@yunglenox

海外の子供服・グッズのサイトをダラダラと見ていたら、自分で描いたキャムロンの絵のTシャツを着ている少年が載っており、我が子に欲しい+何なのか気になり少し掘り下げましたら、@younglenoxというアカウントでinstagramをやっている有名な少年ということが分かりました。こちらにざっと画像は貼りましたが、他にも大量にありますので、暇つぶしにいかがでしょうか?

見ていくと、レイクォンやE-40と写った写真もあり、すでに結構有名な坊やなんだなと。
よく考えてみれば、我が子もしくはこちらをご覧の皆様のお子様は、皆この子供のようになる可能性があるわけですが、たまに見かける本格的なターンテーブリスト系子供、アウトレットでセクシーなダンスホールレゲエのダンスを披露するコーンロウの子供、はたまた親のレコードコレクションからジャズやソウルを学び、週末は教会でゴスペルを体感する都市伝説のような若手ミュージシャンなど、親の悲願を背負うお子様を見かける度にうちはこうならないでおこうと思うのですが、気が緩みキャムロンのTシャツ着せようとすると言った感じでございます。

というか、このキャムロンのTシャツ買えないんでしょうかね?大人でも躊躇する金額とかでなければ欲しいのですがね。


@yunglenox (instagram)

younglenox01.jpg
younglenox02.jpg


どうやら、キックスターターで少年のドキュメント映像を作る資金を集めている模様



younglenox03.jpg
younglenox04.jpg
younglenox05.jpg
younglenox06.jpg
younglenox07.jpg
younglenox08.jpg
younglenox09.jpg
younglenox10.jpg





タンクトップの全面プリントは相当なインパクト。




Pusha T x アディダスオリジナルス EQT ランニング ガイダンス '93 & “Lunch Money”のミュージック・ビデオ

アディダスとG.O.O.D. Musicのコラボレーション企画からKanye West、Big Seanに続いてPusha Tのスニーカー“Pusha T x アディダスオリジナルス EQT ランニング ガイダンス '93”が登場。

1990年代前半の人気モデル『EQT Running Guide 93』をベースにしたものでオフホワイト×ガムソールの配色が存在感あってよい感じですね。年間6割はデニムという私にも季節を問わず履けそうなので、年末の過ごし方次第でへそくりをやりくりして欲しいものです。
国内でのリリースは未定のようですが、12月23日発売予定とのこと。

adidas-pusha-t-fall-winter-2014-500_1.jpg

adidas-pusha-t-fall-winter-2014-500_3.jpg

adidas-pusha-t-fall-winter-2014-500_2.jpg

adidas-pusha-t-fall-winter-2014-500_4.jpg

さらにリークされた時に朝一に聴いてぶっ飛ばされたカニエプロデュースのPusha T新曲“Lunch Money”のミュージック・ビデオが公開!
Jean-Jacques Perrey "E.V.A."使いでGang Starrより面白いものはでないだろうと思っていたので、ホント度肝を抜かれました。
曲だけでなくビデオの映像も監視カメラな感じも格好良いですし、整形外科の先生を驚かせたくらい体は硬い私からすると真逆の世界すぎるクネクネFlexingがヤバい!必見です。
シングルはiTunesにて配信開始されています。→ Pusha T “Lunch Money”(iTunes)




Lunch MoneyはNumbers On The Boardsくらい流行るかな?

SEX山口 / Chill Japanese 4

D'angelo衝撃の奇襲リリースにより、私のタイムラインの50%がD'angelo情報に染まった発売翌日(発売当日は80%くらい)に発売された不運の一枚、セク山さんの人気ミックスシリーズChill Japaneaseの第4弾。

古くから我々の想像もつかない音楽業界の遥か上の方では、人気歌手同士のアルバムリリースがバッティングしないように取り決められているとの都市伝説を聞いたりしますが、D'angeloからの電話でセク山さんは一切リリース日を曲げなかったのか、それともセク山さんからの電話でD'angeloは一切リリースを曲げなかったのか、真相は闇の中であります。

