| HOME |  NEXT »

Cut Chemist / Impeach The Precedent

本日も昨日同様に朝の電車内でTakeoffのアルバムを聴きながら、海外のブログなんかを巡回しておりましたら、Cut Chemistがドラムブレイクの定番中の定番、4拍目のスネアの手前に入るシンバルが目印の「Honey Drippers - Inpeach the President」を使用したヒップホップのみで構成したミックスをName Your Price(¥0~)で公開しているのを知り、昨日と同様にすぐさま切り替えた次第です。

ちなみに、Takeoffのアルバムですが、7曲目から10曲目にかけてなんとなく好きなんですよね。全然Migosぽくないのとかあって。10曲目のInfatuationドリーミーな4つ打ちみたいな感じだし。

話はカット・ケミストの方に戻しますが、頭とお尻に原曲を挟んでの50分で45曲といったボリュームで、それこそMC Shan、BDK、Super Lover Cee & Casanobva Rud、Nas、Notorious BIG、PE、De La Soul、Audio TwoからJ. ColeやJoey Bada$$まで、新旧(まあ旧中心ではあるが)クラシックで使用している曲は死ぬほどありますので、何が出てくるか楽しみに聴けると思います。

この曲が無ければ、「God's Son」はもっと良くなったのにと、出た時から勝手に毛嫌いしておりましたNasのI Canも入っていて久しぶりに聴きましたが、今こうして聴くとやっぱり全く好きで無いですが、前ほど嫌じゃないので大分歳をとったのかなと思った次第です。あと、Jungle Brothersも久しぶりに聴きましたが、油断しておりましたら突き刺さりました。大分格好良いなと。

お金のある人は課金を、お金のさほど無い人はありがたく無料で聴かせていただき、この恩をいつかどこかで返していただけましたらと。

そう言えば、カット・ケミストで思い出しましたが、J5のライブで来た時にたまたま先輩がフロントアクトだったのでステージ裏に入る機会があったんですが、髪の毛全部三つ編みで紐Tバックをホットパンツからハミ出させていた本格的な黒人女性ファッションの日本女性二人まとめて持ち帰っていった時のパキパキの目つきは今も忘れられないです。(なぜあの系統の女性がJ5のライブにいたのかわからないが) で、その次に見た時はバーにて至近距離でマンゼルの7インチ回してたな。この2つのギャップがすごくてまた大好きになったんだよな。




Cut Chemist / Impeach The Precedent

cutchemist_impeachtheprecedent.jpg













zero_bunch / TATSURO "BALEARIC" YAMASHITA MIX

今朝、電車に乗り込む列に並んだ時にツイッターのTLに流れてきて、それまで聴いていたTakeoffの新アルバムをすぐさま止め切り替えました、zero_bunchさん(@zero_bunch)がバレアリック感を感じた山下達郎音源を使用して作ったミックス、「TATSURO "BALEARIC" YAMASHITA MIX」が凄い良かったです。

オリジナル曲の他にも、ブートでフィジカルリリースされているのからネット上に上がるREMIXまで色々と使用しており、のんびり踊れる緩いスピードにヤマタツ氏の粘度のややあるボーカルが、朝の通勤に気持ち良く聴けます。

今朝の私と言えば、ボックスシートの斜め前に座る出張に行く様な小型スーツケースを横においた、ちょっと洒落た推定40代半ばと思わしき女性の、プレーンなシャツの第3と第4ボタンの間から肌色が見え、思わず目を逸したのですが、完全に頭が起きていない&気持ち良い音楽&丁度よい気候そしてライトなエロサプライズが重なりまるで夢見心地で、このまま米原まで乗っていたいくらいでしたが、頑張って灰色の名古屋駅に降りた次第であります。

もちろん無料ダウンロードのリンクもあります。秋の行楽はもちろん、通勤、飲酒のお供等、疲れていたり眠かったりしても余裕で聴けますので是非。

ちなみにこの数年で色々出されている@zero_bunchさんですが、いつも本当に良いので過去のものも是非。まずはとりあえずとしてこれとか




zero_bunch / TATSURO "BALEARIC" YAMASHITA MIX

yamatatsu_balearicmix.jpg







*TRACK LIST*
1.FRAGILE(ACAPELLA LOOP) / VAPORWAVE DASH
2.ONLY WITH YOU / 山下達郎
3.NEVER GROW OLD(RE-EDIT) / GOODFAT WORLD
4.MAGIC TOUCH / 山下達郎
5.BLOW / 山下達郎
6.MYS / HNNY
7.HONEY IT'S YOU / THE BEAT BROKER
8.SPACE CRUSH / 山下達郎
9.DUB DANCER / COSMIC DISCO
10.夜の翼-NIGHT WING(REMIX) / RAYNER







