| HOME |  NEXT »

@bamulet / リレー形式のミックス企画 「RELAYAZ MIX」

普段からツイートする情報を参考にさせていただいております@bamuletさんによる、DJミックスを作った人が次に聴きたい人を指名しそれをどんどん繋げていくリレー形式の企画で、既に7作目まで公開されております。

エッジの聴いたヘビーなのから、心地よいダンスミュージック、ヒップホップ、R&B、ダンスホール的なヤツ、日本語のラップまでと、毎回基本的にはジャンルを越えた選曲がされており、バラエティ豊かな内容になっております。

どのミックスも出る度にとりあえず行っとこうみたいな感じで流されるままに聴いてますが、全く意図せず知らない音楽を沢山聴けて面白いです。最近少し勘が良くなって、自分の好みのものを嗅ぎ分ける能力が少し上がったため、良いのか悪いのか偶然の出会いみたいなのが無くなってきておりますので結構こういうの良いなと。

ちなみに私は4、5、7が好きなのですが、5は適度にスケベ要素もありとても夏ぽいので、半袖で活動できる5月の連休から聴くにはとても良さそうであります。



RELAYAZ MIX

relayazmix01.jpg

relayazmix02.jpg



この企画主宰の@bamuletさんによる、かねてから噂になっております南アフリカのダーバンで生まれた、現在世界中から注目が集まる音楽ジャンル「Gqom」のDJミックスも併せて貼っておきます。





ちなみにFNMNLさんで多くのGqomに関する記事が上がっておりますので、興味ある人は見に行ったら良いかと。

南アフリカのGqomシーンを追うドキュメンタリーがYoutubeで公開
南アフリカの暗黒ハウスgqom(ゴム)の現在 ー 重要人物たちの生の声から
南アフリカ産の暗黒ハウスGqomがショーケースとなって日本初上陸


それからRed Bull Music Academyの名物企画「H∆SHTAG$, Season II」でも取り上げられておりますのでこちらも是非。









DJありがとう / あんなことまでしたのに

新しいDJありがとうさんのJポップミックスですが、タイトルの既視感が引っ掛かり2、3日考えておりましたが、指原莉乃が別れを切り出した彼氏に放った名言「エッチだってしたのにふざけんなよ!」 だったことが分かり(あんまり似てない)、気持ち悪さは解消しましたがどうでも良いことでした。

今回は春の季節に照準を合わせて作られているとのことで、私も既に10回くらい聴いておりますが、まさにその通りのかなり春な感じの選曲だと。春らしいフワフワしたトラックの楽曲は多めですが、1曲目から「キャラメルの包みを開ける係やるからレンタカーでどこかに行こう」という一度聴いたら2度と忘れない独特の歌詞の曲から始まり、いきなりありがとうさんのミックスだなぁ~と実感できます。

発売されてからずっと聴いている土岐麻子のアルバムBittersweetから、その中でも一番好きな曲ラブソングが後半に入っており、トラックリスト見ずに聴いておりましたので、電車の中で急に感極まっている気持ち悪いおじさんになっていたかと。

今から5月までいけそうです。もちろん無料ダウロードも用意してくれております。



DJありがとう / あんなことまでしたのに

djarigato_annktmdstnn.png




djarigato_annktmdstnn_tl.jpg








Sir Y.O.K.O.PoLoGod. / KYO-ON DEATH ROCK ~TRIBUTE TO TEXAS DEATH ROCK~

正月に嫁方の親戚が一同に集まる場において、100円のユニクロの服に死ぬ程質問が入る、なんだかガチガチのヤフオクもどうかと思うが、独自の発展を遂げたルールとお客の荒さにより、独特な臭いを放つメルカリのDQN感もどうかと思うので、是非2つを可視化して戦わせる方法とかあったらやってみたいよねみたいな冗談を、嫁と喋っているのと間違えてメルカリのヘビーユーザーにして信奉者の義兄の嫁にポロッと言ってしまい、図らずもヤンキー認定してしまい、更に要注意人物扱いを受けているのだろうなと。

まあそんなメルカリの思い出はどうでも良いとして、そんな無法地帯メルカリにて、その独特のルールで運用される商品タイトル風の名前の楽曲を販売したりと、最近はメルカリマナーなSir Y.O.K.O.PoLoGod.さん(Threepee Boys、Mousou Pager)が、毎年4月5日に自分の名前と45(7inch)にかけて発表する、恒例のフリーミックスを今年も公開しました。

内容はJAZZ ROCK、60's GARAGE、PSYCH、70's Hardなどロック音源中心で、ヒップホップ程度の速度でブレイクがあったりする楽曲も多く、ヒップホップ的なプレイスタイルに映える選曲であります。ブラック・サバスのところが自分の中でフックとなって聴いております。

このミックスのトリビュート元となったのが、BOBO JAMES氏とKZA氏によるグルービーロックの名作ミックス”TEXAS DEATH ROCK”みたいで、ジャケもD.L.感あり細かい所まで手を抜かない感じですね。ART WORK BY : S-Yぽろごっじゃんのところも。

本人曰く「Danny BrownとかKanyeとか好きな方にもオススメだったり!」とありますが、まさにこれを聴けばその空気感がサイケやプログレに繋がっている事はお分りいただけるかと思いますので、ロックを普段聴かない人々も是非どうぞ。無料ダウンロードもありますので。