もちろん今回も、人気の冬アンセムと良質日本語ラップを散りばめられた、闇鍋のような出来になっております。

クリスマスにまだ手を出していない彼女に家で料理作ってもらう幸せな野郎共は、是非こちらのミックスをご購入いただき、

男「今日のためにBGM用の音楽を買ってきたよ。」
女「えー、誰々ー!」
男「えっ!あああああの、セセセセセセセ、セックス山口さんのチルジャパニーズ4だよ。汗」
女「えっ!!!!!!!セセセセセセセ、セックスぅ????」

と、大変スムースな導入となるかもしれませんので、是非2人で仲良く聴いていただき時折椅子から転げ落ちそうになっていただければと。もちろん独り身の皆様も、これをBGMにお父さん、お母さんとポケモンシャンメリーでも飲みながら家族団らんしていただければと。


SEX山口 / Chill Japanese 4 (JET SET)

ChillJap4_jake.jpg


アーティスト名:SEX山口
タイトル:Chill Japanese 4
レーベル名:S.C.W.
品番:SXM-010
フォーマット:CD
販売価格:¥1,296(税込)




既に締切になってますが、とんちが効いたコーチジャケットも出てますよー。

coachjacket_secyama2014.jpg





FILEレコードのコンピレーションにコンパイラーとして参加。


D'Angelo & The Vanguard / Black Messiah

本日、長らく待たれておりました、天才D'angeloの14年ぶりとなるニューアルバム「Black Massiah」(iTunes)が緊急リリースされました。

なんせ14年もの間、逮捕されてみたり、出すだの出さないだのやってみたりと紆余曲折有り過ぎて、発売する事自体が都市伝説化しておりましたので、出るというアナウンスがあってから電光石火の間にリリースされるという奇襲攻撃を受け、我々長らく待ち続けたおじさん達は一瞬の内に術にハマり、今日一日仕事が手に付かない状況に。

出るまでの流れを、ずっとタイムラインで追っておりましたが、USが出たという情報から日本にアップされるまでリアルタイムで個人から個人に伝達されていく様は、2010年代を感じ随分興奮しましたし、この長かった14年にようやく区切りが付き待つものが後はDr. DREのデトックスのみになったかと寂しささえ感じました。

内容につきましては、もちろん今っぽさは取り込みつつ、それにしても一聴して分かる程度に、D'angelo感丸出し過ぎて本当に最高でした。前作、そして前々作同様じっくりと毎日垂れ流しで体に刷り込んでいきたいと思います。

しかしこのまま行くと、

iTunesで256kbpsのMP3が発売 - 買う (今ここ)
輸入盤のCD - 買う
限定アナログ盤 - 買う
対訳付き国内CD - 買う

という4連(3連)コンボをD様の思うがままに極められるファンが目に浮かび笑えてきます。全国のフィジカル野郎の皆様には大変辛い時期と思いますが、頑張って待って下さい。
またこの後、ビート系トラックメイカーの改造音源が沢山公開されるのかな?と楽しみにしているところでもあります。


D'Angelo & The Vanguard / Black Messiah


dangelo_blackmessiah.jpg





今から14~15年前、当時人気絶頂だったDJプレミアがプロデュースしたDevil's Pieのプロモ12インチが、私の住む田舎では手に入らずモヤモヤした日々を送っていたなと。他にもUntitledのムキムキMVにヤラれて無駄にプロテイン飲み始めたり、曲の終わり方に不良盤ではないかと不安になったり(先に買った12インチ聴いて)したことも思い出しました。

そこから今までの間に、2人の彼女に振られ、3回職が変わり、サンプリングラブをやり始め、結婚し、子供が出来てとD'angeloのように壮絶ではありませんが、私の人生も色々あったなと。というか、まだヒップホップやR&Bを聴いているなと。






Voodoo (2nd)




Brown Sugar (1st)




大掃除用ミックス3種盛り 2014

今年もあと半月となりまして、我が家では少しずつ妻が大掃除を始めており、そろそろ私の出番ということで、ネットで大掃除用にダウンロードしたミックス3種をまとめておきます。
私もBGMとして使うためどれも軽く一周しか聴いておりませんが、どれも良質でしたしフリーダウンロード出来ますので皆さんも是非。

Stones Throwの注目ビートメイカーMndsgnのミックス。
自分のビートやBluやレーベルメイトであるPyramid VritraなどのHIPHOPと昔のロック、ソウルやポップスなどがMndsgnらしいセンスで混ぜられ独特の雰囲気を醸し出した緩めのミックス。
下記のリンク先でダウンロード出来ます。(ダウンロードページがちょっとややこしいので注意を)
いい意味でゆるーく楽しめるミックスですので、棚の拭き掃除にいいかも。

City Guide: Mndsgn presents L.A.