1017 Muney - Searching Summer

8月が終了した頃公開された夏のミックスでしたが、一周聴いた時からすごく良かったので、その後1ヶ月くらい聴き続け後、少し休んで最近また聴き始めた、ベイエリアやLAのラップ、ダンスホール、日本産などで構成された1017 Muney さんのミックス「Searching Summer」。

以前こちらでポストしたMike Will Made Itの楽曲オンリーのミックスの時に、この人が選ぶ音楽は自分の趣味に近いかもしれないなと思ったんですが、このミックスを聴いてやっぱりそうだったんだなと思った次第です。

シンプルで癖になる良い曲を選んでいるということもありますが、もちろんそれだけでは無く、海外産と日本産の混ぜ合わせ方や、流れを失速させないテクの上手さみたいなものがあり、75分ありますが長いなとは全く感じさせません。何かしながら家で聴いていても、家のお手伝いしながら踊れる、適度に軽めで陽気でダンサブルな気分になれる雰囲気が支配しております。

今回もフリーダウンロードを用意してくれておりますので是非。そう言えばMWMIのミックスのジャケも森の中だったな。




1017 Muney - Searching Summer

1017muney_searchingsummer.jpg





[Tracklist]
01.Nef The Pharaoh - LOE Gino’s Interlude(feat. LOE Gino)
02. 03 Greedo - Never Bend
03. G Perico - All Blue
04. Lil B - Ride (Hold Up)
05. Hitmakerchinx - Different
06. Equiknoxx - Enter A Raffle... Win A Falafel
07. Vybz Kartel - Hey Addi
08. Shenseea - Pon Mi
09. Ishawna - Mi Belly
10. Stefflon Don - 16 Shots
11. Jam City - City Hummingbird (Club Mix)
12. Cuban Doll - Made It Now
13. BAD HOP - Forget About It (feat. Benjazzy)
14. Tear Da Club Up Thugs - Push‘Em Off (feat. Lord Infamous)
15. Tory Lanez - Luv (Leonce Bounce Mix)
16. Big Punisher - I'm Not A Player (The O’Jays - Darlin’Darlin’Baby)
17. MoStack - What I Wanna
18. Sneakbo - Bad (feat. Chezeeko)
19. Sneakbo - Active (feat. Giggs)
20. E-40 - I Can Sell It (feat. Cousin Fik)
21. Saweetie - Icy Grl
22. Payroll Giovanni & Cardo - In Me, Not On Me
23. Shurkn Pap - Road Trip
24. Ty Dolla $ign - Ex (feat. YG)
25. DJ.Fresh - Interlude of the Funk (from “The Tonite Show with Ezale”)
26. Le Makeup - Purity (Instrumental)
27. Don Sinini - LTK
28. Soakubeats - “Ghetto (feat. Dodo)
29. Chief Keef - Can You Be My Friend
30. Young Thug - Do U Love Me?
31. Alkaline - Yaadie Fiesta
32. Ramriddlz - Habaesha
33. Mion - オドルフタリ
34. Steel Banglez - Bad (feat. Yungen & MoStack)
35. Shenseea - Instruction
36. Shenseea, Samantha J & Azaryah - Show Off
37. Bad Gyal - Internationally
38. DJ CHARI & DJ TATSUKI - Dance On Me Remix (feat. GALIANO & Hideyoshi)
39. Weny Dacillo - Midnight (feat. OSAMI)
40. Bad Gyal - Yo Sigo Iual
41. Burna Boy - Rock Your Body
42. 2Pac - Letter 2 My Unborn (Instrumental)








Curren$y,Freddie Gibbs,The Alchemist / Fetti

リリースがドバッとあり、あまり頭の中に入ってきませんが、これは以前にもあったCurren$yとThe Alchemistという最良の組み合わせというのもあり、またそこにFreddie Gibbsを足したコラボレーションアルバムという事で、結構たくさん聴いております。

アルケミストのリバーブが掛かった煙たく中毒性の高いソウルネタのループで、カレンシーがラップしているだけで既に大分満足なんですが、ここにFreddie Gibbsが入ってくる事により、嬉しいと言うよりは言語が分からない自分に対して残念と言いましょうか、これこそどんな事言っているのか大変興味のあるところですが、Genius見てもさっぱり分からないため仕方ないなと。

