| HOME |  NEXT »

フィンランド旅行2018 ①

つい数週間前、ひょんなきっかけからフィンランドへ旅行に行ってまいりました。

事前に知っている情報といえばマリメッコ、イッタラ、アラビア、artekなどのブランド、ヘビーメタル、エアギター大会、サーモン、ミートボール、白夜、オーロラ、サンタクロース、サウナ、自然、ムーミン、かもめ食堂、手厚い社会保障、高い幸福度というような感じでしょうか。かなりザックリとしたことしか分かっていないため、行ってなんとかなるかという感覚も無く、結構頑張って調べて用意して行きました。


fnlndtrp_01.jpg

fnlndtrp_02.jpg

fnlndtrp_03.jpg

fnlndtrp_04.jpg


これまでもさほど海外に行ったこともなく、今回初めてのヨーロッパだったので、今までの移動距離とは全く違う片道10時間近い飛行機での移動となり、子連れ(2人)というのもありやや不安でしたが、携帯のゲームとアニメでごまかし、昼寝もさせながらなんとか泣くこともなく凌ぐ事ができました。ちなみに私は、クリード、ブラックパンサー、シェイプ・オブ・ウォーターを鑑賞したんですが、シェイプ・オブ・ウォーターが特に良かったです。




空港に着いて最初にやったのはコンビニR-kioskiにて、電車、地下鉄、バス、路面電車(トラム)が乗り放題になるカードを買うことと、こちらでSIMロックを解除していったiPhoneに、現地のSIMカードを挿してインターネットを使い放題にすることです。



fnlndtrp_05.jpg

電車の料金について(参照サイト) → ヘルシンキと周辺地域の4日間分を購入。


私が行った時は、DNA社の4Gのインターネット使い放題のプランを購入しましたが、自分と妻の2台分あわせて10ユーロ弱(1300円くらいか)という恐ろしい安さででした。なんか周辺国と比べても特にフィンランドは安いみたいですね。

家から持って行ったSIMを外すクリップみたいな器具で日本のと現地のを入れ替え、カードに書かれたpinコードを入れ完了という簡単さ。通話もできるみたいだけどすると、1分いくらで金額から差っ引かれていくとのことでしたので、基本フィンランド内に電話をかけることもないため、妻との通話と日本への通話はLINEとSkypeに。どちらのアプリも繋がるか心配でしたが、何の設定もなく繋がりました。


fnlndtrp_06.jpg


SIMカードの購入について(参照サイト) → 7日分(4日間だがこれが安かったので)

基本的にインターネットが自由に使えれば、以下のアプリやウェブを使えるようになるのですが、帰ってきてから思うのは無ければ多分色々行けなかっただろうなと思いました。

・ 国内の旅行でも使う行く予定の場所を登録できるグーグルマップアプリ
(マイマップに行く場所の営業時間なんかを)
・ 言葉に困ったら用のグーグル翻訳アプリ(英語とフィンランド語)
・ ヘルシンキと周辺の移動に使うインフラの路線や時刻などを調べられる超便利なサイト「Reittiopas」
(自分はアプリではなくウェブの方を使いました)
・ 現地&日本との通話用のLINE(普段入れてない)とSkype
・ ウェブのフィンランド語が翻訳出来るグーグルクローム
・ 無音カメラアプリ(パシャパシャやると恥ずかしいので)
・ 適当な通貨換算アプリ


上記インターネットの環境もあり、交通のインフラも整っておりますので、私のような田舎者でも空港からヘルシンキ市内のホテルの前まで、1回の乗り換えで比較的簡単に着くことができました。まあ、一回降り場所間違えましたが。



街の様子

入国の手続きが終わり、出て最初に見た空港のスーパー?コンビニ?みたいなところでも既にオシャレ過ぎて過呼吸になりそうに。でさらに、その数分後乗る電車の改札口で、随分簡易なピッてかざすところがあるだけで、駅員みたいな人が全く居なく驚きました。国民性でしょうか不正する人が少ないのでしょうかね。

空港から市街地まではのどかな景色で、一度間違えて降りて写真なんか撮ったんですが、緑色の草の中にたんぽぽが沢山咲いていていて綺麗でしたし、アパートなんかも統一感がありどこをとっても写真を見ているような美しさ。空も日本の色と違うような気がしましたが北の方だからでしょうかね?

10時間前見ていた空港までの知多地域の風景とのあまりの違いに慣れず、ソワソワしてしまいましたが、市街地に着くとこれまた写真の中にいるのではないかというくらい、どこを切り取っても美しい街並みにこれまたソワソワして、寝る時間がもったいなくて一日目の夜中、白夜の中4時間くらいホテルから借りた自電車で走り回った次第であります。

