45 King - Boiler Room DJ Set

Boiler Roomに遂にやってまいりました、御大45 KING(@TheReal45King)によるDJ Set!

Serato Scratch Liveにもかかわらず、コントロール・ヴァイナルは7インチという期待を裏切らないセットでそれだけでも堪らないのに、プレイ内容は45 KINGの特製ビートとクラシックなブレイクビートをブチ込み式クイックしていく名人芸ともいえるミックス!
終盤でアナログに切り替わった時は必殺技きたーっと鳥肌モノでした。硬派な2枚使いも最高すぎて、これならあともう一時間ほど見てられそうです。

BOILER_ROOM_45KING_FLYER_500.jpg



そして、御大が使用しているスリップマットはBBP!

The 45 King Slipmats
45 King Slipmats



カセットテープ専門オンラインストア「TAPE SCHOOL」

昨日に続きカセットテープの話題。

レコードストアデイでの7インチ販売の盛り上がりや、HMVの大型レコードショップ出店(8月2日)の話など、アナログの業界が以前とは形を変えて再び活気づいてきている今日この頃ですが、とある情報サイトを見ておりましたら今年に入ってカセットテープ専門のオンラインストアがオープンしていた模様。

見た感じはかなり洒落たショップですし、扱っているテープもそのような感じで、今の若者たちもこういうのに興味持って買っているんだなと。どうやらカセット・ストア・デイなるものも海外ではスタートしているみたいです。

現在の自分はと言いますとこれの周回遅れ(3周くらい遅れているか)で、倉庫に手付かずのダンボール2箱に入ったテープキングスのミックスなどの処理(特にBest of Mobb Deepとか、Best of RedmanなどのMister Ceeもの)をどうして良いか途方に暮れて、そのまま一年放置したところですので、テープへの興味がいまだ持てない状況ではありますが、こういう店が出来て焼き直しとはまた違う、独自の文化を作っている様を見ますと嬉しくなりますね。


カセットテープ専門オンラインストア「TAPE SCHOOL」

tapeschool01.jpg
tapeschool02.jpg


Queticさんより転載:
オーナーによると、カセットはその本体の厚みや手作り感、音色を楽しめるだけではなく、レーベルにとっても少ない本数で生産可能なためリリースの自由度が高く、音楽性もレコードやCDではリリースし得ないものが生まれるという。さらに、その自由度を生かし、カセット・リリースがレコード・リリースへの登竜門的存在になっていく可能性もある。消費者だけでなくアーティストにも利点がある機器なのだ。

海外でも2013年に<カセット・ストア・デイ>がスタートしており、これからさらにカセット周辺の動きは増えていきそうだ。今となっては新しささえ感じるカセットの形と音、そしてそれらの良さを紹介してくれるであろう「Tape School」から目が離せない。





そろそろテープをデジタル化しないといけないなと。こういうUSBでPCに繋げれるの欲しいなと。


Jonwayne - Cassette on Vinyl

予想もしなかったカセットブームですが、そんな中新作をカセット・テープ・シリーズで展開していたStones Throwの奇人Jonwayneが好評につき、アナログ盤でリリース。
カセットプレイヤーを持っていなく聴けなかった人には嬉しいですし、デジタル・ダウンロード・カードも入っている模様。

内容はカセット・テープ3部作から、厳選9トラックをリマスタリングし180g重量盤で制作されております。マブダチJeremiah Jae参加の曲多数収録もポイント高い。テープのいなたい音で楽しむのも良いですが、やはりガッツのあるアナログ盤で楽しみたいもの。なにより今回のはジャケも堪らなくカセットテープをただLPサイズに引き伸ばしたという無理やり感が最高なデザインであります。早速私も注文しないと!

Jonwayne - Cassette on Vinyl [Analog]

JONWAYNE_CASSETTEONVINYL_500.jpg




またJonwayneはコンスタントにフリースタイルやデモのようなビート音源をサウンドクラウドなどで公開しておりますが、最近ではMF・ドゥームのSpecial Herbsシリーズから20のビートをつなげたトラックの上でラップした“Special Herbs Medley”とJ Dillaのビートでの“No”を発表。どちらもフリーダウンロード出来ますので下のプレイヤーでどうぞ。

Jonwayne_500_14.jpg




さらに本日公開されたHOMEBOY SANDMANの新作のビートもJonwayneが担当。これからも目が離せませんね。




地味だったけど結構好きだった



Ghetto Lamp

見ての通りの、ラジカセの形をしたランプ。

生まれてこのかた、デカいラジカセを背負って街を歩きたいと思ったことはございませんが(ソニースポーツなら持って歩きたいと思ったことはあります。やってませんが。)、ラジカセを欲しいと思う衝動はたびたび起きており、住宅事情と用事の無さから見つけても断念してまいりました。