Mndsgn_mix_500.jpg


Stupid Kozoさんのツイートで知ったKaytranadaの弟でラッパーのLouie PによるHYPETRAKでのミックス。
身内パワーで手に入れたであろう、Kaytranada、 Dumix、Waldoなどの未発表曲や自身のグループThe Celesticsの音源を駆使し、フューチャービートからJUKEまで様々なビートを行き来しており確実にヤラレます。
ちなみに今年リリースされたThe Celesticsのミックステープ“Supreme Laziness”も素晴らしかったので未聴の方は是非チェックを。
縦横無尽に飛び回るグルーヴが窓拭き掃除に合いそう。

HYPETRAK MIX: Louie P - YUNGSTANKYMAN

louie_500.jpg


佐藤研さんのツイートで知ったGXNXVSのミックス“Mutual Friends Mix #2”。
PomoやGravez、aywy、Mura Masaなどのベースミュージックやフューチャービートを軸に新旧の音源を織り交ぜた内容。
ここ最近わかりやすいくくりとして私もブログで多用するフューチャービートという言葉ですが、フューチャービートと呼ばれるもの自体がいろんなジャンルの要素をごちゃ混ぜにして出来上がっているので上のLouie Pのミックスとはまた全然違った仕上がりになっております。
R&B感が強くメロウなので風呂掃除に活躍しそう。

GXNXVS • Mutual Friends Mix #2

Mixed_By_GXNXVS1_500.jpg



関連LINK→大掃除用ミックス3種盛り 2013

Ricky Powell Calendar 2015 by Wax Poetics Japan

こんなカレンダーが欲しかった!ストリート・フォトグラファーのリッキーパウエルと音楽雑誌Wax Poetics Japanによる2015年カレンダーが登場!

好きなモノに囲まれたい欲が強めな私でもカレンダーは毎年保守的な内容のものを飾っていおり、いつもイイものがないかなと探すものの結局あともう一歩が踏み出せず見やすいものに逃げていましたが、これならイケル気がします!
一月のFlavor Flavをはじめ、どの写真もひと月どころか一年持ちそうなインパクト。サイズもH297 × W210mmと狭い我が家でも主張しすぎない感じで良さげ。
日にちの見づらさはあると思いますがその辺は、Fresh News Deliveryさんオススメの葛西薫 2015年 カレンダーを併用して解消したいと思います。

Ricky Powell Calendar 2015 by Wax Poetics Japan 1,944 yen (Tax Inc.)

wp_ca_2015_500.jpg
wp_ca_2015_500_2.jpg

January – Flavor Flav
February – KRS One
March – Herbie Hancock
April – Method Man & Bad Breath Mahoney
May – Eric B. & Rakim
June – Dondi White
July – Lenny Kravitz
August – DMC
September – Armet Artigan
October – Bo Diddley
November – Kool Keith
December – Jean-Michel Basquiat

killdisco / Our Table In The Field.

やたらとツイッターのタイムライン上に賞賛の声が上がっており、スルーできない状況でありましたので私も聴いてみたkilldiscoさん(@killdisco)の(思う)ベース系ミックス。今までもずっとそうなんですが、ベースミュージックと言われてもどんな音楽なのかピンと来ない、逆に言うとあれもこれもベースミュージックなんじゃないのかとも思っている線引の曖昧な私に、分かり易く手ほどきしてくれるミックスでございます。

今年~数年前にリリースされた音源を中心に、2000年代前半、そして90年代前半の、Twerk、ダンスホール、00年代のフロアヒットの改造曲、tofubeatsやキョン2など国産系、そしてJeff Millsまでをベースミュージックの見立てで大変上手くまとめた内容かと。(一周目はトラックリスト見ずに聴いてみるのが楽しいかもしれません。)

