| HOME |  NEXT »

2019年海外旅行 コペンハーゲン編

NYのJFK空港から乗り換えなしでコペンハーゲンまで行くのですが、ストームの影響で一時的にフライトを見合わせることになり、もしかして自力での飛行機取り直しで、空港内宿泊なのか?とトムハンクスの映画を思い出してしまいましたが、なんとか2~3時間程度の遅れで出発に。

乗った航空会社のNorwegianは食事も荷物もカットできるタイプのところで、荷物はもちろん付けてはいたんですが、あまり好みの食事がないことが多い機内食はカットしていたため、遅れてしまったことにより乗っている時間も多くなり、お腹空いてくるタイミングにまだ飛行機乗っている状態だったんですよね。

隣に座った、コペンハーゲンで行われる娘の結婚式に向かう白人のおばさんと話していて、あなたも遅れたんだからバンバン言わなきゃダメよ!みたいな感じのこと言っていて、毛布を持ってこさせたりヤホンを持ってこさせたりと、結構要求を通していて凄かったんですが、結局自分は何もできず。仕方がないので、売店で買ったクッキーなどをちまちまかじりながらミネラルウォーターで過ごしました。空港の売店であのシナシナで激高なサンドイッチ買えばよかったなと。

2019trip_cph_001.jpg




滞在地:デンマーク コペンハーゲン
携帯電話:イギリスSIM Three 30日/データ12GB/通話3000分(アマゾンで購入
移動:レンタル自転車:Donkey Republic、電車少し
宿泊:4人部屋ホステル2泊、キッチン付きホテルシングル2泊



昼(夕方も近くなった)コペンハーゲンの空港に着き、早速アマゾンで買っておいたWi-Fiを使用するためのSimを入れ無事起動。ここから先はLineでのメッセージと通話になるため一度自宅に連絡を入れてから、顔がゴムになっている可愛らしい電車に乗ってまずはホテルに向かいます。

2019trip_cph_002.jpg
2019trip_cph_003.jpg
2019trip_cph_004.jpg


初のアメリカ体験(NY、ポートランド)があまりに刺激的だったので、幸福度が高くて皆優しそうなイメージのあるデンマークで一旦休息という形になると安直な考えをしておりました。予約していった宿(ホステル)は男女混合の四人部屋だったんですが、到着し自身で入口にあるパソコンにてチェックインを終え部屋に入ると、なんとドイツから来た20代前半と思わしき女性3人組と一緒の部屋に。

2019trip_cph_005.jpg
2019trip_cph_007.jpg
2019trip_cph_006.jpg
2019trip_cph_008.jpg


建物は古いものの部屋や自由に使用可能なキッチンや集まれる場所なんかはほとんどのところがリノベーションしてとても綺麗になっており、ポートランドのホステルと比べても大分新しい感じがしますが、そんな綺麗なトイレもバスもその彼女たちと共用なので、死ぬ気でおじさんの使用感を残さぬよう気を付けないといけないと心に誓いました。女だけでパーッと盛り上がる中に、アジア人の英語話せないオジさんという異物が混入した感じになったわけですが、こういう経験をしてみて分かったことは決してラッキーと思えないという事であります。

しかもベットはなぜかくっ付けてダブルになるシングルの片方で、最初からくっ付いている仕様という感じ。女子たちにはこちらからベッドを交換してくれないかとお願いし、私はまともな倫理観のオジさんですよとアピールもしつつ、何とか2段ベッドの下と交換してもらって、さらに可哀想なんで部屋を交換できないかとフロントまで聞きに行きましたがどうやら他も空いていないようで仕方なくそのまま行くことに。

2019trip_cph_009.jpg
2019trip_cph_013.jpg


部屋に戻ってそそくさと街に出たのですが、運悪くこの旅初となる雨に見舞われ、かといって帰るわけにも行かないので合羽を着て周辺を軽く散策して、駅前のお洒落市場みたいなところでよく分からない和食のような丼ぶり的な高額なファストフードみたいなものを食べて帰りました。

2019trip_cph_011.jpg
2019trip_cph_012.jpg


恐るおそる部屋に帰ってみると、幸いなことに彼女たちは夜も遊び倒す計画だったようで、僕が寝てから帰って来るような生活をしていたため基本的には最後の日までほとんど話すことは無かったわけですが。そうやって一日目は何もせぬまま寝ることに。しかし、他人がいるにも拘らず荷物そのままにして出て行って不安はないのだろうかと。これが若さかと。勢いがあってうらやましいなと。あとパンツとか干してなくて本当に良かった。

2019trip_cph_010.jpg



二日目からは、相変わらずのリサイクルショップを主軸とした様々なお店巡りに。日本でも展開が始まったというビール会社ミッケラーの店舗から、ビンテージ陶器店、雑貨店、料理用品店、、パン屋、そして女の子の横顔のマークでおなじみのスーパーマーケットIRMAには特に多く出入りしまして、妻の友達へのお土産(ロゴマーク入りグッズ)から、慢性的な野菜不足を解消すべくカップ入りの鶏肉入りのサラダを購入しに行ったりだとか、毎日のように行きました。

2019trip_cph_020.jpg
2019trip_cph_018.jpg
2019trip_cph_019.jpg
2019trip_cph_017.jpg
2019trip_cph_021.jpg
2019trip_cph_022.jpg
2019trip_cph_023.jpg
2019trip_cph_024.jpg
2019trip_cph_025.jpg
2019trip_cph_026.jpg
2019trip_cph_027.jpg
2019trip_cph_028.jpg
2019trip_cph_029.jpg
2019trip_cph_030.jpg
2019trip_cph_036.jpg
2019trip_cph_037.jpg
2019trip_cph_038.jpg


特に印象に残った施設の一つとして、町の人たちが家にあるいらないものを持ち寄って置いていき、それを必要な人たちが自分の必要な分だけ持って帰って良いリサイクルステーション。僕は家に欲しかったバターナイフと、スウェーデンの人気食器ブランドGUSTAVSBERGの皿をもらってきました。

2019trip_cph_040.jpg
2019trip_cph_039.jpg



2019trip_cph_041.jpg
2019trip_cph_042.jpg
2019trip_cph_043.jpg
2019trip_cph_044.jpg
2019trip_cph_045.jpg
2019trip_cph_047.jpg
2019trip_cph_046.jpg
2019trip_cph_048.jpg
2019trip_cph_049.jpg
2019trip_cph_050.jpg
2019trip_cph_051.jpg
2019trip_cph_052.jpg
2019trip_cph_053.jpg
2019trip_cph_054.jpg
2019trip_cph_055.jpg
2019trip_cph_056.jpg



人気のパン屋でパン買って、目の前の広場のベンチに座ったらこういう景色なわけで、ヨーロッパってすごいよなと。

2019trip_cph_031.jpg
2019trip_cph_032.jpg
2019trip_cph_033.jpg
2019trip_cph_034.jpg
2019trip_cph_035.jpg


今回は街がコンパクトなこともあり、また時間もそうないため、大きい荷物を持っていない場合はほとんどレンタル自転車のみでの移動に。スマートフォンでロックをコントロールして、乗った分のお金を支払うものだったんですが、おかげで街の雰囲気がダイレクトに伝わってきまして、自転車の乗り方がおぼつかなかったりしたりして邪魔したりすると、結構イライラされて露骨に嫌な感じの態度をとられたりと、心優しいというイメージも限度があるよなと。とはいえNYほど他人行儀な感じもなく、皆が良い人であろうと努力して幸せな社会を形成しているのだなと分かるようなところもありました。

2019trip_cph_100.jpg
2019trip_cph_101.jpg



やはり思った通りの物価の高さで、食事もかなり高くつく感じでしたので、なるべく外で食べるようにしながらも、ホテルの共用キッチンで日本から持ち込んだレトルトのご飯やフリーズドライの味噌汁を食べるといった状況で、貧乏は好奇心を削ぐなと思うものの、背に腹は代えられないなと。結局デンマークでは外食はほどほどにして、日本から持ってきた食べ物を食べている事が多かったですね。

2019trip_cph_014.jpg



調理しながら気付いた点としましては、皆結構調理室に集まって料理しているという事、色々な国から集まっているが、英語を話せる人が多い。デンマークの水道から出した水には何か白い粉みたいな成分が含まれているようで、それらが沈殿するとはっきり分かるし、湯沸かしポットにこびりついたりしているが、皆あまり気にしていないので大丈夫だろうと何か分からないのにそのまま口に入れていた。

2019trip_cph_015.jpg
2019trip_cph_016.jpg


前半2日目まではホステルで、後半からは一人部屋のホテルをとってあったので、そちらに移動することに。朝は必ずケツ丸出しで寝ていて、ジッと見るわけにもいかないのでこちらが逆に困っておりました同室の女子3人組ともついに別れとなり、挨拶をする際、ドイツのナイトクラブについて教えてもらおうと話をしましたが、困難と言われるあのベルグハインへの入場について聞いてみた所、あんたのそのおぼつかない英語では少々難しいのではないのか?と鼻で笑われてしまいましたが、それでもまだそこでは他人事のように聞いて笑っていましたが...。



僅かな距離を電車移動すると着く後半の宿泊先は、皆が自転車でやってくる素敵な海水浴場の近所にある、なかなか洒落た雰囲気のキッチン付きホテルだったのですが、部屋に入って気付いたのは、現在世界中で人気となっているインテリアショップHAYが内装を手掛けていることであります。

