| HOME |  NEXT »

PIMP -アイスバーグ・スリムのストリート売春稼業- アイスバーグ・スリム (著)、浅尾 敦則 (翻訳)

2001年に発売された日本版はもちろん表紙は見たことがありましたが、なんせ若い頃の私は本当に米国の黒人に対してファッション(典型的なBボーイファッションはしませんが)や音楽というヒップな部分には興味があるものの、歴史などの部分にはあまり興味がなく、むしろなるべくそういったことを遠ざけるようなことが多かったため、読んでおりませんでした。

今回ひょんなことから新たにDU BOOKSから再出版されたこの本を読む機会に恵まれ、事前情報無しでいきましたが、とにかく1960年代の文章とは思えないラッパーが話しているような口語に近いめちゃくちゃにノリの良い文体で、もし横にふりがなが打たれていなければ絶対何を言っているかわからないスラングが大量に出てくる、それはもうその後登場するヒップホップへ影響を与えたとして考えられないような本でした。

IQ175(本当なんか?)の著者、アイスバーグ・スリムがピンプという仕事(日本で言う所の売春斡旋業者?ヒモ?)を生業としていた時の自伝ですが、別に客との間に入って交渉するとか無いし、本人は一体何の仕事をしているのかよく分からなく、主に家で薬物やっていたりする描写が多いので、ケツを蹴られているのになぜ女性が言うことを聞いているのかよく分からないのですが、まあそういう事が成立した時代ともの凄い魅力があったということなんでしょうか、それにしてもそれでお金を儲けてることが凄いですが。とにかくエゲツない描写や例えが多く、まるで頭に情景が浮かんでくるようなめちゃくちゃディティールが細かい文章が多く(あれだけドラッグやってこんだけ細かく覚えているのも凄いが)、あまりに過酷ですぐ疲れてしまいますので少しずつ読み進めました。

そんな中、色々な場面でかかっている音楽の描写が多いことに途中で気付き、読みながらメモしていった所、P12、P49、P68、P77、P81、P84、P92、P95、P107、P111、P125、P132、P134、P136、P146、P158、P180、P181、P182、P223、P228、と21ぺージほど(漏れているかもしれません)音楽に関する描写があり、ナット・キング・コール、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリデー、チャーリー・パーカーそしてかなり印象に残るデューク・エリントンのムード・インディゴなどが登場しております。

どれも陽気な曲ばかりで当時の世の中はこういう雰囲気だったのかな?と。こうした当時の音楽と一緒に文章を読みますと、痛々しいかったり汚かったりの描写も大幅にカラッとした感じになり随分と印象が違ってくるのでまた面白いですね。(下に何曲か貼っときました)



PIMP -アイスバーグ・スリムのストリート売春稼業-DU BOOKS
アイスバーグ・スリム (著)、浅尾 敦則 (翻訳)

icebergslim_pimp1.jpg
















単行本: 368ページ
出版社: DU BOOKS (2017/3/17)
言語: 日本語
ISBN-10: 4866470143
ISBN-13: 978-4866470146



内容紹介


ケンドリックラマー、アイスTやその後のラップ・スタイルに絶大な影響を与えた
黒人ストリート文学の最高傑作。

ディスクユニオンHipHopバイヤーが選んだ名著復刊!

巻末スペシャル・インタヴュー
ピンプとストリート・ビジネス、あるいはヒップホップ: 漢a.k.a. GAMI(『ヒップホップ・ドリーム』著者)


もしこの男に憧れるなら、おれも生き方を変えなきゃいけない……
そしておれはラッパーになったんだ――アイスT

黒人ラッパーだけでなく、
ジェイムズ・エルロイ世代の白人犯罪小説家にも大きな影響を与えている――『Qマガジン』

セックスと暴力の大傑作――『タイムズ』

文章の独創性はほとんどシェークスピア並みで
そしてセリフにはゲットーのノリが横溢している。――『スコッツマン』

多くのミュージシャンや作家に大きな影響を与えている
……彼は常に、リアルな姿を包み隠さず描いているんだ。――アーヴィン・ウェルシュ(『トレインスポッティング』原作者)

