| HOME |  NEXT »

台湾旅行 2016 ③

台湾の写真最後の3回目になります。

台湾はご飯やデザートが美味しいので有名ですが、私は食に対して異常なまでに保守的であるため、出発前からかなり心配しておりました。

現地で食べたものの中では、鴨、素麺、鶏肉飯、小籠包、ワンタン麺、タピオカミルクティー、杏仁豆腐、パイナップルケーキなど美味しいものも多かったのですが、今回最も楽しみにしていた食事の一つ魯肉飯は、あの五香粉の匂いが僕はどうしてもダメみたいで合わず残念でした。あと子供が一緒であまり暑くなかったため、かき氷などの水を使ったもので下したらトイレ探しが大変なので、そこにトライしなかったのが心残りです。

次はもう少しグロテスクなのとか、氷関係を攻めたいと思います。




taiwan2016_106.jpg

» 続きはこちら

台湾旅行 2016 ②

台湾に行って思ったことを少々


・ 黄色が多い。なんだか目に入ってくる。
 (多分タクシーの色がそれだからというのもある)
・ 街の中でのステンレス使用量が多い。(すごい好き)
・ 子供をあまり見かけなかった。
・ 夜遅くまで子供が公園で遊んでいる。
・ 通りすがりの人の多くが子供が好きで接してくれる。
・ ファミリーマートとセブンイレブンがやたらと多い。
・ デパートの地下にはフードコートがあった。
 (三越、SOGOに1店舗ずついきましたがどちらも)
・ バスがもの凄いスピードを出してカーチェイスみたいな運転をするので酔う。
・ バスにて、2人で80元と言われたので100元札(330円程度)だしたら、
 お釣りは無いと言われた。
・ タクシーが安い(初乗りが240円くらい)
・ 地下鉄の公衆トイレが意外とキレイだった。
・ 日本の雑貨・文房具が洒落た店によく置いてあった。
・ 日本語が通じるところが案外多い。
・ 道の段差などベビーカーが心配だったが案外大丈夫だった。
・ 夜歩いていても怖くない。
・ 食べ物や飲み物は比較的リーズナブルだが、物価は
  日本と変わらない印象。
・ 車のフロントガラスまでスモークを貼っている車が多く、ドライバー
  の顔は見えない。

などでしょうか。



taiwan2016_106_2.jpg


» 続きはこちら

台湾旅行 2016 ①

近場の旅行先として以前から気になっておりました台湾へ人生2回目の海外旅行に行ってきました。

治安も大変良く安心して子連れで行けるとのことで、行きたいお店や名所をグーグルマップのマイマップに突っ込んで、ほとんど何も知らないまま突撃した訳ですが、ありとあらゆるところで日本人かどうかを聞かれましたし、助けてくれる人がとても多くてとても快適な旅になりました。こちらも悪い印象を持たれないようマナー良く観光することに努めた次第であります。

中でも特に印象的だったのは、バスに乗った時に一言発した日本語により、日本大好き男子高生にもの凄い勢いで話しかけられて、自分がどれだけ日本が好きかを熱弁されたことでしょうか。アレくらいのバイタリティーがある高校生が日本にもまだいるんだろうかと。彼がこの旅で出会った人のMVPだったなと。

とりあえず、写真にて私の目から見た現地の様子をご覧いただき旅の参考に(ならないとは思うが)していただけたら幸いかと。あまりに写真が多いので数回に分けてやります。


taipei2016_000.jpg

» 続きはこちら

Fudge (Prefuse 73 and Michael Christmas) / Lady Parts

マイアミ生まれアトランタ育ち、10代の後半と大学時代はニューヨーク暮らしで、00年代の初頭にエレクトロニカとヒップホップの融合をいち早く進めた、私たち世代にとっては特別な存在のアーティスト、Prefuse73ことスコット・ヘレンと、ここ数年様々な海外の音楽ブログでその名を見かける、ボストンの巨漢ラッパーMichael Crhistmasがタッグを組んだユニット「Fudge」が、UKのLEXレーベルから新アルバムをリリース。

