| HOME |  NEXT »

Thundercat / Drunk

若くしてあのハードコアバンドSuicidal Tendenciesのベーシストに起用され、その後もケンドリック・ラマー、フライング・ロータス、エリカ・バドゥ、ビラル、テイラー・マクファーリンなどのレコーディングやツアーに参加してきた、現行のソウル、ジャズ、ファンクシーンを次のステージに押し上げている重要人物の一人、サンダーキャットの新アルバム。

私も出る前から大分期待しておりますが、その根拠が内容云々ではなくとりあえずジャケが最高だったから、という事前に公開されたカバーの影響がかなり強く、本当にジャケって大事だなぁーと思った次第であります。

EPのような形式だった前作のThe Beyond / Where the Giants Roamでは、オーセンティックな極上のチルチューン(ヒップホップ以降ではあるが)といったイメージを持ちましたが、今回はBRAINFEEDERらしさが出たといいますか、ソウル、ジャズ、ファンクな基本路線に今日的な音色も配しながら、さらに80’s R&B要素も盛ったところで、渋路線好き以外の人のところにグっと近づいたような気もします。

Isley Brothers / Footsteps in the Darkのドラムサンプリングが印象的だったThem Changeのみが、前作からそのままスライドしてきておりまして、ゲストの参加はもちろんいるであろうケンドリック・ラマーをはじめ、マイケル・マクドナルド+ケニー・ロギンス、そしてファレル、ウィズ・カリファ、さらにはボーナストラックにマック・ミラーという、少ない人数に絞ってあり、尚且つコンシャス、ポップ、ヤンキーの完璧なバランスはさすがこのレーベルと言った感じ。

前半ちょっとトリッキーな曲もありやや戸惑いましたが、中盤以降はヒップホップ的なBPMのからダンスミュージック的なBPMまで、比較的クラブやミックスなどでも使用し易い形式のものが多くなっており、夏向きのもいくつか有りますので今年の夏ミックスに入ってくるのかな?と楽しみが増えました。仕事中にずっと聴いていられる内容なので、しばらく繰り返したいと思います。



Thundercat / Drunk
日本盤:マック・ミラー参加のボーナストラック有)

thundercat_drunk.jpg





東京:2017.4.27(木) LIQUIDROOM
名古屋:2017.4.28(金) 名古屋ブルーノート
京都:2017.4.29(土) 京都METRO
大阪:2017.4.30(日) Conpass







Okayplayer作 Jディラが使用したサンプリングソースの28時間に及ぶプレイリスト(Spotify)

今年もJ Dilla週間の時期がやってきまして、何か出るかな?となんとなく見回しておりましたところ、人気ウェブサイト(レーベル?)Okayplayerの企画で、Jディラが使用したサンプリングソースの28時間に及ぶプレイリストがSpotifyにて公開されておりました。(下にある埋め込みは200曲までしか表示されておりませんが、Spotifyを立ち上げるともっとあります。しかし、本当に28時間分あるのかな。)

Lyn CollinsのThinkから始まり、ソウル、ジャズ、ファンク、ヒップホップ、R&B、ロック、アシッドジャズなど、様々なジャンルの音楽が出てくるので仕事のBGMにもかなり最適です。だらだらと流しておくだけで、しばらく聴いていなかった定番からはたまたかなり込み入ったところまで色々聴けそうです。

すでに他の人が使用してヒップホップクラシックを出した後の手垢の付いたネタを使用したとしても、独特なグルーヴで自分色に染め上げることが出来た人なので、ド定番みたいなのが出てくると「ああ、やっぱり凄いもんだなぁ」と思わず仕事の手が止まります。今日も仕事しながら聴こうかと。



Okayplayer作Jディラが使用したサンプリングソースの28時間に及ぶプレイリスト(Spotify)

jdilla_okply_spotifyplaylis.jpg











Childish Gambino / Awaken, My Love!

