『Two Sides of』だ。

決して若くはなく、現行の音楽シーンとの太いリンクも失った彼らが、名声や金に脇目も振らずに行った純粋にして音楽的なトライアル。その制作終盤には、誤って音源を全消去してしまうというアクシデントにも見舞われたが、データ復旧を経て、エンジニアの得能直也がマスタリングを手掛けたロストテープの体裁でリリースの運びとなった。ヒップホップシーンにおいて、キャリアを重ねたラッパーのサバイバルに対するファイン・アンサーは見いだせていないが、喪失から再生へと転じたROCKASENが決めた覚悟は、しなやかで揺るぎなく、どこまでも続くビート上でラップの飽くなき可能性の追求が今後も引き続き行われることになるだろう。









Nas's Illmatic / マシュー・ガスタイガー (著), 高橋芳朗 (監修), 押野素子 (翻訳)

2014年の20周年には、映画「Time is Illmatic」の公開やIllmaticセットのライブも行われるなどそれはそれは盛り上がり、その後はヒップホップアルバム20周年が乱発されるようになりましたが、それを見る度にやはりイルマティックほど特別なアルバムは無いのだなぁと思う次第であります。

そんなヒップホップアルバムのアニバーサリーブームがなんとなく続く中、アニバーサリーから随分経過しましたが、Nasのイルマティックがどのように生まれたかを解説した本が和訳され本日(2017年1月30日)発売に。内容はまだ見ていないのでアマゾンの短い商品説明を見てポストしておりますが、映画で語られていた当時の環境なんかとはまた違って、細かくリリックの読み解きなどがあったりするんでしょうかね。とにかく一度読んでみたいです。

一昨年あたりから盛り上がっている日本でのラップバトルの様子を見ていると、このあたりからエミネムの8マイルくらいの感じに影響を受けている人が多いのかなと(そのあたりについては最近読んだ靴底さんのこの記事が面白かったです)、リリカルなスタイルの源流を感じるところがありますので(というか、私自身英語分かってないので雰囲気的に感じるというレベルで)、日本語のラップしか聴かない人にも良いかと。



Nas's Illmatic / マシュー・ガスタイガー (著), 高橋芳朗 (監修), 押野素子 (翻訳)

nass_illmaticbook.jpg



内容紹介:アマゾンより
今なお語り継がれるヒップホップの歴史的名盤『Illmatic』は どのように生まれたのか?

1994年、20歳の青年がリリースした1枚のアルバムが、ヒップホップ・シーンに革命を巻き起こした──。時代を超越した名盤、NAS『Illmatic』制作の秘密に迫り、アルバムを深く理解する手助けとなる書。

NASは自分が育ったクイーンズブリッジ団地を「黒いネズミが大量に閉じ込められている迷路のような建物」(〈N.Y. State of Mind〉より)と形容し、日々の生活を「いつ死んでもおかしくない状況」(〈Represent〉より)と諦観しているが、そんな一切の希望が見出せないような閉塞した環境に身を置きながらも、そこが社会から隔離された孤島などではなく「世界」と地続きになっていることを、音楽を通じてリアルに実感できていたのだろう。(監修者・高橋芳朗/解説より抜粋)

【著者】
マシュー・ガスタイガー(Matthew Gasteier)
『ボストン・フェニックス』や『プリフィックス・マガジン』等、数多くの媒体に寄稿。ボストン在住。

【翻訳者】
押野素子(おしの もとこ)
翻訳家。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、レコード会社勤務を経てハワード大学ジャーナリズム学部卒業。現在はワシントンD.C.在住。訳書に『ヒップホップ・ジェネレーション [新装版]』(リットーミュージック)、『ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝 バーバーショップからマザーシップまで旅した男の回顧録』(DU BOOKS)、『JB論 ジェイムズ・ブラウン闘論集 1959-2007』(スペースシャワーネットワーク)、『マイケル・ジャクソン:メイキング・オブ・スリラー』(スペースシャワーネットワーク)など多数。著書に『禁断の英語塾』(スペースシャワーネットワーク)がある。

【監修者】
高橋芳朗(たかはし よしあき)
1969年生まれ。東京都港区出身。ヒップホップ誌『blast』の編集者を経て、2002年からフリーの音楽ジャーナリストに。エミネム、ジェイ・Z、カニエ・ウェスト、ビースティ・ボーイズらのオフィシャル取材を行う傍ら、マイケル・ジャクソンや星野源などのライナーノーツも多数執筆。共著に『ブラスト公論~誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない[増補新装版]』(シンコーミュージック)や 『R&B馬鹿リリック大行進~本当はウットリできない海外R&B歌詞の世界~ 』(スモール出版)などがある。2011年からは活動の場をラジオにも広げ、『高橋芳朗 HAPPY SAD』『高橋芳朗 星影JUKEBOX』『ザ・トップ5』(すべてTBSラジオ)などでパーソナリティを担当。現在はTBSラジオの昼ワイド『ジェーン・スー 生活は踊る』の選曲も手掛けている。






Nasの弟(いまだ危なっかしい)が見どころ



Paul White / Everything You've Forgotten (Free Beat Tape)

