| HOME |  NEXT »

[Sauce81 / Dance Tonight (Eglo:7inch)] & [77 Karat Gold (Jazzy Sport:7inch)]

以前、Floating PointのレーベルEglo(ロンドン)より7inchをリリースしていたSauce81ですが、およそ2年ぶりに再びリリースする運びに。前回はデジタルもありましたが今回は今のところ7inchオンリー。

ピユンピュンした音が印象的なトラックに、Sauce81のソウルフルでハイトーンな歌が乗る、現場即戦力系のディスコブギーファンクとなっておりまして、B面にはそれのDisco Dubバージョンが収録されており、こちらも相当良い出来かと。

初めて知った時はビート系の色もありましたが(主宰してたレーベルの印象もあるか)、ここ最近ですとハウスやソウルの印象が強くなり、様々な著名アーティストとのコラボレーションがあったり、直近ですと今をときめくCeroの新作「街の報せ]のc/w「ロープウェー」に参加したり、寺田創一、KUNIYUKIとのセッションでRainbow Disco Cluv 2017への出演が決定と、なんだかすごいことになっており今年も目が離せない男であります。




Sauce81 / Dance Tonight
[Eglo:7inch]

sauce81_dancetonight.jpg


eglo bandcamp
https://eglorecords.bandcamp.com/album/dance-tonight


販売店

jetset
disk union
strada records
underground gallery





どうやら2月の下旬ごろにはGrooveman Spotとのチーム77 Karat Goldで、またまた7inchが発売されることをディスクユニオンヒップホップのアカウントより知りました。こちらは80'sテイストの遅めR&Bとダンスミュージックの組み合わせで、200枚限定で予約も開始しておりますので、まずは試聴をしてご検討&ご準備ください。

こっちもだいぶ良いですね。














starRo / Monday

世界中からこの数年間注目を集めていた西海岸の次世代レーベルSoulectionのメンバーとして、横浜出身の日本人でありますstarRoさん(LA在住)が活動している事を知った時は、日本人がフューチャービートのトレンド最前線で活躍しているなんて信じられないし凄いもんだなと心底感激しましたが、ここに来て日本のメジャーレーベルより新アルバムが発売される事に。

数ヶ月前Soundcloudで公開された猛遅曲の「Do You Still Want Me」(下に貼ってあります)を聴いた時、次のアルバムは本当に楽しみだなと思っておりまして、どんな風になるか心底気になっておりましたが、歌入りの曲が多く遅いのから早いのまで通して飽きずに聴かせる内容に。

今年のフューチャービート系から来た重要盤「Kaytranada - 99.9%」と比べてみますと、音質はそれよりクリアめでダンストラックはディスクロージャー作品のような洗練された印象ですが、特に私が好きなだったところであります遅い曲の数々は、そのクリアな音質となんだかエロい間が掛け合わされた絶妙なバランスで、どれもこれも凄く良くて丁度良い所に落とし所で作ってくれている印象です。USのスロウジャムのドスケベ概念をフューチャービート側の音色で構築したような感じと言えば良いでしょうか。

日本の人達の食い付きも気にしてか、あの昔からずっと人気のあるパンチライン製造ラッパー、ここ最近の注目の若手ラッパー、変わらず人気のあの女性歌手まで参加で人選も抜かり有りませんが、それが入って来る前の13曲目までだったとしても充分面白かったです。



starRo / Monday

btg1n7oy.jpg







【収録内容】
1. A New Day

2. I Wish feat . Jonah4lyfe

3. My Oh My feat . Jesse Boykins lll

4. Can't Take It Back feat . Gavin Turek

5. Runaway feat . Joyce Wrice

6. Do You Still Want Me
7. You feat . J Rican

8. Relapse feat . One T

9. Love feat . Ralph Washington

10. Yams feat . Masego
11. Serendipity feat . BrandUn DeShay
12. Kiss Kiss feat . Bosco
13. Song For Me feat . Lindsay Olsen

14. Get Me Outta Here feat . NIPPS, Jinmenusagi, METEOR
15. カクレンボ feat . Chara






Blood Orange / Freetown Sound

前作「Cupid Deluxe」は本当によく聴いて一年以上iPhoneの中に入れっぱなしにしておりましたBlood Orangeが待望の新アルバムをリリースしました。しばらく聴いていたんですがやっぱり良いなと思いポストに。

まず、前作同様に性や人種のマイノリティをテーマにしたというジャケットがただならぬ雰囲気を放っており、聴く前からもうこれはヤバいんじゃないかという気にさせてくれます。たいへん乱暴な言い方で恐縮ですが、前アルバムを聴いた印象は、R&B、ダンスミュージック、ソウルなどの具材にチルウェーブの素を入れて今風に味付けしたような作風だなと思っていたのですが、その独特のバランスは今回も健在で前作同様にブレておらず、股間がスッとするような抜けの良い作品中心ですので地続きで聴けると思います。