ジャン・ジュネが泥棒を描いたように、アイスバーグ・スリムはピンプを描いている。
――『ワシントン・ポスト』


著者について

アイスバーグ・スリム(Iceberg Slim)
1918年生まれ。本名ロバート・ベック。サウスサイド・シカゴ最高のピンプの座に約30年にわたって君臨。
数度の刑務所生活ののち、その「稼業」を引退すると、ロサンジェルスに移り住んで作家となり、ピンプ時代以上にその名を広く轟かせた。
処女作でもある本作『ピンプ』は1969年に出版され、ベストセラーとなる。そのグルーヴ感のある文体とともに、多くのラッパーたちにも影響を与え続け、アイスTの名前の由来ともなった。
1992年没。2012年にはドキュメンタリー映画『Iceberg Slim: Portrait of a Pimp』も公開された。

翻訳: 浅尾敦則(あさお・あつのり)
1956年、広島生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。音楽雑誌の編集部勤務を経て翻訳を手がける。 訳書に『カラフルなぼくら 6人のティーンが語る、LGBTの心と体の遍歴』(ポプラ社)など。



icebergslim_pimp2.jpg


icebergslim_pimp3.jpg





DJサモハンキンポー / Asian Love Affair

やけのはらさん(@yakenohara_taro)が関わっているものでは、以前ポストしたDJ きらきら富山さんが凄く良かったのが印象に残っておりますが、最近のツイートで知ったこちらもとても良かったです。

思い出野郎Aチーム、VIDEOTAPEMUSIC、井の頭レンジャーズ、ACID夢芝居など、人気のバンドで活動する、チャッピー源さんことDJ サモハンキンポーさん(@hajimematsushit)が送る、タイ、韓国、中国などアジアのレゲエ、ラバーズ・ロックのMIX。

突き刺さるDJネームからは、目がクリクリした浅黒い肌のオカッパデブというヴィジュアルをどうしても想像してしまいがちだと思うのですが、なんとかお顔を拝見したい気持ちを抑えられず、グーグルにて検索をかけました所、もう少し南のゴールデントライアングル付近の雰囲気の方の写真がいくつか出てきてこの人なのだろうかと。いまだ分かっておりません。

まあそれは良いとして、思い出野郎AチームのWEEKEND SOUL BANDが大好きで、出た時は数ヶ月間ずっと聴いておりましたので、そのメンバーの方ということで中身関係なしに好意的な気持ちになり、今流行りの「忖度」をしまくってしまって余計にブーストがかかっているのもあります。

内容はレゲエ、ラバーズ・ロックとは言えアジア圏の楽曲ですので、言語的にオリエンタルな雰囲気になっているものもあり新鮮ですし、Spring Rainの分かり易くキャッチーなナイスカバーなんかもあり、何気なく聴き始めたのですがすっかり毎日聴いている次第であります。

気温がこれから上がってくると益々良い感じになるかと思いますので、mp3プレイヤーに放り込んで是非車やバーベキューでプレイしていただけたらと。フリーダウンロードもありますし。Puane作のジャケもとても良いですね。




DJサモハンキンポー / Asian Love Affair


djsammohungkambo_asianloveaffairmix.jpg



artwork by Puane
mastering by YAKENOHARA










インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦(MUSICMAN-NET)

この数年で日本語のラップをたくさん聴かない自分に興味を持たせてくれて、再び聴こうという気持ちにさせてくれたのがKOHHを知った時だったのですが(と5LACKもそうか)、そのプロデュースからマネージメントまで裏方として関わる活動のキーマンとも言うべき存在であります、318さんこと高橋良さん(@riversidemobb)のインタビューがMUSICMAN-NETというサイトに掲載されておりました。(VIA @takeyan_