2019trip_cph_068.jpg
2019trip_cph_069.jpg
2019trip_cph_070.jpg
2019trip_cph_071.jpg
2019trip_cph_072.jpg
2019trip_cph_073.jpg
2019trip_cph_074.jpg
2019trip_cph_075.jpg
2019trip_cph_067.jpg

とはいえ特に主張する事も沢山あるわけではなかったですが、シンプルで機能的な部屋はこの旅の中で一番の居心地の良さでした。いや、完全に一人で居られる部屋がほぼ無かったので、そう思っただけかもしれないですが。その他、無印のあのダラダラ出来るクッションみたいなのが置いてある屋上だとか、ビシッとしたコインランドリーなど色々と良いところが多かったです。

2019trip_cph_077.jpg

屋上にいた、Tシャツコンテスト In コペンハーゲン優勝女性。もしや、とサラジェシカパーカーとコペンハーゲンの関連性を思わず調べましたが結局何も探し出すことはできず。

2019trip_cph_076.jpg


もちろんHAYの店舗にも行ってきました。今回旅行した各都市、どこの場所にも店舗がありましたので行きましたがやはり本国が一番良かったです。

2019trip_cph_083.jpg
2019trip_cph_084.jpg
2019trip_cph_085.jpg
2019trip_cph_086.jpg
2019trip_cph_087.jpg
2019trip_cph_088.jpg
2019trip_cph_089.jpg
2019trip_cph_090.jpg



泊っている間は毎日、自転車で近所の海岸や住宅街をグルグル流したりと、周辺の街から外れたベッドタウンみたいな感じで緩くてとても良かったです。

2019trip_cph_124.jpg
2019trip_cph_125.jpg
2019trip_cph_126.jpg
2019trip_cph_127.jpg
2019trip_cph_128.jpg
2019trip_cph_130.jpg
2019trip_cph_129.jpg
2019trip_cph_131.jpg


このホテルの近所のスリフトやリサイクルショップで、妻に頼まれた陶器や人形なんかをまた無計画に大量に買ってしまい、NY同様に荷物ピンチが訪れましたが、スリフト店のヒップホップ好きスタッフに、沢山買ってくれたからという理由で、なんと鍵の壊れたサムソナイトのスーツケースをタダでもらうことになりまして、無理やりマイナスドライバーでこじ開けて何とか荷物を入れることに成功。なんせ送料は3万円以上するみたいだったので、どうしても持ったまま移動することが避けられない状況だったんですよね。

2019trip_cph_099.jpg
2019trip_cph_112.jpg
2019trip_cph_113.jpg
2019trip_cph_114.jpg
2019trip_cph_115.jpg
2019trip_cph_116.jpg
2019trip_cph_117.jpg
2019trip_cph_118.jpg
2019trip_cph_120.jpg


ついにスーツケース2個持ちになってしまい、残るところはベルリンのみとなってしまったので、ここからは買い控えすることになりました。スーツケースは帰国後Youtubeで鍵の修復方法を見て直しましたので今は正常です。

ちなみにそのスタッフとどんなヒップホップが好きかみたいな話になった時、「テック9だよ」と言われたので、おおDegoの!やはりEUのものとか聴くんのか!僕もよく聴いたよ!なんてしばらく片言で話していたんですが、言語が伝わらないなりになんだかズレを感じ始めるもので、ある程度やりとりした後気付いたんですが、アメリカのTech N9neの方でした。



基本的にはお店に行くことが多かったコペンハーゲン滞在ですが、何日か遊びに行った場所として特に印象的だったのは、世界的に有名なヒッピーが集まって作られた自治区クリスチャニアであります。飲食店からアンティークショップ、スケートボードショップ、ホームセンター、銭湯、自転車工場までお店も色々あって、グラフティーやスケートパークなどのカウンターカルチャーもある、夢でも見ているのではないかと思うような楽園のみたいな場所でした。

道を歩いていたら、銭湯から突然真っ裸の人が2人出てきて、道の横のベンチで全裸で話しているみたいなのがあったり。

2019trip_cph_058.jpg
2019trip_cph_057.jpg
2019trip_cph_137.jpg
2019trip_cph_132.jpg
2019trip_cph_133.jpg

ちなみにクリスチャニアの旗はオレンジに黄色の丸が三つ横に並んだデザイン。

2019trip_cph_134.jpg
2019trip_cph_135.jpg
2019trip_cph_136.jpg



この地区にあるホームセンターに陶器を梱包するためのプチプチを買いに行きましたが、古い住宅用の設備や家具、雑貨などのリサイクルの商品も沢山売っていてすごく面白い店でした。

2019trip_cph_138.jpg
2019trip_cph_139.jpg
2019trip_cph_140.jpg
2019trip_cph_141.jpg
2019trip_cph_142.jpg
2019trip_cph_143.jpg
2019trip_cph_144.jpg


やはりクリスチャニアと言えば大麻が許されている地区としても有名でありまして、広場のようなところでブースを作って普通にバンバン売っており、ブランド品のバッヅからジョイントまで様々な形態で販売されております。いくら心を落ち着けようとしてもあまりにも強烈な日本では見ることのない光景にドギマギしてしまいます。実際撮影が禁止されているエリアもあるため、画像はこの程度しか無いのですが。

一日中音楽がかかっていますし、皆リラックスしていて、夕方頃になると自転車でワサワサと人が集まってくる感じで、とても面白い場所でした。友達なんかともっとゆっくり過ごして酒飲んだりしたかったです。

2019trip_cph_059.jpg





ここからは、他にも色々移した街の様子。まとめて貼っときます。

2019trip_cph_060.jpg
2019trip_cph_061.jpg
2019trip_cph_062.jpg
2019trip_cph_064.jpg
2019trip_cph_065.jpg
2019trip_cph_066.jpg
2019trip_cph_078.jpg
2019trip_cph_079.jpg
2019trip_cph_080.jpg
2019trip_cph_081.jpg
2019trip_cph_082.jpg
2019trip_cph_092.jpg
2019trip_cph_091.jpg
2019trip_cph_093.jpg
2019trip_cph_094.jpg
2019trip_cph_095.jpg
2019trip_cph_096.jpg
2019trip_cph_097.jpg
2019trip_cph_098.jpg
2019trip_cph_102.jpg
2019trip_cph_103.jpg
2019trip_cph_104.jpg
2019trip_cph_105.jpg
2019trip_cph_106.jpg
2019trip_cph_107.jpg
2019trip_cph_108.jpg


一見普通の美しい公園のですが、墓地兼公園みたいなところで、墓場の真横だったりでくつろいでいたりと面白い。

2019trip_cph_109.jpg
2019trip_cph_110.jpg
2019trip_cph_111.jpg
2019trip_cph_121.jpg
2019trip_cph_122.jpg
2019trip_cph_123.jpg


朝4時出発で最後の目的地ベルリンへ。荷物が重すぎる。家に帰ってきて気付いたんですが、出発の飛行機に乗る写真を見てみたらクリスチャニアの服着ている人写っていますね。

2019trip_cph_145.jpg
2019trip_cph_146.jpg





2019年海外旅行 ニューヨーク4-6日目編

次の国へ移動する際の荷物の心配も無くなって、身も心も軽くなったことはなったんですが、すでにNYで過ごす半分が終了してしまっていることもあり、急いで色々なところに回らないとなぁと焦り始めます。とにかく街で都会の空気感を存分に吸い込み、最新のお店事情を知りたいということで、マンハッタンの若者のお店が多い地区に行くことに。

2019trip_day4-6_001.jpg
2019trip_day4-6_002.jpg


結局なんだかんだ言ってリサイクルショップに寄りつつも、あのエレクトリックレディスタジオ(の入口)や、エドワード・ホッパーのナイトホークスのモデルになったダイナーがあったという場所(参考サイト)をなどを見て回り、ふと携帯電話を見ると充電があまりない状態に。


2019trip_day4-6_004.jpg


2019trip_day4-6_003.jpg




充電器も持って来るのを忘れたためとりあえず昼食のピザを食べて、一度家に取りに帰ることに。気を取り直してさあ出るぞと靴ひもを結んだところで見た、横の壁の荒々しい仕上げがアメリカン過ぎて思わず笑っちゃいました。

2019trip_day4-6_005.jpg
2019trip_day4-6_006.jpg



再び同じ場所に戻ってそこから南のSOHO地区に向かって歩きます。人気書店からビンテージ古着店、NY大学の購買、
YO!HEY!!(@yohey_3pb)から教えてもらった人気ショップなど、特に買いませんがとにかくバンバン行きます。友達とお金がもっと沢山あったら本当に楽しい街だろうなと。

2019trip_day4-6_007.jpg
2019trip_day4-6_008.jpg
2019trip_day4-6_009.jpg
2019trip_day4-6_010.jpg
2019trip_day4-6_011.jpg
2019trip_day4-6_012.jpg
2019trip_day4-6_013.jpg
2019trip_day4-6_014.jpg
2019trip_day4-6_015.jpg
2019trip_day4-6_016.jpg
2019trip_day4-6_017.jpg
2019trip_day4-6_018.jpg
2019trip_day4-6_019.jpg
2019trip_day4-6_020.jpg
2019trip_day4-6_021.jpg
2019trip_day4-6_022.jpg
2019trip_day4-6_023.jpg
2019trip_day4-6_024.jpg
2019trip_day4-6_025.jpg
2019trip_day4-6_026.jpg
2019trip_day4-6_027.jpg
2019trip_day4-6_028.jpg


ここで売ってたCam'RonのTシャツ、10万円以上付いていて驚いた。

2019trip_day4-6_029.jpg
2019trip_day4-6_030.jpg
2019trip_day4-6_031.jpg
2019trip_day4-6_032.jpg
2019trip_day4-6_033.jpg
2019trip_day4-6_034.jpg
2019trip_day4-6_035.jpg


