| HOME |  NEXT »

Carhartt × TROJAN Soundsystem Incense Chamber

アメリカの老舗ワークウェアメーカー「カーハート」の中でも、ヨーロッパ発のカジュアルラインでありますWIPは、クラブミュージックなどともコラボレーションをしたりその他様々な文化と積極的に交わっているのは割と周知のことと思います。

たまたま知った最近のコラボレーションで、レゲエの名門レーベルでありますTROJANとの商品がいくつかあり、特に興味深かったのがサウンドシステムの形をしたIncense Chamber(お香立て)でしょうか。(VIA @grv

白色で無駄な着色は無く、背後にはTROJANのマークとそのO部分の中にカーハートのロゴ。24cm×13cm×21cmと大き過ぎないサイズで、ウーハーやミッド、ツイーターに穴が空いていて、そこから煙が出る仕組み。

価格は£95(およそ)と買えなくもない価格で、他にも7インチケースやTシャツなんかもあるようです。私としましてはお香を焚く習慣はございませんのでアレですが、蚊取り線香なんかに使えたら良さそうだなと妄想を膨らましております。蚊取り線香は丸いので折ったり横にしたりしなければいけなさそうなので中の構造がとても気になります。妄想が完結しないのでちゃんと中がどうなっているかの写真も欲しいところであります。




Carhartt × TROJAN Soundsystem Incense Chamber

soundsystem_incense_chamber01.jpg

soundsystem_incense_chamber02.jpg

soundsystem_incense_chamber03.jpg







Rain Sox Lite White (ONFAdd)

女の人って長靴好きだよなとこの20年位ずっと思っているんですが、男で長靴を履いて移動している人は市場とか以外ほとんど見たことが無いため、男側の雨の日対策としての靴は、できるだけ滲みにくいものを履くという人が圧倒的に多いと思いますが、出先での想定外の雨の場合、布靴を愛用している人達や異常にスニーカーを愛する人達にとってはかなり大きい問題だと。

今朝海外のブログを見ておりましたら、そんな解決しなさそうな悩みを解消できそうな商品がキックスターターとかじゃなくある程度買えそうな価格でこの世に出ている事を知った次第です。

スニーカーの上から見栄えをある程度残した状態で履ける半透明の靴下みたいなもので、日本のブランド(日本のブランドか判別しづらいですが多分そう)から発売されております。ソールには溝も有り減りやスリップへの対策もしているようで、値段とクオリティーが購入する範疇に入ってくる人も多いんじゃないでしょうかね。使用可能距離は約15kmで(雨天時)、サイズは25〜29cm。使い捨てみたいな感覚で使うモノという感じでしょうか。

過去に発売していた黒の同様の商品も有り、それはそれで長靴を履くみたいな感覚ですごく良いんですが(私はコッチのほうが好き)、こちらがこのブランドの本来のコンセプトみたいなのに近い商品で、突然災害に巻き込まれてしまったり、外で寝ることになった時に役立つ機能性や拡張性の高いグッズや服みたいなものを結構な量発売しております。

どれもミニマルで高品質でデザイン性も高く、生産数が書かれているところや、古くからの日本のモノにインスパイアされたものがあったりと面白いなと。シワにならないスーツ上下とか、ベルト、カバン、そして着る布団みたいなダウンなど欲しいものも多く、それぞれに開発のストーリーがあり魅力的な商品も数々ありますが、なんせお値段も立派ですのでベルトくらいならスッといけるレベル。




Rain Sox Lite White (ONFAdd)


rainsocks_onfadd01.jpg

rainsocksblk_onfadd.jpg


ONFAdd

onfaadd_item.jpg


rainsocks_onfadd02.jpg

rainsocks_onfadd03.jpg

rainsocks_onfadd04.jpg

rainsocks_onfadd05.jpg

rainsocks_onfadd06.jpg

rainsocks_onfadd07.jpg

rainsocks_onfadd08.jpg

rainsocks_onfadd09.jpg

rainsocks_onfadd10.jpg

rainsocks_onfadd11.jpg

rainsocks_onfadd12.jpg


Smartians

家の外からスマートフォンで空調や風呂を操作できるとか、家のリモコンを一つにまとめる格好良いけど高額な便利リモコンがあったりと、家電や住宅設備の近代化も大分進んで、こちらもそういう話題を聞いてもあまり驚かなくなってきました。