日本のヒップホップをずっと追っている人たちにとっては、恐らくは当たり前のように知っている人だという認識でしょうが、私にとっては以前ツイッターのTLで、一般の人達の質問に答えているのが初めて見かけた時でして、あまりにも正直できっぱりした対応が面白くてそのQ&Aをとても楽しみにしておりました。その質問を読むと、この人がKOHH作品の制作にあたって大きい部分を担っているのかなぁととても興味をがあったので、こうしてインタビューが読めて少し嬉しいです。

インタビューの内容は、駆け出しから当時の考え方や仲間との活動、KOHHとの出会いと彼との仕事の仕方であったり、全て読むとおおよその関係性などが見えてきて、今までずっと気になっていたことが解消される内容でして、大きくKOHHに影響を与えているのが分かりました。

特に話されている内容の中で、万人受けしないと予想したアルバムに説得力を持たせるという発想のところや、考え方次第ではインターネット時代はある程度のところまでは平等にチャンスがあるという部分は、これから何か(音楽だけでなく)を世の中に出そうとしている表現者には大変重要な考え方ですので、今後参入予定の右も左も分からない若者の皆様も、是非音楽ビジネスの参考に読むとよろしいかと。



インターネットの恩恵を受けたアーティストKOHHとマネージメントの新たな挑戦
前半 / 後半

ryo_takahashi_intvw.jpg







最近の周辺の出来事としては、こちらのMixtapeが出たことでしょうか。

Yano - Yanocedez Benz

yano_Yanocedezbenz.jpg













Dana Lixenberg - Imperial Courts

デンゼル・ワシントンとイーサン・ホークが刑事役で出演した映画「トレーニングデイ」の撮影場所として使われた(ドレとスヌープも出演)、ロサンゼルスにある相当治安が悪い地区でありますインペリアル・コートを20年以上に渡って撮影してきた、オランダ生まれの写真家Dana Lixenbergさんの作品。

生々しい独特の乾いた雰囲気の写真(笑っている写真があまりない)が大量に有り、一人ずつ名前が書かれているところが良いです。1993年から2008年の間は空白ですが、10年以上経っているのに雰囲気にあまり差異が無い気もしますがどうでしょうか。治安悪いのが伝わってきますし、過酷そうだなと想像してしまいます。

リンク先にたくさんの写真が有りますので、お昼休み、帰りの電車のお供にでもどうぞ。



Dana Lixenberg - Imperial Courts

danalixenberg_imperialcourts01.jpg
danalixenberg_imperialcourts02.jpg
danalixenberg_imperialcourts03.jpg
danalixenberg_imperialcourts04.jpg
danalixenberg_imperialcourts05.jpg
danalixenberg_imperialcourts06.jpg
danalixenberg_imperialcourts07.jpg
danalixenberg_imperialcourts08.jpg


参照サイトはこちら







ogw / ORNG

ブギーから始まり、ニュージャックやデトロイト、アフロを改造したもの、西海岸の歌ものなどの早めのBPMのをざっと短め&スムースに行った後、途中で一気にビートが遅くなりまして、そこからも前半同様にグッドグルーブで駆け抜ける、というここ最近特によく聴いておりますogwさんのミックスORNG。

昨今話題のアーティストからアンダーグランドミュージックのクラシックまでと幅広く選曲し構成も抜群でありますし、時折意表を突かれる一曲(特に印象的なのはBell Biv Devoeのところでしょうか)も効果的に要所に配してあり(他にも有ります)、そういうのがとても良いアクセントになっていて、自分の中でとても良いミックスという括りになっているのではないかと思っております。

あと、自分がもう少しグッと来たところをお話しておきますと、前述した途中BPMが遅くなる時に使用されている、Diamond Ortizの西海岸Gマナー(モダンファンクと言ったほうがいいのか)なIn The Cut Like Whaatのところが、本当に最高のチェンジアップを放った感じがしておりいつ聴いても最高だなと。