とは言え、モヤモヤしたカレンシーと太くてカチッとしたFGのラップのコントラストは組み合わせとして良いので、言語わからない人でもそれなりに楽しく聴くことが出来る内容になっているかと思います。9曲入りという短さも良いです。ちなみにジャケはFENDIネタでしょうか。

それにしても、アルケミストはブーンバップみたいなスタイルをやり続けておりますが、ちゃんと空気感みたいなのをその時の感じにするセンス高いですよね。ちゃんと新しさを感じさせてくれると言いましょうか。
なんとなく久しぶりに見たこれも当時の空気感にあった音の出し方になってますし。あとこのビデオ見てこのメスのカブトムシみたいな体型のラッパー最近あんまり居ないなと。




Curren$y,Freddie Gibbs,The Alchemist / Fetti

fetti_crnsy_fg_alcmst.jpg








KICKS

アメリカでは既に公開されており、在米の日本人のライターの方がレビューを書いていたりと気になっておりました映画「KICKS」が、国内でも12月1日から公開されるようです。とはいえまだ決定している映画館が少なく、私の地元なんかでは日本3大都市とは言え文化レベルの問題からか、Parcoが絡んでおりますがそこに入る映画館ですらも今の所上映する予定は無しであります。

というような状況なんで、いつ見れるかは分かりませんが、しばらく我慢して待ってみたいと思います。

この映画「KICKS」は、カリフォルニアのベイエリアを舞台としており、主人公の高校生が頑張って手に入れたエアジョーダンⅠを地元の不良にカツアゲされ、それを取り返すという話だそうですが、当然ゲトーでのサバイブみたいなものを描写したシーンの連続でしょうから、現在のアメリカのヒップホップを聴く層の風俗みたいなものを知るための重要な資料だと。劇中にはNas、Wu-Tang、E-40、Jay Z、2Pacなどの曲が使われているとのことで、ここからもターゲットみたいなのがなんとなく見えてきます。

最近見たドラマのATLANTAは、そういう格好良いものみたいな描写というよりは、なんだか間抜けな感じでがしてそもそもアレですが、昔から黒人の路上文化が出てくる映画を見て、こんな殺伐とした世界が...というよりも、そのヒップな文化の様子に驚いたり格好良いなという気持ちが先行してしまうため、真面目に社会問題を考えるというのが二の次みたいな感じになっておりましたが、完全におっさんになった今どう思うのか是非見ておきたいなと。

ちなみに黒人系映画と言えば今週末は、プロバスケットプレイヤーがお爺さんの格好して、ストリートバスケットのコートに現れ驚かすあのペプシのCMの世界観を映画化した「アンクルド・リュー」が公開ですね。これは子供と見に行こうかと。




KICKS

kicks_movie3.jpg












「U.S.A. Song Map」 & 「World Song Map」

古い様式のアメリカの地図に、場所にちなんだ音楽を記したアメリカ音楽マップ。

カニエ、NAS、ビースティーズといったヒップホップアーティストから、ロック、ポップス、オールディーズまで、様々なアメリカ音楽が1000曲以上書き込まれております。これを海外から買って見ながら音楽検索かけてとか、結構大変そうだなとか思っておりましたら、この地図に書かれた曲の61時間分にも及ぶ、Spotifyのプレイリストを用意してくれており大変便利だなと。買わないにしても未知なる音楽との邂逅も気軽に出来てよろしいかと。

また、どうやら世界版(Classic EditionSpecial Edition)もありこちらも74時間にも及ぶSpotifyのプレイリストがあるようです。これも聴いたことの無いワールドミュージックとの邂逅に期待出来そうであります。

この地図を出しているところ、他にも色々な地図作っているみたいで、イギリスのとある地区のがあったり、ACIDの相関図みたいなのもあったり色々とやってます。ここまでくればニューヨークの地図も期待したいところであります。あとこれ日本でやろうと思うと、地域性を強く打ち出すヒップホップか演歌が多くなってくるでしょうね。