その日の夜、NY滞在での一番大きなイベントとなったのが、現地に住みミュージシャンとして活動している唐木さん(@rootsy)にお会いできたことでしょうか。一昨日にライブを見に行った事をツイッターで知ってくれて、せっかくなんで会ってお茶でもしませんかとお誘いいただいたのがキッカケだったんですが、現れたのはDE LA SOUL(1stぽい)のTシャツを着た予想に反しためちゃくちゃ気さくなお兄さんで、ほとんどインターネット上で知った人と会わないので、この人が実在する事にも驚きといった感じでしょうか。

全く人見知りする隙間を与えない、巧みなお喋りに感心させられまして終始唐木さんペース。どこか行きたいところは無いか?と言ってもらえたので、一人で行くのをためらっていたハーレム地区に夜連れて行っていただくことに。黒人が多い街でさらに夜ということもありまして、地下鉄降りた瞬間に雰囲気に飲まれて浮足立つ私ですが、「ビクビクして弱っている奴に悪魔は狙いを付けてやってくるから胸を張って堂々としていなければならない」というこの旅行最も印象に残る金言をいただき(他の人とそんなに話していない旅ではあったが)、まずは電飾がついた夜のアポロシアター(入口のみ)へ。

その後、老舗フライドチキン店「Charles Pan Fried Chicken」でチキンとコーンブレッド、マカロニが入ったサラダ、煮た豆、そしてアイスティーをレモネードで割った飲み物など、いわゆる標準的なソウルフードを食べさせてもらって、その後は北側にあるシュガーヒルの地下鉄駅方面に向かって歩くことに。

途中なかなかワルそうな人が沢山集まっている、夏のコンビニの前みたいな雰囲気のところがあったりなんかして、怖いなんてもんじゃない感じでしたが、言いつけを守りなるべく堂々と振舞いながらなんとか無事付いて、また地下鉄に乗って帰路に。夕方集合の数時間でしたが、本当に色々な話や考えを聞かせてもらい、とても楽しかったですし勉強させてもらう事が多かったです。


2019trip_day4-6_036.jpg
2019trip_day4-6_037.jpg


翌朝、さらにピッチを上げて行動するため、ついに自転車(Citibike)を導入。まずは宿泊している地区の下側にあるユダヤ人街、サウスウィリアムズバーグ地区に行くことに。印象的な帽子を被ったジューイッシュの人たちがどこかに出かける様子を横目にしながら、そこを抜けてしばらく道に迷ったまま走り続けると集合住宅の横を走っており、ふとシャッターを見るとテカシの絵が。この辺りで育ったのかなぁとか思いをはせながら。ふと辺りを見渡すと、写真を撮ることも憚れる雰囲気のなんだか少し治安が悪そうな地区で、ヘインズの安いパック靴下売っている店から、定番のディスコがガンガン爆音で流れておりといった感じ。

2019trip_day4-6_038.jpg
2019trip_day4-6_039.jpg
2019trip_day4-6_040.jpg


そこから少し移動して西側に行くと、穏やかで洒落た店も多いブルックリンハイツ周辺の地域に。ここで老舗アイスクリーム店で食事をとったりアンティーク店や雑貨店に行ったりしてやや優雅に過ごした後、そのまま電車に乗ってマンハッタンへ。

2019trip_day4-6_043.jpg
2019trip_day4-6_044.jpg
2019trip_day4-6_045.jpg
2019trip_day4-6_042.jpg
2019trip_day4-6_046.jpg
2019trip_day4-6_047.jpg
2019trip_day4-6_048.jpg
2019trip_day4-6_049.jpg
2019trip_day4-6_050.jpg
2019trip_day4-6_051.jpg


下の方から入って人気ユーチューバーCasey Neistatの事務所の前を通ったりしながら、再びSOHO周辺地区へ向かいます。

2019trip_day4-6_052.jpg
2019trip_day4-6_053.jpg
2019trip_day4-6_054.jpg
2019trip_day4-6_055.jpg
2019trip_day4-6_056.jpg
2019trip_day4-6_057.jpg
2019trip_day4-6_058.jpg
2019trip_day4-6_059.jpg
2019trip_day4-6_060.jpg
2019trip_day4-6_061.jpg
2019trip_day4-6_062.jpg
2019trip_day4-6_063.jpg
2019trip_day4-6_064.jpg
2019trip_day4-6_065.jpg
2019trip_day4-6_066.jpg
2019trip_day4-6_067.jpg
2019trip_day4-6_069.jpg
2019trip_day4-6_071.jpg
2019trip_day4-6_068.jpg
2019trip_day4-6_070.jpg
2019trip_day4-6_073.jpg
2019trip_day4-6_072.jpg
2019trip_day4-6_074.jpg
2019trip_day4-6_075.jpg
2019trip_day4-6_076.jpg
2019trip_day4-6_077.jpg


色々なお店に行った中でも、特に良かったのはデリと小さいストアをやっている「Dimes」というお店。ホームページを見ていてすごく行ってみたかったんですが、期待以上でとてもよかったです。

2019trip_day4-6_078.jpg
2019trip_day4-6_079.jpg
2019trip_day4-6_080.jpg
2019trip_day4-6_081.jpg
2019trip_day4-6_082.jpg
2019trip_day4-6_083.jpg
2019trip_day4-6_084.jpg
2019trip_day4-6_085.jpg
2019trip_day4-6_086.jpg
2019trip_day4-6_087.jpg
2019trip_day4-6_088.jpg
2019trip_day4-6_089.jpg
2019trip_day4-6_090.jpg
2019trip_day4-6_091.jpg
2019trip_day4-6_092.jpg
2019trip_day4-6_093.jpg
2019trip_day4-6_093.jpg
2019trip_day4-6_094.jpg
2019trip_day4-6_095.jpg
2019trip_day4-6_096.jpg
2019trip_day4-6_097.jpg
2019trip_day4-6_098.jpg
2019trip_day4-6_099.jpg
2019trip_day4-6_100.jpg
2019trip_day4-6_101.jpg
2019trip_day4-6_102.jpg


最後の日まで大体同じような感じで過ごし、最後はゴンドラ乗ったり、ブラジルフェスみたいなのにサンバ見に行ったり。もう少しゆっくりと色々見たり、人と会ったり、ダラダラ過ごすような日もあったら良いのですが、やや及び腰になってしまい6日に設定してしまったのを後悔しております。

情報量も他の都市とは比較にならないほど多く、ほんの一部を見たに過ぎないんだなと。また、今回MOMAが改修のため閉館していたり、お誘いいただいたのに出国の前日で行けなかったり、他にも訪れることができなかった地区があったりと思い残す事が沢山ありますので、また行ける日が来ると良いのですが。今の仕事ですと恐らく今回のようには行けなさそうですが。ニューヨーク支店もないし。

そして出国の際のブルックリンからの移動の際、地下鉄なら大丈夫だと思ってGoogle Mapに表示されたまま地下鉄に乗りましたら、なぜか空港行く手前で止まってしまい、さらにバスに乗り換えたら全く違う方に行ってしまったりとパニックになりましたが、最後も空港までの道のりを地元の人に教えてもらい、なんとか時間ギリギリで無事出国できた次第です。荷物の登録を前日にやっていなかったらダメだったかもな。

2019年海外旅行 ニューヨーク2-3日目編

いよいよ2日目は世界一の都会マンハッタンの中の真ん中あたりの地区へ。

マンハッタンに行って舐められないように、妻に相談して履きやすい靴を諦めて、ギリギリのタイミングで新しい靴を購入したのですが、非常に田舎者っぽいなという自己評価でして、これは心の中にしまって置こうかなとも思いましたが。やはりスニーカーがボロいと相手にされないのではないか?というニューヨークに対しての恐怖感もあり...。まあ結果的にはどちらでもよかったなとも。

人生初の来マンは、タイムズスクエアなどベタなところもありつつ、結局リサイクルショップ多めで回ってきました。オレゴンから移動して来た時から、ずっと買い過ぎた荷物を日本に送る件で頭が一杯になっており、郵便局なんかも立ち寄り調べるといった感じ。買い付けに来たわけでもないのに、常に荷物の事ばかり考えてしまっており、早く楽になりたい一心であります。

2019trip_day2-3_001.jpg
2019trip_day2-3_002.jpg
2019trip_day2-3_003.jpg
2019trip_day2-3_004.jpg
2019trip_day2-3_005.jpg
2019trip_day2-3_006.jpg
2019trip_day2-3_007.jpg
2019trip_day2-3_008.jpg


ニューヨークのUber Eatsの人たちの乗ってる自転車は、漕ぎ出しの僅かな時間は人力に見えるが、明らかに漕いでないのに40km/hくらい出てるし、あれは一体何だったんだろうかと。あと、フレームに自転車のチューブぐるぐる巻きにしてるし。

2019trip_day2-3_009.jpg
2019trip_day2-3_010.jpg
2019trip_day2-3_011.jpg
2019trip_day2-3_012.jpg

今回の旅で一番印象に残ったスニーカー。真っ黒のエアフォース1に白い紐を付けていたんですが、格好良かった。真似しようかと思っております。

2019trip_day2-3_013.jpg
2019trip_day2-3_014.jpg
2019trip_day2-3_015.jpg


マンハッタンの情報量の多さと、気温の暑さでグッタリしますが、金銭を巧みに求めてくる観光客狙いの記念撮影の人たちを避けつつ、生のタイムズスクエアを見学し都会浴をたっぷりした後に、その日も早々に帰宅し、一日中気がかりだった日本への荷物の発送を終わらせるべく調査し、値段と荷物の量のバランスが合っていたヤマト運輸を使うことにしたんですが、なんせ配送の手続きが全く分からないため、JFK付近のヤマトUSAの営業所に翌朝行くことに。