全体を通して上手いことやってありますし見本にすべき内容だなと思いますので、ミックスの時繋がりがいまいちでやたらとディレイを使いがちの人にも、是非参考にして欲しいミックスです。無料ダウンロードも用意してくれておりますので、週末3連休のBGMに是非どうぞ。



ogw / ORNG

ogw_orng.jpg


Tuxedo
Beautiful Swimmers
Amin Payne X Roughsoul
Adjowa
oriJanus
4004 & sebastien vorhaus
Bell Biv DeVoe
Coeo
The Internet
Teedra Moses
Moodymann
Full Crate
Diamond Ortiz
Jaylib
Flume
Stro Elliot
Galliano
Dabeull
Anderson Paak
Kaytranada
Matt Martians
Thundercat
Madlib
Flying Lotus






ここ一ヶ月くらいずっと聴いていた、R&B中心のアルバム5枚

週末、高圧洗浄機(ケルヒャー)を体験したことにより、視界に入る全てのコンクリートの黒ずみが気になってしょうがない状態になっております。

そんなどうでもいいことは置いときまして、少し前からいくつかR&Bなどのアルバム数枚を並行して聴いているのですが、記憶力が悪くなってきたせいかすぐに良いのは分かったのですが、記憶していることが出来ず思い出せないといった感じです。単に自分がラップ脳なので、一発で引っかかるネタ使いやフックなどには反応できるのですが、それ以外となると若干理解するスピードが落ちるということだと思うんですが。

そういった最近聴いていて、ずいぶん聴いたけど飽きなくて好きになったいくつかのアルバムをポストしたいと。





Sampha / Process

ドレイク、SZBTRKT作品や、昨年の話題作だったカニエ先生のTLOP(アップデート後)に参加し、デビュー前からやたらと騒がれているSamphaが、UKの一番イケてると言われるレーベルの一つYoung Turksより出したデビューアルバム。品よく仕上げた現代的なサウンドにハスキーな味のあるボーカルで疲れたオッサンにも優しい。このジャケの恍惚とした表情を表示して、電車内でジックリ聴いておりましたところ、よく同じ車両に乗っている画面盗み見オバサンにジーっと見られてて、少し恥ずかしかったです。

sampha_process.jpg





Gabriel Garzon-Montano / Jardin

前作はジャイルスやメイヤー・ホーソンに絶賛され、ドレイクのサンプリングソースとして使用されるなど、こちらも著名人達から注目されるブルックリンの新世代アーティストのストーンズスローからのデビュー盤。すべての楽器を自分で演奏して作られたトラックは、オーセンティックな部分に上手いこと現代的な要素を組み合わせてあり、そこにプリンスに影響を受けたボーカルが乗る内容でとても良かったです。今回ポストした中で一番好みでした。下に貼ったサンクラ(DL有)はメイヤーホーソン作品の彼によるリミックスでコレもメチャクチャと言っていいほど格好良いかと。

gabriel_garzon_montano_Jardin.jpg








Khalid / American Teen

アルバム発売前に公開されていたLocationの動画が好きで、出るのをとても期待しておりましたが、それと地続きで聴ける内容でしたのでとても嬉しかったです。コロコロした上ネタやシンセドラムの音色など、シンプルで磨かれた音色のトラックは結構色々なプロデューサーが参加しておりますが、それにしても随分纏まっている印象で、そこに少し枯れた(ヨレた)チェット・フェイカーのようなボーカルが良い感じであります。仕事しながらでも鬱陶しくなく聴けます。

kahlid_americanteen.jpg





Sir / Her Too

大好きなレーベルTDEのシンガーSirのEP。いきなり一曲目から味付け濃いめのゲストAnderson Paakが参加しており、せめて一曲目はお前が一番目立つように行けよ...と思いますが、まあその後にモッタリしたのや正統派R&Bみたいな渋い路線が続く展開を考えれば、最初に勢いつけといてよかったのかなとも思います...。繰り返して聴くと良くなるのとかあり、さすがはTDEだなと。ジャケもかなりコッテリしておりますし。アルバムで聴きたいです。