しばらくPrefuse73自体を気にしていない時期が続き、今回のアルバム前にYoutubeで公開された曲が、可愛らしい裸の女の人のアートワークだったんでなんとなく気になって聴いて、この何年かしばらくフューチャービートを聴いていたのも免疫になっているのか特に違和感も無くすんなりと聴けたんですが、それにしても久しぶりの彼のビートは内容もバランスがなんだかちょうど良くて、アルバムに興味が出て入っていった感じです。

アルバム自体は表情豊かなトラックが多く、彼が出始めたキャリアの最初や中盤までの頃の質感を入れつつ、今の時代のテイストにアップデートした感じと申しましょうか、

これを機会に、せっかくなんでひとつ前の2011年に発売した「Prefuse73 / The Only She Chapters」も聞いてみましたが、00年代のボーカル・チョップの印象とは違い生楽器、ボーカルの要素が強くなったドープミュージックに変貌しており、逆にそっちが大変気になってしまっております。

あの時代J DillaやMadlibという伝説級のプロデューサーはおりましたが、この人も自分の中では同格でしたし、現在のフューチャービートの源流を辿って行くとやはりこの人も重要なのかなとすっかり忘れていましたが今更ながらに思った次第であります。

ちなみに日本の作品では、ヒューマンビートボクサーのAFRAが2004年に発売したアルバム「DIGITAL BREATH」をプロデュースしており、それも凄い格好良くて好きでした。



Fudge (Prefuse 73 and Michael Christmas) / Lady Parts

fudge_ladyparts.jpg




01 Crash
02 Young Vet
03 Circuit Breaker
04 In My Shoes
05 Kids Kill
06 These Saturdays
07 All Points [ft D.R.A.M]
08 Popstar Shift
09 Every Off Key Interlude
10 Showstopper
11 I Think Imma
12 Japanese Mall
13 Nothing Good
14 No Vibes
15 I Got The Good








マスク作家 「坂爪 康太郎」

マスク作家の坂爪康太郎さんの作品の数々。

色々と作って実際販売しているようでして、オペラ座のアレっぽいのやら、ルアーみたいなのやら、アフリカっぽいものまでと、抽象的・具体的と幅広いレンジの作品が面白いです。

私は特に古い日本のお面をポップにアップデートしたやつや、ヒーロー物の角が付いた様なシンプルなやつなんかが好きです。MF Doomのようにここぞという時用に自身の専用マスクを私も欲しいところです。付けて出て行く場所は今のところありませんが。



坂爪 康太郎
Twitter:@tumetter
お面を販売しているところ:仮面屋おもて

kotaro_sakazume01.jpg
kotaro_sakazume02.jpg
kotaro_sakazume03.jpg
kotaro_sakazume04.jpg
kotaro_sakazume05.jpg
kotaro_sakazume06.jpg
kotaro_sakazume07.jpg
kotaro_sakazume08.jpg

kotaro_sakazume09.jpg

kotaro_sakazume10.jpg
kotaro_sakazume11.jpg
kotaro_sakazume12.jpg
kotaro_sakazume13.jpg
kotaro_sakazume20.jpg


kotaro_sakazume15.jpg

kotaro_sakazume16.jpg
kotaro_sakazume17.jpg
kotaro_sakazume18.jpg
kotaro_sakazume19.jpg

kotaro_sakazume_drawing.jpg






Skander Khlif

ドイツ人フォトグラファーSkander Khlifさんによる、東京(日本)の写真シリーズを4つ。

外国人から見た引っかかるところと、地方在住のオッサンの引っかかるところが似ているのか、どの写真もとても良いなとなっております。色が綺麗、被写体の人達がまあまあキャラが強いというのはもちろん引っかかる部分として大きいですが、さらに風景と持ち物や衣服の柄合わせをしていたり、何気ないいつも見ている様な景色を印象的に切り取っていたりと、とても新鮮に見せてくれます。

