| HOME |  NEXT »

フィンランド旅行2018 ③


②からの続き



街中の様子

今までヨーロッパに行ったことがなく、関西やアジアが主な旅行先でしたので、まず最初に着いて思ったことは、街に全く隙が無いということであります。完成されていて美しくて、無駄がない様子に衝撃を受けました。

それでも数日居てやや郊外みたいなところにも行くようになると、だんだん慣れてきて色々見えてきたりしまして、やはりアジアでもヨーロッパでもでしょうが、ヒップホップやスケート、グラフティーアートと行ったアメリカ文化が浸透していて、本当にブラックバスやブルーギル、アメリカザリガニ、ミドリガメみたいな状態だなと。


fnlndtrp_08.jpg

fnlndtrp_09.jpg

fnlndtrp_10.jpg

fnlndtrp_11.jpg

fnlndtrp_12.jpg

fnlndtrp_13.jpg

fnlndtrp_14.jpg

fnlndtrp_15.jpg

fnlndtrp_16.jpg

fnlndtrp_17.jpg

fnlndtrp_18.jpg

fnlndtrp_19.jpg

fnlndtrp_31.jpg



自分たちが帰った一週間後にはMigosが来ていたりと、若者の暮らしはこちらと何も変わらない感じでした。

fnlndtrp_30.jpg




お店

古い建物ばかりなので(恐らく新しい建物も古いのと同じように作っているからよく分からないが)、どこも完成されていて何を見ても洒落ているということで間違いないのですが、郊外の肉屋やただの喫茶店ですらこんなにかっこいいのは驚きます。こちらでトッキントッキンに洒落ているものでもこちらでは普通の喫茶店であり、ベースの違いを嫌でも感じさせます。


fnlndtrp_71.jpg

fnlndtrp_27.jpg


fnlndtrp_25.jpg

fnlndtrp_26.jpg

fnlndtrp_28.jpg

fnlndtrp_29.jpg

fnlndtrp_67.jpg

fnlndtrp_68.jpg

fnlndtrp_70.jpg

fnlndtrp_72.jpg

fnlndtrp_73.jpg

fnlndtrp_74.jpg

fnlndtrp_75.jpg

fnlndtrp_76.jpg




セカンドハンドショップ

旅の中で最も楽しみにしていた一つが、リサイクルショップ、骨董店に行くことで、主にキンブル(愛知県にある魔窟のようなリサイクルショップ)みたいなところを選んでいくつか行ったのですが、日本から10時間も離れますとゴミもゴミに見えなくなってくると言いましょうか、もちろんディズニー関連製品など世界的に消費されているものは山程ありますが、その中にキラリと光るヨーロッパ的なゴミもあり(自分がそう思っているだけですが)、この旅で一番楽しかったところになりました。


fnlndtrp_103.jpg

fnlndtrp_97.jpg

fnlndtrp_89.jpg

fnlndtrp_90.jpg

fnlndtrp_91.jpg

fnlndtrp_92.jpg

fnlndtrp_93.jpg

fnlndtrp_96.jpg

fnlndtrp_98.jpg

fnlndtrp_99.jpg

fnlndtrp_100.jpg

fnlndtrp_101.jpg

fnlndtrp_102.jpg




クリーニングデイ

そしてもう一つとても楽しみにしていたのが、街中がフリーマーケット会場になるクリーニングデイの日であります。たまたま滞在期間中がそれだったのでラッキーでしたが、ここも家にあるものから骨董扱いのものまで、ありとあらゆる場所でお店を広げてやっておりとても楽しかったです。


fnlndtrp_51.jpg

fnlndtrp_52.jpg

fnlndtrp_53.jpg

fnlndtrp_54.jpg

fnlndtrp_55.jpg

fnlndtrp_56.jpg


しかし外国人は草っぱらに寝っ転がっているだけで、なんか格好良いですね。

fnlndtrp_57.jpg



遊園地

あまりにこちらの都合に付き合わせすぎて子供がかわいそうだなと思ったんで、遊園地にも行きました。レトロな乗り物も多く可愛らしい遊園地でした。行ったのが遅かったのですぐ終わってしまいましたが。乗り物はお金かかりますが、入園料は無料でした。

