| HOME |  NEXT »

ブラスト公論  - 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない - : 増補文庫版

ジャンプにおけるこち亀の存在のように、ヒップホップ情報誌「Blast」においてほぼ中身を読まなくなった時期にも、これだけは読んでいたというコーナー「ブラスト公論」が、増補文庫版として復刊されるようです。定期的に休止しては復活を繰り返するピークを過ぎたバンドみたいな動きをしておりますが好きなのでまあ良いかと。

ヒップホップライターやヒップホップに関連する職業(服屋、カメラマン)に就く、ちょっとクセ(難)の有るの男たちが、恋愛から文化まで、ファミレスで話しているレベルで語るという代物ですが、当時ダウンタウンイズムを強く継承しておりました私は(今はそうでもないですが)、このチンピラの立ち話程度のヌケ感に大変影響を受けまして、今こうしてブログを書いているのもやはりこの連載があったからだと思います。

さらにその後私は、フィーリングの近さから現在TBSラジオで放送されている、東京ポッド許可局のそれ以前のポッドキャスト時代の放送を聞いていた時も、やはりブラスト公論を引きずっているからというの自覚した覚えがあります。もっと言ってしまえばこれを読んだから会社で全く仲間が出来ず、こういう話が出来る友人といまだファミレスで何時間も話す様な人間になってしまったとも言えます。

もちろん自分だけでなく同世代には、この座談会の影響を受けている公論チルドレンみたいな人たちは多いハズで、ヒップホップ文化という基本的にマッチョイズムが支配する中で、俺がやってても良いんだとということを難しい言葉じゃなくライトに提示してくれたこの連載は非常に重要ですし、後にTBSラジオの「タマフル」となって世の中に流布され、文系ヒップホップリスナー(ケンカが弱いヒップホップリスナー)に勇気を与えてる事を考えますと、大変重要な読み物であることは間違いありません。

10年以上前のトレンドや世相を汲んだ話などがありますが今見ても面白いですし、最近のテンション高く映画評論する芸能人みたいになった宇多丸氏の、精神構造やバックグランドなどが分かりラジオを聴くものまた楽しくなるのではと思いますが。すっかり丸くなったおじさん達も、あの頃を取り戻すべく正月の暇な時に引っ張り出して読んでみたらばと。

しかし90年代半ば、超モテキャラだったマミーDより、ボンクラでオタクな佐々木士郎のほうがマスコット的なキャラクタに-になるなんて思いませんでしたね。この人がいなければ今の文系ヒップホップの在り方も少し変わっていたかもしれないですし。



ブラスト公論  - 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない - : 増補文庫版

blast_koron.jpg



JAM (著) / Chasin' The 80s Classics

ブラック・ミュージック・レヴュー(bmr)にて連載されていた名物コーナー「Chasin' The 80s Classics」が、加筆修正を施し書籍化されました。著者のJAMさん(Hideo Hosodaさん:@hyperjam)は私もTwitterにてフォローさせていただいており、様々な込み入った情報を参考にさせていただいていたりします。

昨今USのメインストリームからTrapまで、様々な場面でTR-808のドラム音が使われていたりと、クルッと一周回って再びフレッシュな印象になった80年代のサウンドではありますが、そういうところから興味を持ったとしてもなんせ今から30年くらい前の文化ですので、どうやって攻めて良いのかという若者も大勢いらっしゃるかと思います。

また少し前頃には、ブギーという言葉が溢れかえってなんでもかんでもブギーと書かれていたりして、一体どれがそうでどれが違うのかあまりよく分からないので、いつしか便利な言葉だなという印象から使うと危険なワードだなと180度印象が変わり、怖くて使えないという現状であります。