世の中的にはオルタナティブなR&Bなどが人気だったりしますが、この人も従来ソウルやR&Bが持つ熱みたいなものを抜いた様なスタイルのやたらとサラッとした質感をしておりますので、私のように取っ掛かりを探せない勘の悪さですと、本質を理解するまでに少々時間がかかってしまうのですが、しばらく聴いて間を空けて聴いてなんてことを繰り返しておりますと、良いもんだなぁと理解できますので是非。

あと、つい先日ポストしたDJ Shadowの新アルバムにもRock In The Pocketのドラムがありましたが、ここにも使われておりなんだか流行っているのかな?なんて思いましたが、

もうじきフィジカルリリース(アナログも)もあります。



Blood Orange / Freetown Sound

bloodorange_freetownsound.jpg







最高だしずっと聴いていられる。




Seiho / Collapse

今回アルバムの発表がされた時、発売元のLeaving Recordと提携するStones Throwにその名前が掲載されたのを見て、日本人の作品が最も信頼を寄せているレーベルのウェブサイト載ったんだなと心底興奮して嬉しかったです。で、ようやく日本盤CD、アナログ盤そしてデータ配信などが開始され私もしばらく聴いてみました。

アルバム発売くらいのタイミングで公開されたThe Vaseのミュージックビデオは、初見でいきなり度肝を抜かれる今まで見たことの無いタイプの変過ぎる内容で、Seihoさんの天才ぶりがこれでもかと体感出来る作品でしたが、アルバム内容も同じくMVのタイプの、磨かれた音の粒を聴かせるようなの静的な部分(時折ジャジーにも)と激しくダンスに振ってくるところが存在していて、一枚がひと繫ぎになっている様なひたすら聴いていられるアルバムとなっておりました。

昔聴いたIDMやエレクトロニカなどの音源とも共通点はあるものの、やはり2010年代の音色であったりこの人独特の外向き加減がオタクっぽさよりセクシーさを感じますし、何故なのかはなかなか言葉では言い表せないのですが、私ごときのレベルの人間にもとにかく新しい音楽はコレだ!と思わせてくれます。

この位置に行きたい人は少なくないと思いますが、こういう存在になるには音楽が格好良くてオリジナルであることというのは当然で、やはり圧倒的な個性や世界観を持っていることが重要なんだなと。一目みて圧倒的なハイセンスにやられてしまった活け花のジャケットや自らの服装、公開されていた奇妙な朝食など、生き様トータルの評価ということでしょうか。芸能の世界は自己プロデュース能力がいかに大事かを今回の件を持って教えられた気がします。

この先の希望としましては、海外の人気トラックメイカーのように世界的に売れている人気ラッパー達と仕事をして欲しいなと。



Seiho - Collapse
輸入アナログ盤

seiho_collapse01.jpg





本当に凄いなと。





これもとてもよく聴いた。






Moodymann / Dj-kicks (Mix CD)

ベルリンの名門レーベルK7の人気ミックスシリーズの第52弾として、ムーディーマンのキャリア初となるオフィシャルミックスCDが発売されました。

前半ヒップホップやビートミュージックまでのBPM遅めコーナーから始まり、徐々にディープハウスやディスコ、そしてデトロイト印のトラックなどのダンスミュージックに移り変わっていく超絶にドス黒い選曲となっております。
Jai Paulのエディットなど、ムーディーマンがこのミックスのためにエディットした曲が12曲入っておりましてそこも聴きどころですし、私ごときが言うのもアレですが、色々なテイストの曲を違和感なく繋げていくが、統一感が崩れていないのを聴いて、やはり凄いもんだなと感心しました。

古くからのファンはもちろん当たり前のように聴くんでしょうが、ダンスミュージックにさほど興味のなかった人達も、前半ヒップホップなどから自然かつ感じの良い流れで、普段聴かないダンスミュージックに親しんでいただければと。とても良い曲ばかりなので。