そんな持ちたいけど持てない憧れのゲットーブラスターを、小さくして暮らしの道具として再構築したこちらなら、サイズ感、お値段から見ても問題なく導入ができると思いますが、サイズ以外が全く表記されておらず、一体どういう素材なのかから電源周りまで、仕様が一切不明ですので、どなたか人柱となって買っていただき教えて欲しいなと...。

サイズ:幅26cm x 奥行き8cm x 高さ14cm
価格:145.00ドル

可愛らしいですね。欲しい。


Ghetto Lamp

gehettolamp01.jpg
gehettolamp02.jpg




ラジカセ本



Jeremih & Shlohmo – No More (Free EP)

シンガーのJeremihとLAのビートメイカーShlohmoのコラボレーション企画が遂に待望のEP“No More”をフリーでリリース。(via:Hypetrak)

シュローモらしいメロウなダウンビートとジェレマイの高音で優しいヴォーカルがたまらなく最高で、フリーなのに欲を言って申し訳ないですが、EPでなくアルバムでガッチリ聴きたかったくらい。
インダストリアルなウワネタが狂気じみている先行曲“No More”、TRAPなドラムに壮大な展開の“Fuck You All the Time (Remix)”、こちらも以前に公開されていたドリーミーなトラックの“Bo Peep”、ジェレマイのヴォーカルのパワーでグッともっていかれる“Let It Go”、そして締めの“The End”ではスクリューするとキマましたシカゴの魚顔、チャンス・ザ・ラッパー登場とお腹いっぱい堪能しました。

下記のリンク先の特設サイトにて、e-mailアドレスを入力でフリーDL出来ますので連休のお供に是非。

Jeremih & Shlohmo – No More (EP)

jeremih-shlohmo-no-more-ep_500.jpg



Jeremih & Shlohmo - No More EP (Tracklist)
1. “No More”
2. “Fuck You All the Time (Remix)” [Extended Cut]
3. “Dope”
4. “Bo Peep”
5. “Let It Go”
6. “The End” feat. Chance the Rapper

去年よく聴いた




RICKI BEDENBAUGH / Keep On Pushin'

Ray Barbee、Natas Kaupas、Matt Hensley、Pat Duffy、Kris Markovich、Eric Dressen、Salman Agahなどの伝説のスケーターから、始めて1年の子供まで、現在も滑り続ける人々のプッシュをIke&Tina TurnerのKeep On PushingをBGMに次々と繋げていく、RICKI BEDENBAUGHさんの映像作品「Keep On Pushin’」。

ちなみにナレーションにはIan Mackayeを起用しております。自分がスケートをしていた頃のビデオで、古いソウルをBGMに使っているのが結構あったので、このスケートボード+ソウルの組み合わせが普通に好きであります。

それぞれのパートは短いものの、メーカーのビデオとは違いトッキントッキンのカッコ良さというよりは、素敵なおじさんの緩い日常といった感じで、これから本格的におじさんの道に入っていく、おじさん初級編の私にとって大変参考になる映像であります。

こういうの見てふと思うのですが、このおじさんたちは全世界にいるスケーターもしくはだった人達の中でも、1パーセン以下の特別な人なんだよなと。同じような素敵さは無理ですが、なんにしても、自分のペースで続けることが大事ということですかね。


RICKI BEDENBAUGH / Keep On Pushin'

Keep On Pushin' from Ricki Bedenbaugh on Vimeo.




こういうのが好きな方は、以前ポストした中学生(現高校生)がスケートボードで旅をするショートムービーもぜひ。
春の神奈川県遠足SKATEBOARDで春の遠足SKATEBOARDで2



keeponpushin01.jpg
keeponpushin02.jpg
keeponpushin03.jpg
keeponpushin04.jpg
keeponpushin05.jpg
keeponpushin06.jpg
keeponpushin07.jpg
keeponpushin08.jpg
keeponpushin09.jpg



これですかねBGM。




The Do-Over TOKYO 2014

LAの名物野外パーティー“The Do-Over”が今年も開催決定!