fnlndtrp_44.jpg

fnlndtrp_45.jpg

fnlndtrp_46.jpg

fnlndtrp_47.jpg

fnlndtrp_48.jpg

fnlndtrp_49.jpg

fnlndtrp_50.jpg









旅行へ行くとインプットが多くなる&家族と一緒にいるので音楽を聴かないのが通常となりますが、今回は夜に一人で自転車に乗って、片耳で音楽を聴きながら徘徊することも。

街を見ればヒップホップという空気感でもないし、ヨーロッパみたいなのも持って来ていなくて、どうしようかなといった感じになりましたが、こちらMoses Sumneyのアルバムがドコドコいってないし良いだろうと思って聴いておりました。

ビートがあまり強調されていなかったものですから、掴み損ねていた感じでしたが、通勤時のガチャガチャした景色を見ながらと、美しいヨーロッパの街並みを見ながらでは、同じ音楽聴いていても全く印象違うなと、ヘルシンキにてようやく良さが分かりました。アメリカの音楽ですが。

それ以来大好きになり、毎日聴いております。余裕が無いと何聴いてもちゃんと理解出来ていない可能性あるのでだめですね。



Moses Sumney / Aromanticism

mosessumney_aromanticism.jpg





フィンランド旅行2018 ②


①からの続き



現地の人々

行った場所が首都のため、見かけた人がフィンランド人の標準的な人達なのか、都会の先端的な人達なのか分かりませんが、普通に若い人から老人まで、地元産の鮮やかなマリメッコの洋服を着ていたりしている人がまあまあいたのが印象的でした。同ブランドのロゴがプリントされた白のトートバッグ?ショッピングバッグ?みたいなのもやたらと流行っていて、どこへ行っても見かけました。

また、ヘヴィーメタルが盛んな土地柄か?はたまた世界的なバンドTシャツブームだからなのか?とにかくそういうテイストのファンションの人が結構多くて、スレイヤー、アンスラックス、メタリカ、メガデス、そしてアイアン・メイデン(これが一番多い)のTシャツを着ている人をやたらと見かけました。

とは言え、インターネット時代の若者の服装は世界レベルで均一化していると思いますし、バス停にはH&Mの広告がバンバンあるので、多くの人達はそういった感じでしたが。あと特殊な服装の人としては伝統的なスカートを履いた(足元はクロックスの人とか居たが)ジプシーの女の人も印象的だったな。

夜に(明るいが)公園に若者が沢山溜まっている、広場みたいなところに行ってみたのですが、携帯できるブルートゥーススピーカーでヒップホップを聴いている人もちらほら居て、やはり世界的にも今はヒップホップが主流になっているのかなと。同じく夜頃から駅前に移民(頭に布を巻いる女性がいるのでシリアの難民だろうか?)の人たちが集まってきて、酒盛りをしたりとまた昼間とは違う雰囲気がありました。

タトゥー率も割と高く、強面から普通の人まで普通にファッションとして定着しておりガッチリ入っている人も多め。顔中ボディピアスだらけの人達が、障害者支援施設のインフォメーションカウンターにいたり、遊園地で係員やっていたりと普通に生活しており、道を訪ねたりしても皆優しい対応をしてくれます。

テレビではゴミの収集作業をする人達にタトゥーが入っているだけで、テレビで何日も問題として取り上げたりと、アウトロー扱いされる日本とは全く違うので、本当に欧米ではこうなんだなというを体感し、この個人のアイデンティティーを大切にするところまで、自分の国は後何年後に到達するのかと、色々考えさせられる事も多かったです。


fnlndtrp_58.jpg

fnlndtrp_69.jpg

fnlndtrp_59.jpg

fnlndtrp_60.jpg

fnlndtrp_61.jpg

fnlndtrp_62.jpg

fnlndtrp_63.jpg

fnlndtrp_64.jpg

fnlndtrp_65.jpg

fnlndtrp_66.jpg






トイレ

現地で一番困ったのはトイレでした。子供連れで動いていたため、こちらが先に行っておけば?と言えば出ないと言い、その15分後にトイレのないところで突然行きたいと言い始めるみたいなのが頻繁に起こるのでやや大変でした。公衆トイレもありますが、飛び込みで入ったお店や、ちょっと買い物をしたお店などは、お願いするとスタッフも使うトイレを貸してくれるところも有りまして、随分助けてもらいました。