最近の曲や私がヒップホップ系クラブに頻繁に出入りしていた頃ヒットした曲(およびそれらを改造した曲)でガッチリと掴まれる前半から、大変印象深い欽ちゃんの仮装大賞のアノ音を使用した曲を経由し私には若干アッパー過ぎる展開になりますが、更にそこを抜けると大合唱したくなる曲が待つ後半の展開へ。

そもそも、曲単位での盛り上がる部分がたくさんありますが、さらに何周か聴いてダンスミュージック的な大きい流れで盛り上がるような構成になっているようにも思いました。


killdisco / Our Table In The Field.

killdisco-OurTable InTheField



歳を重ね、音楽の趣味がだんだん緩くメローになって来ている(激しいのを避ける傾向)ところに、こういった血管ブチ切れそうなシットが大盛りのミックスは無理かなと思っておりましたが、それを上回る大変面白い内容でしたので、今後もkilldiscoさんの最近出したミックスや過去のを聴いて勉強したいと思います。

フリーダウンロードも出来ますので是非車でブイブイやって下さい。



そういえば、「ショーン・ポールのGET BUSYはダンスフロアで痴漢まがいの行為をしても許される程、フロア(女性)が狂喜乱舞する(無礼講)から好きだ」と言っていた随分会っていないアイツは元気だろうかとこれ聴いて思い出しましたよね。





01.intro
02.Boom Shakalaka/J-Rock
03.Drop Real Low/MC Shakie
04.Biggie Bounce feat. Angger Dimas & Travis Porter (TWRK Remix)/Diplo
05.Coca Cola Shape (feat. Fatman Scoop)/Sasha
06.Drop It Down Low (Original Mix)/Mister Gray, Ruen
07.Informer (moombahton remix)/snow
08.Disco Inferno - DJ Bravo Twerk Remix (Dirty)/50 Cent
09.Booty Work (Original Mix)/DJ Godfather
10.Get Busy (Clap Your Hands Now Remix feat. Fatman Scoop & Crooklyn Clan)/Sean Paul
11.Calabria (Deville Twerk Remix)/Enur Vs. Deville
12.Hollaback Girl (Ian Munro's 100bpm Retwerk)/Gwen Stefani
13.Spread Out/BrainDeaD
14.TwerkYourEnthusiasm (Original Mix)/Jason Perez, Hot Damage
15.Mundian To Bach Ke (Punish Moombahton Bootleg) (G-Traq Re-Edit)/Panjabi MC
16.Blood On the Leaves/Emynd
17.Xちゃんの全日本XX大XファXXァーレ/madmaid
18.Slut Drop (Fight Clvb Remix)/Spenda C, Surecut Kids, Hello Geneva
19.So You Want Drums Feat. MC Vocab (Original Mix)/MC Vocab, Wiwek
20.Get A Life (Original Mix)/Salva
21.Killa Bass/JSTJR
22.世XはXに落XXXる/CXxXO with HxxxWxxxs
23.apache ohm remix/OHm
24.Anaconda/NICKI MINAJ
25.TRAPPIN RIDDIM/HyperJuice
26.Changes of Life/Jeff Mills
27.Brap! (VIP)/Zeier
28.Badman Flu (feat. Serocee & Mr V)/Toddla T
29.Don't Stop The Music (Loconyan's HOLIDAY Dub)/tofubeats
30.Don't Stop The Music dj taluya bootleg/tofubeats
31.東XデxスXナXト/小XXX子
32.Twerk 'n Shake it/LoudKidz

Clarks Originals x MF DOOM Wallabee Boot Holiday 2014

MF DOOMとClarks Originalsとのコラボレーション企画が再び!(via:@hiphop_hype)

前回に比べ色がネイビー×オレンジという少し明るくなった感じですが、まだこれならおっさん化が激しい私にも許容範囲かなと思われます。形もローカットでしたがミッドカットモデルになりこれまた新鮮な印象ですね。カカトやインナーの鉄仮面マークも健在。