2019trip_day2-3_016.jpg
2019trip_day2-3_017.jpg
2019trip_day2-3_018.jpg
2019trip_day2-3_019.jpg
2019trip_day2-3_020.jpg
2019trip_day2-3_021.jpg
2019trip_day2-3_022.jpg


それが決まったので急に気持ちが軽くなり、一分一秒無駄にしないぞ!ということで、MIZ TARNIEさん(@miztarnie)のガイドブックを読んで行ってみたかった、NYクラシックのMVにも登場する某交差点と、日本での輝かしい地位を退き、現在はニューヨークにてミュージシャンとして活動する唐木さん(@rootsy)が、バーのような場所で演奏しているのがブルックリン内の近い場所でしたので、日が落ちる前にとりあえず交差点 → ライブという流れで向かうことに。



2019trip_day2-3_037.jpg
2019trip_day2-3_038.jpg
2019trip_day2-3_036.jpg
2019trip_day2-3_035.jpg



その例の交差点をパシャパシャ撮った後に、バーに行きお酒を飲みながら演奏を聴きましたが、外がだんだん暗くなり不安になって来ると共に、酒が回ってきたのと店員さんにチップをいつ払ったら良いのだろうかというのが合わさって、ソワソワして落ち着かなくなってきましたので、4、5曲聴いて帰ることに。

2019trip_day2-3_039.jpg


翌朝、30キロ近いスーツケースを持って、宿の前から出るバスに乗りヤマトUSAのサービスセンターを目指すのですが、ちょうど出勤のラッシュに遭遇し、ニューヨークの労働者たちと共にバスに揺られサウスジャマイカ地区を縦断。明らかによそ者が入ってきたという雰囲気で視線が突き刺さりまして、なんてところに大荷物を抱えて来てしまったんだと。あとGoogle Mapを頼りに来たのですが、2回もバスに乗り間違えて大変な思いをしました。

2019trip_day2-3_040.jpg


無事到着したヤマトでは、クイーンズ育ちで日本語(敬語のみとのこと)が使用可能というスタッフの方が、懇切丁寧に教えてくれまして、無事に発送できました。なんでも、ここまで来なくてもブルックリンの集荷所に持っていけば良かったとの事でズッコケましたが良い思い出に。
その後帰りのバスでは、乗っている間中怖そうなお兄さんにジーーーっと見られていて、行きよりもさらに怖かったです。

帰宅後、昼過ぎだったのもありまだまだ時間があるということで、Donsta君(@iDonsta)に教えてもらった、その日からスタートのグラフティやヒップホップなどストリートカルチャーの美術展「Beyond The Streets」(日本語の記事)に行き有名アーティストたちの作品を結構な時間をかけて鑑賞してきました。入り口ではなるべく写真を撮りまくってインスタにアップしてねと、スタッフから言われまして、プロモーションをSNSですることへの抵抗の無さが、さすが世界一の都会だなと。その写真をたくさん撮ってきたので下の方に載せておきますので良かったらどうぞ。

それが見終わって、ブルックリンの街をブラブラして帰った後、数日分の洗濯物をやっつけるため近所のコインランドリーへ。ニューヨークの中で一番コミュニケーションをとったのは、そこのプエルトリコ系のオバさんでした。優しかったなぁ。帰る日まで三日くらい行きましたが、また来いよと言われました。

洗濯を待っている間に隣のベトナム料理屋でフォー食べましたがフォー1杯も高かったなぁ

2019trip_day2-3_042.jpg
2019trip_day2-3_043.jpg
2019trip_day2-3_044.jpg


ブルックリンに貼ってあったゆるふわGANGのポスター。

2019trip_day2-3_041.jpg
2019trip_day2-3_034.jpg
2019trip_day2-3_033.jpg
2019trip_day2-3_032.jpg
2019trip_day2-3_031.jpg


藤原とうふ店のチャリ

2019trip_day2-3_030.jpg
2019trip_day2-3_029.jpg


シュプリーム:ブルックリン店の前にいた人のカバンがこれで、あまりの懐かしさに思わず声を掛けて写真を撮らしてもらった。
2019trip_day2-3_028.jpg
2019trip_day2-3_027.jpg
2019trip_day2-3_026.jpg


今になってようやく知るAKAロックスミスの意味

2019trip_day2-3_025.jpg
2019trip_day2-3_024.jpg
2019trip_day2-3_023.jpg




Beyond The Streets



» 続きはこちら

2019年海外旅行 ニューヨーク1日目編

まずは到着した初日、風呂に入ってまず下腹部にお湯をかけるような感覚で、滞在場所の近所でありますブルックリンはウィリアムズバーグ地区の散策に出かけました。

着いた日は平日でしたが、なぜか自分と同じくらいもしくは自分より年上っぽい男性が街角でダラダラしている姿を見かけ、仕事してないんかな...それとも土地持ちか...いやひょっとしたら...などと想像が膨らんでしまい、ついついジッと見てしまいます。いつだってトラブルは見てただろみたいなのから始まりますので、とにかく見ないように、また余裕のあるふりをしながらも、目に入って来るものすべてがシャッターチャンスみたいな気持ちを抑えながらも控えめに写真撮影。


滞在地:アメリカ ニューヨーク
携帯電話:ソフトバンクをそのまま使用(アメリカ放題)
移動:CITI BIKE(レンタル自転車)、電車・バスの7日券Metro Card
宿泊:短期ルームシェア




2019trip_day1_001.jpg
2019trip_day1_002.jpg
2019trip_day1_003.jpg
2019trip_day1_004.jpg
2019trip_day1_005.jpg
2019trip_day1_006.jpg
2019trip_day1_007.jpg
2019trip_day1_008.jpg



その土地の空気に馴染むため、リサイクルショップに行くことが多いのですが(良く言えばゴミから地域性を推測)、ウィリアムズバーグには無さそうなんで、慣らしでお洒落なお店やブランド店をウィンドウショッピングに。流石は世界一の都会だけに、オレゴン州より人がクールな印象であります。当たり前か。

とりあえずなんですが、数年前に間違えたサイズを購入した(Mサイズがピチピチだった)Run The JewelsのTシャツの大きいサイズが欲しかったので、Fool's Goldの店舗に行ったんですが、レーベルを離れてしばらく経つし当たり前の様に無いわけで、スタッフに訪ねると用意できない代わりにステッカーを三枚くれました。NYの人案外と優しいなと。尋ねて良かったです。

2019trip_day1_019.jpg


ポートランドでは街の情報を必死に拾おうとするあまりに、また自転車乗りまくっていたので耳ふさぐのが怖かったのもありほとんど音楽を聴いてないんですが、若い頃から憧れの対象だったアメリカやニューヨークへの想いみたいなものを成仏させに来た旅でもありますので、出来ればニューヨークでは自分が聴いてきた音楽を、誕生した街の空気感の元聴いてみたいというのがあったんですね。

そんなんで現行だけでなく90-00年代のクラシック(ブルックリンのアーティストも入れたりして)や古い音楽も色々とiPhoneに入れまして、地下鉄乗ったり、街を歩いたりする時に耳を塞ぐのは若干怖かったですが、ちょくちょく様子を見ながら色々なところで聴いてみたところ、驚くことに自分には現地で聴く90年代のヒップホップクラシックがあまり響かなかったという。

思うに街も最新の状態にアップデートしていて、自分も新しい音楽を聴くようにしているからでしょうか。まあ90年代からすでに20年以上経過しているため当たり前だよなと思うんですが。実際にはNotorious BIGのJuicyやCam'RonのOh Boyなど変わらず良かったものもいくつかありましたが。(メローや、景気良さそうなものは良かったです。逆に荒廃した感じに合いそうなものはそうでも無かったですね) 行ったことない場所を想像して、脳内であんなに補完して聴いてきた思い出の音楽よりも、爆音で通り過ぎる車から流れてくる誰か分からないTRAPの方が全然しっくりくるんですよ。俗っぽい方が合うというか。逆にもっと古いドゥーワップなんかのオールディーズはしっくりくるような感じがしました。

そんな常に刷新されているニューヨークに魅了されてしまいまして、今更なんですが定期的に行きたいなと思うようになってしまいました。あと、NY行ったこと、住んだことのある人たちが言っている、街であの音楽が流れていた、この音楽が流れていたみたいのを自分は全然感じなくて、知らない内にヒット曲を沢山聴いているみたいなところは無かったなと。一切聴かなかったラジオをたくさん聴いて街を徘徊すれば良かったなと、これを書きながら思った次第であります。


話戻りますが、ダラダラとブルックリンを散策しておりましたら、夕食の時間が近づいて来ましたので、初めてのアメリカでの夕食を取ることに。国民食でありますピザを3ドルで買いまして、コーラをお供にして路上で夕食タイムに。チーズしか乗っていないシンプルなのを注文したんですが、自分の食の好みに合っておりとても美味しかったですが、毎日これを食べず冒険しないといけないなと。

2019trip_day1_018.jpg

消火栓も家帰ってきて写真でよく見ると武骨でかっこいいな。コーラとピザに合います。

2019trip_day1_017.jpg


食べながらついでに明日の朝食はどうしようか...なんて考えてしまい大分面倒なので、ポートランドで食べたものをそのままスーパーマーケットに買いに行って、毎日食べれば良いかと考え、暗くなって怖くなるといけないので明るいうちに早々に引き上げ、ベーグルなんかを買いに家から徒歩3分のKEY FOODに行くことに。