そんな黒人音楽との溝を埋めるべく最適な書籍となっているようですので、私も手に入れて読んでみたいなと思っております。
広大で聴く基準を決めるのが大変難しい定額ストリーミングサービスの時代は、気の利いた誰かのプレイリストや、自分にフィットした信頼のおけるディスクレビューがより必須になると思っておりますので、オッサンの皆様はもちろん若者方々も音楽の引き出しを広げるべく読んでいただけたらと。色々な事を知らないより知ってたほうが良いと思いますし。まあ知らなくても良いけど。



JAM (著) / Chasin' The 80s Classics

jam_chasinthe80sclassics01.jpg




jam_chasinthe80sclassics03.jpg
jam_chasinthe80sclassics04.jpg
jam_chasinthe80sclassics05.jpg
jam_chasinthe80sclassics06.jpg





アマゾンより

単行本(ソフトカバー): 416ページ
出版社: スペースシャワーネットワーク (2017/12/15)
言語: 日本語
ISBN-10: 4909087087
ISBN-13: 978-4909087089

「ブラック・ミュージック・リヴュー(bmr)」1997年10月号から、通算400号を数える最終刊2011年12月号まで計14年間に及ぶ長期人気連載「Chasin' The 80s Classics」を厳選し、一部加筆修正を行い、ついに書籍化。計100 組を超えるプロデューサー(とその周辺のクリエイター)と彼等の関わったレコードを1,000 枚以上掲載。本書だけで読める書下しとして、各章のプロデューサー縛りだと触れられなかった、今聴いてほしいブギーの名品を45s のみで紹介してゆく「Bonus Track」も収録。往年のブラック・ミュージック・マニアから、ブルーノ・マーズやカルヴィン・ハリスの新譜から入った初心者まで、ブラック・ミュージックとの理想的な接し方や破格の楽しみ方を伝える名著の誕生です。永久保存版!

もくじ:
★Mellow 808 テクノの定番リズムマシンTR-808 がもたらす至極のメロウ・グルーヴR&B
★Electric Funk リズムマシン/シーケンサーが可能にした クールでアンニュイな麻薬ファンク・グルーヴ(エムトゥーメイ、キャミオ、ファットバック)
★Kashif Sound エレクトリックとミュージシャンシップとのデッサンによる美麗かつ頑強なダンス・サウンド
★Solar Sound 奇をてらわない明朗一途なメロディ・ラインと 疾走感溢れる華麗なリズム・アンサンブル(リオン・シルヴァーズ)
★Jam & Lewis 電子楽器の進化に歩調を合わせて新世代グルーヴを作り上げた 80 年代最重要R&B プロデューサー・チームの誕生
★Roger Troutman ファンクやソウルのみならず、ブルース、ジャズ、ドゥー・ワップといったブラック・ミュージックの遺産を独自のカラーで染め上げる奇才
★Larry Levan いまなおクラブDJ の神様的存在として崇められるラリー・レヴァンがウェスト・エンドとサルソウルに残した傑作ダンス・トラックの数々ほか



映画「Juice」 5大都市プレミア上映 と 映画に端役で出ていたヒップホップアーティスト

2PACの伝記映画「All Eyez On Me」がもうすぐ公開されるということで、昨今のヒップホップ人気も手伝って「Straight Outta Compton」超えもあるのかな?というところに興味が湧いておりますが、そもそもそこまで2PACを熱心に追って来ていないため映画として面白いと良いなという程度に留まっているのが正直なところであります。

そんな2PAC作品へのややある距離感ではありますが、やはり初めて彼を認識した映画「Juice」は特別な存在でして、近所の本屋で手に入れられる情報源がFineや宝島くらいしか無かった中高生頃見たのですが、当時はストーリーよりそこに映るDJ用ターンテーブルやDef Jamのレコード、バケットハットを被ったり、剃りこみを入れた黒人の若者が、ラジカセを持って街を歩いている映像に衝撃を受けたもんです。

それまでスケバン刑事のイメージだったレザーの指ぬきグローブの印象もちょっと良くなり、万引きもお洒落に見えるという映画のマジックにかかり、その後ヒップホップを20年以上聴くことになるのですが、そんな名作がこのタイミングで東京、大阪、名古屋、福岡、札幌にて上映会が開催される模様です。地元は私の通勤路にある映画館でありますね。