sir_hertoo.jpg





Tempalay / 『5曲』

P-Vineさんのツイッターアカウントをフォローしておりますと、すごい勢いでこのTempalayさん関連ツイートが流れてきまして、いつの間にか前作に続きこちらのEPも聴いているという状況であります。R&Bのオルタナティブ化が進み、インディーなロックとの垣根はほぼ無いと言って良い海外のシーン同様、どちらの人も聴ける流れは日本でも起こっているのを感じますが、このEPもそういう印象を受けますし、3曲目Zombie-Songなんかはヒップホップにしか聴こえない所もあり、自分達はヒップホップ以降の世界に生きているんだなぁとあらためて感じた次第であります。

tempalay_5kyoku.jpg


DJ Mister Cee - The Best Of Notorious B.I.G. (Tape Kingz)

ツイッターのタイムラインがやたらとノトーリアスBIGの話題をしているので、なんだろうとは思っておりましたが、今朝起きてからようやく没後20年ということに気付きました。早いもんですね。

当時はインターネットも無く音源と雑誌に載るインタビューなどが主な情報源で時間差もありますし、ラップしている言葉もわからないため、自分の中でNYのキングみたいな感覚が希薄で、正直言って文章を読んでそう思う程度という感じでした。なので、自分の英語への理解も進んでいない現在でも、ヒップホップ東西抗争という神話みたいなのの中にいる登場人物といった感覚が。Lil Yachtyが2PACやビギーの曲を5曲も知らない、という件がどうも他人事とは思えない(自分は5曲以上知ってはいますが)のは、そういうところからのがあるかもしれません。

若い当時の名物として、数年、数ヶ月NYへ留学&不法滞在してた人達(亡くなった後行った人達)が帰ってくると、まるでNYのネイティブ感覚で熱病にかかったようにビギーはNYだったとかシラフで言ってくる事がまあまあ多く、リアルタイムで見てないのに見たぐらいの感じで後輩に凄んでいるのを見て、そういうのが苦手で自分からよりそういった感性を遠ざける事の一因となったのかなとも。

そんな私ではありますが、自分の小さな世界の中で接していたものについては愛着を持っておりますし、特に若い頃に買って元を取るためひたすら繰り返し聴いていたものなどはやはり今でもなんとなく好きだったりするわけで、あまり信用してないがたまに好きなのもあったりするTape Kingzのテープの中で(Evil Dee、キッドカプリ、ビズが好きだった:普通ですね)、DJ Mister Ceeのこのミックスもなんとなく多めに聴いていて、なんとなくビギーのミックスと言えばみたいになっております。

ジャケ、テープ音質、構成など、今にはない当時の荒らさや間みたいなのがあって、空気感自体が今とは全然違うので若者にも新鮮かもしれませんね。オッサン達は、ああそう言えばこんなの有ったなぁという、今あまり話題に上がらない込み入った参加曲なんかを音質込みで懐かしんでいただけたらと。




DJ Mister Cee - The Best Of Notorious B.I.G. (Tape Kingz)

mistercee_bobig1.jpg



mistercee_bobig2.jpg


Side A:
01. Notorious B.I.G. - Freestyle Live At Mister Cee's Crib
02. Notorious B.I.G. - One More Chance (R&B Mix)
03. Mary J Blige feat. Notorious B.I.G. - Real Love (Remix)
04. Neneh Cherry feat. Notorious B.I.G. - Buddy X (Remix)
05. Heavy D, 3rd Eye, Guru, Rob-O, Busta Rhymes & Notorious B.I.G. - A Buncha Niggas
06. Super Cat, Mary J Blige, Puff Daddy, Jesse West & Notorious B.I.G. - Dolly My Baby (Remix)
07. Heavy D & Notorious B.I.G. - Jam Session
08. Notorious B.I.G. feat. Method Man - The What
09. Red Hot Lover Tone feat. Notorious B.I.G., Organized Konfusion & M.O.P. - For My Niggaz (Remix)
10. Eddie F feat. Heavy D, Grand Puba, Tupac & Notorious B.I.G. - Let's Get It On
11. Notorious B.I.G. - I'm Jus Playin'
12. Crustified Dibbs & Notorious B.I.G. - Cunt Renaissance
13. Da Brat feat. Notorious B.I.G. - Da B-Side
14. Bandit, Pudgee, Snagglepuss, Positive K, Raggedy Man, Grand Daddy I.U., Notorious B.I.G. & Grand Puba - All Men Are Dogs (Remix)
15. Doctor Dre & Ed Lover feat. King Just, Todd 1 & Notorious B.I.G. - Who's The Man