めちゃくちゃ明るいのに酔っ払いが沢山いると行った感じで、不思議な光景でした。



fnlndtrp_07.jpg

fnlndtrp_32.jpg

fnlndtrp_33.jpg

fnlndtrp_39.jpg

fnlndtrp_36.jpg

fnlndtrp_37.jpg

fnlndtrp_38.jpg

fnlndtrp_40.jpg

fnlndtrp_41.jpg

fnlndtrp_42.jpg

fnlndtrp_43.jpg

fnlndtrp_35.jpg

fnlndtrp_36.jpg

fnlndtrp_34.jpg





②へ続く










P-VINEが経営するコンビニ&デリ 「nu-STAND」

ヒップホップ冬の時代においても、カルチャーに理解あるレーベルとして数々の作品をリリースしてきた老舗レーベルのP-VINEが、下北沢に店舗を出したという話を聞きまして、最初その字面だけ読んでCDや書籍なんかが中心に置かれている軽いカフェ機能が併設(軽いイートインなどあったり)されたものかな思っておりましたら、実際には軽く本を読みつつご飯がガッチリ食べられるデリ&イートインと、珍しい商品(珍しい飲み物とか)が揃うコンビニ機能が合体した、普段使いに適した大幅に食事に振った内容となっております。

音楽ビジネスを続けつつ、新たな活路を多方面に模索しながらこうしたエッジの効いた攻め方ができるP-VINEてやっぱり凄いもんだなと感心した次第であります。

飲食に限らず、音楽好きが働ける理解のある職場が業種問わず増えると良いなと普段から思っておりますので、是非成功して店舗が増えていって欲しいなと。そして夢諦めたミュージシャンの受け皿になる仕事が増えると良いなと。

ちなみにこちらの記事にインタビューみたいなのも載っていて面白いですので是非。



nu-STAND

nu-stand01.jpg

nu-stand02.jpg

nu-stand03.jpg

nu-stand04.jpg

nu-stand05.jpg

nu-stand06.jpg

nu-stand07.jpg

nu-stand08.jpg

nu-stand09.jpg

nu-stand10.jpg

nu-stand11.jpg

nu-stand12.jpg

nu-stand13.jpg

nu-stand14.jpg

nu-stand15.jpg

nu-stand16.jpg

nu-stand17.jpg








台湾旅行 2016 ③

台湾の写真最後の3回目になります。

台湾はご飯やデザートが美味しいので有名ですが、私は食に対して異常なまでに保守的であるため、出発前からかなり心配しておりました。

現地で食べたものの中では、鴨、素麺、鶏肉飯、小籠包、ワンタン麺、タピオカミルクティー、杏仁豆腐、パイナップルケーキなど美味しいものも多かったのですが、今回最も楽しみにしていた食事の一つ魯肉飯は、あの五香粉の匂いが僕はどうしてもダメみたいで合わず残念でした。あと子供が一緒であまり暑くなかったため、かき氷などの水を使ったもので下したらトイレ探しが大変なので、そこにトライしなかったのが心残りです。

次はもう少しグロテスクなのとか、氷関係を攻めたいと思います。




taiwan2016_106.jpg

» 続きはこちら

台湾旅行 2016 ②

台湾に行って思ったことを少々


・ 黄色が多い。なんだか目に入ってくる。
 (多分タクシーの色がそれだからというのもある)
・ 街の中でのステンレス使用量が多い。(すごい好き)
・ 子供をあまり見かけなかった。
・ 夜遅くまで子供が公園で遊んでいる。
・ 通りすがりの人の多くが子供が好きで接してくれる。
・ ファミリーマートとセブンイレブンがやたらと多い。
・ デパートの地下にはフードコートがあった。
 (三越、SOGOに1店舗ずついきましたがどちらも)
・ バスがもの凄いスピードを出してカーチェイスみたいな運転をするので酔う。
・ バスにて、2人で80元と言われたので100元札(330円程度)だしたら、
 お釣りは無いと言われた。
・ タクシーが安い(初乗りが240円くらい)
・ 地下鉄の公衆トイレが意外とキレイだった。
・ 日本の雑貨・文房具が洒落た店によく置いてあった。
・ 日本語が通じるところが案外多い。
・ 道の段差などベビーカーが心配だったが案外大丈夫だった。
・ 夜歩いていても怖くない。
・ 食べ物や飲み物は比較的リーズナブルだが、物価は
  日本と変わらない印象。
・ 車のフロントガラスまでスモークを貼っている車が多く、ドライバー
  の顔は見えない。

などでしょうか。



taiwan2016_106_2.jpg


» 続きはこちら

台湾旅行 2016 ①

近場の旅行先として以前から気になっておりました台湾へ人生2回目の海外旅行に行ってきました。

治安も大変良く安心して子連れで行けるとのことで、行きたいお店や名所をグーグルマップのマイマップに突っ込んで、ほとんど何も知らないまま突撃した訳ですが、ありとあらゆるところで日本人かどうかを聞かれましたし、助けてくれる人がとても多くてとても快適な旅になりました。こちらも悪い印象を持たれないようマナー良く観光することに努めた次第であります。

中でも特に印象的だったのは、バスに乗った時に一言発した日本語により、日本大好き男子高生にもの凄い勢いで話しかけられて、自分がどれだけ日本が好きかを熱弁されたことでしょうか。アレくらいのバイタリティーがある高校生が日本にもまだいるんだろうかと。彼がこの旅で出会った人のMVPだったなと。

とりあえず、写真にて私の目から見た現地の様子をご覧いただき旅の参考に(ならないとは思うが)していただけたら幸いかと。あまりに写真が多いので数回に分けてやります。


taipei2016_000.jpg

» 続きはこちら


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