2019trip_day1_022.jpg


クリームチーズをパンに付けて食べるなんて普段からしないもんですから、よく分からなかったんですが(ポートランドで覚えた)、英語が通じない(自分も通じないが)移民の総菜コーナーのおばちゃんに、何とか説明して売り場を教えてもらい、そのほかにもベーグルとジャムとヨーグルト、オレンジジュースを五日分ほど購入して帰宅。

毎日同じでも平気という食に異常なまでに保守的である事が、こういう時はプラスに働いてくれて良かったなぁと思いましたが、ちゃんと野菜取ることを意識して考えて行かないと、本当に昔教科書で読んだ壊血病になるんじゃないかと心配になり、その後は野菜をかなり意識して摂るように。

あと、アメリカに行ったら是非購入して帰りたいと思っていた、フォームのカップも普通に売っておりましたので、多すぎるなとは思いましたが20個(1セット)買って帰りました。

2019trip_day1_021.jpg






2019trip_day1_010.jpg
2019trip_day1_011.jpg
2019trip_day1_012.jpg
2019trip_day1_013.jpg
2019trip_day1_014.jpg
2019trip_day1_015.jpg
2019trip_day1_016.jpg
2019trip_day1_020.jpg


2019年海外旅行 ニューヨーク到着編

たった4日間の比較的安全な土地への滞在だったとは言え、ぬるま湯につかっていたオッサンにはとんでもなく大冒険であった人生初のアメリカ滞在ですが、いよいよメインイベントでありますニューヨークへ移動する日に。夜の便に乗り朝到着というおよそ5時間程度のフライトですが、どうやらアメリカ国内は西端から東端までは3時間の時差があるということで到着は早朝との事。

初のアメリカにテンションが上がってしまい、調子に乗ってリサイクルショップで靴(8足くらい?)や金属製の文具、陶器まで、かなり無計画に買ったりしたので、荷物がやけに重くなってしまいました。とりあえず歩いて駅に向かったものの、道の悪さと重さと疲れで出て僅かな時間で嫌になってしまい、生まれて初めてUberを呼ぶことに。既に日本で登録が済んでおりましたので、相乗りで手配して数分後に迎えに来てもらえたんですが、実際には相乗りの相手は乗っておらず安い値段で自分しかいない状態で行けたのでラッキーでした。

空港に到着し早速荷物の預け入れを行ったところ、なんだか重いなと思ったら重量が55kgだったようで、担当してくれた黒人のスタッフに、下の名前で「○○これ大丈夫だと思ったんか?あと3kg減らしてくれ、何とかするから」みたいな感じの事言われて、下の名前で呼ばれたことにビックリしたのと、なんて優しい人なんだろうかとビックリしたのと。無理やり減らしてなんとか通ることが出来ました。ニューヨークに着いてからこの50㎏の荷物を持って宿まで向かうのに、地下鉄乗ったり階段を上がったり、置き引きから荷物を守ったりと色々あるでしょうし、これ持ってコペンハーゲンには行けないだろうからどこかから荷物を送らないとなぁとか考えると憂鬱な気分になります。

そして飛行機に乗る訳ですが、たまたま並んでいた時話したサンフランシスコからボストンにボート競技のため向かう19歳の青年が、これまたたまたま隣の席になり、向こうがこちらに興味を持ってくれた為、この旅初めてとなる長時間のコミュニケーションチャンスが訪れました。およそ5時間の飛行機内限定で、夜中のフライト且つ朝着ということもあり、向こうの睡眠を邪魔するわけにもいかないなと思っておりましたが、向こうも気にしてないようで色々コミュニケーションをとっていたら寝ない内に到着。

出会いと別れが恐ろしいスピードで過ぎ去って一睡もしないままニューヨークに到着してしまいましたが、荷物のあまりの重さと、日本を出る少し前にYoutubeで見たニューヨークでのトラブルの体験談により、バキバキに覚醒したままジャマイカ駅から地下鉄に乗ることに。

まず券売機で空港からの電車エアトレインに乗ってきた代金と、地下鉄とバスを1週間程度利用する為のメトロカードを購入しようとして、券売機と格闘しておりましたが、10分くらいやってもどうにも買えないため近くの職員に聞くと、横のキオスクでしか買えないからそこで買えと。券売機で買えるようにしとけや、と心の中で思うものの、改札を出た瞬間から置き引き、スリ、強盗への警戒からかすぐさま防御モードに切り替え。

2019trip_ny1_000.jpg


そんな緊張からか、地下鉄の入り口では1回目のスキャンで通らず焦り、2回目で開くもトランクが通せずで結局中に入れず。いきなり窓口のお世話になり横のドアを開けてもらい無事地下鉄に乗りました。どうにかなるだろうと思いGoogle Mapの言いなりに乗ったもんですから、宿の人に教えてもらった行き方とは全く違うAのラインに乗って目指すことに。ほぼ日本の地下鉄と変わらないじゃないかと思うような綺麗で明るい車内に、心の余裕が生まれますが、コートスクエアで乗り換えたGのラインは、写真や映像で見たことのある銀色の狭いアノ地下鉄で、緊張のあまり固まってしまいましたが、斜め前のエアジョーダン6にビリビリのスリムジーンズでドレッドの若者に恐喝されないよう、慣れた雰囲気を出しでなるべく目が泳がないよう、旅行から帰ってきた風に振舞います。恐らく名古屋の下の町から来ている雰囲気ビンビンだったと思われます。

2019trip_ny1_111.jpg


ニューヨークに限らず今回の旅のために、それぞれの街に合わせて乗り換えや時間が調べられるアプリを入れて行きましたが、実際にはGoogle Map一つで済んでしまいました。ただし今いる場所から目的地までかなり適当に使っていたため乗り間違いも多発し、ニューヨークでは大分大変な目に合うこともありました。

目的地でありますブルックリンのメトロポリタンの駅に着き徒歩で数分移動しましたが、案の定さほど遠くない宿までも、舗装状況と地下鉄&宿の階段で拷問かと思うような過酷な移動でした。飛行機降りてから宿までの情報量と乗り越えるイベントがあまりに多すぎてへとへとになりました。

2019trip_ny1_113.jpg
2019trip_ny1_112.jpg


今回ニューヨークの宿探しは、やはり他の地区と比べて治安が不安だったのと、金額が高額なのが引っ掛かったので、どこに宿泊すべきか取っ掛かりもなく困っていたのですが、一時期住んでいたDonsta君(@idonsta)のアドバイスを元に、現地で短期ルームシェアをしている人をブルックリン周辺で探して、綺麗なマンションの一室(共同トイレ&バス&キッチン)にそこそこ安い金額で入りました。元々私の住んでいるところ周辺出身の人で、本棚にはナニワ金融道とゴリラーマンという、近所の床屋の待合のような家から出られなくなりそうなラインナップでしたので、読まないよう心掛けました。大家さん以外には、昼過ぎに仕事に行き、夜帰ってきて朝までラップトップで音楽を作っている長期契約者の白人男性(中年)がおり、サウンドクラウドでもバンドキャンプでも良いからアカウントを教えて欲しいとお願いしましたが、シークレットプロジェクトだと即答で断られました。

2019trip_ny1_114.jpg

2019trip_ny1_115.jpg


これまでも金銭や時間など様々な都合から、もしかしたらニューヨークへは一生行けないかもしれないなと思っていましたが、こうして一番行きたかった頃を過ぎてようやく来れた事を嬉しく思いますが、無理してでももう少し早く来ていればなと後悔もしております。英語が話せないのに危険が多い場所に行くのが怖かったというのももちろんありましたので、いまだに若い頃に聞いていた治安が悪いという噂がそのまま頭に残っていて、大家さんに危ないところは無いかあまりにしつこく聞いたため、やや鬱陶しそうな感じでしたね。笑

大丈夫だと言われて、まずは近くのエリアを徒歩で巡るため外に出たら、いきなりミュージックビデオの中なんかでしか見たことのない、消火栓を開けて数人が楽しんでいるのを見かけて、本当にコレやっているんだなという感動と、本当にコレが許されているんだなという無法地帯ぶりに、やっぱり少し怖くなり気を付けないとなと思った次第であります。

2019trip_ny1_116.jpg




2019年海外旅行 ポートランド編

航空券、ホテルが決まり必要なものも購入し、準備万端で行く気も満々だったのですが、行く手前になると極度の不安からか、一体自分は何のためにこんな長期間に渡って沢山お金を使って海外に行くのだろうか?という疑問に頭が支配されそうになりますが、あんなところにもこんなところにも行くぞ!という過密なスケジュール組みで、それを打ち消すのを繰り返し、遂に出発の日に。

家族に見送ってもらい搭乗。デルタ航空を使いデトロイトを経由してポートランドに向かう機内では、Wi-Fiがメール用に使えて自身のiPadで映画が見れるのと、スターバックスのコーヒーが飲めるという事に驚きましたが、まあ結局どれもあまり利用することもなくといった感じでしたが。

2019trip_pl001.jpg


前に座る太った白人中年の寝相が悪く、気になってしまい落ち着かなかったので、目を疲れさせて寝るため映画をいくつか見ましたが、中でもオレゴン州が舞台となった「グーニーズ」を小学生ぶりくらいに見て、チャンクとスロースが最後に抱き合うところで少しばかり泣いてしまい、広瀬すずのコギャルの映画見ていた隣のオッサンに気味悪がられました。