12月12日にリリースらしく海外のショップではコチラコチラで販売される予定。前回のように日本でも買える可能性もありますので各自調査でお願いします。

MFDOOM_500.jpg
clarks-x-doom-wallabee-500.jpg
clarks-x-doom-wallabee-mid-03_500.jpg
clarks-x-doom-wallabee-mid-05-500.jpg

clarks-x-doom-wallabee-mid-06-500.jpg


ちなみにMF DoomとGhostface Killahとのコラボレーション・アルバムは来年リリースとの噂





Tuxedo - Wonderful Christmastime

今年たくさん聴きましたし、先日公開された「Do it」のMVも最高だった、Mayer Hawthorne & Jake OneのコンビTuxedoから一足早いクリスマスプレゼント。

タイトルどおり、ポール・マッカートニーのクリスマス定番曲Wonderful Christmas timeのカバーで、BPM105あたりの軽快かつダンサブルな、まさにTuxedo印と言った仕上がり。もちろんフリーダウンロードもありますので、DJプレイ用としても是非PCに入れるなりCDに焼くなりして持って行って、クリスマスの新定番としてガンガン流して欲しいです。


Tuxedo - Wonderful Christmastime

tuxedo_wonderfulxmastime.jpg






本家




ED PISKOR / Hip Hop Family Treeの日本語版「ヒップホップ家系図 vol.2(1981~1983)」

Vol.1はハードカバーで購入しましたので、やはり今回もハードカバーで買わなければならないのかな...と検討しておりますヒップホップ家系図Vol.2が予約開始しました。今回は、完全予約制の受注生産のようでして、一般流通は一切無いとのことです。

高額なため、ジャンプコミックのようにホイホイと購入できませんが、もしここでハードカバーを買えばVol.3もハードカバーでないと気が済まないわけであり(ハードカバーが出なかったらどうしようとかも)、Vol1ハードカバーを売り飛ばし安い方を買い揃えるか?という。仕事がやたらと忙しいのにこの件が頭を支配して困っております。

とにかく、ザッとオールドスクールを知るには最適な資料ですので、一家に一冊是非どうぞ。
初めて見た方はVol.1の時のポストを読んでいただければどのようなものか分かるかと。


ED PISKOR / Hip Hop Family Treeの日本語版「ヒップホップ家系図 vol.2(1981~1983)」
(予約出来るところもあります) 

hiphop_kkzv2_01.jpg

タイトル:ヒップホップ家系図 vol.2(1981~1983)
ハードカバー/完全受注印刷バージョン
著者:エド・ピスコー
翻訳:綾井亜希子
コミック・グラフィックノベル/翻訳
言語:日本語
サイズ:335mm ×235mm
オールカラー
ハードカバー
112ページ
発売:2015年春までに発売予定
予価:2,600円(税別)


ヒップホップ家系図 vol.2(1981~1983)


今回描かれるのは1981〜1983年の期間。当時、ヒップホップはその活躍の場を近所の公園や個人の娯楽部屋からダウンタウンのクラブやレコードへと広げていた。パフォーマー達は観客を魅了し、差別化を図るためにどんどん派手な格好でステージに上がるようになっていた。そんな中、RUN-DMCという若いグループがシーンに登場し、ストリートでのパフォーマンスへと回帰するスタイルを打ち出した!

第2巻が描くのはヒップホップにおける様々な歴史的ヒット作の舞台裏:アフリカ・バンバータの“プラネット・ロック“、グランドマスター・フラッシュ・アンド・ザ・フュリアス・ファイブの”ザ・メッセージ”、そして映画『ワイルド・スタイル』等。また、NWA、ザ・ビースティ・ボーイズ、ダグ・E・フレッシュ、KRS One、ICE T、初期のパブリック・エネミー等のスーパースター達も登場する。Dolemite、LL クールJ、ノトリアス BIG、そしてニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック等のカメオ出演もあり。『ワイルド・スタイル』の監督、チャーリー・エーハーンによる序章も見逃せない。

hiphop_kkzv2_02.jpg





Vol.1、なんか凄い価格で売ってるな...。



ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)

検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
最新トラックバック
プロフィール

サンプリングラブ

名前:サンプリングラブ
サンプリングの辞書、Sampling-Loveのブログです。

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
予約始まってます。
商品説明も参考になります。





GOOD MIX ARCHIVE! SITE LIST
ROOT DOWN RECORDS
COSMOPOLYPHONIC
relieanceworks
HAPPY PUNCH
怪奇十三夜




このページのトップへ