毎回、目の玉が飛び出るシークレット・ゲストで楽しませてくれる野外フリーパーティーが9月14日(日/祝前日)晴海客船ターミナル野外広場で行われる事が大決定!
9月とはいえまだまだTシャツで気持ちの良い季節ですので、青空の下、最高の音楽で楽しめそう!一生に体験したいベスト10の内の一つにDo-Over参戦があり、 心の隅でなんとかDo-Over Nagoyaはないのかと待っていたのですが、ちょっと我慢の限界がきておりますので、今回は少し前から遠征をガチガチに計画することにしましょうかね。今年のシークレットゲストは誰かというお話だけで移動の2時間は軽くつぶせそう。

The Do-Over TOKYO 2014 presented by adidas Originals

Do-Over-Tokyo-2014_500.jpg
Do-Over-Tokyo-2013-Photo1_500.jpg

9月14日(日) 11:00 開場/開演 20:00 閉場
東京・晴海客船ターミナル野外広場
入場無料
※ 事前の入場登録が必要となります。詳しくはコチラ

【主催】 The Do-Over TOKYO 実行委員会

とりあえず、Do-Overなら絶対行くぜという方は予習復習用にDJ Kiyo、Force of Nature、DJ Day参戦の昨年のTHE DO-OVER TOKYO 2013と6月にLAで行われた夏男DJ Jazzy Jeffの Do-OverプレイをSoundCloudでお楽しみください。(どれもフリーDL出来ます。)


2014年版サンプリングラブ Tシャツが一般発売開始

このたび2014年版Tシャツをご予約及び購入いただきました皆様、誠にありがとうございました。代金を振り込んでいただきましたお客様で、まだ届いていない方がいらっしゃいましたらご連絡をください。

で、一旦落ち着きましたので、交換対応のために余分にオーダーをしていた分を販売することになりました。とは言え、在庫自体はあまり(というかほとんど)ないため、もし購入したい方がいらっしゃいましたらお早めにどうぞ。


2014年 Tシャツ

ボディ:UNITED ATHLE製
素材:6.2oz コットン100% (ミックスグレーは綿90%、ポリエステル10%)
価格:2,500円(税込)
カラーとサイズ
白        ・・・ (黒プリント) ML
ミックスグレー ・・・ (黒プリント) ML

すいませんすべて完売しました。


2014inu_tshirt.jpg

2014sl_t01.jpg


ちなみに2012年に作りましたネギ&本のTシャツの在庫がSサイズのみ数枚発掘されましたので、こちらはSサイズしかございませんが、もし欲しい方いらっしゃれば是非どうぞ。

2012年 Tシャツ
T-SHIRT:UNITED ATHLE製
6.2oz コットン100%
カラー:
白×黒(プリント)
メロン×黒(プリント)
サイズ:Sサイズのみ
価格:2,300円(税込)

sltshirt2012004.jpg



ご注文方法
下記の情報をメールにてお送り下さい。折り返しメールでご連絡いたします。
※尚、行き違いによりすでに売り切れている場合等ございますので、その際はご了承ください。基本的にキャンセルは受け付けておりませんので、よくご検討の上ご予約をお願い致します。

メールアドレス: order@sampling-love.com


【お名前】
【郵便番号】
【住所】
【電話番号】


【オーダーしたい商品の色、サイズ、数】

発送方法
【ヤマト宅配便(保証有) or ヤマトメール便(保証無ポスト投函)】 をご選択下さい。
※メール便の場合は銀行振込のみになります。

支払い
三菱東京UFJ銀行への振込のみとさせていただきます。





ヤマトメール便の送料:
164円(オーダー数により入らない場合もございますので、連絡いたします。)

ヤマト宅配便の送料:
※60サイズの場合は下記の金額になります。他のサイズの場合は
後ほどご連絡させていただきます。

540円エリア
茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・山梨・神奈川・長野・新潟・富山・石川
福井・静岡・岐阜・愛知・三重・京都・滋賀・奈良・大阪・和歌山・兵庫

756円エリア
宮城・山形・福島・岡山・広島・山口・鳥取・島根

864円エリア
青森・秋田・岩手・香川・徳島・高知・愛媛
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

1080円エリア
北海道

1296円エリア
沖縄


2014sl_t02.jpg

DJ TOYO THE PIMP / BLACK WATER GOLD MIX

70年代の(現代のも入ってます)カバーもの中心のレゲエからディープファンク、日本の楽曲まで、新旧レコード音源を使用して作られた、DJ TOYO THE PIMPさんの夏にも最適なミックスが無料ダウンロードにて公開中です。

夏だからレゲエが聴きたくなるというステレオタイプなことを言っておりますと、冬でも変わらず聴くというレゲエファンの皆様からお叱りを受けるかもしれませんが、それにしてもやはり夏に聴くレゲエは良いもんですね。