2019trip_pl003.jpg
2019trip_pl004.jpg
2019trip_pl008.jpg
2019trip_pl009.jpg
2019trip_pl002.jpg
2019trip_pl005.jpg


乗り換えで着いたデトロイトは外に出る時間がないものの、空港の黒人職員がこちら側に案内で話すの自体がすでにラップみたいだし、荷物検査では靴まで脱がされるし、アメリカに着いたのをビンビンに感じさせてくれます。iPadを出し忘れて止められた時は、別室に連れていかれて尻の穴まで検査されるんじゃないかと思うほどなんだかピリピリしていて緊張しましたが、無事に乗り継ぎ夜のポートランドへ。


滞在地:アメリカ オレゴン州 ポートランド
携帯電話:ソフトバンクをそのまま使用(アメリカ放題)
移動:BIKE TOWN(レンタル自転車)、電車・バスの一日券、Uber
宿泊:ホステル(8人部屋)



そもそもポートランドを選んだ理由に、西海岸に行ったことのある&仕事でよく行く友人数人にロサンゼルスはどうか聞いたところ、僕が行きたそうなところは車が無いとどこも行けないのでは?と言われたため、同じような西海岸の文化圏でなるべくコンパクトで交通の便が良いところを選んだ結果なんですが。

安全で暮らしやすいなんて書かれている場所とはいえ、はじめてのアメリカ到着が夜遅くて、しかも電車で移動ということで怖くて仕方ありませんが、そこは余裕を見せるため「静かなるドン」をスマホで読み平常心を取り戻す努力を。しかしながら携帯はひったくりが来ても離さないよう固く握りしめ、かばんも足で挟んでがっちりガードという完全に素人旅行者であります。

到着した駅から暗い道を歩くこと15分でホテルに辿り着いたわけですが、後日夕方ウロウロしていると普通にプッシャーとか角に立ってるようなところだったので今思えば怖かったなと。ホテルにチェックインしている時に併設のカフェを見ると近所のおじさん達が数人で楽器を演奏してセッションしている最中で中々良い雰囲気。

2019trip_pl010.jpg


部屋の建物は古い洋館で独特の匂いがしますがまあ特に問題は無し。部屋を開けた瞬間、靴履いたまま寝ている誰か(メキシコ人の女の子だった)が目に飛び込んで来て度肝を抜かれましたが、誰にも興奮を伝えられないし、夜も遅いし、周りの事も考えライトも携帯の懐中電灯機能くらいしか使えないので、荷物だけロッカーに入れ南京錠をかけて、着いたそのままの状態で寝ることに。

翌朝明るい時に部屋を見れば、ボロいけど値段的には特に問題なく風呂トイレもまあ掃除もしてあるし良いかなと。どうにかなると思いホステルを選択しましたが、やはり英語が使えないとコミュニケーションが取れず、同室の宿泊者と仲良くなれないのはすぐに気付きましたし、最後までそれは変わらなかったです。

2019trip_pl012.jpg
2019trip_pl011.jpg
2019trip_pl007.jpg


ホテルが用意してくれているベーグル一つとコーヒーの朝食を食べ、さっそく行動開始。前日の夜には気付きませんでしたが、バックトゥザフューチャーに出てくるような、ブランコが玄関先にあるアメリカ丸出しの住宅が目の前に現れ、いきなりアメリカを実感し興奮しましたが、15分もしないうちに慣れました。

まずは慣らしがてら、ホテルから100mほどのところにあるホームセンターで2時間くらい商品を眺めておりましたら、おおよそ10人くらい居る店員の全員から話しかけられ、こうした少しのコミュニケーションで防犯的なものをしているのだなと感心。目的が無いのにホームセンターをウロウロするのが信じられないと言った感じですが、「I'm From Japan. I Like Hardware Store.」でなんとか切り抜けた次第であります。

2019trip_pl013.jpg
2019trip_pl014.jpg
2019trip_pl015.jpg
2019trip_pl016.jpg
2019trip_pl017.jpg


リサイクル店、ポートランドらしい店を混ぜこぜで回った感じですが、勝手に雑誌ポパイ的な洗練されて文化的なイメージを持って行ったものの、実際受けた印象はアメリカの田舎の都会(名古屋みたいなものか)を強く感じたのと、気候が過ごしやすいこと、人がフレンドリーなところなんかでしょうか。みんな個人が経営するコーヒーのロースティングもしている店でコーヒー飲んでるみたいな印象もなく、魔法瓶に入ったコーヒーをジョボジョボ継いでくれて2ドルみたいな感じです。

ナイキの本社がある他、なぜかアディダスの本社もあるこの町は、スニーカーがきれいな状態で中古で売られていることも多く、滞在中通っていたリサイクルショップのオジサンには「お前は毎日良いものを買っていくな」と言われますが、とても良いものとは思ってなさそうな日本ではあり得ない値付だったり、アメリカの多くの人たちは新品至上主義なんだろうなと思うようなところもチラホラ。

かと思えば、郊外のアメリカのビンテージ服を集めた店では、日本の古着屋に行った方が良いのではないかと思うほどの値段が付いており、どうりで気の利いた古着がゴミを売っているような店から出てこないわけだと納得しました。

ちなみに、ポートランド滞在時の移動手段のほとんどは、ナイキが運営するレンタル自転車サービス「BIKE TOWN」を結構使用しまして、ほんと降りては乗り降りては乗りの繰り返し。基本的に異常にタイトなスケジュールを立てたところもあり、電車とバスの一日券で大まかに動きながら、細かいところをBIKE TOWNで行き、極力移動時間を圧縮しました。他にも1ドルで解除して一分いくらで乗れる電動キックボードみたいなのもあり、そこら中でガラの悪い人が乗っていたり、道端に乗り捨ててあったりとよく見かけました。

2019trip_pl018.jpg
2019trip_pl019.jpg
2019trip_pl020.jpg
2019trip_pl025.jpg


飲酒も普段ほとんどしなくなったのと、一人で飲むのもなぁというのもあり、そういったナイトスポットには行きませんでしたが、せめてと思い土曜の夜にロッキーホラーショー(仮装あり、ツッコミあり)を観に行ってきましたが、地元の人々の熱演もありましたがあまりの疲労に半分以上寝てしまいました。

2019trip_pl081.jpg

携帯でクレジットカード支払いができる仕組みを見て、本当にクレジットカード社会なんだと実感。

2019trip_pl100.jpg





2019trip_pl022.jpg
2019trip_pl024.jpg
2019trip_pl026.jpg
2019trip_pl027.jpg
2019trip_pl029.jpg
2019trip_pl028.jpg
2019trip_pl030.jpg
2019trip_pl031.jpg
2019trip_pl032.jpg
2019trip_pl033.jpg
2019trip_pl034.jpg

ポートランド名物ともいうべきZINEが、普通に図書館に置いてあるのは凄いなと。

2019trip_pl035.jpg
2019trip_pl036.jpg
2019trip_pl037.jpg
2019trip_pl038.jpg
2019trip_pl040.jpg
2019trip_pl041.jpg
2019trip_pl041.jpg
2019trip_pl042.jpg
2019trip_pl043.jpg
2019trip_pl044.jpg
2019trip_pl045.jpg
2019trip_pl049.jpg
2019trip_pl050.jpg
2019trip_pl052.jpg
2019trip_pl051.jpg
2019trip_pl053.jpg
2019trip_pl054.jpg
2019trip_pl055.jpg
2019trip_pl056.jpg
2019trip_pl057.jpg
2019trip_pl059.jpg
2019trip_pl060.jpg
2019trip_pl061.jpg
2019trip_pl062.jpg
2019trip_pl063.jpg
2019trip_pl058.jpg
2019trip_pl065.jpg
2019trip_pl066.jpg
2019trip_pl064.jpg
2019trip_pl067.jpg
2019trip_pl068.jpg
2019trip_pl069.jpg
2019trip_pl071.jpg
2019trip_pl070.jpg
2019trip_pl072.jpg
2019trip_pl073.jpg
2019trip_pl074.jpg
2019trip_pl075.jpg
2019trip_pl097.jpg
2019trip_pl078.jpg
2019trip_pl079.jpg
2019trip_pl080.jpg
2019trip_pl082.jpg
2019trip_pl083.jpg
2019trip_pl084.jpg
2019trip_pl085.jpg
2019trip_pl089.jpg
2019trip_pl090.jpg
2019trip_pl091.jpg
2019trip_pl092.jpg
2019trip_pl093.jpg
2019trip_pl094.jpg
2019trip_pl095.jpg
2019trip_pl098.jpg
2019trip_pl099.jpg
2019trip_pl101.jpg
2019trip_pl102.jpg
2019trip_pl103.jpg
2019trip_pl104.jpg
2019trip_pl105.jpg
2019trip_pl106.jpg
2019trip_pl107.jpg
2019trip_pl108.jpg
2019trip_pl109.jpg
2019trip_pl110.jpg


様々な場所でどこから来たのかを結構な頻度で聞かれましたが、こちらが日本と答えても特にアクションがあるわけでもなく、あまり話が膨らまなかったです。みんな芸者、忍者、寿司とか言うかと思ったんですが、そんな人一人もいませんでした。そんな中、たまたまこの服を着て行った無印良品ポートランド店にて、男性店員に「お前のTシャツ最高だから写真撮らしてくれよ!」と言われましたが、そこがピークでそれっきりどの国に行っても無反応でした。とりあえず全体通してこの1いいねのみでしたね。笑