ダサいやつだと思われないように少しマニアックで安心安全な服屋で全身固め、必死にファッション誌を見て有名人が何を着用しているかを気にして、文化的にもインターネットで書かれている東京の人達が言っている事を鵜呑みにするしかない、視野は狭いし町にコンビニが一軒しか無く、シュプリームのヨレヨレのTシャツが近所の中古ブランドショップのガラスケースに祀られる程度の田舎者の私どもにも、東京の人々の生々しい生活風景が覗けてとても刺激的であります。



Skander Khlif

Tokyo, city of contrasting beauty

tokyo_cocb01.jpg
tokyo_cocb02.jpg
tokyo_cocb03.jpg
tokyo_cocb04.jpg
tokyo_cocb05.jpg
tokyo_cocb06.jpg
tokyo_cocb07.jpg
tokyo_cocb08.jpg
tokyo_cocb09.jpg
tokyo_cocb10.jpg
tokyo_cocb12.jpg
tokyo_cocb13.jpg
tokyo_cocb14.jpg
tokyo_cocb15.jpg
tokyo_cocb16.jpg
tokyo_cocb11.jpg
tokyo_cocb18.jpg
tokyo_cocb17.jpg


Ground -1 Tokyo

ground1_tokyo01.jpg
ground1_tokyo02.jpg
ground1_tokyo03.jpg
ground1_tokyo04.jpg
ground1_tokyo05.jpg
ground1_tokyo06.jpg
ground1_tokyo07.jpg
ground1_tokyo08.jpg
ground1_tokyo09.jpg


Nippon Monochroma

nippon_mono01.jpg
nippon_mono02.jpg
nippon_mono03.jpg
nippon_mono04.jpg
nippon_mono05.jpg
nippon_mono06.jpg
nippon_mono07.jpg
nippon_mono08.jpg


Awesome People Of Harajuku

apo_harajuku01.jpg
apo_harajuku02.jpg
apo_harajuku03.jpg
apo_harajuku04.jpg
apo_harajuku05.jpg
apo_harajuku06.jpg
apo_harajuku07.jpg
apo_harajuku08.jpg
apo_harajuku09.jpg
apo_harajuku10.jpg


参照サイトはこちら





nikujiru & koda / VOODOOP!! (voodoo 2016)

前作「骨と皮と汁とCD」は、90年代Jポップを中心とした楽曲の猛烈なクイックプレイが話題を呼び、それはそれは色々な人達に聴かれたと思うのですが、遂に念願の第2弾が、先週の土曜のイベントに配る用として作られ、早くも(早過ぎるだろ)ネット上にも解禁されました。

なるべくトラックリストを見ないようにして聴いたほうが楽しいので、あまり細かい事は書きませんが、モータウンビートを使用したものから、トレンディドラマ関連、OL応援ソング、バンドブーム時期の音源(込み入っていない聴きやすいやつ)、そして犯罪者となった人、今年お騒がせしている人達などなど、様々な人達の90年代楽曲を中心に、変わらぬ猛烈なクイックで構成。

30代のDJプレミアも、J-Dillaも、ネプチューンズも、テクノも、ハウスも、難しいジャズも、真面目に通ってきた音楽リスナーが本気でJポップのミックスを作るとこうなるという、技術の無駄遣いとも言える最高の内容となっております。前作同様繋がっただけで爆笑してしまうところもあります。

私のベストトラックは子供の頃、毎週妹と見るのを楽しみにしていた、ウンナンのやるならやらねばで使われてた平松愛理の素敵なルネッサンス。当時ぶりに聴いて本当に最高だった。