俳優、コメディアンとしても活躍するChildish Gambinoことドナルド・グローヴァーの新アルバムが出ていたことに気付かず、友人からのメールにて教えられた訳なのですが、メール内に「もろP-FUNKなアルバムです」とのメッセージがありまして、まあそういうテイストが入っているということだろうと思いSpotifyでとりあえずはチェックしたのですが、その言葉に全く偽りの無い、前作のキラキラしたヒップホップ、R&B寄りの作風からガラッと変えた、P印丸出しなソウル・ファンクサウンドに変貌を遂げていてまずはもの凄いビックリしました。

今作は全曲のプロデュースを自身とLudwig Göransson(Chanc The RapperやPellのプロデュースなど)の2人で行っており、僕自身あまりドナルド・グローヴァーの事を詳しくは知らなかったのもありますが、これまで勝手に思っていたノベルティー的な音楽活動(副業的なもの)というヌルい感じのイメージは払拭され、大谷(日ハム)感あるなと先週の土曜から規格外の才能のフォルダに分けられたところであります。

今までの作風も大好きでどのアルバムもよく聴いたので、このまま行って欲しかったというのも若干はありますが、こんなにドープで格好良いならばどんどん新しいこともやっていって良い気がします。

往年のソウル・ファンクのファンの方たちにはどうやって聴こえているか分かりませが、ヒップホップ世代の私にはトレースしただけでは無い何か別のものを感じて古いものを聴いている感じではありませんがどうでしょう。若者のファンクへの入り口の役割を果たすと良いなと。レコードにも合いそうな感じですしリリースもされるようですので、これを機にアナログ中心の人達にも良いかもなと。

Childish Gambinoという名前を決める際に使ったと言われている、ウータン・クラン風のMCネームを名付ける「WuName Generator」も是非一度お試しを。



Childish Gambino / Awaken, My Love!

childishgambino_.jpg













Mayer Hawthorne / Party of One - EP

嫁の実家でチェブラーシカからインスパイアされたぬいぐるみを見つけて大笑いしたり、リサイクルショップでキョンシーの当時物人形を買うか悩んだり、#ハロウィンでエロい仮装は居ねーかと検索したりで、音楽の情報を追うのも忘れすっかり油断している間に、メイヤー・ホーソンが6曲入りEPをサプライズリリースしておりました。

収録曲のうち3曲はインストなんで実質は3曲なんですが、今回は一山当てた昨今のブギー寄りな作風ではなく、ソウル・ファンク色が強いものとなっており3曲ともタイプが違うのですが、いつもながらどうしてこんなに上手いこと作れるんだろうかと思うような内容になっておりました。

ちなみに海外のiTunesではすでに販売がされておりますが、日本はまだ上がっておりません。Apple MusicとSpotifyでは普通に試聴出来ました。というか聴くだけならYoutubeでフル試聴が出来ますので貼っておきます。




Mayer Hawthorne / Party of One - EP


mayerhawthorne_partyofoneep.jpg

















坂本慎太郎 / できれば愛を

遅ればせながら聴いた坂本慎太郎さんの新作「できれば愛を」ですが、前作「ナマで踊ろう」の時は、嫁が(ゆらゆら帝国が好きだったはずなのだが)子供に聴かせるのを嫌がるのをかいくぐって(あとKOHHも全般的に嫌がります)無理やり聴いておりましたが、今回もまあまあ嫌がられそうな前作と続きで聴けるとても良いアルバムでした。

前作での軽快なトラックに奇妙な歌の組合せは本当に中毒性が高かったですが、今回はよりタイトで遅めなでドラムが際立った曲が増えた感じがしまして、そこにいつものスティールギターと奇妙な歌詞が乗ってきて独特な雰囲気を作ることに成功しております。特に作風がガラッと変わるような大幅な変更がなく、前作とつながりで聴けることがとても良いと思いますし、ちょっと安心したところもあります。

また、私自身90'sのアンダーグランドヒップホップ辺りを通った者としてましては、遅くてドープなものが基本的に大好きなため、今回ダンサブルな感じからより遅めのタフな曲が増えたことに対してはしっくりきておりまして、最初の癖のあるドラムブレイクでいきなり持って行かれました。(カンパニーフロウを感じましたが多分気のせい。)
その後も格好良いブレイク満載なので、このアルバムからヒップホップ作れそうです。

水曜日の某と同様の桃太郎を題材とした曲もやっており、同時代に同じ題材でやってこれだけ違うのか笑えてきますが、その中に出てくる「中古の車」という言葉ににやられちまってます。



坂本慎太郎 / できれば愛を

ssakamoto_dkrbaw.jpg










検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