今まで知らなかったんですが、日本版のDVDって発売されていないんですね。これで初めて見る若者もいるのかと。90'sファッションのリバイバルなので、普通に思うのかそれとも古いな~と思うのか興味深いところです。

若い頃の私の中ではこの銃の魔力に取り憑かれた役の彼が、そのままスライドしてギャングの読売巨人軍デスロウ入りというイメージでして、本当に悪いヤツというイメージがしばらくありました。今見るとこの頃は可愛らしさもある菅田将暉で、後に竹内力(いや小沢仁志か...)にといった感じでしょうか。



映画「Juice」 5大都市プレミア上映決定

juice2017_01.jpg

それにしてもカッコイイ写真ですな。これカーキの服の彼に鼻の穴にナイフ入れられて、ヒャ~~~となる(見てる側が)ところですよね。


12月19日(火)19:00~
東京:『新宿バルト9』
大阪:『梅田ブルク7』
名古屋:『ミッドランドスクエア シネマ』
福岡:『T・ジョイ博多』

12月22日(金)20:30~

札幌:『ディノスシネマズ札幌劇場』







また、映画の中に出てきた恐らくはヒップホップのアーティストだよな?という端役やエキストラみたいな人たちの答え合わせを長年放置してきており、この上映の情報を聞き思い出して調べたんですが、情報が載っている海外のサイトがありましたので併せてどうぞ。

私がこれまでに気付いていたのはチンピラ軍団の中で無口だけどイキってるトレッチ(ノーティーバイネイチャー)、バーのカウンターで仲良くドリンクを飲んでいる仲間割れ前のEPMD、「Say Hoo!」が「ホーと言って」と訳されていたクイーン・ラティファ、レッド・アラート、そしてあれは多分のレベルで車に乗り込むスペシャルEDくらいでしたが、Son of Bazerkなんかも居たことを知りました。(難易度高い)他にも万引きしたレコードは何か?なども載ってますね。オジさんも若者も是非見ていただけたらと。


"You Got The Juice Now..." Juice The Movie - Cameo Role Focus (Kool Skool)

juice2017_02.jpg



















HIP HOP definitive 1974 - 2017 (ele-king books) / 小渕晃 (著)

日本のヒップホップ名盤をランキング形式で紹介したミュージックマガジンは、炎上しつつも見事今年一番のトピックとなりましたが、騒いでいる人たちのまとめを読んだら、なんだか自分のツイッターTLで見かける人たちが多くて笑ってしまいました。

そんな、およそ10年以上ぶりに盛り上がりを見せる日本のラップとは対照的に、米国のラップ音楽は世界規模で消費されるポピュラー音楽の中心として機能しており、今現在こちらも最高の盛り上がりを見せているかと。

そんな日米の状況を、時代、政治、地域の視点から語り合った「ラップは何を映しているのか」は、それぞれの国で起こることの大枠を知るのに大変素晴らしい書籍でしたが、こちらの「 HIP HOP definitive 1974 - 2017」は目次を読んだ限り、細かくアメリカのトレンドの移行を知れる内容になっているようで、著者はbmrの編集長だった小渕晃さんです。

こうして目次だけ見ても、シーンが数年で変化していく大変新陳代謝の良い音楽だというのが分かりますが、若者が主軸となる音楽とも言えますし主流の人として残っていくのは大分シビアだよなと。

この中で特に興味深いのは、「格好良い」の再定義が各所で行われる所あたりでしょうか。私はいつだったかの時期に一度脱落しており、それまで大好きだったものが受け付けなくなってしまった時期がありますが、2010年代の雰囲気には90年代の自分が聴き始めた頃のような新鮮さを感じておりますし不思議なものだなと。

