| HOME |  NEXT »

入江 陽 / Fish

最新の音楽モードを理解し持ち込みつつ、歌の部分は唯一無二の個性という、絶妙なバランスで音楽活動をする入江陽さんの事は、Youtubeで「やけど」を見た時に衝撃を受けて以来注意深く見ておりますが、家庭内でもよく聴いた前作「SF」から2年経たないくらいで自主レーベルから新アルバムをリリースしました。

前作はエレクトロニックな楽曲が多い印象でしたが、今作を聴いた限りザッと楽曲の印象を言いますと、

1 = 90'sの跳ねたR&B風味、
2 = 緩い電子南米
3 = しっとりピアノジャズ+太鼓
4 = TRAP
5 = 00年代ヒップホップの中東風バウンス
6 = ピアノ伴奏
7 = エレクトロニカ
8 = アンビエント
9 = 昭和のポップソング
10 = 虫の鳴き声+EDMぽいTRAP

てな感じでしょうか。

まるで見本市のような幅の広さで、字面で見てもなんだか凄いものがあるのが分かるかと思います。引き出しの多さと、それらを適切に処理していることに驚くばかりです。

そして歌詞についても相変わらずのキレは健在でありますのでそこも一安心。前作までは、プリンスや岡村靖幸の精神を継ぐ人みたいな役割かと勝手に思っていた部分もありましたが、今作はそれにプラスして狙ったのか狙ってないのか分かりませんが、フィッシュマンズのようなの印象もチラチラと感じまして、独特のファンクネスの進化を感じさせてくれます。

ちなみに、トラックメイキングにはTeppei Kakuda、粗悪ビーツ、耶麻ユウキ、ゲストにはBOMI、岩出拓十郎(本日休演)、黄倉未来、ガクヅケ木田(芸人)、セミ(虫)という人選。

ユニークな(ギリギリな)ジャケも相まって、とても面白くて新しい作品でしたので皆も聴くと良いなと。




入江 陽 / Fish

yoirie_fish.jpg











思い出野郎Aチーム / 夜のすべて

ひたすら聴いた前作は、知ったタイミングがやや遅くてブログにポスト出来ずと言った感じでしたので、今回は書けると良いなと思い随分楽しみにしておりました思い出野郎Aチームの新アルバム。ようやく何周か聴き内容を大体覚えましたのでブログにポストしようかと。

先週、今週はUSヒップホップの顔に刺青入った若い人たちのアルバムが結構多く出たので、それらを行ったり来たりしているのですが、その合間に聴く日本語の歌詞がとても心地よくサービスエリアのような役割を果たしてくれております。

踊れる軽快なスピードのものからBPM90台のゆったり気持ちの良いあたりまで、枯れた声のストレートな歌詞のボーカルにソウルを基調としてトラックは変わらずで、ファンキーなものから南国チックなものまで緩急付けて最後まで飽きずに聴けます。

前作はインスト曲なども有りそういうところが好きだったりしたのですが、今回も全曲ボーカル有りではありますが、4曲目のようなボーカル控えめにしたインスト曲に近いのも有ったりしてそういうところも良かったのです。

まあしかし、先行して出た一曲目の「ダンスに間に合う」本当に良い曲ですね。



思い出野郎Aチーム / 夜のすべて

oyat_yorunosubete.jpg





Thundercat / Tokyo (MV)

今年発売されたアルバムも内容、ジャケ共に大変素晴らしかったのは周知の事と存じますが、4月頃ライブのために来日した際に撮影したと思わしき(それともこの間のフジロックの時?...)映像を使って作られた「TOKYO」のMVが少し前に登場し私もようやく見ました。

「TOKYO」はアーケードやスーパーファミコンなどのゲーム音楽の要素を感じる曲でしたので、とても日本ぽいなと感じてはおりましたが、このサンダーキャットが東京の街に出て大活躍する映像と併せてみますと、音楽だけ聴いているよりも更に日本ぽさを感じると言いましょうか。

映像は古い撮影機材を使用したかのようなザラザラの質感で(エフェクトなんでしょうかね)、日本らしい場所や珍妙な文化が生粋のオタクのサンダーキャットと共に映されており、彼のユニークなキャラクターが映像中にいくつもパンチラインを作り出しており遅く再生して何度か見てしました。で、そこで面白かった部分を切り取って画像で貼っときました。

