| HOME |  NEXT »

Stupid Kozo / BSE V

秋になってから夏のミックスを度々ポストしておりますが、8月終わりに出たものを通常真面目に聴いてちゃんと理解するまでは当然これくらいかかる訳で、夏はすっかり終わっておりすっかり肌寒くなってきてはおりますが、本日朝出勤時に聴いた感じで結構まだまだ行けるなと思ったのでポストする運びになりました、Stupid Kozoさん(@Stupid_Kozo)の夏に出しているミックスシリーズ「BSE V」。

この数年彼の作ったミックスを聴いたり、ツイッターを通して活躍ぶりを見続けておりましたが、徐々にテンション高かった学生ぽい感じから落ち着いて大人になって行く過程みたいなのを見ながら、良い感じになってきたなぁ~と。

新しめの知らない良曲から知っている80年代や90年代の定番から時には和モノまでを混ぜて、ダンスミュージックをかけるテンションで1時間半ゆったりと聴ける内容であります。

あまり言葉で表現するのが難しいのでアレですが、まあとにかく何十回と聴ける内容ですし、しかも洒落ているし、その中に普遍的なものも入っているしといった、この歳までクラブミュージックやラップなどを聴き続けているオッサンにも嬉しいし、若者にも良いだろうしといった感じの大変良くできたミックスということでしょう。雑な言い方すると、一番長持ちするタイプのミックスです。

ダウンロードも用意してくれておりますので冬まで是非どうぞ。僕は近々南の方に行きますのでそこでまた聴きたいと。



Stupid Kozo / BSE V

stupidkozo_bsev.jpg





Track List
01. Sleepover - submerse
02. New Beginnings (feat. Clara La San) - TD_Nasty
03. Oasis (Erotikk Mix) - Francis Inferno Orchestra
04. JAM 1 - C.O.O.L BAND
05. Don't Put Me Off Til 'Tomorrow (Instrumental) - Giorge Pettus
06. Good Morning (Benedek Remix) - Joyce Wrice
07. Lost & Found - 1-O.A.K.
08. The After 6 Mix (Juicy Fruit Part II) - Mtume
09. Let It Go (feat. Missy Elliot & Lil' Kim) - Keyshia Cole
10. Give It 2 You (J.D. Extended Remix) - Da Brat
11. I MUST CHANGE MY LIFE & LOVE FOR ME - Toshiki Kadomatsu
12. Summertime (Instrumental) - DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince
13. Kickin’ Back (Kozo Edit) [Slowed] - Mila J
14. CC102 - DJC
15. cntrl vip - DJ Pigeon
16. Nobody Else - Ella Mai
17. Crisis (Special Mix) - Jam City
18. LMK - Kelela
19. Touch Pass (RLP_Tool_100) - Tinashe
20. Build You Up - Kamaiyah
21. Wanting Some, Getting Some - Gang Fatale
22. Castle 2 Castle - Benedek
23. Right Beside You - Jex Opolis
24. Get It Together (feat. Black Coffee & Jorja Smith) - Drake
25. Paradise 660 - TSVI & Wallwork
26. Ocean Park (feat. Just Tony) - Benedek
27. Rain Forest (Original Mix) - Paul Hardcastle
28. I wanna get high - RGL
29. Untitled - RLP
30. Aziza - TSVI & DJ JM
31. Prioridades (RLP afroblend) - Ynfynyt Scroll x TSVI & DJ JM
32. Love Shy (Tuff Jam Vocal Mix) - Kristine Blond
33. Nothin (feat. Syd) (Club Mix) - Kingdom
34. Ice Cream (feat. Dom Kennedy & Ty Dolla $ign) - DJ Mustard
35. FaceTime - 21 Savage
36. Where U Wanna Be (feat. Clara La San) - TD_N











DJ SAS / COOKBOOK#9 ~Beloved Soul Beats~

後輩たちとの邂逅と変わらぬ上手さが印象的だった、DJ SASさんのレジェンダリーなDJミックスシリーズ「Cook Book」ですが、再びブラックスモーカーから新作をリリースに。

このミックスの事を知った段階で、次はスローだろうか?という予想が頭をよぎりましたが違いまして、内容としては前半ネイティブタン関連と言った感じでネタからFeat.曲、改造モノなどを通過した後、90'sのR&Bタイム(これにも詳細が分からない改造品がいくつか)があり、後半はトラップ以降の楽曲も有るというのが大雑把な流れ。

前半抑え気味な状態から、LadyのCJマッキントッシュRemixで上がり、少ししてライトヒアのドラム挟んでのもう一丁CJマッキントッシュRemixが来てという、サス過ぎてすいませんと言った感じの展開に感激であります。

その後も色々見せ場がありますが、特にZanからボビ夫&ホイ子のテディー・ライリーそっくり楽曲対決からのメジャー・ストレスへの歌引用繋ぎのところは、BPM的には少々強引な所がありますが、BPM+15くらいになってもやりたかったんだなぁとチャーミングな一面を見た気がしました。そういう所も良いなと。