Side B:
01. Notorious B.I.G. - Juicy Skit
02. Big Daddy Kane, Big Scoob, Tupac, Notorious B.I.G. & Shyheim - The Garden Freestyle
03. Funkmaster Flex & Notorious B.I.G. - Live At The Palladium
04. Notorious B.I.G. - Who Shot Ya?
05. Total feat. Notorious B.I.G. - Can't You See
06. Notorious B.I.G. - Real Niggaz
07. Junior Mafia - Players Anthem
08. Notorious B.I.G. - One More Chance (Hip Hop Mix)
09. Pudgee feat. Notorious B.I.G. & Lord Tariq - Think Big
10. Notorious B.I.G., Coolio, Redman, Ill Al Skratch, Big Mike, Busta Rhymes, Buckshot & Bone Thugs-N-Harmony - The Points
11. Craig Mack feat. Notorious B.I.G., Rampage, LL Cool J & Busta Rhymes - Flava In Ya Ear (Remix)
12. Notorious B.I.G. - Warning
13. Notorious B.I.G. - Big Poppa (Skit)
14. Notorious B.I.G. - Machine Gun Funk


mistercee_bobig3.jpg











シュプリームの元ネタをまとめた書籍 「Supreme Copies」

Supremeを着ても洋服が歩いている様にしか見えない私ごときが取り入れても余計カッペに...という理由から、結局今までなんだかんだ言っても一度もSupremeを購入&着用したことが無い人生でしたが、先日ルイ・ヴィトンとのコラボが発表されたことで、更に自分から遠ざかった気がします。本当は乗りこなせる人生にしたかったのですが。

ストリートブランドがパロディの対象であったハイブランド、デザイナーズブランドに接近するという大変稀有な例を見ている訳で、どこまで行くのか見たことの無い領域に入っていっており凄く面白いのですが、中には遠いところに行ってしまったと悲観している人もいるそうで、ステップアップしていくと去る人も現れる、アイドルを追っかける人たちと同じなのがこれまた面白いですね。

近々、ダウンタウンのひな壇トーク番組のファッションチェックで、訳の分からないスイスの超高額時計をはめて出てくる大御所俳優の胸にロゴがドーンと来る日も近いのかなとなんとなく楽しみになってきます。

そんなSupremeのデザインの元ネタを掲載したインスタグラムアカウント(@supreme_copies)を、以前FNMNLさんのサイトで紹介しており面白いなと思ったのですが、それが書籍となって発売されることをまたしてもFNMNLさんで知りました。(海外のブログで表紙を見ておりましたが、英語が読めないので一体なんだか分からなかった。)

最近では、面白かった日本のエロアニメ作家とのコラボや、90-00年代の海外黒人音楽雑誌の広告で見かけるような、こんな暴走族仕様のコッテリしたの着れないよ...と思っていた当時笑いのネタするくらいで避けてたような服のテイストを取り入れているのを見かけ(そういうのが嫌でSupreme着てた人も多かったと思うが)、そこ行くのかよ!とこちらが心配になるような状況も多々あり、もうやれないコラボ、オマージュはないんじゃないかという勢いを感じておりますが、そのもう一方でハイブランドがあり凄い振り幅ですよね。どこまでやったら売れなくなるか(信用を失うか)の限界にこれからも果敢にチャレンジして欲しいです。