そして、この人達がこのミックスをCDに焼いて配っているイベントの様子はこちらになります。(客も最高)私が国内のパーティーで行ってみたいもののひとつであります。夕方から始まるんですが、仕上がるまでが超急ピッチで、終わるのも超絶に早い。笑

とにかく待望かつ最高に愉快なミックスですので、共有できる友人と一緒に酒飲んで聴くなり、旅行に持って行っていただければと。無料ダウンロード有ります。



nikujiru & koda / VOODOOP!! (voodoo 2016)

voodoo2016_nikujiru_koda.jpg












Invisibl Skratch Piklz / The 13th Floor

スクラッチ界の頂点から解散、そして再集結まで随分時間が経過しましたが、ようやくこうしてデビューアルバムが聴けることに。それぞれが独自の道に行きまして、関わったメンバーが全員いるわけではありませんが、何と言ってもQ-BertとD-Stylesが一緒にやっているということが嬉しい限りであります。

数年前にQ-Bertのソロアルバムが出ておりましたが、なんとも言えない変な落とし所に思わず何度も聴いてしまうという状況がありましたが、今回はジャケットがふざけていないため(本当はダートスタイルみたいなのが良かった)どんなことをやっているんだろう?と、少し普通に落ち着いてしまってないかという不安もありましたが、ジャケ通りのジャジーなのもあり、また期待していた90年代終わりから00年代頭付近の彼らのレコードや映像で使われているようなあの独特で奇妙なビートを発展させた感じのトラックもあり、そこに高度なスクラッチ技術&間を散りばめた内容に。

ターンテーブリズムというジャンルが飛ぶように売れた時代なら、一体どれくらい売れたのかというのはありますが、まあそれにしても結構チームルーティンが好きでもなかった私が、今現在の耳で(ターンテーブリズム的な部分を外した)聴いても、音楽として面白かったです。

出来ればどうやってこの音を出しているか分かった方が凄さも分かりますが、ギター弾けない人やドラムが叩けない人がJポップやヒップホップを聴いて楽しんでいるのと一緒で、まあ分からなくても楽しめると思います。



Invisibl Skratch Piklz / The 13th Floor
(Alpha Pup)
Bandcamp

isp_t13f.jpg




Qバート老けないな。アンチエイジングしてんのかな。

isp_t13f02.jpg
isp_t13f03.jpg






1. Holy Crap…Who Goes There? 03:41
2. Fresh Out of FVCKS 03:39
3. Kenny G's Perm 02:47
4. Ultimate 02:22
5. Black Hole vs. Brown Hole 03:02
6. Reverse Cowgirl 02:53
7. Polka Fist Pump 01:47
8. The Freestyle Fanatic 03:07
9. Booby Trap 02:45











Richard John Seymour

昨夜、シン・ゴジラの発声可能上映の様子を、地方映画館で見るチケットの予約開始が有りましたが、わが町が誇るトヨタの顔的ビルディング内のそのビルの名を冠する一流映画館で行われる分のチケット予約が、全国一斉に発売のタイミングに開いていないという、なんだか牧歌的な雰囲気を漂わせておりましたが(結果としては1時間後くらいに開いた)、で翌日暴動が起こって燃やされてないかと通勤の経路を変更し前を通って来ましたが、特に何もなく良かったなぁ~とホッとしましたが、ツイッターで調べたら、保険で遠い映画館のチケットを買った人達が、ダフ屋化して気の毒な状況になっているのを見かけます。

そんな話は置いときまして、写真家、映画監督、デザイナーなどマルチに活動をする1989年生まれのイギリス人アーティストRichard John Seymourさんが撮った、中国のおもちゃや飾りなどを圧縮陳列で販売する小売店の写真の数々。

目が痛くなりそうなパッキパキの色の洪水で、この中にいることが拷問のような感じになりそうですが、色は違えどドンキホーテもこの系統に位置していることを考えますと、我々アジア人が購買意欲をソソられるメソッドはだいたい同じなのかと思う次第であります。