U.S.A. Song Map

usasongmap01.jpg

4色刷りプリント
H60×W80cm

usasongmap07.jpg

usasongmap06.jpg

usasongmap05.jpg

usasongmap04.jpg

usasongmap03.jpg

usasongmap02.jpg




Autumn in New York (Billie Holiday)
Sweet Home Alabama (Lynyrd Skynyrd)
Georgia On My Mind (Ray Charles)
California Girls (The Beach Boys)
New York, New York (Frank Sinatra)
LA Woman (The Doors)
Bloodbuzz Ohio (The National)
Birmingham Sunday (Joan Baez)
Streets of Philadelphia (Bruce Springsteen)
Fake Tales of San Francisco (Arctic Monkeys)
Union City Blue (Blondie)
Straight Outta Compton (N.W.A)
Paisley Park (Prince)
Graceland (Paul Simon)
Folsom Prison Blues (Johnny Cash)
River Deep Mountain High (Ike and Tina Turner)
Under the Bridge (Red Hot Chilli Peppers)
Empire State of Mind (Jay-Z and Alicia Keys)
Wichita Lineman (Glen Campbell)
Highway 61 Revisited (Bob Dylan)

など



世界地図版

worldsongmap02.jpg

worldsongmap01.jpg











Vince Staples / FM!

キャリア初期にOdd Futureの周辺と繋がりがあったため、その周辺のイメージもややあった感じでしたが、今や誰とも群れない感じの独特な立ち位置と音楽性、そして全くオブラートに包まないトキントキンに尖った発言で目が離せないラッパーになり、私も好きなラップアーティストの上位に入っているVince Stapleが新アルバムを公開しました。ここに来て再びEarl Sweatshirtが少し参加しているのを見てちょっと嬉しくなりました。

一周聴いた後に今回のプロデューサーのクレジットを見たのですが、驚くことにこの数年で発表したアルバムで起用したプロデューサーはおらず、大々的にKenny Beatsというプロデューサーを起用しているところでしょうか。(なんか見たことある名前だなと薄っすらした記憶があったんですが、調べたら今年一番のナイスジャケアルバム、Freddie Gibbs - Freddieにも数曲参加しておりました。)

不思議なことにこれだけプロデューサーを入れ替えても、前作から地続きできているような感じで、前作結構幅を広めにやった印象だったのをハイファイなのは変わらず元の方向に戻した感じがします。

今回は西海岸ぽさのあるトラックは特にあるわけではないのですが、トラップを彼らしく荒々しい仕上げにしたものや、自分の中ではVinceと言えばとなってい安直に言うとデジタルなアフリカ感を感じるトラックは残してあり、いつも通りどこからどう聴いても本人作と分かるワンアンドオンリーな内容になっております。

そしてゲストには先述したアール以外に、Jay Rock、Kamaiyah、Tyga、Buddy、KehlaniそしてE-40、今年どこにでも居るTy Dolla $ignという、なんだかいい塩梅になっております。

併せて、ほんの少し前に公開されたMVも、Googleのストリートビューをアイデアのベースに使った面白い内容に。ジャケやミュージックフェス等のライブもそうですが見た目のほうの格好良さも毎回注目しております。今回のアルバムのジャケについてはFNMNLさんのサイトで記事になっておりますのでそちら読んだら良いかと。




Vince Staples / FM!

vincestaples_fm.jpg








1. Feels Like Summer (Ft. Ty Dolla $ign)
2. Outside!
3. Don't Get Chipped (Ft. Jay Rock)
4. Relay
5. New earlsweatshirt (Interlude) (Ft. Earl Sweatshirt)
6. Run the Bands
7. FUN! (Ft. E-40)
8. No Bleedin (Ft. Kamaiyah)
9. Brand New Tyga (Interlude) (Ft. Tyga)
10. (562) 453-9382 (Skit) Lyrics
11. Tweakin' (Ft. Buddy, Kehlani & Vonnie)







クラブに行ったことないけどクラブミュージックを作ってる人向けにクラブを解放&セミナー

パソコンの普及以降は、さほどお金をかけなくても音楽を作る環境が手に入れられるようになりましたが、果たして作ったものがダンスフロアでのプレイに耐えうるものかと言われたら、同じ音質で同じような音量でもって鳴らしてみるまでは、分からないものであります。これだけはなかなか用意できない環境だと思います。

クラブにて仕事をしていたりDJプレイの頻度の多い人は、実際の環境で試しに鳴らしてみることも可能ですが、ほぼ遊びに行かない人達でクラブミュージックを作りたい人にとっては、大変ハードルの高い事だと思います。現状、J-POPもダンスミュージックの要素を含んでいるものもあり、そういう人達にも決して無関係なことでなくなってきている気もしますし。

お金を出してミックス・マスタリングを依頼したりで解決できる問題もありますが、ある程度自分の手元でやりたかったり把握したいという人も多いですし、あまり大それた事にしていくつもりはないが、それでも家のスピーカー以外で自分の曲がどういった感じで鳴るのかを単純にクラブで聴いてみたいという人も多数いるかと。