価格は$32で米アマゾンにて販売予定とのこと。日本で購入可能かどうかは分かっていないとの事です。人気の件は置いといて冷静に考えれば、NYの文化や米国、世界のユース、ストリートカルチャーを、見事なタイミングで洋服やグッズに落とし込んできたブランドですので、かなり読んでみたいなと。



Supreme Copies (FNMNL)
@supreme_copies Instagram account

supremecopies.jpg











前田俊夫と



Local Action / 100% Ruff Ryders Special on Radar Radio

私のRuff Rydersの思い出と言えば、出て間もないRuff Ryders Anthemの恥ずかしげも無いハイファイサウンドを、初めてエロ本を読んだ時のように、こそこそ隠れて部屋に閉じこもって聴いていたことでしょうか。後にアレの何が革新的だったのかをブラスト誌かなんかで詳細に知り、なんてヒップホップ的なんだと感心しましたが(シンセ(Triton)のプリセット音源を使う)、今聴くと特にハイファイだとか全く感じることもないので、現在自分は完全にスウィズ・ビーツ以後の世界(ネプチューンズ、ティンバランド、マニーフレッシュもか)に生きているんだなぁと。

今まで(大麻ぽい)とは明らかに何かが違うそのサウンド(ハードドラッグぽい)に、嫌悪感を持った古くからの人も周りに大勢いましたが(サウスでは既にハイファイが普通にあったが)、一方で若い郊外のヤンキーには非常に受けが良く、ヒップホップの客層(クラブもレコ屋も)が一気に柄の悪い人達になっていった印象がありました。服装もみんなディップセットみたいなって。

私は当時主流だったパフダディの過剰なポップ路線が好きではなく、かといってRuff Rydersみたいなのも100%と言う訳にはなぁ...という感じでしたので、多少メジャーも聴きつつアンダーグランドしか行く道がなくそちらへ進んでいきましたが、メインストリーム内だけで言えばカウンターのような登場の仕方だった気がします。象徴的な出来事として、The Loxがチャラチャラしたのに反発してバッドボーイレーベルを飛び出した件などありましたが、同じく相撲部屋を飛び出した(おかみさんを突き飛ばして)北尾光司のような感じのニュースだなと、半笑いでその記事を読んだ記憶があります。

そんな90年代終わりから00年代前半のNYのトレンドを一新し、現在のヒップホップに多大な影響を与えた軍団、Ruff Rydersの関連音源だけで作られたミックスが、今年頭頃出ておりましてしばらくダラダラと聴いておりました。

特にクイックにというわけでもなく、ひたすら曲を紹介するように2時間弱入っており、なんとなくダラダラと聴くような内容ですが、そういやこういうの有ったなぁとか思い出して楽しかったです。ちなみに、自分が大好きだったティンバランドがやったRyde or Die Bitchも入っていて少し嬉しかったのもあります。

オッサンが懐かしむ用としてだけでなく、若者の皆様もSupremeがシャツを発売したりするRuff Rydersとは一体何だったのか?というのをヒット作がたっぷりはいったこれを聴いて知っていただけたらと。ダウンロードリンクもありますので。