Richard John Seymour

richardjohnseymour01.jpg
richardjohnseymour02.jpg
richardjohnseymour03.jpg
richardjohnseymour04.jpg
richardjohnseymour05.jpg
richardjohnseymour06.jpg
richardjohnseymour07.jpg
richardjohnseymour08.jpg
richardjohnseymour09.jpg
richardjohnseymour10.jpg
richardjohnseymour11.jpg
richardjohnseymour12.jpg
richardjohnseymour13.jpg
richardjohnseymour14.jpg
richardjohnseymour15.jpg
richardjohnseymour16.jpg
richardjohnseymour17.jpg
richardjohnseymour18.jpg
richardjohnseymour19.jpg
richardjohnseymour20.jpg
richardjohnseymour21.jpg
richardjohnseymour22.jpg
richardjohnseymour23.jpg
richardjohnseymour24.jpg
richardjohnseymour25.jpg


参照サイトはこちら






ラップ・コミュニケーションアプリ 「SPAT(スパット)」

現在、フリースタイルが空前のブームとなり、既に新しもの好きの人気芸人と食事に行ったりなどの情報を見かけ、世の中的なヒップホップの地位が急激に上がる様を見せつけられております。

私の生活環境では(会社)ヒップホップが流行っている感じはほぼありませんが、ディスってんの?とかチャラチャラした営業の人が使っているのはしばしば見かけます。

ひょっとしたらヒップホップ好きな人いるかもしれませんが、ヒップホップ好きそうな見た目でないため誰も話しかけてこないのか(昼休み、フリースタイルダンジョンの動画見てたり、USのアーティストのMV見たりしてはいます)、それとも会社の皆は自分と一切話したくないのか色々な理由を思い付きますが、それにしても何もありません。

まあ、そんなことは置いときまして、フリースタイルラップ業界は既に人気キャラクターや主要キャラクターが出揃ってきて、どこかの大会で優勝でもしないかぎり中々世に出ていく事も難しいほど今や人口が多いですし、メチャクチャ簡単に始められる文化ですので更に人口を増やし、名前を売る糸口を探している方も多いかと。

そんなフリースタイルラップのシーンにまたひとつ、世の中の人達にラップを見てもらえそうな機会になりそうな件ありまして、それがこの「SPAT」というフリーのアプリなんですが、ブルートゥースで繋いだバトルの相手と交互にフリースタイルしてそれを録画、アップできるという代物であります。もちろんラップ対ラップ、ラップ対ターンテーブル、ターンテーブル対ターンテーブル、楽器対楽器など、様々な対決がアップされた動画を見ると可能なのかなと想像できます。

数日前に公開されたアプリのため、現在まだ動画はあまり上がっていないですが、現在活躍中のチコカリートさんや崇勲さん、そしてベテランShing02さんがフリースタイルしていたりするので、覗きに来る人も多いことでしょう。

ということは、溢れかえる前のこのタイミングが一番のチャンスであります。すぐさま友達と集まって、仲が悪くなるほど貶し合っていただき、やれるヤツだと世の中にアピールしていただけましたらと思います。

前述した有名なラッパーの気軽にやる時のスキルや、どんどん公開されるどこの誰かも分からない人達のラップを見たい人達も、アプリを入れればさくっと見れますのでまずはインストールしてみたらと。(どちらが良かったかの投票もあります)用意されたトラック聴くのも面白いです。

また、トラックメイカーの皆様はトラックを採用してもらえる窓口もあるみたいなんで、是非そちらも果敢にチャレンジしていただけたらと。現在トラップぽいのとかあまり無いので、そういうの作っている人良いかもですね。




SPAT (スパット)
アプリのダウンロード

spat.jpg







検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
最新トラックバック
プロフィール

サンプリングラブ

名前:サンプリングラブ
サンプリングの辞書、Sampling-Loveのブログです。

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)
走れメロスとゲロで踏んでる











 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