イベント会場の公衆トイレで随分後ろに並んでいたのですが一番前まで入れてくれた時があって、優しい国民性というのは本当なんだなと。多分子供が股間を抑えて走り回るから気の毒に思ってというのもありますが

借りたトイレはほぼほぼどこもかなり綺麗にしている印象で、お店で使えるようにしているトイレも綺麗なところが多かったです。有料のトイレもあるなんて聞いていたのですが私達は見かけませんでした。ちなみに銀色のトイレは公衆トイレですが、中には超絶に汚いところもあり、公衆トイレが汚いのはどこも一緒だなと。

一番印象的だったのはアラビア製の便器とダイソン製のエアタオルでしょうか。そういうのあるんだなと。


fnlndtrp_20.jpg

fnlndtrp_21.jpg

fnlndtrp_22.jpg

fnlndtrp_23.jpg

fnlndtrp_24.jpg




食事・スーパーマーケット

もう一つ困った事は食事であります。仕事でよくフィンランドに行く人に外食は物価のせいもありとても高いので、夕食はスーパーやデパートのデリなんかのテイクアウト出来るものやパン、お酒、果物を買ってきてホテルで食べていると旅行前に教えてもらっており、ある程度覚悟して朝食をホテルでちゃんとフィンランドっぽいものも食べられるようにしてきて良かったなと。


fnlndtrp_80.jpg

fnlndtrp_81.jpg


当然私は裕福な方ではないので、毎食ちゃんとしたレストランに行ってというのは大変なんで、夕食時にはレストランにはあまり行かずファーストフードやデリを利用しました。とは言えマクドナルドも家族四人でいって、セット2つ、子供用セット2つを頼むと3,000円代ですので中々高いですよね。日本との味の差はほとんど感じる事はありませんでしたが、単純に最近マクドナルド行ってないからかもしれません。


fnlndtrp_79.jpg


地元のハンバーガーチェーンHESバーガーの方も、ちょっと気になったもんですからどうだろうと思い入りましたが、日本で食べるマクドナルと特に変わらない味に思いました。値段は日本のマクドナルドと同じような感じで、こっちで良いじゃんという感じ。保守的な私はチーズバーガーセットで、妻はケバブバーガーセット(辛い)。どちらも普通に美味しかったです。これから行く皆様もヘスバーガーで良いんじゃないですかね。


fnlndtrp_77.jpg

fnlndtrp_78.jpg


初日、右も左も分からない状態で自転車を使い一人でスーパーマーケットに買い出しに行きましたが、何も分からずまあまあ高い高級スーパーに入ってしまい、フィンランドの物価が高いところに更に高級が乗っかった状況に、後数日で食事に一体いくら使うのだろうかと恐ろしくなり、牛乳1リットルとぶどう(500gで2ユーロくらいでかなり安かった)とポテトチップスだけ買って出ました。


fnlndtrp_83.jpg

fnlndtrp_86.jpg

fnlndtrp_87.jpg


旅行の後半に安い方のスーパーがあることを知り、安い方で現地のお姉さんに話しかけて聞いたら、あっちに行くのは金持ちだけだと言われましたが、とは言え安い方も安い方でやっぱり物価高かったですが。どこへ行ってもぶどうとメロンとスイカは安かったのはなんででしょうか。


fnlndtrp_84.jpg

fnlndtrp_88.jpg


下の写真に写るのは安い方のスーパーSマートの入り口付近に設置された、ペットボトルなどを回収する機械なんですが、入れる度に液晶に数がカウントされていっているので、後ろに並んで待っていた移民ぽいおばさんの集団に質問したら、どうやらお金なのか金券やポイントなのかよく分かりませんが、とにかく何かが出てくるとのことのようで(喋っている事はもちろん分かってないので自信ないですが)、日本でも見かける空き缶を拾って売りに行くやつをスーパーの入り口でできるようになっているということのようです。リサイクルとおばちゃんたちのお小遣い稼ぎが効率化されており北欧を感じました。


