| HOME |  NEXT »

Washed Out - Mister Mellow

いまだに自分の中では一体何なのかぼんやりしているチルウェイブというジャンルを代表するアーティストとして、主要メディアにも沢山取り上げられたWashed Outが、数年の時を経てあのストーンズスロウよりアルバムを発売。

同時期に登場しこの数年変化しまくっているToro Y Moiと比べると、よりロック寄りのキラキラしたサウンドが印象に残っておりますが、随分久しぶりというのとSub Popからストーンズスロウへ移ってのリリースになりますので、どのような変化が起こったのか大変興味深く&楽しみにしておりました。

変化としてはズバリ、よりダンスミュージック化が進んだという点が最も感じた部分でありまして、私としましては前作、前々作よりよく聴いております。

早めからヒップホップ的な速度、そしてモッタリ遅めまで、キラキラ感はやや残しつつと言った感じで、適度なリゾート感もありとてもバランスの良い全体に仕上がっており、流しっ放しも良いかと。

ひとつ残念なのは、今回ポップ感のあるジャケを採用しておりますが、ファーストアルバムに見られた一度見たら忘れないエッジの効いたジャケで出なかったことでしょうか。聴く前から異常に期待がそそられる事はありませんでしたが、でも内容はかなり良かったです。



Washed Out - Mister Mellow

washedout_mistermellow



で、アルバム発売と同時期に公開されている「The Mister Mellow Show」なる映像があるのですが、こちらはアルバム収録の音源に映像を付けたもので、コラージュやストップモーション・アニメなど満載で面白い内容となっており、ジャケにハマれなかった私ですがこのビデオでビジュアル面問題なしという結論に。まずはこちらを見たら良いかと。







これが出た時、一斉にメディアや音楽ファンが反応し、田舎っぺの私はビジュアルの強烈な印象と合わさって、時代に置いて行かれている感を味わいましたが、あの時の「これはなんだ、なんだ!?」という感覚、おじさんになってもまだ欲しております。



YOUR SONG IS GOOD / Extended (レーベル:カクバリズム)

恥ずかしながら前作のアルバム「OUT」が出る少し前までその存在を知らず、たまたま先輩に教えてもらったことがきっかけとなり聴くようになったYOUR SONG IS GOOD。

過去作の音源を聴きつつ、バンドの顔的存在でありますサイトウ "JxJx" ジュンさんが出演するスペースシャワーの「JxJxTV」(以前当ブログでもポストしました)やその他ラジオ、テレビなどをチェックしたりと、音楽活動以外でも大変興味深くウォッチしておりましたが、この度3年半ぶりの新アルバムが登場しました。

先行で発売されたWavesは、サイトウさんの趣味をそのまま投影したようなBPM85程度の、思いっきり南国夕方風味の曲でめちゃくちゃ良かったですが、アルバム収録曲もパーカッシブ&ラッパな南国リゾート感高めの楽曲が多めで、前作のディスコダブ的な要素を踏襲しつつ、他にもダブやアフロ、チルアウト、バレアリックなど様々な気持ちの良い音楽を盛り込んだ、ただただひたすらに気持ちの良い内容となっております。

ヒップホップもその他のジャンルも、かなり聴かないと差異が区別出来ないことが多い私ではありますが、前作の1曲目でガツンとやられた様に今作もポップセンスが全体的に高く、一周目でバシッと覚えられるキャッチャーさがありながらも、ダサくならないという理想的なバランスでして、本当に凄いセンスだなと。大好きな遅いトラックもいくつかありますし。

アルバム通して捨て曲無し。天気の良い今の季節から夏真っ只中、秋の入り口まで、きっと気持ちの良い最高のBGMになるかと思います。ちなみにどの曲も長尺なのでDJ用としても使い易いかと。


YOUR SONG IS GOOD / Extended (初回限定盤) 通常版

yoursongisgood_extended.jpg






[Disc1]
1. Cruise
2. New Dub
3. Mood Mood
4. Double Sider
5. Palm Tree
6. On
7. Waves

[Disc2](初回限定盤のみ)
1. The Cosmos (Being Borings Remix)
2. Changa Changa (Lord Echo's Disco-Remix)
3. Re-Search (FORCE OF NATURE Remix)
4. Waves (Gonno Remix)
5. Double Sider (XTAL Remix)






ind_fris / Portfolio Vol.1

先週ミックスをポストしたくさんの反響が有ったBawxxxさん(@Bawxxx)が、少し前にツイートしていて知った、その仲間(前に一緒に餅つきやっている映像を見て勝手にそう思っている)ind_frisさん@ind_fris)のアルバム「Portfolio Vol.1」(デジタル&カセットテープ)。気が付けば毎日一回聴いておりましてとても良かったです。

音楽の種類を分けるのがあまり得意でないのでなんと言ってよいか大変難しいのですが、4つ打ち由来のモッタリと遅めなチル、アンビエント、バレアリック、ダブ風味のトラックが計6曲で、ジワジワ上がっていく長尺から4分前後のものまで。どれも出来が良く、適度にポップなセンスも盛り込んでのも有りまして、そういったところも気に入っております。