ちなみにこのシリーズ、ソウル: 河地依子さん、CLUB JAZZ:小川充さん、アンビエント:三田格さん、テクノ:三田格さん、ハウス:西村公輝さん&三田格さん、ギターポップ:岡村詩野さんと、結構ジャンル別に沢山出ており他のも面白そうですね。



HIP HOP definitive 1974 - 2017 (ele-king books) / 小渕晃 (著)

hiphop_definitive.jpg



目次

Chapter 1 1974~ ヒップホップの誕生
Chapter 2 1982~ エレクトロ・ブーム
Chapter 3 1984~ ストリート回帰~第2世代の登場
Chapter 4 1986~ ヒップホップ・ネイションの誕生
Chapter 5 1988~ コンシャス~メッセージ・ラップ
Chapter 6 1988~ ギャングスタ~プレイヤー・ラップの隆盛
Chapter 7 1990~ ニュースクールからハードコアへ
Chapter 8 1992~ Gファンクの猛威
Chapter 9 1992~ サウス~ミッドウェスト・シーンの台頭
Chapter 10 1994~ リリシスト~サグ/マフィオソ・ラップ
Chapter 11 1994~ ポップなスタイルの復活~全米のポップスに
Chapter 12 1996~ コンシャス派~インディ・シーンの盛り上がり
Chapter 13 1999~ ウェッサイ・ファンク2000
Chapter 14 2000~ サウス&ミッドウェストの時代
Chapter 15 2006~ 「クール」の再定義
Chapter 16 2011~ ヒップホップの新時代


内容紹介

すべての音楽ファン待望の、ヒップホップ全時代の主要アルバムが1冊でわかる唯一の本!

1979年のシュガーヒル・ギャング「Rapper's Delight」、あるいはアフリカ・バンバーターの『Death Mix』から──

ヒップホップの誕生、
ブロンクス、クイーンズ、ブルックリン、ロングアイランドから絶えまなく生まれるストリートの音楽、そしてトミー・ボーイ、デフ・ジャム、コールド・チリンの隆盛からヒップホップ・ネイションの出現へ。
コンシャスからギャングスタへと。ハードコアからGファンクへと。
サウス/ミッドウェストが台頭するいっぽうで、ニューヨークのサグ・ラップも燃え上がる。
また、ポップスとしての地位を確立する他方ではインディ・シーンが立ち上がり、ウェッサイのファンクが脚光を浴びたかと思えばネオ・スクールが台頭する。

つねに変化しつづけ、拡大し続けるUSヒップホップのすべての時代にわたっての主要作品が、この1冊でわかる!
すべての音楽ファン待望の『ヒップホップ・ディフィニティヴ』、ついに刊行!


著者について
元『bmr』編集長


ラップは何を映しているのか――「日本語ラップ」から「トランプ後の世界」まで / 大和田 俊之、磯部 涼、吉田 雅史

3月終わりに発売し話題となっておりましたこちらの書籍を私も遅ればせながら読了しました。

アメリカ、日本のラップミュージックについての最新の状況から過去まで、社会情勢を踏まえて3人の識者が語り合うという内容の本なのですが、まず全て読み終えて真っ先に思ったことは、まるで週刊誌じゃないかと思うほどの鮮度の高い情報が載っていて、とにかくなるべく早く読んだほうが良い生物(なまもの)ということでしょうか。

国内であれば、アルバム発売から僅かしか経っていない超直近とも言うべきゆるふわギャングや、この数年の大きなトピックでありますデモやフリースタイルバトルなどからパイオニア達の話まで、海外だとトランプ政権前後の雰囲気から、オールドスクール期~ゴールデンエラまで、政治的なものからそういった部分を排してダンスミュージック化しているところまでを話し合っております。

オススメしてくれた友人と話していた話題や考えが、この本の中で話されている事と符合したりする部分も結構あったり、また知らないことを沢山知る機会になったりと、とても面白く中身の濃いものだと思いました。