昨年、とても良かったDanny Brownのアルバムへの参加も記憶に新しい、世界で活躍するUKのプロデューサー(トラックメイカー)のPaul WhiteがDJミックスのように繋がった形式のビートテープをフリーで公開。(Free Beat Tapeとありますが、一応Name Your Priceの投げ銭制。)

ミッドテンポを中心に遅いのから早め、怪しいのから穏やかなものまでが行き来するサイケデリックな作風の曲が中心で、時折ユニークな音色が現れたりドープになったり飽きさせませんし、Danny Brownの声も使用していたり、かなり充実していてまとまった30分となっております。

トラックメイカーのビートだけのアルバムは聴いている途中でダレてしまうことも多いので、こうして要点がまとめられたミックスのような形状のものも別であると良いなと思いましたが贅沢ですよね。とにかく一日中流しっぱなしにしておける良いビートテープかと。



Paul White / Everything You've Forgotten (Free Beat Tape)

paulwhite_eyvf.jpg



1. Forgotten Intro
2. The Futurist
3. I Am The
4. Star of Light
5. Duck Calls
6. Mouth Harp Mayhem
7. Jyonder
8. Soloman
9. Baraka
10. Bowling Stations
11. Thinking From A Distance
12. Great Lyrics Interlude
13. Eclipse
14. Rock'n'Risk Interlude
15. Heeeyyy
16. Today's World
17. We'll Make It
18. Maori Baby Junior
19. The Concept of I








KYOSOKU 2 ~和モノメガミックス~ / collaged by Magictouch(DUPER GINGER) Feat. Good Groove,breakbeats036

以前Magictouchさん(@DUPERGINGER)が、和物のブレイクを集めて作った日本版レッスン「 KYOSOKU 1 ~和モノメガミックス~」をこちらでもポストしまして大変話題になりましたが、その第2弾が公開されました。

Vol.1はメローな部分を多めに使い、大変日本ぽいマスターミックスになり良かったですが、今回のVol.2は趣向を変えて、本家レッスンのようなタフなドラムブレイクが際立ちつつ、声ネタを交え印象的なフレーズへと展開していくというかなり正統派な作りをしながら、時折J5やDJ Shadow(これはすぐ分かった。笑)、ブッダブランド、ATCQ、2pac等を感じさせる所もありつつ楽しませてくれますし、後半童謡をブチ込んでくるところなんかはミッキーマウスのブレイクのような楽しさを感じた次第であります。

で、今回も嬉しいwavデータでのダウンロードが可能(無料)で、問題無くクラブでのプレイも出来る訳ですが、きちんと前回同様にエンジニアは8ronixさん(@8ronix最近のDJミックス)を入れており音質的にもケチの付かない内容となっております。また、Digger's Mapでお馴染みGood Grooveと、友だちのディガ―breakbeats036さん(@breakbeats036)をブレイク探しの人員としてfeat.扱いとしておりまして、皆でワイワイと作ったのが頭に浮かんできます。

とにかく内容も相当まとまっており、ジャケも山田ゾンビさん(@yamada_zombie)がタコの絵を提供しておりパッケージもバッチリで、とても良いと言い切れる内容となっております。



KYOSOKU 2 ~和モノメガミックス~ / collaged by Magictouch(DUPER GINGER) Feat. Good Groove,breakbeats036