2019trip_pl039.jpg

カニエ・ウェスト論 《My Beautiful Dark Twisted Fantasy》から読み解く奇才の肖像

初めて「Through The Wire」を聴いた時のことは今でも鮮明に覚えておりますが、ズバリ嫌だなーこの感じというのが感想でした。チャカ・カーンの早回しが異常に小賢しく感じ、もっと良いサンプリングベースのヒップホップは沢山あるのにと。

アルバムはまあまあとは思っておりましたが(生意気言ってすいません)、本当の意味でガツンとやられたのは「Gold Digger」の時でした。この時期の私は人生で一番スカスカの音楽を聴いていた時代で、そんな時期とリンクするシンプルな楽曲だったのと、スパイクリーの映画「インサイドマン」でも、人質の銀行員が持っている携帯の着信音になっていたりして、そういうところでも好きだったんですよね。

そもそも何で自分もこんなに目が離せなくなったのかなと考えてみますと、テイラースウィフトの受賞に乱入したところから「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」を出したあたりの、やっぱりおかしいのかなというのと、常に新しい雰囲気を出せる天才かもしれないなということを感じたからでしょうか。今でもゴシップまるけになりながらも、発売する度に我々の設定した低くないハードルを越えてくるという繰り返しで、遂には宗教を立ち上げるというところまで来ましたが、一体どうなって行くんでしょうか。大きい事件とか起こさないと良いんですが。

今回読みましたこちらの本も、現在の流れの大きな転換点になった「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」を読み解き、セルフボースティングの鉄人カニエ・ウエストをアートやファッションなど幅広い括りを交えて知ることが出来る読み物となっております。この作品と繋がってくる前後のアルバムや映像作品なども解説しつつといった感じで満足の内容です。

まだ一回しか読んでないので、ちょっと難しくて何言っているか分からないところなんかもありますが、序盤に出てくる、
「My Beautiful Dark Twisted Fantasyはカニエ・ウエストを凝縮したものであり、カニエ・ウエストとは、ある意味、まだはじまったばかりのデジタル時代の凝縮である」、「My Beautiful Dark Twisted Fantasyはアメリカのマキシマリズム(ミニマリズムの対義語、詰め込み主義)の第一級の証言者」、「カニエ・ウエストとはSNSとヒップホップのあいだにできた子ども:ルー・リード」
なんていう突き刺さる表現が時折出てきてやられてしまいました。音楽を聴きながらもう少し突っ込んで読んでみたいなと。

また、今回翻訳を担当した長年カニエをウォッチする池城美菜子さんによる文章もあり、決して量が多いわけでないですが読み応えがかなりありとても面白い観察の記録となっております。そしてカニエのやらかした歴史がザっと把握できる2019年途中までの年表もついておりますので、皆様是非今一度アルバムを1stから振り返りながら眺めて酒でも飲んでいただけましたらと。




カニエ・ウェスト論 《My Beautiful Dark Twisted Fantasy》から読み解く奇才の肖像

カーク・ウォーカー・グレイヴス (著), 池城美菜子 (翻訳)

kanyewestron_mbdtf.jpg



目次
第1部 ポップ界のキリスト イーザス7つの美徳
第2部 早熟の巨匠あるいはモンスターの肖像
第3部 現代一のナルシシスト
第4部 不穏な5枚の絵
第5部 贖罪のアート
第6部 大学(ユニバーシティ)という宇宙(ユニバース)――《The College Dropout》
第7部《808s & Heartbreak》についての短い考察

My Beautiful Dark Twisted Fantasy
Dark Fantasy――高みを目指す男の暗いファンタジー
Gorgeous――自信こそセクシーの源
POWER――デジタル時代のオジマンディアス
All of the Lights――前科者もマイケルも光からは逃げられない
Monster――4つ首のラップ・モンスター
So Appalled――トップ40ヒップホップを揶揄したポッセカット
Devil in a New Dress――マジックアワーに包まれた、悪魔との戯れ
Runaway――許しを請う音のバレエ
Hell of a Life――AV女優と結婚してみたら
Blame Game――分裂していく罵り合いゲーム
Lost in the World――作品全体のDNAを内包する祈り
The Yeezus Singularity――「ただ愛されたい」カニエ・ウェスト教のマニフェスト

解説――カニエ・ウォッチャーが見た奇才の素顔
付録――カニエ・ウェスト年表




2019年 海外旅行 準備編

2019trip_01.jpg

有給消化中に出来れば海外に行きたいのだけど...というありがち且つあまり叶わなさそうな転職の際の淡い希望みたいなものは、皆さまそれぞれ有るとは存じますが、私にもそういった思いはありました。実際この先これだけまとまった休みをとれる確率の低さや、金銭的に難しいかもしれないというところもあり、まだこの年齢ならどうにかなると考え、思い切って複数の国(都市)に旅行を計画することに。

まず、どこへ行くかという事を決めなければならなく色々考えてみましたが、時間だけは余裕があるため、今後仕事をし始めたら恐らく行きづらくなりそうな遠めの場所、自分の好きだった事に関係する場所、現在注目されている場所なんかが良いんじゃないかなんて思い、キューバ、NY、ベルリンなんかをピックアップしてH.I.Sへ。

担当してくれた城みちる似の美少年スタッフに聞いたところ、すべての旅を往復にした方が結果安くなるのでは?という回答に。そんな馬鹿な!?という文字が頭に浮かびましたが、なんせこっちは素人なんでとりあえずまあそういうもんかという感じに。結局航空券だけでおよそ60万円くらいとの回答をもらったんですが、いちいち日本に戻ってきてまた行ってなんてことを繰り返すの嫌だし、本当なんだろうかと若干疑ったところもありましたので、それならバックパッカーだった友人N君に相談した方が良いかなということに。

運良くすぐに会ってくれることになりましたので行って相談したところ、まずキューバは2週間後の出発までにビザが取れるかどうか分からないため、今回は止めた方が良いということで無しに。その代わりアメリカ大陸に行くなら、ニューヨークだけだと勿体ないから、レンタカーを借りなくても回れる規模の西海岸側の場所を追加することに。というわけでオレゴン州のポートランドなんかが良いのではないかということに。

そしてそのままヨーロッパに移動するのも、おそらく自分で航空券を取れば安いんじゃないかとの事で、試しにSkyscannerを使って調べることに。ポートランド、ニューヨーク、ベルリンという流れで検索。経由地にデンマークのコペンハーゲンがあったため、プランに入れてもさほど金額の変動がなさそうとの事で4都市に。H.I.Sでもらった軽い見積もりより遥かに安い金額が画面にあらわれ驚きました。

今回の旅は、家族を残して一人で行くということへの後ろめたさ(特に金銭的に)もありますが、なにより長期間に渡り同じ仕事のルーティンで過ごしてきた自身の生活に喝を入れるべく、価格を下げてストレスを増やす方向性にすることに。オッサンになってまさかの貧乏旅行ですが、困難を乗り越える仕様にしとけば次の仕事開始時に色々な事が辛いと思わないようになるかなという狙いも。ということで、乗り継ぎ回数増えがち、トランジット長くなりがちという問題をある程度飲み込み、値段が安いまま行けるよう数日間、組み合わせを色々変化させ、25万円強という予想以上に安いプランが見つかりましたので、さっそく予約を。

結局キャンセル・乗り逃しの補償みたいなのを付けて27万円くらいで落ち着き、そこに合わせてホテルと海外旅行用の保険も予約。こういうやり方があることすら知らなかったため、これまでは旅行代理店での予約をしておりましたが、グッと海外が近く感じるようになりました。

さらに、友人N君に意見を聞いて、半分を複数人でシェアするホステル部屋(8人部屋から4人部屋)、東京の友人Donsta君(@iDonsta)に教えてもらった掲示板で短期シェアを募集している個人宅、ストレスにならないようキッチン付きのシングルホテルも入れるなど、各都市様々な形態の宿もおさえておよそ14万円程度に。

僅か一週間の準備期間で、しかも結構情報量多めの4都市の計画を立てられるかかなり心配ではありましたが、書店、図書館、アマゾンの中古本、他人のブログ、友人からもらった情報をすべてGoogleのマイマップに入力し、各都市の交通情報や移動手段、向こうから荷物を送る方法などをまとめた資料も用意。毎日夜に地図を頼りに次の日のプランを考えるようにしました。

持っているスーツケースがまあまあ小さかったので、ギリギリ通りそうな大きめサイズ(3辺合計156㎝くらい)の軽くてやたらと安い(確か7,000円くらい。壊れませんでしたよ。、)セカンドストリートオリジナルのスーツケースと、その他物価の高い国&和食が食べたくなる問題を解決するカップ麺、チンするご飯、フリーズドライの味噌汁とスープを買いに行きました。また、USBが4つ挿せる海外コンセント対応のスマホ用電源、すぐ乾いて便利且つユースホステルの目隠しにも使える速乾バスタオル、シムロック解除した自分のiPhoneに挿して使用するヨーロッパ対応の激安SIMカード、ホステルのスーツケース用ロッカーや普段バックパックに付けておくダイヤル式の南京錠を購入。

軽さと使いやすさから、穴が数か所空いていたノースフェイスの財布をしつこく使っており、あまりのボロさに妻が見るに見かねて新しい財布を買ってくれたところまでよかったんですが、やや高い財布のため緊張しながら使うのが嫌で、さらに海外行った時に全く気にしたくないため、結局たまにお世話になっている革製品のお直し屋さんに、ノースフェイスの表面を解体してレザーで再構築してもらいました。