ここ最近日本に来て撮影するラップアーティストも増え、その特殊性について関東圏外に住む自分も考えたりする機会が増えておりますが、最近自分の中で至った結論としましては東京は日本にある海外だよなと。一番手軽に行ける海外は東京かもなと。




Thundercat / Tokyo
(Youtube)




thundercat_tokyo01.jpg

thundercat_tokyo02.jpg

thundercat_tokyo03.jpg

thundercat_tokyo04.jpg

thundercat_tokyo05.jpg

thundercat_tokyo06.jpg

thundercat_tokyo07.jpg

thundercat_tokyo08.jpg

thundercat_tokyo09.jpg

thundercat_tokyo10.jpg











TORO Y MOI / BOO BOO

数日前にWashed Outの新アルバムをポストしましたが、括りとしては近かった(チルウェイブ)Toro Y Moiも新アルバムをリリースしました。

この人の場合一定の雰囲気を残しながらスタイルをアルバム毎に変化させているため、私としましては新アルバムを発表する度に、今はどんな感じになっているのだろうか?という楽しみ方で接しております。

昨年だったか一昨年だったか忘れてしまいましたが、日本でのライブが開催された際に、運良く飛ばされず地元にも来たもんですから観に行きましたが、その際はロックなテイストが強めと言った感じでしたので、最近はそういう感じなのかなと思っておりましたが、今回はシンセやドラムの音色から、空間系のエフェクターのかかり具合からでしょうか、全体的に80年代のR&B、エレクトロニック、ファンク、ロックなどのテイストを強く感じます。

そういったことから、聴いて最初に思った感想は夏に向いた楽曲が多いなと言うことでしょうか。アルバム全体が自分が子供の頃のJ-POPの音色に近い感覚で(久保田利伸のMissingとかね)、夏に好きな女の子の家の横の池で釣りをしながら、友達に借りたウォークマンで聴いていたテープを思い出しました。とても良かったです。

そういえばジャケではメガネしてないように見えますね。コンタクトかな。
目が良くて、メガネへの憧れが凄い私としましてはメガネかけたほうが良いんじゃないかと思うんですがね。




TORO Y MOI / BOO BOO


toroymoi_booboo.jpg


Tuxedo / Tuxedo II

前作では、イケメン俳優向井理がテレビで大好きだと公言したからなのか、もしくは聴き易くキャッチーな内容もあってなのか、とにかく色々なことが重なったこともあり様々な人達に売れて、ロングセラーになったTuxedoですが、2年というちょうど良い期間を空けてセカンドアルバムが登場しました。

星野源 - イエローダンサーが発売されるまで、我が家の子供チャートでも半年以上一位をキープしており(やたらとNumber OneのMVを見たがる(多分少しエロいからだと思う)という状況で困っておりましたが)、それだけ聴きやすかったのかなと思いますが、今回も前作と大幅に変わることはなく、いつも通りのディスコサウンドを楽しめるかと思います。

自分的にもですが、無理せず歌謡曲感覚で聴けるのが良いところだなと思っておりますし、今回も長く持ちそうな感じがします。
アルバムリリースに併せて公開された、Tuxedoのエクスクルーシブなインストトラックを数曲含むDJミックスも貼っておきますので、そちらも良かったので聴いてみたら良いかと。



Tuxedo / Tuxedo II

txd_tuxedo2.jpg







Tracklist:
Slave "Watching You" (Tux Refux)
Gwen McCrae "Doing Cuz It Feels Good"
George Clinton "Mans Best Friend"
Mono Poly "Needs Deoderant"
Gladys Knight "Save the Overtime For Me"
Tuxedo "Doin My Best" instrumental
Manhattan Transfer "Spice of Life" (Tux Refux)
New Directions "Get Ready Let's Party"
Goin Federal "Tonight"
Intrigue "I Like It"
Boeing "Dance On the Beat"
Curtis Hairston "I Want You" (M+M Mix)
Amra "Special Kind of Love"
Plush "Coast to Coast"
Chic "I Feel Your Love Coming On" (Tux Refux)
David Joseph "You Can't Hide Your Love"
BB&Q Band "Imagination"
Le Voyage "All Night Affair"
Amusement Park "Love Showdown"
Krupa "Sunlight"
Tuxedo "Father Stretch My Limo" (Instrumental)
Game "Gotta Take Your Love"
Skyy "Here's to You" (Tux Edit)
Cross Phyre feat Demetrius "Make It Easy On Yourself"
Tuxedo "Scoot Dogg" (Instrumental)










検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