そういった皆様の願望を叶えるべく、クラブミュージックを作ってる人向けにクラブを解放&セミナーを
、11月18日(日)の14-17時に渋谷のDimensionにて開催するとのことです。

メインの進行には即戦力な808、909などのドラム音源を公開したり、様々なクラブミュージック楽曲やDJ MIXのエンジニア仕事をしているOnibabakoさん(@Onibabako)、ゲストにHABANERO POSSE、OZROSAURUSのトラックメーカーGUNHEADさん(@gunhead072)という二人が、持ち時間一人5分で楽曲を聴いて音質に関する意見を話したり、その他にもセミナーとして16bitとMP3の聴き比べや格好良いキックを作るための重ね方など、楽しく和気あいあいとした感じの雰囲気でやってくれそうな3時間となっております。

それぞれ持ち時間は5分とはいえ、他の人のを聴いてそれがどういうものなのかというのも聴けますので、自分以外の複数のケースをその場で体験出来るというのがとても良いですよね。私は音楽作ってないですが、こんなセミナー、ワークショップみたいの近くでやっていたら参加したいなと普通に思います。遠いから&音楽作っていない(参加条件満たしていない)ので無理ですが。
これが成功したら、地方のクラブでの開催も是非やっていただきたいなと。




クラブに行ったことないけどクラブミュージックを作ってる人向けにクラブを解放&セミナー

20181118_ob_gh_smn.jpg


日時: 11/18(日曜日) 14時~17時
場所: 渋谷Dimension
参加費: 3000円(別途1ドリンク必ずご注文お願いいたします)

20人限定 完全予約制で前金です(当日キャンセルの場合返金いたしません。ご了承ください)

参加ご希望の方は「asobihouse.studio@gmail.com」か、ツイッターのアカウント「Onibabako」のDMにご連絡ください。先着順ですが以下の参加条件があります。

参加条件 クラブミュージックを作ってるアマチュア、セミプロ







Rain Sox Lite White (ONFAdd)

女の人って長靴好きだよなとこの20年位ずっと思っているんですが、男で長靴を履いて移動している人は市場とか以外ほとんど見たことが無いため、男側の雨の日対策としての靴は、できるだけ滲みにくいものを履くという人が圧倒的に多いと思いますが、出先での想定外の雨の場合、布靴を愛用している人達や異常にスニーカーを愛する人達にとってはかなり大きい問題だと。

今朝海外のブログを見ておりましたら、そんな解決しなさそうな悩みを解消できそうな商品がキックスターターとかじゃなくある程度買えそうな価格でこの世に出ている事を知った次第です。

スニーカーの上から見栄えをある程度残した状態で履ける半透明の靴下みたいなもので、日本のブランド(日本のブランドか判別しづらいですが多分そう)から発売されております。ソールには溝も有り減りやスリップへの対策もしているようで、値段とクオリティーが購入する範疇に入ってくる人も多いんじゃないでしょうかね。使用可能距離は約15kmで(雨天時)、サイズは25〜29cm。使い捨てみたいな感覚で使うモノという感じでしょうか。

過去に発売していた黒の同様の商品も有り、それはそれで長靴を履くみたいな感覚ですごく良いんですが(私はコッチのほうが好き)、こちらがこのブランドの本来のコンセプトみたいなのに近い商品で、突然災害に巻き込まれてしまったり、外で寝ることになった時に役立つ機能性や拡張性の高いグッズや服みたいなものを結構な量発売しております。

どれもミニマルで高品質でデザイン性も高く、生産数が書かれているところや、古くからの日本のモノにインスパイアされたものがあったりと面白いなと。シワにならないスーツ上下とか、ベルト、カバン、そして着る布団みたいなダウンなど欲しいものも多く、それぞれに開発のストーリーがあり魅力的な商品も数々ありますが、なんせお値段も立派ですのでベルトくらいならスッといけるレベル。