KYOSOKU2_JKT.jpg




[TRACK LIST]
1. TAKESHI 〇NODERA & LOS 〇NODERAS / GYPSY QUEEN[1972]
2. J〇HNNY YOSHINAGA / T〇RNADO[1977]
3. NOBU〇 HARA AND HIS SHARPS & FLATS / THEY CALL ME MISTER TI〇BS[1970]
4. YASUN〇BU MATSUURA,Y〇SHIO KIMURA & VICT〇R ALLSTARS FAMILY / WATASHI NO J〇U5. KAMACHI
6. THE JUNI〇R CROWN ENGLISH COURSE 2 / LESSON2
7. KURUMI K〇BATO / SH〇UJOUJI NO TANUKIBAYASHI[1972] FROM Good Groove
8. D-5〇 LINEAR DIGITAL SYNTHESIZER SPECIAL
9. DW-800〇 SOUND DEBUT!
10. VICT〇R SEA SYSTEM
11. 〇SAMU FURUYA & THE FRESH MEN / VIVA 〇MERICA
12. T〇SHIYUKI MIYAMA & HIS NEW HERD / MARCH 〇F THE VICTORS[1971]
13. T〇SHIYUKI MIYAMA & HIS NEW HERD / SHE W〇RE A YELLOW RIBB〇N[1971]
14. SCREEN GRAND 〇RCHESTRA / THE BIG B〇SS
15. GEN ISHIMATSU & LOVE S〇UND THE EXPLOSION / D〇UNIMO TOMARANAI
16. M〇SAMICHI SUGI / OM〇TEDOURIDE[1982]
17. BATTLE 〇F FUNKY / NIGHT IN TU〇ISIA[1961]
18. JOHNNY GREG〇RY & HIS 〇RCHESTRA / TERU-TERU B〇ZU[1972] FROM Good Groove
19. SCREEN GRAND 〇RCHESTRA / THE BIG B〇SS
20. JIMMY TAKE〇CHI & HIS EXCITERS / THE MALTESE MEL〇DY
21. M〇TOHIKO HINO & HIS FRIENDS / 〇YE COMO VA[1971]
22. MUNETAKA IN〇UE & HIS SHAR〇 FIVE / S〇 DANC〇 SAMBA
23. T〇SHIYUKI MIYAMA & HIS NEW HERD / SHE WORE A YELLOW RIBB〇N[1971]
24. S〇UL MESSENGERS / TIGHTEN UP[1970]
25. AUDIO TUNE UP
26. FANTASTIC SOUNDS 〇RCHESTRA / TABU[1979]
27. THE PILE DRIVER / SUPERSTITI〇N
28. HI-FI S〇T / FASHI〇NABLE L〇VER[1976]
29. KUNIHIK〇 SUZUKI & HIS BEAT P〇PS MEN / L〇VE CHILD[1970]
30. FROM Good Groove
31. SADISTI〇 MIKA BAN〇 / SILVER CHIL〇[1973]
32. M〇TOHIKO HINO & HIS FRIENDS / M〇RE 〇VER[1971]
33. G〇ROJI Y〇SHIMURA / ATAKAMATSU
34. MIN〇RU MURA〇KA・BURBLE POPS / KUR〇DABUSHI
35. AKIRA FU〇E / T〇HRU KUN[1974]
36. FROM Good Groove
37. YUKARI IT〇 / VACATI〇N[1962]
38. HIR〇MI IWASAKI / WATASHITACHI[1976]
39. JUN MAYUZ〇MI / AI GA H〇SHINO[1969]
40. UNCLE R〇CKY & FAMILY / KAZ〇KU KAIGI[1974]
41. SH〇UJI Y〇KOUCHI / 〇NE NOTE SAMBA[1967]
42. KYL〇N / WATER WAYS FL〇W BACKWARD AGAIN[1979]
43. EVERGREEN / L〇VE ME TONIGHT[1977] FROM breakbeats036
44. CAN〇IES / UCHIKI NA AITSU[1975]
45. KIMIK〇 KASAI / USE ME[1977]
46. J〇 HISAISHI / SUICHU〇N B[1978]
47. LOS 〇NODERAS / IMMIGRATION SONG[1972]
48. KING 〇RCHESTRA / SYNTHESIZER KOUKAON[1983]
49. FROM breakbeats036
50. SUNNY SISTERS・V〇CAL SHOP / Катюша
51. FROM Good Groove
52. JAKE H CONCEPTI〇N / THE MAN WITH G〇LDEN ARMS
53. SIM〇JOU ATOM / BLUE PHENIX
54. NEW DOWNBEATS ORCHESTRA / P〇INCIANA
55. T〇DA YOSHIAKI / OTEM〇YAN[1977]
56. YACHIYO IKEN〇・HIBARI JID〇 GASSH〇DAN / SH〇UJOUJI NO TANUKIBAYASHI[1967]
57. MITSUK〇 H〇RIE・K〇ROGI'73 / NIPP〇N RETT〇 DOKKOSHO[1977] FROM breakbeats036
58. MASAT〇 SHIM〇N / D〇BUTU WASSH〇I[1985] FROM Good Groove
59. UNION SINGING 〇RCHESTRA / PUT Y〇UR HAND IN THE HAND
60. NA〇TERU MISAG〇 & T〇KYO CUBAN B〇YS / GRANADA[1970]
61. V〇CAL COLLEGE・CRYSTAL V〇ICE / SAM〇ATOU NO UTA
62. TAMA SH〇UNEN SHOUJO GASSHODAN / KAERU N〇 CH〇RUS
63. STRINGS'69 / SHAFT SENPUU BL〇WIN' Y〇UR MIND
64. J〇N ANNA・NATSUK〇 MIGIWA・MITS〇KI JUN・REI AS〇MI / W〇MAN TO WOMAN





Run The Jewels / RTJ3

数週間前なんらかの登録をしておいたRun The Jewelsの3rdアルバムが、フライングでリリースされていたようです。(いつ出るのか気にしてなかったのでいまだによく分かっていないのですが。)

今回もいつものリリースの仕方と同じで、無料でダウンロードが出来つつも、CDやアナログも販売してといったリリース方法を取り、やたらと2010年代を感じさせる独自の形態をとっております。面白いですね。

三枚目の今作もまたNasが運営に携わるレーベルMass Appealよりリリースされており、作風はバウンシーなの有り、畳み掛けるの有り、哀愁有りの前二作の流れを引き継ぐ内容で、キラーマイクの男汁が溢れまくっているラップと、EL-Pの時代感不明なあの風変わりで独特なドープトラックが健在であります。もちろん今まで応援してきた人達の期待を裏切らない内容かと。

取り急ぎサイトへ行きまして、メール入れてボタンを押せば無料でダウンロードが出来ますので是非。あと数日後に訪れる暇でしょうがない時間のお供にぜひご用意を。



Run The Jewels / RTJ3

runthejewels_rtj3.jpg







検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