時におかしなツイートや冗談のような行動で煙にまいている感じですが、最新のトラップ系のヒップホップから日本語のラップ、90'sやオールドスクール、アンダーグランド、元ネタなど異常に広い守備範囲で、PCDJから7インチまで幅広いフォーマットにも対応し、それをサラッとやっているところが凄いですよね。



Sir Y.O.K.O.PoLoGod. / KYO-ON DEATH ROCK ~TRIBUTE TO TEXAS DEATH ROCK~

siryoko_kyoondeathrock.jpg





TITLE : KYO-ON DEATH ROCK ~TRIBUTE TO TEXAS DEATH ROCK~
MIXED BY : Sir Y.O.K.O.PoLoGod. (Threepee Boys/MOUSOU PAGER)
ART WORK BY : S-Yぽろごっじゃん

2017 / 4 / 5

ALL ROCK / POPS 45's

Tracklist
01. LITTO NEBBIA / SI NO SON MAS DE LAS TRES
02. GUESS & ABNER / AND THE WORLD KEEPS SPINNING
03. ERIC BURDON AND WAR / MAGIC MOUNTAIN
04. SUGAR SHOPPE / LET THE TRUTH COUME OUT
05. CRAZY ELEPHANT / GIMME GIMMIE GOOD LOVIN'
06. GET FREE / CAN YOU SEE ME
07. BLACK SABBATH / PARANOID
08. BRAM TCHAIKOVSKY / WHISKEY AND WINE
09. THIN LIZZY / JOHNNY THE FOX
10. JROCC / BREAK YO SELF
11. RARE EARTH / I JUST WANT TO CELEBRATE
12. RONNY KAE / DRUMS ARE BACK
13. PROMOTION MUSICAL / MUSIC FOR GON GON
14. CHARLY ANTOLINI / CHARLY'S NEW DRUMS
15. APHRODITE'S CHILD / END OF THE WORLD
16. HARUMI / TALK ABOUT IT
17. BHANG / BLACK EYED PEAS
18. SIMTEC SIMMONS / TEA BOX






texasdeathrock_kza_dl.jpg

Bawxxx / Vulgar scandal

先週ポストしたDJサモハンキンポーさんのアジア音源のレゲエ、ラバーズ・ロックのMIX 「Asian Love Affair」は多くの人に聴かれとても話題になっておりますが、こちらもそれが好きだった人に合いそうな、暖かくなってきたらもっと良くなるであろう今からの気候(春)にピッタンコなBawxxxさんの(@Bawxxx)ミックス。

速いんだか遅いんだかよく分からないBPM100くらいのモッタリしたスピードの、春らしい日本産のブギーを中心に中盤までは構成され、後半はピッチが落ちて都会的なのからサザンで締めという選曲の内容。和ブギーの中には、古いものからここ最近のものまでの極東風味からヤレた南国風味まで色々入っておりますが、それらがごくスムーズな流れで無理なく繋がっており、いつの間にか曲を憶えている感じでした。もちろん聴き流すことも出来ますので作業のお供にもピッタリ。

尚、フリーダウンロードも用意してくれているので、一ヶ月くらいはプレイリストに入れてダラダラと聴くのがよろしいかと。オススメです。



Bawxxx / Vulgar scandal

bawxxx_vulgarscandal.jpg





1.Ann Lewis
2.Tinna
3.Anli Sugano
4.Shintaro Sakamoto
5.Oh Shu
6.Parachute
7.Akira Inoue
8.Mariah
9.Asami Kado
10.Meiko Nakahara
11.Southern All Stars








DJサモハンキンポー / Asian Love Affair

やけのはらさん(@yakenohara_taro)が関わっているものでは、以前ポストしたDJ きらきら富山さんが凄く良かったのが印象に残っておりますが、最近のツイートで知ったこちらもとても良かったです。

思い出野郎Aチーム、VIDEOTAPEMUSIC、井の頭レンジャーズ、ACID夢芝居など、人気のバンドで活動する、チャッピー源さんことDJ サモハンキンポーさん(@hajimematsushit)が送る、タイ、韓国、中国などアジアのレゲエ、ラバーズ・ロックのMIX。

突き刺さるDJネームからは、目がクリクリした浅黒い肌のオカッパデブというヴィジュアルをどうしても想像してしまいがちだと思うのですが、なんとかお顔を拝見したい気持ちを抑えられず、グーグルにて検索をかけました所、もう少し南のゴールデントライアングル付近の雰囲気の方の写真がいくつか出てきてこの人なのだろうかと。いまだ分かっておりません。

まあそれは良いとして、思い出野郎AチームのWEEKEND SOUL BANDが大好きで、出た時は数ヶ月間ずっと聴いておりましたので、そのメンバーの方ということで中身関係なしに好意的な気持ちになり、今流行りの「忖度」をしまくってしまって余計にブーストがかかっているのもあります。

内容はレゲエ、ラバーズ・ロックとは言えアジア圏の楽曲ですので、言語的にオリエンタルな雰囲気になっているものもあり新鮮ですし、Spring Rainの分かり易くキャッチーなナイスカバーなんかもあり、何気なく聴き始めたのですがすっかり毎日聴いている次第であります。

気温がこれから上がってくると益々良い感じになるかと思いますので、mp3プレイヤーに放り込んで是非車やバーベキューでプレイしていただけたらと。フリーダウンロードもありますし。Puane作のジャケもとても良いですね。




DJサモハンキンポー / Asian Love Affair


djsammohungkambo_asianloveaffairmix.jpg



artwork by Puane
mastering by YAKENOHARA











検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