R&Bクラシック以外の曲ですと、全体的に何らかの形でそれらを引用していたり、ネタにしてたりという楽曲が多く、そういうものならどんなものでも(黒通使いのTripy Turtleとか)チェックしているところが面白いですし、使用した理由などの答えを探したりするのも楽しいです。もちろんいつも通り曲自体が良い物を使っておりますのでそういう所も好きでした。

とりあえず2本出ましたんで、昔の再発でも良いけどスローなやつ出ると良いなと。




DJ SAS / COOKBOOK#9 ~Beloved Soul Beats~


djsas_cookbook9.jpg






onionboy / 田舎のタヌキが見る景色

少し前、そもそも興味のない人達によるヒップホップの政治利用が話題になり、この数日の間にあるブログ記事を燃料として再びヒップホップ自体一体何なのかという論争が起こっておりますが、正式なルールブックがあるわけでもなく、今や広範囲の世代の様々な人々が参加するゲームになってしまいましたので、ヒップホップ観はこうだと個人の希望では言いきれない状況になってきている思うのですが。まあそれでも、ヒップホップを聴く人は弱者やマイノリティーに優しくあって欲しいし、だからといって別にお金も大好きな人が居ても構わないし、その反対にお金より大事な正義があると思っている人もいて良いと思うしと、答えがそもそも無く道徳的な話になってしまうので話は尽きませんね。

とまあそんな論争の中心となった記事を読みながら、ヒップホップとその他文化を混ぜたミュータントのようなこちらのミックスを聴いていたのですが、これ先週多くの反響がありました「ダサい曲をかけるパーティー」に近似する案件じゃないのかと思うような割合であります。

普通にダサいと思っていた曲、周りには言えなかったけどダサいと思っていた曲、異国のダサいけど癖になる曲、ダサいっぽく振る舞ってるけど全然ダサくない人達の曲、ダサくないものとして扱われているけど一曲決定的にダサい曲があるお陰で個人的にはダサいと思っている人達の曲などなど、がダサくない曲にまぎれてグルーヴィーに展開していくナイスミックスです。繋がりの良さが各所に有りかなりポイントになっております。

最初トラックリストを見て聴く気が若干萎えましたが、実際聴いてみますと全く問題無く絶妙なミックス&アイデアに溢れた構成となっており、何事も正論だけでは片付けられないというのを体現しているかと。センスを問われる内容ですが、曲単位で好き嫌いより、よくぞここまで上手く聴かせたなという気持ちのが勝ちました。最後のあの曲(あまり聴いてこなかった)がこんなに素敵に聴こえたのは初めてかもしれません。ぜひトラックリストを見ずに最初は楽しんでいただけたらと。

フリーダウンロードも用意してくれておりますので、昨日のミックスと共に連休中のお供に是非どうぞ。



onionboy / 田舎のタヌキが見る景色

onionboy_itmk.jpg







田舎のタヌキが見る景色
mixed by onionboy
illustration by Jacob Hunt (@juncobath

01. 揺れ - KICK THE CAN CREW
02. 琥珀色の街、上海蟹の朝 - くるり
03. Luchini AKA (This Is It) (DJ Deckstream Remix) - Camp Lo
04. Bang Bang Bang - Mark Ronson & The Business Intl
05. Gee (M.Hisataakaa Remix) - Girl's Generation
06. Get Me Home feat. Blackstreet - Foxy Brown
07. Right Thurr - Chingy
08. It's Me... - Swizz Beatz
09. 夜空 (M.Hisataakaa Remix) - 加藤ミリヤ
10. Crazy In Love feat. Jay-Z - Beyonce
11. Deepest Impact feat. Chuck Moris - KAKATO
12. Deep Impact feat. ラッパ我リヤ - Dragon Ash
13. 君に壁ドン feat. Showgunn - 西新宿パンティーズ
14. 友達 feat. LIL KOHH - KOHH
15. 自己嫌悪 - キミドリ
16. ビコーズ - KREVA
17. Shari Gari - Dynamite naomi
18. お嫁においで2015 feat. PUNPEE - 加山雄三
19. お嫁にゆくわ2016 - Pinkey (from REPWEB)
20. KYOTO TOWN NIGHT FEVER - AH (嗚呼)
21. Wine Red - KOJI1200
22. Concrete Jungle (Ben The Ace Remix) - MURO
23. First impression - 野猿
24. Loveって何よ - soap
25. 恋におちたら - Crystal Kay








DJ Dmtech / Livin' Proof #5

毎度のことながらDJとしての強度だったり選曲のセンスだったりと、信用&共感出来るDJとしてミックスを楽しみにしている(数ヶ月間の答え合わせにしているとも言えるか) デムテックさんのミックスシリーズの5弾目。

今回は夏場ということでいつもに増してどういうものになってくるのか楽しみにしていたんですが、自分が直近のものでミックス作るならこの辺りだろうか...といった感じのものを各所に配置し、夏の終わりや秋口に合うメローでモタっと黒い仕上がりが最高でした。(最後の方にはMura Masaのキラキラな曲がオチとして入っていたり、そういう所も良いです。)