fnlndtrp_85.jpg


更に高いストックマン(デパート)の惣菜売り場で寿司の巻物が一貫(直径2センチ長さ3センチくらいの魚以外のものが巻いてあり麻生な海苔巻き)200円くらいするような状況でしたので、気軽に寿司を食べるなんて出来ません。ちなみに数少ない入ったイタリアンレストラン(ケバブはないタイプの)で地元の名物のサーモンとアクセントにケイパーが乗った冷たいピザを頼みましたが、冷たいけど美味しかったです。


fnlndtrp_82.jpg




③へ続く









フィンランド旅行2018 ①

つい数週間前、ひょんなきっかけからフィンランドへ旅行に行ってまいりました。

事前に知っている情報といえばマリメッコ、イッタラ、アラビア、artekなどのブランド、ヘビーメタル、エアギター大会、サーモン、ミートボール、白夜、オーロラ、サンタクロース、サウナ、自然、ムーミン、かもめ食堂、手厚い社会保障、高い幸福度というような感じでしょうか。かなりザックリとしたことしか分かっていないため、行ってなんとかなるかという感覚も無く、結構頑張って調べて用意して行きました。


fnlndtrp_01.jpg

fnlndtrp_02.jpg

fnlndtrp_03.jpg

fnlndtrp_04.jpg


これまでもさほど海外に行ったこともなく、今回初めてのヨーロッパだったので、今までの移動距離とは全く違う片道10時間近い飛行機での移動となり、子連れ(2人)というのもありやや不安でしたが、携帯のゲームとアニメでごまかし、昼寝もさせながらなんとか泣くこともなく凌ぐ事ができました。ちなみに私は、クリード、ブラックパンサー、シェイプ・オブ・ウォーターを鑑賞したんですが、シェイプ・オブ・ウォーターが特に良かったです。




空港に着いて最初にやったのはコンビニR-kioskiにて、電車、地下鉄、バス、路面電車(トラム)が乗り放題になるカードを買うことと、こちらでSIMロックを解除していったiPhoneに、現地のSIMカードを挿してインターネットを使い放題にすることです。



fnlndtrp_05.jpg

電車の料金について(参照サイト) → ヘルシンキと周辺地域の4日間分を購入。


私が行った時は、DNA社の4Gのインターネット使い放題のプランを購入しましたが、自分と妻の2台分あわせて10ユーロ弱(1300円くらいか)という恐ろしい安さででした。なんか周辺国と比べても特にフィンランドは安いみたいですね。

家から持って行ったSIMを外すクリップみたいな器具で日本のと現地のを入れ替え、カードに書かれたpinコードを入れ完了という簡単さ。通話もできるみたいだけどすると、1分いくらで金額から差っ引かれていくとのことでしたので、基本フィンランド内に電話をかけることもないため、妻との通話と日本への通話はLINEとSkypeに。どちらのアプリも繋がるか心配でしたが、何の設定もなく繋がりました。


fnlndtrp_06.jpg


SIMカードの購入について(参照サイト) → 7日分(4日間だがこれが安かったので)

基本的にインターネットが自由に使えれば、以下のアプリやウェブを使えるようになるのですが、帰ってきてから思うのは無ければ多分色々行けなかっただろうなと思いました。

・ 国内の旅行でも使う行く予定の場所を登録できるグーグルマップアプリ
(マイマップに行く場所の営業時間なんかを)
・ 言葉に困ったら用のグーグル翻訳アプリ(英語とフィンランド語)
・ ヘルシンキと周辺の移動に使うインフラの路線や時刻などを調べられる超便利なサイト「Reittiopas」
(自分はアプリではなくウェブの方を使いました)
・ 現地&日本との通話用のLINE(普段入れてない)とSkype
・ ウェブのフィンランド語が翻訳出来るグーグルクローム
・ 無音カメラアプリ(パシャパシャやると恥ずかしいので)
・ 適当な通貨換算アプリ


上記インターネットの環境もあり、交通のインフラも整っておりますので、私のような田舎者でも空港からヘルシンキ市内のホテルの前まで、1回の乗り換えで比較的簡単に着くことができました。まあ、一回降り場所間違えましたが。



街の様子

入国の手続きが終わり、出て最初に見た空港のスーパー?コンビニ?みたいなところでも既にオシャレ過ぎて過呼吸になりそうに。でさらに、その数分後乗る電車の改札口で、随分簡易なピッてかざすところがあるだけで、駅員みたいな人が全く居なく驚きました。国民性でしょうか不正する人が少ないのでしょうかね。

空港から市街地まではのどかな景色で、一度間違えて降りて写真なんか撮ったんですが、緑色の草の中にたんぽぽが沢山咲いていていて綺麗でしたし、アパートなんかも統一感がありどこをとっても写真を見ているような美しさ。空も日本の色と違うような気がしましたが北の方だからでしょうかね?