Moodymann / Dj-kicks (Import : Mix CD)
[帯・日本語解説付国内仕様盤]

moodymann_djkicks.jpg

01. Yaw - Where Will You Be
02. Cody ChesnuTT - Serve This Royalty
03. Dopehead - Guttah Guttah
04. Jitwam - Keepyourbusinesstoyourself
05. Talc - Robot's Return (Modern Sleepover Part 2)**
06. Beady Belle - When My Anger Starts To Cry**
07. Shawn Lee feat. Nino Moschella - Kiss The Sky
08. Jai Paul - BTSTU**
09. Flying Lotus feat. Andreya Triana - Tea Leaf Dancers**
10. Nightmares On Wax - Les Nuits
11. Rich Medina feat. Sy Smith - Can’t Hold Back (Platinum Pied Pipers Remix)
12. Julien Dyne feat. Mara TK - Stained Glass Fresh Frozen
13. Little Dragon - Come Home
14. Andrés feat. Lady - El Ritmo De Mi Gente
15. Fort Knox Five feat. Mustafa Akbar - Uptown Tricks (Rodney Hunter Remix)
16. Daniel Bortz - Cuz You're The One**
17. José González - Remain
18. Big Muff - My Funny Valentine
19. Les Sins - Grind**
20. Tirogo - Disco Maniac
21. SLF & Merkin - Tag Team Triangle**
22. Joeski feat. Jesánte - How Do I Go On**
23. Kings Of Tomorrow feat. April - Fall For You (Sandy Rivera's Classic Mix)**
24. Soulful Session, Lynn Lockamy - Hostile Takeover
25. Anne Clark - Our Darkness
26. Peter Digital Orchestra - Jeux De Langues**
27. Noir & Haze - Around (Solomun Vox)**
28. Marcellus Pittman - 1044 Coplin (Give You Whatcha Lookin 4)
29. Lady Alma - It’s House Music
30. Daniela La Luz - Did You Ever

** Moodymann edit



@SHiGGY_No8
さんのツイートからBandcampでも売っている事を知りました。
デジタル音源でDJをやる人たちは、こちらでMoodymannエディットを購入可能かと。こういうの別け隔て無くちゃんとやってくれてると、より一層好きになります。









尚、ミックスCD発売に合わせて、収録曲を3LPとしてカットしており、中でもムーディーマンがエディットした12曲が入っているという、これまたDJ達には朗報でもあり、更にお金が出て行く流れとなっております。
普通にミックスを出すのはまあ普通のことなので、こういったエクスクルーシブな音源とミックスを連動して出すのは、ムーディーマンだから欲しいし需要があるいう事もありますので、やはり特別な人なんだなとこのアナログ見て思いました。


Dj-kicks [12 inch Analog]


moodymann_djkicksanalog.jpg



Disc 1
A1. Yaw - Where Will You Be
A2. Flying Lotus feat. Andreya Triana - Tea Leaf Dancers [Moodymann Edit]
A3. Les Sins - Grind [Moodymann Edit]
B1. Noir & Haze - Around (Solomun Vox) [Moodymann Edit]
B2. Julien Dyne feat. Mara TK - Stained Glass Fresh Frozen
B3. Jitwam - Keepyourbusinesstoyourself

Disc 2
C1. Dopehead - Guttah Guttah
C2. Talc - Robot's Return (Modern Sleepover Part 2) [Moodymann Edit]
C3. Peter Digital Orchestra - Jeux De Langues [Moodymann Edit]
C4. Jai Paul - BTSTU [Moodymann Edit]
D1. Beady Belle - When My Anger Starts To Cry [Moodymann Edit]
D2. Daniel Bortz - Cuz You're The One [Moodymann Edit]
D3. Joeski feat. Jesánte - How Do I Go On [Moodymann Edit]

Disc 3
E1. Nightmares On Wax - Les Nuits
E2. SLF & Merkin - Tag Team Triangle [Moodymann Edit]
E3. Lady Alma - It’s House Music [Moodymann Edit]
F1. Tirogo - Disco Maniac
F2. Kings Of Tomorrow feat. April - Fall For You (Sandy Rivera's Classic Mix) [Moodymann Edit]
F3. Soulful Session, Lynn Lockamy - Hostile Takeover





ミックスの発売とは別件で、CarharttからManoganiのロンTやレコードバッグなどが出る模様。そのラインナップにはアナログもあるみたいで、また高騰するんでしょうかね。あのヤンキー烈風隊風のアフロの絵柄もあり、オオ!となりましたが腕に星が入っており、若者っぽすぎるかつテリーマンみたいなので、おじさんには少しハードル高いですよ。


Carhartt × Mahogani

mahogani_carhartt01.jpg

mahogani_carhartt02.jpg
mahogani_carhartt03.jpg
mahogani_carhartt04.jpg
mahogani_carhartt05.jpg
mahogani_carhartt06.jpg
mahogani_carhartt07.jpg
mahogani_carhartt08.jpg

mahogani_carhartt09.jpg






とても良いミックスで、PBWのエディットした音源のEPとか後で出てた。






検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