Rain Sox Lite White (ONFAdd)


rainsocks_onfadd01.jpg

rainsocksblk_onfadd.jpg


ONFAdd

onfaadd_item.jpg


rainsocks_onfadd02.jpg

rainsocks_onfadd03.jpg

rainsocks_onfadd04.jpg

rainsocks_onfadd05.jpg

rainsocks_onfadd06.jpg

rainsocks_onfadd07.jpg

rainsocks_onfadd08.jpg

rainsocks_onfadd09.jpg

rainsocks_onfadd10.jpg

rainsocks_onfadd11.jpg

rainsocks_onfadd12.jpg


BeatPete & Wun Two / Rufinho - Brazil Mix

世の中でLil Jonが猛威を奮っていた頃あたりの数年、ヒップホップに嫌気が差し、それまで元ネタという概念のが強かった(ヒップホップの延長として聴いていたところがある)、ソウルやファンク、ジャズ、ロック、レゲエなどを、ちゃんとアルバムという単位で聴こうと思いトライした時期で、その時にブラジルも聴いたりしたんですが、今ではすっかりそういったものは聴かなくなり(現行のものは聴いたりしますが)、20歳くらいの青年がやるトラップミュージックなどを追っかけたりしている今を考えますと、人ってどうなるか本当に分からないものだなと思います。

まあそんなトライした時期はありましたが、結局ヒップホップのブレイク的なものを良いと思ってしまったりと、なかなか本質的なところまで辿り着かずといった感じのブラジル音楽との距離感だった私ではありますが(ヒップホップが邪魔しているのか)、こちらの一ヶ月ほど前に海外のサイトで知ったブラジル産音源の2時間に及ぶミックスを聴くに、今なんとなく曲として良いなと思う部分が分かり、あの時聴いていたのが今になって効いてきたのだろうか?と。そんなこともあり、既に一番フィットしそうな季節の夏が終わったというのに、なぜかずっと定期的に聴いておりまして大分気に入っております。

恐らく70年代初め頃の古い音源ばかりだと思うのですが、私でも聴いたことのある恐らくは有名な曲もいくつかあって、ヒップホップ的なブレイクとして捉えられるものから、いわゆるサウダージとはこういうものなのか?というような哀愁感のある曲まで、速くない曲を中心に構成されております。いまだ詳細なことはよくは知らないブラジル音楽ではありますが、あまり何にも考えず普通にのんびりと聴けるものが2時間のボリュームで入っているという点で、仕事場、お店、家などの、聴くぞ!というモード以外の時のBGMとして最良の内容になっているかと。

ブラジルを普通に聴きたいが何からいったら良いのわからないという方から、ただただ良い雰囲気の音楽を聴きたいという方まで、R&Bやソウルと同様の感覚で聴けると思いますので是非。フリーダウンロードもあります。



BeatPete & Wun Two / Rufinho - Brazil Mix

beatpete_wuntwo_rufinho_brazilmix.jpg




Tracklist
1. Intro – Ivan Conti Mamão
2. Jose Mauro – Obnoxius
3. Antonio Adolfo – Cascaval
4. Azymuth – Un Amigo
5. Joao Donato – Nana Das Aguas
6. Marilia Medalha – Agua Escondida
7. Jose Mauro – Apocalipse
8. Pedro Santos – Sem Sombra
9. Arthur Verocai – Sylvia
10. Banda Black Rio – Zumbi
11. Marilia Medalha – Perseguicao
12. Joao Gilberto – Undiu
13. Azymuth – Last Summer In Rio
14. Joao Donato – Me Deixa
15. Maria Bethania, Toquinho & Vinicius – Apelo
16. Joao Gilberto – E Preciso Perdoar
17. Luiz Carlos Vinhas – Reza
18. Marcos Valle – A Morte De Um Deus De Sal
19. Toquinho & Vinicius – Tarde Em Itapoan
20. Azymuth – Flame
21. Antonio Carlos Jobim – Andorinha
22. Hareton Salvanini – Viver
23. Marilia Medalha – Amanheci
24. Interlude – Ivan Conti Mamão
25. Jorge Ben & Toquinho – Carolina Carol Bela
26. Os Tincoãs – Deixa A Gira Girar
27. Doris Monteiro – Amendoim Torradinho
28. Trio Mocotó – Não Adianta
29. Chico Buarque – Desalento
30. Zelia Barbosa – Funeral do Lavrador
31. Formula 7 – A Famous Myth
32. Marcio Lott – Tenha Juízo
33. Doris Monteiro – Bilhete
34. Luiz Bonfa & Maria Toledo – Tanto Amor
35. Wando – Solido
36. Beto Scala – Tema De Samba
37. Papudinho – Custe O Que Custar
38. Edu Lobo & Tom Jobim – Canção do Amanhecer








検索フォーム
カテゴリ
年月別アーカイブ
リンク
最新記事
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
祝オフィシャル











 | HOME |  NEXT »

このページのトップへ