Local Action / 100% Ruff Ryders Special on Radar Radio

100percentruffryders_mix.jpg




Tracklist
01. Ruff Ryders – Ryde Or Die
02. Eve – What Ya Want
03. The Lox feat. Eve – Ryde or Die Bitch
04. Jadakiss – My Name Is Kiss
05. DMX feat. The Lox & Drag-On – D-X-L (Hard White)
06. Beanie Sigel feat. Eve – Remember Them Days
07. Drag-On feat. Parle – What’s It All About?
08. Sheek Louch, Eve & Big Pun – Pina Colada
09. DMX – The Professional
10. The Lox – Recognize
11. DMX – How’s It Goin’ Down?
12. Drag-On feat. Eve – Here We Go
13. Funkmaster Flex feat. DMX – Do You
14. Sheek Louch feat. Method Man & Redman – 2 Tears in a Bucket
15. Drag-On – Put Your Drinks Down
16. Drag-On feat. P Killa Trackz – Click Click Clack
17. Funkmaster Flex & DJ Kap feat. Ruff Ryders – We In Here
18. Mariah Carey feat. Jadakiss & Styles P – We Belong Together 19. (DJ Clue Remix)
20. Styles P – I Get High
21. Funkmaster Flex feat. Jadakiss – I Don’t Care
22. Jadakiss feat. The Lox, Eve, Drag-On, Infa Red & Cross – It’s Time I See You
23. DMX feat. The Lox & Jay Z – Blackout
24. Eve feat. Missy Elliott – Ain’t Got No Dough
25. Drag-On feat. Swizz Beatz – Bang Bang Boom
26. Aaliyah feat. DMX – Back in One Piece
27. DMX feat. Jadakiss & Styles P – We Don’t Give a Fuck
28. DMX – Slippin’
29. The Lox – We Are The Streets
30. Jay Z – Jigga My Nigga
31. DMX feat. Drag-On, Eve & The Lox – Ruff Ryders‘ Anthem (DJ Clue Remix)
32. Styles P feat. Sheek Louch & Eve – And I Came To
33. Nas feat. DMX – Life Is What You Make It
34. Jay Z feat. DMX – Money, Cash, Hoes
35. The Lox – Dope $
36. Twista & Drag-On – Twisted Heat
37. Drag-On feat. Juvenile – Down Bottom
38. Eve feat. DMX, The Lox & Drag-On – Scenario 2000
39. Eve feat. DMX – Dog Match
40. Parle – It’s Going Down


参照サイトはこちら





関連事項として、先週話題になった同時代のDef Jamサウンドを牽引したSwizz BeatzとJust Blazeの2人が、サウンドクラッシュみたいな事をやっているHot97の動画も貼っておきます。2時間超なので暇を見つけてどうぞ。










ターンテーブル、ミキサー、CDJのカバー 「Decksaver」

近頃は、DJを5人集めれば全員違う機材でプレイすることも珍しくなく、DJブースは常に店置きの機材の他に、大量のケーブルとパソコンとそれぞれのインターフェースがひしめきあっている訳ですが、強引にターンテーブル、ミキサーの上にコントローラーを乗せてやっている人も見かけ、アームが曲がらないか、フェーダーが曲がらないか心配になることも。

ターンテーブルカバーに最初からついているカバーのアーム根本あたりの膨らみについて、コレさえなければ...と思ったことある人も多いでしょうが、私もあまり真剣に考えることなく日々を過ごしておりましたところ、たまたま@Onibabakoさん(現在、使える重いドラム素材発売中)のツイートで見かけた透明な蓋を見て、今はこんな便利なものがあるのだなぁと感心した次第であります。

上がフラットで、グラグラしなさそうな被せる形のポリカーボネート製なので、狭いクラブのDJブースで他の機材を置くために、またレコ屋の簡易的な机としてなど、とにかく狭い場所の有効利用に良さそうであります。

ターンテーブルはテクニクス、ミキサーとCDJはパイオニアが多いと思いますが、そのあたり用のはもちろん有り問題無いかと思います。

価格はアマゾンで値引きして安く売られており、ターンテーブル用で6,000円を切る程度でそうめちゃくちゃ高い訳でもないため、是非クラブやレコ屋の備品として、また家で機材がかさばっている方々いかがでしょうか。手作りでカバーを作ることもできるでしょうが、大掛かりで重たくなりそうですし時間も掛かりそうなので手軽なコレで、まあ良いんじゃないですかね。



Decksaver
アマゾン:ターンテーブル用 (2017.03.06現在)
decksaver_cover01.jpg



decksaver_cover02.jpg
decksaver_cover03.jpg
decksaver_cover04.jpg
decksaver_cover05.jpg

こんなのもある
decksaver_cover06.jpg



他にも色々な機材用があります。









検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
最近聴いてる。












 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