会社での仕事がし易い音楽だなと思って聴いておりますが、本当は夏の夕暮れとかに合うんだろうなと思います。
カセットテープの方は既に売り切れてしまっているようですが(カセットだとよりアナログ感出て良さそうですね)、デジタルの方はまだまだいけますので。

6曲目はヒゲダンスインスパイア曲ですかね。もしくはテディ・ペンダーグラスか。



ind_fris / Portfolio Vol.1

indfris_portfolio.jpg




1.Floating ships on this planet 04:46
2.Temple area 06:35
3.The room with sounding sea 10:28
4.Pianica & Casio Dub 03:48
5.Afternoon at Hi-Hi-town 04:48
6.PALACE101 10:52



リリースパーティ(東京)

4.5 Wed
FORESTLIMIT
19:00
1,500yen

Live:
ind_fris
H.TAKAHASHI

DJ:
Guchon
李ペリー
mieuxxx



[Sauce81 / Dance Tonight (Eglo:7inch)] & [77 Karat Gold (Jazzy Sport:7inch)]

以前、Floating PointのレーベルEglo(ロンドン)より7inchをリリースしていたSauce81ですが、およそ2年ぶりに再びリリースする運びに。前回はデジタルもありましたが今回は今のところ7inchオンリー。

ピユンピュンした音が印象的なトラックに、Sauce81のソウルフルでハイトーンな歌が乗る、現場即戦力系のディスコブギーファンクとなっておりまして、B面にはそれのDisco Dubバージョンが収録されており、こちらも相当良い出来かと。

初めて知った時はビート系の色もありましたが(主宰してたレーベルの印象もあるか)、ここ最近ですとハウスやソウルの印象が強くなり、様々な著名アーティストとのコラボレーションがあったり、直近ですと今をときめくCeroの新作「街の報せ]のc/w「ロープウェー」に参加したり、寺田創一、KUNIYUKIとのセッションでRainbow Disco Cluv 2017への出演が決定と、なんだかすごいことになっており今年も目が離せない男であります。




Sauce81 / Dance Tonight
[Eglo:7inch]

sauce81_dancetonight.jpg


eglo bandcamp
https://eglorecords.bandcamp.com/album/dance-tonight


販売店

jetset
disk union
strada records
underground gallery





どうやら2月の下旬ごろにはGrooveman Spotとのチーム77 Karat Goldで、またまた7inchが発売されることをディスクユニオンヒップホップのアカウントより知りました。こちらは80'sテイストの遅めR&Bとダンスミュージックの組み合わせで、200枚限定で予約も開始しておりますので、まずは試聴をしてご検討&ご準備ください。

こっちもだいぶ良いですね。














starRo / Monday

世界中からこの数年間注目を集めていた西海岸の次世代レーベルSoulectionのメンバーとして、横浜出身の日本人でありますstarRoさん(LA在住)が活動している事を知った時は、日本人がフューチャービートのトレンド最前線で活躍しているなんて信じられないし凄いもんだなと心底感激しましたが、ここに来て日本のメジャーレーベルより新アルバムが発売される事に。

数ヶ月前Soundcloudで公開された猛遅曲の「Do You Still Want Me」(下に貼ってあります)を聴いた時、次のアルバムは本当に楽しみだなと思っておりまして、どんな風になるか心底気になっておりましたが、歌入りの曲が多く遅いのから早いのまで通して飽きずに聴かせる内容に。

今年のフューチャービート系から来た重要盤「Kaytranada - 99.9%」と比べてみますと、音質はそれよりクリアめでダンストラックはディスクロージャー作品のような洗練された印象ですが、特に私が好きなだったところであります遅い曲の数々は、そのクリアな音質となんだかエロい間が掛け合わされた絶妙なバランスで、どれもこれも凄く良くて丁度良い所に落とし所で作ってくれている印象です。USのスロウジャムのドスケベ概念をフューチャービート側の音色で構築したような感じと言えば良いでしょうか。

日本の人達の食い付きも気にしてか、あの昔からずっと人気のあるパンチライン製造ラッパー、ここ最近の注目の若手ラッパー、変わらず人気のあの女性歌手まで参加で人選も抜かり有りませんが、それが入って来る前の13曲目までだったとしても充分面白かったです。



starRo / Monday

btg1n7oy.jpg







【収録内容】
1. A New Day

2. I Wish feat . Jonah4lyfe

3. My Oh My feat . Jesse Boykins lll

4. Can't Take It Back feat . Gavin Turek

5. Runaway feat . Joyce Wrice

6. Do You Still Want Me
7. You feat . J Rican

8. Relapse feat . One T

9. Love feat . Ralph Washington

10. Yams feat . Masego
11. Serendipity feat . BrandUn DeShay
12. Kiss Kiss feat . Bosco
13. Song For Me feat . Lindsay Olsen

14. Get Me Outta Here feat . NIPPS, Jinmenusagi, METEOR
15. カクレンボ feat . Chara







検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)



最近聴いてる。












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