まず、最初に強調しておきたいのは、レコードの価値などの要素は一旦置いといての視点から聴いても、歌いたくなるような良い曲ばかり。ヒップホップリスナーでも聴いたことのあるかもしれないレゲエ曲も時折入りますので、尚の事取っ付き易い内容でございます。

普段はファンクやレア・グルーヴを中心にプレイする作者DJ TOYO THE PIMPさんですが、このレゲエ中心のセレクトにおいても、レア・グルーヴの定義であります"ドラムブレイク"が入っているか"FUNKY"なフィーリーングが感じられるかの重要ポイントをおさえているのはもちろんのこと、ドラムブレイクでガッツを感じる2枚使い(イナたくて最高)を入れてくるなど、ブレイクビート以降のDJスタイル(ヒップホップ的というんでしょうか)がカッコ良いですし、このブログを見ている方々にも楽しんでいただける要素かと。


DJ TOYO THE PIMP / BLACK WATER GOLD MIX

toyothepimp_pimp_bwgmix.jpg




このミックス自体、自身の参加するイベントBLACK WATER GOLD(2014/7/4)にてノベルティとして先着30名に配ったミックスだそうですが、こんな素晴らしい内容を30名しか聴けなかったのかもと思うと、出してくれて本当に良かったなと思います。

高額で買った音源をミックスして無料で放流するといった行為自体、10年前では考えられないことでありますが、海外のDJ達の中にはすでにそういう売り物レベルのミックスを無料で公開している人も沢山いますし、マニアだけが集まりニッチなシーンになりがちなところに興味を持ってもらう(若者などに)方法として、これからどんどんこういった手に入りづらい音源でのミックスが出てくると面白いなと。



1, CHAMP (VERSION)
2, FUNKY IN JAMAICA
3, DO YOUR OWN THING
4, FUNK THE BEAT
5, I’M GONNA LOVE YOU JUST A LITTLE BIT MORE
6, JUNGLE LION
7, BUTTER FE FISH
8, FLY ROBIN FLY
9, DO IT
10, GROOVIN ME
11, PUT YOUR HAND IN HAND
12, GOTTA STAND FOR SOMETHING
13, SPACING OUT
14, ROCK STEADY
15, NIGERIA
16, SHAFT
17, BUILD MY WORLD AROUND YOU
18, STAYIN’ ALIVE
19, DON’T LET IT GO TO YOUR HEAD
20, GIVE ME LITTLE MORE
21, JAH MUSIC
22, 都会
23, NEVER DID I STOP LOVING YOU
24, THINKING OF YOU
25, IN THE RAIN
26, MANY RIVERS TO CROSS


Pase Rock – Live From Tuneland : The Neptunes vs. Timbaland

Fool’s Gold Recordsのポッドキャストの最新版にて、Five DeezのメンバーでもあるPase RockがThe NeptunesとTimbalandのプロデュース音源でミックスした“Live From Tuneland”を公開。 via:HIPHOPMATOME.COM

The NeptunesとTimbalandという説明不要な今なお第一線で活躍しまくる2大プロデューサーの楽曲ですので最高に決まっております。色気がプンプンで狂ったR&BからHIPHOPまでをブレンドやスクラッチを絡めながら聴かせてくれる60分!
懐かしの名曲ばかりなのですが、トラックリストが無いので、なんだっけなんだっけと曲名が喉まで出かかり結局Shazamで調べスッキリするという行為を繰り返しながら楽しみ聴けました。

下記のリンク先のページの文章の終わり辺り「download the mix directly」という部分のdirectlyを右クリックで保存でフリーダウンロード出来ますので是非。

FOOLCAST 046 : Pase Rock – Live From Tuneland

Pase-Rock-NeptunesTimbaland_500.jpg

FOOLCAST 046 - Pase Rock "Live From Tuneland" by Fool's Gold Records on Mixcloud




何年ぶりかにFive Deezという名前を発した



ベスト・オブ・フリーミュージック
iOS版] / [Android版
フリー音源時代のお供絶賛発売中!
(私共も参加させていただきました。)

検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
最新トラックバック
プロフィール

サンプリングラブ

名前:サンプリングラブ
サンプリングの辞書、Sampling-Loveのブログです。

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
聴いてます。



[Tシャツ]
2014年版のTシャツは完売しました。ご購入いただきました皆様ありがとうございました。また、予約分につきまして、一人もキャンセル無くご対応いただけましたことを併せてお礼申し上げます。



GOOD MIX ARCHIVE! SITE LIST
ROOT DOWN RECORDS
COSMOPOLYPHONIC
relieanceworks
HAPPY PUNCH
怪奇十三夜




このページのトップへ