終始固有名詞が多く、後ろに書かれている注釈の量が莫大ですので、初めてこのジャンルに興味を持って読んだ人は、恐らく読むのがものすごく大変なんじゃないかと思いましたが、ある程度のヒップホップファンである私のような仕事しながら音楽を聴いている人間でも、ほとんど注釈無く読めましたので、ヒップホップに興味ある人は現在のシーンを込みとした全体像を知るのにも最適な書籍と言えます。

また、あまり海外のラップを知らなく興味がある日本のラップファンや、逆に海外のラップファンで日本の作品を知らない人も、今のツボをキッチリ押さえつつ過去の必聴なものを知る本として、ディスクガイド的な役割で機能するのでは無いでしょうか。

著者の方々のMigosやゆるふわギャングを気に入っているという発言を読み(皆結構いい年)、自分自身もいつまでもこういう気持ちを持ち続けれるよういたいなと。



ラップは何を映しているのか――「日本語ラップ」から「トランプ後の世界」まで / 大和田 俊之、磯部 涼、吉田 雅史

raphananiwoutsushiteirunoka.jpg





アマゾン商品説明より
画期的ラップ・ミュージック概論、登場。

アメリカ事情に精通する大和田俊之、長年ラップの現場に身を置いてきた磯部涼、批評家とラッパー/ビートメイカーを往復する吉田雅史。
三人のラップ論者が、日米のラップの変遷を語りつくす!
ヒップホップ・カルチャーの歴史を縦軸に、「トランプ後の世界」と「日本語ラップ」の現状認識を横軸に、ラップの潮流を通して、私たちの社会をもマッピングする一冊。

<目次>
●はじめに 吉田雅史

●第一章 ラップはいまを映しているか
ラップの定義について/ヒップホップ史の書き換え/BLMのアンセム「Alright」/チャンス・ザ・ラッパー発言に見る非政治化/トラップ・シーンの変化/酩酊感の正体/大統領選との距離/予想を裏切るトランプ/「Bad and Boujee」は反動なのか/デモとラップ/シカゴの時代

●第二章 USラップが映してきたもの
政治性を求めるのは誰か/『ストレイト・アウタ・コンプトン』の歴史操作/KRS・ワンのヒップホップ道/「The Message」再考/ゲームの始まり/ギャングスタ・ラップの二重性/ポスト・ソウル世代の政治感覚/宗教と陰謀論/女性ラッパーの系譜/エミネムとホワイト・トラッシュ/女性物を着るラッパーたち

●第三章 日本にラップが根づくまで
オーセンティシティとオリジナリティ/佐々木士郎(宇多丸)の危惧/ハードコア・ラップが右傾化した理由/『空からの力』という教科書/社会問題に対するメタとベタ/ポリティカル・ラップとしてのMSC/顕在化する地域性/方言に根ざしたビート/フリースタイル・ブームの行方/ダンス・ミュージックへの回帰/「It G Ma」ブレイクの意味/アメリカの影と向き合う

●あとがき 磯部涼、大和田俊之

●註釈

内容(「BOOK」データベースより)
アメリカ事情に精通する大和田俊之、長年ラップの現場に身を置いてきた磯部涼、批評家とラッパー/ビートメイカーを往復する吉田雅史。三人の識者によるラップ・ミュージック概論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
大和田/俊之
1970年生まれ。専門はアメリカ文学、ポピュラー音楽研究。慶應義塾大学法学部教授。博士(文学)。著書に『アメリカ音楽史―ミンストレル・ショウ、ブルースからヒップホップまで』(講談社、第33回サントリー学芸賞)など

磯部/涼
1978年生まれ。主に日本のマイナー音楽と社会の関わりについて執筆

吉田/雅史
1975年生まれ。“ゲンロン佐々木敦批評再生塾”初代総代。批評家/ビートメイカー/ラッパー。『ele‐king』や『ユリイカ』誌などで音楽批評中心に活動。MA$A$HI名義でMeisoのアルバム『轆轤』をプロデュース(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