2019trip_02.jpg


中側はナイロン外側は革で、目指していた軽くて薄い見た目を実現。ナイロン財布の安ぽさとレザーの質感の組み合わせが、あまり見たことない感じでとても気に入っております。ロゴの入ったタグも移植出来るけどどうする?と聞かれましたが、昨今の流行り方を考え止めておきました。開いたら中側にはついてますが。お金払う度に見えるので近々取り外そうかと。いくつかストックが欲しいので、同じものでボロくて安いの探しております。

2019trip_05.jpg

2019trip_04.jpg

2019trip_03.jpg


ご挨拶

皆さまご無沙汰しております。
大変長いモヤモヤのトンネルを抜けまして、再びモヤモヤのトンネルに突入した感もありますが、何とか戻って参りました。

かれこれ数年の間、自身の行く末を案じて悩む事が幾度もあり、人生の再設計を検討したことも多数ありましたが、自分への自信の無さや時代背景、また居住地区の職業の選択肢の狭さから、幾度も考えては取り止めるの繰り返しだった10年でもありました。

そうこうやってる間に、ストレスをぶつけるようにやっていたこのブログやSNSでの活動と、実社会とのギャップがどんどんと広がり、いつしか自分でもよく分からない状況になって行きましたが、偶然起こったあまり良くないとあるキッカケと先輩に相談してアドバイスしてもらった「あと僅かしか無い人生で、つまらない事に使っている時間は無いのではないか?」という言葉により、完全に不利と思われる年齢のタイミングではありますが転職活動に舵を切り、おかげ様で現在は新しい環境での仕事が無事開始いたしましたので、こうしてポストしている次第であります。

実際活動をしてみてですが、人が足りない時代と言われておりますし少し前よりは随分と仕事を選択できる幅も広がったように感じますが、それは若い人たちや大都会の話であって、自分の住む町でそこそこの年齢で並み以下の学歴ですと、書類の段階でスパスパと切られまくりでした。

地元の企業全員自分の事知ったんじゃないかというくらい応募を投げまくりましたが毎日落ちるんですよ。誰も会ってくれないですし誰も話すら聞いてくれないのです。自分は世の中の多数の人達から必要とされていないんだなと思う事ばかりで、転職活動は本当に心の健康に悪いなとあらためて感じました。毎日のようにうちに来ないか?とメールをくれるのは、ブラックと名高い土地活用系、白アリ駆除系の会社しかなかったです。それらのブラック企業には毎日応援されているようで感謝しかありません。入らんかったけど。

そしてそんな打ちひしがれた私の状況を見かけて、心配していただいた方からDM(SNS)でメッセージをいただき、仕事をご紹介いただいたりと(その後家が近いのもあり友人に)周りの方々や家族からの協力もあり、大変恵まれた状況でありまして感謝しかありません。

何とか入れた会社で問題があるとすれば、今までやってきた事と一切無関係の業界かつ職種ということであります。1からどころか0からのスタートですでにめちゃくちゃテンパっており、前途多難といった感じでしょうか。

毎日100キロ以上車で移動し現場に立ち会う事15分、昼食でファストフード&ラーメン漬けにされ、車中の受動喫煙も有りという昭和の香り漂う営業の研修に放り込まれ、長くは生きられないかもしれないななんて思うこともしばしば。厳しいんだか緩いんだかよく分からない社風で、ほとんど経費はスルーで通り、社用車一人一台乗って帰って良し、営業職も全残業代支給というだいぶ中毒性の高そうな会社なんですが、長く勤められる良い会社だといいけどなと思いますが。


私だけでなく、就職に苦労した「失われた世代」の皆様は、現在の職業に対して満足されていない方も多数いらっしゃると思います。なんせ良い思い出も無いもんですから就職活動=怖いというのが頭にこびりついていて、どうしても一歩踏み出せないなんてことが私もずっとありました。

ここまでネガティブになりそうな事を書いといてなんですが、来年の東京でのオリンピックを境にして、景気がどうなるか分からないなんて言われておりますし、転職を検討する皆さまも私でも転職出来たので考えていただけたらと。あと、本当は自分自身で何か起こし、友達と仕事できたら良かったのですが、それが出来るほどのモノが無いのが俺だよなと、自分にガッカリする事も多々あります。生きておりましたらまた人生の岐路が来るかもなと思い、次こそはフットワークを軽く行ければなと思っております。

皆さま引き続き何か私に向いていることがありましたら、今後もご教示いただけましたら幸いです。




で、無事に転職先が決定し、有給休暇の消化期間が長いことを機に、遅咲きだった海外経験を一気にやってしまおうということで、3週間+αの旅行計画を立てて行ってきました。その旅行のことをいくつかに分けて近々ポストしていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。



[再販] 2018年Tシャツ 「猫×2」

現在新しい職を探している途中ということもあり、長らく更新をしておりませんでしたがその話はまた追々ということで。どなたか良い仕事あれば教えてください。心よりお待ちしております。

この連休の10日間、旅行には行かずPCの修理(ノート2台をSSDに入れ替え)、リサイクルショップへのパトロール(なぜかアーロンチェアを購入)、フリーマーケット、Youtubeでひたすらサバイバルの番組を見る、そしてひたすら求人情報のチェックといういつもと何ら変わらない時間を過ごし、平成が終わり令和が始まったこともほぼ意識せずといった感じであります。

話変わりますが、昨年夏本番が始まってから発売したTシャツですが、時期的なこともあり控えた友人などから再販はしないのかという問い合わせをいくつかもらい、ある程度の数を作る見込みが出来ましたので再販する運びになりました。

で、せっかくなので今週末の日曜日夜まで注文を受付させていただくことになりました。前回無かったたロンTもやりますので、今年のお子様&おじさん&若者の皆様などなど、様々な方々のTシャツローテーションの材料にご検討いただけましたら幸いでございます。

注文締切:2019年5月12日(日)24時まで 終了しました
発送予定と発送:
完全注文生産で締切後10日ほど製作時間をいただきます。
振込後の発送となります。





■ 2018年 ネコTシャツ 半袖


2018neko_blg.jpg



ボディ:United Athre製 5.6oz 半袖Tシャツ
白: 綿100%
ミックスグレー: 綿90%、ポリエステル10%


カラー&サイズ:
メンズ 価格:2,980円(税込)
白 (プリント色:黒)       ・・・  S、M、L、XL
白 (プリント色:黒×黄)       ・・・ S、M、L、XL
ミックスグレー (プリント色:黒)    ・・・  S、M、L、XL
ミックスグレー (プリント色:黒×黄)  ・・・ S、M、L、XL

キッズ 価格:1,800円(税込)
白 (プリント色:黒)         ・・・  100、110、120、130、140
白 (プリント色:黒×黄)         ・・・  100、110、120、130、140
ミックスグレー (プリント色:黒)      ・・・  100、110、120、130、140
ミックスグレー (プリント色:黒×黄)      ・・・  100、110、120、130、140




■ 2018年 ネコTシャツ 長袖

Tshirt_LS.jpg


ボディ:United Athre製 5.6oz 長袖Tシャツ (キッズはPrintstar製 5.6oz)
白:綿100%
ミックスグレー: 綿90%、ポリエステル10%

カラー&サイズ:
メンズ ロングスリーブ(1.6インチリブ)  価格:3,300円(税込)
白 (プリント色:黒)          ・・・  S、M、L、XL
白 (プリント色:黒×黄)       ・・・  S、M、L、XL
ミックスグレー (プリント色:黒)     ・・・  S、M、L、XL
ミックスグレー (プリント色:黒×黄)  ・・・  S、M、L、XL

キッズ ロングスリーブ(リブ無し)  価格:2,100円(税込)
白 (プリント色:黒)          ・・・  110、130
白 (プリント色:黒×黄)       ・・・  110、130
ミックスグレー (プリント色:黒)     ・・・  110、130
ミックスグレー (プリント色:黒×黄)  ・・・  110、130




サイズ表:

半袖Tシャツ サイズ
ua5001_size.jpg

長袖Tシャツ サイズ
lst_size.jpg








予約方法

下記の情報をメールにてお送り下さい。折り返しメールでご連絡いたします。
基本的にキャンセルは受け付けておりませんので、よくご検討の上お願い致します。

メールアドレス: order@sampling-love.com

----------------------------------------------
以下の必須記入項目をコピーして入力して下さい。

【お名前】
【郵便番号】〒
【住所】
【電話番号】
【オーダーしたい商品の色、サイズ、数】(※ 「半袖」 or 「長袖」 も忘れずに書いてください)
【備考】
【発送方法】
下記のいずれかをお選び下さい。

  ・ ヤマト宅配便(保証有り) ・・・ 下記料金表を参照下さい。

  保証無しでお安く送りたい場合は
  お荷物が2つ以下の場合 - クリックポスト(追跡有り補償無しポスト投函)
                 → 185円(角2封筒サイズで厚さ3cmまで)
  それ以上の方     - 追ってこちらからご提案致します。


----------------------------------------------



支払い:
三菱東京UFJ銀行への振込のみとさせていただきます。


ヤマト宅配便の送料:
※60サイズの場合は下記の金額になります。他のサイズの場合は
後ほどご連絡させていただきます。

540円エリア
茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・山梨・神奈川・長野・新潟・富山・石川
福井・静岡・岐阜・愛知・三重・京都・滋賀・奈良・大阪・和歌山・兵庫

756円エリア
宮城・山形・福島・岡山・広島・山口・鳥取・島根

864円エリア
青森・秋田・岩手・香川・徳島・高知・愛媛
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

1080円エリア
北海道

1296円エリア
沖縄


検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最近聴いてる











 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