実際にはあまり必要だと思ったこともなく、わざわざネットワークを経由して操作することも特に必要に感じることがなかったのですが、便利リモコンは欲しいななんて思っておりますが。

たまたま海外のサイト見ておりましたら家電や家の設備なんかを、携帯 → Bluetoothで機械に指示 → 実際に動かす、というように指示まではハイテクで、あとはアナログぽい思考で使う、ツールみたいなものが載っておりました。

色々なものを動かす映像がすごく面白くて見た目も可愛らしいのでめちゃくちゃ興味あるのですが、今の自身の環境ではほぼ必要無いといった感じであります。

しかしながら、絶妙なこのデジタルとアナログの混ざり具合はピタゴラスイッチにも通じるところもあり非常に頭にも良さそうですし、ミニマルなデザインも非常に魅力的。子供用の学習おもちゃとしてとても良さそうだななんて思って価格を調べたら、まだ発売されていないみたいですが、€200(25,757円:2018年10月19日現在のレートで)程度ではないかというなかなかのお値段書かれており(参照サイト)、発売前から打ち砕かれ気味であります。

お金持ちのお父さん、お母さんの皆様、ぜひご子息への上等な教育に。

これを作っているアムステルダムの会社は、他にも面白いもの色々やっているみたいで、そちらも見たらよろしいかと。




Smartians



smartians_01.jpg

smartians_02.jpg

smartians_03.jpg

smartians_04.jpg

smartians_07.jpg

smartians_05.jpg

smartians_06.jpg









Toshiya Masuda / Low pixel CG

海外のブログを見ておりましたら、伝統的で手の掛かる表現方法の陶芸で、低解像度の物体(ローテクなデジタル)を表現している作品が目に飛び込んできまして、思わぬギャップに心奪われリンク先に飛びましたところ日本の方でした。

大阪生まれからでしょうか、笑えるという成分が多少入っているようにも見受けられますし、そもそものセレクトしたオブジェクトのポップさもあるのですが、作っているところの映像を見てみますと、段に削っているところを至近距離で撮影していたりと細部が見られるのですが結構狂っているなと。

映像でも話されておりますが、やはり初代ファミコンの洗礼を受けているようで。自分の周りでも今になって子供時代のファミコン音源を集めたりする友人もいますし、本当に三つ子の魂百までだなと。




Toshiya Masuda / Low pixel CG

toshiyamasuda01.jpg





toshiyamasuda02.jpg

toshiyamasuda03.jpg

toshiyamasuda04.jpg

toshiyamasuda05.jpg

toshiyamasuda06.jpg

toshiyamasuda07.jpg

toshiyamasuda08.jpg

toshiyamasuda09.jpg

toshiyamasuda10.jpg

toshiyamasuda11.jpg

toshiyamasuda12.jpg










ZUZANNA SZAREK / M

東欧に位置し冷戦時代はソ連の影響下にある社会主義国で1989年に民主化した、ポーランドの首都ワルシャワで90年代を過ごした写真家ZUZANNA SZAREKさん(@szarek)による、部分的に現れたマクドナルドのマーク型看板を写した写真。

アメリカ文化への憧れがあったことから、マクドナルドへのシンボルへも特別な意識があるのでしょうか、参照したサイトでそういった旨の文章を翻訳して読んではみましたが、何かメタファーみたいなものがあるようですが、文章が上手く読めず...。

自分としては、世界的に最も有名なパワー漲るアメリカの企業のロゴマークの一部分と、建物や何となく薄暗いというか夕方が多めというかの空との組み合わせのギャップが面白いなと。他にも建物×空×緑などの写真や、建物や景色の一部を切り取ったミニマルなものなど有りますので、お昼休み、帰宅時にでもどうぞ。





ZUZANNA SZAREK / M


zuzannaszarek_m01.jpg

zuzannaszarek_m02.jpg

zuzannaszarek_m03.jpg

zuzannaszarek_m04.jpg

zuzannaszarek_m05.jpg

zuzannaszarek_m06.jpg

zuzannaszarek_m07.jpg

zuzannaszarek_m08.jpg

zuzannaszarek_m09.jpg

zuzannaszarek_m10.jpg

zuzannaszarek_m11.jpg

zuzannaszarek_m12.jpg









検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
祝オフィシャル











 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