10時間前見ていた空港までの知多地域の風景とのあまりの違いに慣れず、ソワソワしてしまいましたが、市街地に着くとこれまた写真の中にいるのではないかというくらい、どこを切り取っても美しい街並みにこれまたソワソワして、寝る時間がもったいなくて一日目の夜中、白夜の中4時間くらいホテルから借りた自電車で走り回った次第であります。

めちゃくちゃ明るいのに酔っ払いが沢山いると行った感じで、不思議な光景でした。



fnlndtrp_07.jpg

fnlndtrp_32.jpg

fnlndtrp_33.jpg

fnlndtrp_39.jpg

fnlndtrp_36.jpg

fnlndtrp_37.jpg

fnlndtrp_38.jpg

fnlndtrp_40.jpg

fnlndtrp_41.jpg

fnlndtrp_42.jpg

fnlndtrp_43.jpg

fnlndtrp_35.jpg

fnlndtrp_36.jpg

fnlndtrp_34.jpg





②へ続く










P-VINEが経営するコンビニ&デリ 「nu-STAND」

ヒップホップ冬の時代においても、カルチャーに理解あるレーベルとして数々の作品をリリースしてきた老舗レーベルのP-VINEが、下北沢に店舗を出したという話を聞きまして、最初その字面だけ読んでCDや書籍なんかが中心に置かれている軽いカフェ機能が併設(軽いイートインなどあったり)されたものかな思っておりましたら、実際には軽く本を読みつつご飯がガッチリ食べられるデリ&イートインと、珍しい商品(珍しい飲み物とか)が揃うコンビニ機能が合体した、普段使いに適した大幅に食事に振った内容となっております。

音楽ビジネスを続けつつ、新たな活路を多方面に模索しながらこうしたエッジの効いた攻め方ができるP-VINEてやっぱり凄いもんだなと感心した次第であります。

飲食に限らず、音楽好きが働ける理解のある職場が業種問わず増えると良いなと普段から思っておりますので、是非成功して店舗が増えていって欲しいなと。そして夢諦めたミュージシャンの受け皿になる仕事が増えると良いなと。

ちなみにこちらの記事にインタビューみたいなのも載っていて面白いですので是非。



nu-STAND

nu-stand01.jpg

nu-stand02.jpg

nu-stand03.jpg

nu-stand04.jpg

nu-stand05.jpg

nu-stand06.jpg

nu-stand07.jpg

nu-stand08.jpg

nu-stand09.jpg

nu-stand10.jpg

nu-stand11.jpg

nu-stand12.jpg

nu-stand13.jpg

nu-stand14.jpg

nu-stand15.jpg

nu-stand16.jpg

nu-stand17.jpg








台湾旅行 2016 ③

台湾の写真最後の3回目になります。

台湾はご飯やデザートが美味しいので有名ですが、私は食に対して異常なまでに保守的であるため、出発前からかなり心配しておりました。

現地で食べたものの中では、鴨、素麺、鶏肉飯、小籠包、ワンタン麺、タピオカミルクティー、杏仁豆腐、パイナップルケーキなど美味しいものも多かったのですが、今回最も楽しみにしていた食事の一つ魯肉飯は、あの五香粉の匂いが僕はどうしてもダメみたいで合わず残念でした。あと子供が一緒であまり暑くなかったため、かき氷などの水を使ったもので下したらトイレ探しが大変なので、そこにトライしなかったのが心残りです。

次はもう少しグロテスクなのとか、氷関係を攻めたいと思います。




taiwan2016_106.jpg

» 続きはこちら


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード


最近聴いてる











 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