これを書くまでに多分10回以上聴いておりますが、まだまだ繰り返して聴けそうです。その理由として、度々書いておりますが今回もまたトラップ的要素が入りながらも、DJの技術自体が90年代からの世代も納得出来るような上手さみたいなものが有り、単に良い曲が入っているというレベルで無いことがあるかと思いますので、メインストリームの新譜を積極的に聴かない皆様にも今の曲ちょっと聴いてみたいなという気持ちさえありましたら、メローですし十分楽しめるかなと思います。

今回もダウンロードリンクを用意してくれておりますので、是非3連休のお供にどうぞ。それにしてもオッサン達(自分も)にとっては今回ちょっと電車内で開けづらいジャケでありますね。笑



DJ Dmtech / Livin' Proof #5

6nkmpuwk.jpg





1.Intro - Dj Dmtech
2.The Uber Song - D.R.A.M
3.So Are We - Chaz French
4.Love Galore feat. Travis Scott - SZA
5.Guillotine - Buddy & KAYTRANADA
6.Wedding Crashers feat. Offset - Amine
7.Patty Cake - Kodak Black
8.iSpy feat. Lil Yachty - Kyle
9.Get Bigger / Do U Luv - NxWorries
10.Herside Story - GoldLink
11.Ballin - Bibi Bourelly
12.Boredom - Tyler The Creator
13.Girl Like You - Toro y Moi
14.Love Throwback - Storie
15.Paper - David Banner
16.LOYALTY feat .Rihanna- Kendirck Lamar
17.1 Night feat. Charli XCX - Mura Masa
18.Miss U - Sanga






ダサい曲をかけるパーティー とその現場の音源

日本中で行われているクラブイベントには、タイミングが合うなら是非行ってみたいなぁと思うものもいくつかありますが、その中でも実際行けそうな圏内にありチャンスをうかがっているのが(先日行われたものもマンガ喫茶の目星まで付けていたが未遂に終わった)、伝統と格式がある京都にて2016年の正月から諸行亭無常さん(@shogyouteimujoy)主宰で始まった「ダサい曲をかけるパーティー」であります。

通常、この世にあるほとんどのDJが絡むパーティーは、自分が良いと思っている曲をかけ、お客に楽しいと思ってもらったり、自己顕示欲を満たしたりするものですが、全く反対にあるダサくて普段絶対いけなさそうなものをプレイする(供養する?)という主旨で行われており、なんならテクニックもダサい方が良いのかもなと思うと、トランプゲーム大富豪で言えば革命後の世界のような感じでありまして、まさにDASAIこそ移り変わりが激しくリバイバルだらけの音楽業界において最後のフロンティアかもなと。

ダサさも人によって区分が随分違いますが、ここ最近のホットな話題であります、あの小沢健二があのセカオワと組んでそこに松本大洋が...というニュースから考察してみますと(人によってどこがダサいのかバラバラに分かれる案件だと思う)、この段階なら無理せずダサい方のフォルダに入れるか、これは今っぽくてダサくないだろという事になるのか想像もできませんでして、こういう他の人が守りたいラインに入ってそうな所にドカドカと入って行って、完全主観でダサいと思っていることを発表するのかと思うと、ゾクゾクする自分の中のイヤラシさと、誰かから思いっ切り縁切りされるかもという怖さが同居する大変刺激的なものであります。さすが京都(人)と言った感じでしょうか。

ここ最近は有名ゲストも入れ開催しておりますが、まさかゲスト自体もダサいのか?と期待しますがそこはダサくないです。しがらみがないぶん一般人DJのほうがのびのび選曲出来てひょっとしたら面白いかもなと言うのがこのパーティーの良い所でもありますし、開始から最後まで楽しくない瞬間が無いだろうなと。自分もパーティーのことを考える度に俺ならどんなDASAIかな?と考えたり、行く時があればこのTシャツ来ていこうというのを用意したりと、毎日夢想しております。

で、9月1日に行われたDJプレイをミックスクラウドにアップしてくれている人(@rikker_mさん)もいて早速聴きましたが、ちょっと自分と違うなと、うわ!来た!!!という場所が混在する、それはそれはパーティー参加への欲求がより一層高まる楽しい内容でしたので皆様も是非。これ聴いたら他の人のも猛烈に気になって今までの全部聴きたくなりました。一度プレイしたら2度とかけないのとか沢山有りそうだし。

どうやら次の開催は年明けで(大変寒い時期)、宿無しで行くのでめちゃくちゃ迷いますが。

ちなみに、アパレル&グッズも大量(ダサい)に作り欲しいモノ満載でとても良い感じ。



ダサい曲をかけるパーティー (諸行亭無常さんのインスタ)

dasaikyoto01.jpg





りかぴっぴさん(@rikker_mさん)









DASAIのショップ
dasai_apr02.jpg
dasai_apr01.jpg





この間ブックオフの店内放送でかかって再確認したしブチ上がった。





車で聴いてて、外に友達居ても窓開けるのやや難しい。















検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